あなたのパッソを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

パッソのガチな査定相場を紹介!

パッソの無料ネット査定

あなたのパッソ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがパッソの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

パッソの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のパッソの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

パッソのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのパッソを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のパッソの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】パッソの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

パッソで査定が高くなる組み合わせは?

パッソの高額査定が期待できる組み合わせは?

パッソで高い査定が出るグレードはコレ!

X
XS
XLパッケージ
4WD

トヨタの最小コンパクトカーとして、小回りの利く乗りやすさとシンプルな親しみやすさが人気のパッソ。

その中でも高いリセールバリューを誇るグレードを紹介していきます。

X

廉価グレードでありながら、値段の割に十分な装備を備えているXは、中古車市場でも人気があり、高値で査定される傾向があります。

XS

車として必要な装備が揃っているXにスマートアシストⅡがプラスで搭載されているXSは安全性が向上しているクルマということもあり、中古車市場で人気があります。

スマートアシストⅡには自動ブレーキのほか、踏み間違いを判定してエンジン出力を抑制する機能なども搭載されています。近年、事故防止機能に対するユーザーの需要は高まっていることもあり、XSの査定相場も高値で推移しています。

XLパッケージ

XをベースにスマートアシストⅡ・オートエアコン・UVカットガラスを装備したXLパッケージは、お買い得感も高いためパッソの中では人気が高いです。XLパッケージのように人気が高いグレードの査定相場は他のグレードに比べて高水準になります。

4WD

雪道や坂道が多い地域にお住いの方から一定の需要がある4WD。

パッソの4WDはお手頃価格で購入することができるため、普通車の4WDを求めているユーザーから好評です。

そのことに重ねて、パッソの4WDは需要に対して市場に出回っている台数が足りていないこともあり、高い査定を受ける傾向になっています。

パッソで高い査定が出る人気色はコレ!

パッソの高額査定が期待できる人気カラー

パールホワイトⅡ
ブラックマイカメタリック

上記2色のパッソは、他の色に比べて高額査定が付きます。

ホワイトとブラックは、好きな人が多いというよりも嫌いな人が少ないということもあり、無難な色として人気があります。

ホワイトとブラックのクルマは街中でも浮くことなく馴染むため、日本では特に好評です。

好評で良く売れるパッソは、在庫車になるリスクも少ないので、買取店も高値で査定するというわけです。

なお、ホワイトやブラックとその他のカラーでは、3年以内の売却で買取査定に約10万~15万円以上の差額が出てしまうため、リセールバリューを気にしてパッソを購入する際はこのことも頭の片隅に置いていただければと思います。

パッソで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

純正オプションのナビまたは、同等性能のナビ

ナビが付いているパッソは、付いていないパッソよりもプラス査定が受けられます。

パッソの高額査定が期待できる人気オプション・純正ナビ

ナビも何でも良いというわけではなく、純正ナビの評価が高い傾向です。

社外品のナビでも純正ナビ同等の性能が備わっている場合はプラス査定になります。

バックカメラも併せて搭載されていれば駐車やバックの際に便利で安心と感じるユーザーも多く、中古車市場でも付加価値としての評価は高いため、査定額にプラスが付く可能性が高くなります。

パッソの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

パッソの査定ダウンにつながる不人気カラー

ブライトシルバーメタリック
レモンスカッシュクリスタルメタリック
マゼンダベリーマイカメタリック

ホワイトやブラックと言った人気色と比較すると、上記のカラーのパッソは査定相場が10万~15万円前後も安くなってしまう傾向が見られます。

シルバーなどは比較的年配のユーザーが好む傾向が強い色です。そのため、新車市場では一定の人気がありますし、街でもよく見かけますよね。

しかし、中古車市場では、パッソを購入するユーザーにも若い人が増え、シルバーの需要は新車市場よりも減ってしまうこともあり、買取店もシルバーの車に高額査定を付けません。

黄色やピンクのパッソも個性があって良い色だとは思いますが、やはり好むユーザーの絶対数がホワイトやブラックに比べて少ないのが現状です。

そのため、ホワイトやブラックのパッソよりも長く在庫車になるリスクがあるため、高値では査定されないのです。

しかし、せっかく購入する愛車ですから、自分こだわりのカラーの車に乗ってカーライフを楽しむことも個人的にはアリだと思っています。

修復歴による査定の減額

査定ダウンにつながる修復歴

パッソに限った話ではありませんが、事故や故障などによる修復歴があると、パッソの買取査定に大きな打撃を与えてしまいます。

具体的な査定金額の差で言うと、新車から3年以内の修復歴ありのパッソは、20万~40万円以上もマイナス査定を受けていることがわかりました。

事故をすると良いことは何ひとつありませんね・・・

安全第一でいきましょう!

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

パッソの査定相場に影響するモデルチェンジ

パッソの査定相場は、フルモデルチェンジの影響を大きく受けていると言えます。

実際の査定相場でも、フルモデルチェンジ前後で20万円ほど査定額に差が出ているんですね。

パッソに限らず、フルモデルチェンジはデザイン面や機能面が一新されるため、ユーザーの関心も新型に集中します。

そのため、旧型の買取査定額は下落するというわけです。逆に言えば旧型の中古車はお買い得になるということなのですが。

マイナーチェンジはフルモデルチェンジまではいきませんが、多少なり査定相場へ影響があると言えるでしょう。

パッソの査定相場は、モデルチェンジの入る約3ヶ月前から下がり始めるため、モデルチェンジの時期を事前に抑え、早めに売れるようにしましょう。

輸出によるパッソの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

新車登録から7年以内のパッソが輸出相場に該当(5万円~15万円

過走行や修復歴ありなどで、日本では再販が難しいパッソでも、海外で乗られているケースが多々あります。

日本では10万キロ以上走ったクルマは敬遠される傾向がありますが、海外では50万キロくらいまで乗り続けることはよくある話です。

さらに、修復歴ありのクルマに対するマイナス意識も強くないことから 、日本で再販出来ないようなクルマでも海外で乗られることは珍しい話ではありません。

事実、日本は車検制度もしっかりしていますし、海外からの日本車の評価はとても高く、高値で査定されるクルマも多いです。

パッソの場合も例外ではなく、新車から7年以内ならば5万円~15万円の輸出相場があります。

※輸出先の国が新車登録から7年を超えたパッソを輸入できない規制があるため、輸出相場で売るためには7年以内に売る必要があります。

ディーラー下取りでは廃車と言われてしまったとしても、上記の輸出相場で買取られる希望があるので、一度買取店に査定をしてもらうことをおススメします。

もちろん、全く動かないなど、走行に支障をきたすパッソの場合は上記の輸出相場にも該当しませんのでご注意ください。

パッソを輸出相場で売るには、ディーラーではなく買取店で売る必要があります。

ディーラーだと買取ゼロ円+廃車手数料と査定を受けてしまったパッソでも、買取店ならば上記の輸出買取相場で売れる可能性があります。

古い過走行のパッソでも、諦めずに買取店に持っていくようにしましょう。

パッソの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

パッソの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したパッソの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

現行型(3代目)パッソの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)パッソの査定相場とリセールバリュー

2016年4月~販売中

パッソ X LパッケージS/色:白黒/修復歴なし/新車価格131.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ 102万円 77.4% 83万円
2017年 0.8万キロ 85万円 64.5% 73万円
2016年 2.7万キロ 82万円 62.2% 68万円

現行型(3代目)パッソの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2018年式はシルバーのパッソ1台しかありませんでしたが、これが白黒であれば約10万円プラスの約113万円(リセールバリュー約85.8%)程度と推測されます。

その後は年式相応の穏やかな下落傾向が示されており、次のモデルチェンジまでは、このまま大きな変化なく推移していくでしょう。

2代目パッソの査定相場(2018年8月査定)

2代目パッソの査定相場とリセールバリュー

2010年2月~2016年4月生産モデル

パッソ 1.0X/色:白黒/修復歴なし/新車価格125.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 1.3万キロ 56万円 44.5% 41万円
2015年 3.2万キロ 51万円 40.5% 39万円
2014年 3.8万キロ 31万円 24.6% 18万円
2013年 5.0万キロ 28万円 22.2% 14万円
2012年 6.6万キロ 20万円 15.9% 7万円
2011年 7.6万キロ 17万円 13.5% 0万円
2010年 9.6万キロ 7万円 5.5% 0万円

2代目パッソの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

モデルチェンジによって型落ちするや否や、2年落ちでも容赦なく50%を割り込む辺りに、常に「新しい≒キレイ」なクルマを好む、女性向けであるパッソの特徴が表れています。

その後、2014年のマイナーチェンジを挟んだ前期型パッソの査定相場は20万円(リセールバリュー15%)の急落を見せ、8年落ちではリセールバリュー10%を割り込んでいます。

一方、ディーラー下取りだと、2011年以前の査定相場はゼロ円になってしまいました。

初代パッソの査定相場(2018年8月査定)

初代パッソの査定相場とリセールバリュー

2004年6月~2010年2月生産モデル

パッソ 1.0X/色:白黒/修復歴なし/新車価格102.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2010年 6.7万キロ 10万円 9.7% 0万円
2009年 6.5万キロ 6万円 5.8% 0万円
2008年 4.7万キロ 7万円 6.8% 0万円
2007~2004年 –万キロ 0万円 0.0% 0万円

初代パッソの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

年式相応の走行距離・車両状態で査定相場が残るのは8年落ち・2010年式までで、9年落ち・2009年式以前のパッソについては、年式以上の好条件が求められます。

ところで、これまで表の右端にパッソをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて5万~20万円前後の差額がついているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルに沿って機械的に(人気カラーやオプション等をほぼ無視して)査定しているためであり、ディーラー査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまうリスクを表しています。

なので、買取店でもパッソを査定してもらい、本当にその査定金額で損していないか、しっかりチェックした方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

走行27万キロ超!過走行の2代目パッソは修復歴ありでも売れるのか?

せっかくパッソに乗っているなら、少しでも長く楽しみたいものですが、査定相場も気になるところ。

そこで、ここでは過走行(走行距離10万キロ超)のパッソに修復歴があっても査定相場が残るのか、そしてパッソに査定相場が残る傾向を調査しました。

過走行&修復歴ありの2代目パッソでも査定相場は残っているか?
6年落ち 2代目パッソ 1.0Xユルリ 271,000㎞ ベージュ 修復歴あり
  6万円

初代パッソはほぼ全滅だったため、今回は2代目パッソの中から、最も過走行かつ修復歴ありの1台をピックアップしました。

状態は「前クロスメンバーサポート&ボルト止め前クロスメンバー交換」「下廻りサビ・腐食」「外装キズ・凹み・補修跡」など、ダメージも小さくないものの、7年以内(輸出相場)の底値により、辛うじて査定相場が残っていました。

とは言え、査定相場の残らない2代目パッソも一定数あるため、以下に査定相場の残りやすい条件をまとめました。

査定相場が残るのは、調査対象車両(過走行&修復歴あり)の約75%(4台に3台)
走行距離よりも年式の方が重視される傾向が見られる
走行距離いくらでも残るものは残る
年式2010年式のみ底値がなくなり、極端に査定相場が残らなくなる
ボディカラーホワイトパール&ブラックが有利
2WDよりも4WDの方が若干有利

これらの条件により多く当てはまる2代目パッソほど、過走行&修復歴であっても、5万~25万円前後の査定相場が残るチャンスがあります。

しかし、ディーラー下取りでは年式相応以上の走行距離や修復歴を理由に「ゼロ円&処分手数料」と査定されてしまうかも知れないので、買取店でも査定して貰い、パッソを適正価格で売却したいものです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら