パッソの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>パッソ値引き

パッソの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

 このページは、トヨタ パッソの購入時に限界値引き額を達成するための値引き交渉テクニックや毎月の目標値引き金額、リセールバリューの高いパッソのグレード選び、その他パッソ情報(実燃費、モデルチェンジ等)や残価設定ローンのシミュレーションなどについて紹介しています。

 これを読んだ皆さんが、パッソの最大値引きを実現できますように。

 

パッソ取り扱いディーラー

カローラ店
パッソ月販目標台数:5000台

 

新型パッソ今月の値引き相場

パッソ値引き難度:普通~渋め
20万円
(車両からの値引き)
オプション値引き相場20~30%引き
25~30万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

 トヨタ パッソはデビューから順調に売れているコンパクトカーモデルで、値引きのガードは渋めですが、姉妹車であるダイハツ ブーンや同じトヨタのヴィッツと競合させることで突破口が見いだせるかも知れません。

 ここではブーンを先行、トヨタのブランド力で揺さぶりをかけて値引きで勝負をかけさせ、その値引き金額をもって本命パッソに「やっぱりトヨタ車に乗りたいけど姉妹車のブーンがこんなに安くしているのだから……」などと値引きを迫るのがセオリーです。

 それでもパッソ本体価格からの値引きが厳しければ、オプションからの値引きはもちろん、諸費用カットや下取り車の査定アップなども駆使して相対的にお得を追求したいところです。

 また、オプションをたくさんつけるほど値引き率がアップする傾向にあるため、上手に活用して少しでもお得にパッソを購入したいところです。

 

パッソの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール なし

 

新型パッソの納期は?

パッソの納期:1ヵ月~2ヵ月

 トヨタ パッソの納期はおよそ1~2ヶ月となっています。

 

新型パッソの価格は?

 

パッソのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.0 X 1,150,200 28.0
1.0 X "S" 1,215,000 28.0
1.0 X "Lパッケージ" 1,252,800 28.0
1.0 X "Lパッケージ・S" 1,317,600 28.0
1.0 X "Gパッケージ" 1,447,200 28.0
1.0 MODA 1,431,000 28.0
1.0 MODA "S" 1,495,800 28.0
1.0 MODA "Gパッケージ" 1,657,800 28.0
1.0 X 4WD 1,323,000 24.4
1.0 X "S" 4WD 1,387,800 24.4
1.0 X "Lパッケージ" 4WD 1,425,600 24.4
1.0 X "Lパッケージ・S" 4WD 1,490,400 24.4
1.0 X "Gパッケージ" 4WD 1,620,000 24.4
1.0 MODA 4WD 1,603,800 24.4
1.0 MODA "S" 4WD 1,668,600 24.4
1.0 MODA "Gパッケージ" 4WD 1,830,600 24.4

 

新型パッソは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタ パッソの車体寸法は、

 全長3,650-3,660mm
 全幅1,665mm
 全高1,525mm

となっています。ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

 パッソの全高は1,525mmなので、機械式の立体駐車場に停められる寸法となっています。

 

新型パッソの実燃費は?

【パッソの実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:14-16km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:21-23km/L
 高速道路の燃費:24-26kmL/
 パッソの平均実燃費:17-20km/L

 パッソの燃費は気温に左右され、寒いほどエンジンを暖機するため燃料を消費、燃費が悪くなります。
 例外として、夏はエアコンによる電気=燃料消費が激しく、冬に次いで燃費が悪くなります。
 これを図にすると、以下のようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 

パッソの最新モデルチェンジ

・より広い車内、より安定した走り、より魅力的な価格に! パッソにフルモデルチェンジ

 2016年4月12日、トヨタはパッソをフルモデルチェンジ、全国のトヨタカローラ店から販売しました。

 新型パッソは「街乗りスマートコンパクト」のコンセプトに沿った「経済性」「乗りやすさ」「安定した走り」を追求、シンプルで親しみやすいXグレードにMODA(モーダ※)グレードを設定。その装いをスマートかつ小粋に刷新しています。

 経済性では全車1.0LエンジンとCVTを組み合わせ、2WD車28.0㎞/ℓ、4WD車24.4㎞/ℓを実現。走行面ではボディの軽量高剛性化や足回りの強化でよりフラットに安定感のある優しい走りを提供。さらにスマートアシストⅡ(衝突回避支援システム)搭載など安全性も高めた上で、魅力的な価格を実現しました。

 

※MODA:イタリア語で「ファッション・流行」。フランス語・英語のモードModeと同義。

希望小売価格(消費税込み)
1,150,200-1,830,600円

 

パッソの競合車は?

・ダイハツ ブーン

トヨタ・パッソと同じ車両設計のOEM元であるダイハツ・ブーンは、一番競合しやすく、値引きが引き出しやすい競合車です。

性能や内装・ボディカラーラインナップのほとんどが一緒、さらにダイハツもトヨタの子会社であるので、ディーラーの担当者へ見積書を比較・競合させやすい車種です。

ブーンの限界値引きはこちら

・トヨタ ヴィッツ

パッソと同じトヨタから、人気コンパクトカーであるヴィッツと比較するユーザーが非常に多いです。

累計販売台数が200万台を超えた人気のコンパクトカーであるヴィッツは、色とりどりの豊富なカラーラインナップと、ハイブリッド仕様やスポーツグレードなど幅広いグレードラインナップを誇ります。

パッソと同じトヨタのコンパクトカーというカテゴリになるので、比較もしやすいかと思います。

ヴィッツの限界値引きはこちら

・日産 マーチ

他社のコンパクトカーで一番比較をしやすいのは、日産・マーチでしょう。

最大の特徴は、カラーコンビネーションの豊富さにあります。全11色のボディカラーに、グレードによってプラム・ナチュラルグレー・ブラックの3色の内装色を組み合わせることが出来ます。

さらにドアミラー・ドアハンドル・ホイールカバーを白色にするパーソナライゼーション専用色まで用意し、自分だけのオリジナルカラー仕様のマーチに仕上げることが可能です。

マーチの限界値引きはこちら

・マツダ デミオ

マツダのデミオも、国産コンパクトカーとして根強い人気を誇ります。

外観の流れるようなエクステリアもさることながら、「運転する気持ちよさ」を追求したデミオは、思いのままに加速する力強さと環境性能に優れたエンジンをディーゼル仕様・ガソリン仕様の2タイプ用意しました。

コンパクトカーの利便性という基本的なコンセプトの中で、ワンランク上の快適性を実現したデミオは、パッソの上級グレードと比較・競合しやすいかと思います。

デミオの限界値引きはこちら

 

新型パッソの限界値引き交渉術!

同じパッソで異なるディーラー同士での競合

同じトヨタカローラ店でありながらも、各ディーラーごとに値引き額やサービスしてくれるものが異なります。

なので、同じ「パッソ」の見積書を出してもらい、同じ地域の違うディーラーに見てもらい、比較・競合させるのも作戦のひとつです。

同じ地域のディーラーと競わせてもいいですが、東京と神奈川や千葉・埼玉などといった他県をまたいで比較するのもありです。

 

「ディーラー決算時期」が最も値引き値が大きい

トヨタのみならず、各メーカーの自動車ディーラーには毎年の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

新車を大きく値引きするだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、お得が目白押しです。

その時期はずばり、1月~3月頃が一番集中しています。

この時期に新車を購入すれば値引き額も多いはずです。

 

競合車はあくまで「匂わせる」程度で

パッソはトヨタの人気コンパクトカーとしてラインナップしています。

そして、世間ではコンパクトカーの需要が非常に増えてきているのも事実です。

同じ会社であるヴィッツを含めて、マーチやデミオなどといった他の車種はあくまで「なんとなくで考えている」といった程度に抑えてください。

無骨に競合車の見積書を出してしまうと、まともに掛け合ってくれません。

「パッソが本命だ」という意思をちゃんとディーラーの担当者に伝えてください。

 

オプション品の無料サービスは2回目以降の商談で

1回目の商談の時に、いろいろサービスしてくれとお願いするのは嘘くさく感じられてしまうかもしれません。

なので最初は、パッソの車体価格の値引きをしてもらいます。

そして、2回目もしくはそれ以降の商談において、ドアバイザーやETC車載器、フロアーマットなどといった小物のオプションを無料サービス、もしくは純正ナビの値引きなどしてくれるように頼めば、たいていのディーラーは頑張ってサービスしてくれます。

 

値引きのダメ押しとして「端数切り落とし」

様々な策を用いてパッソ値引きした貰った後は、ダメ押しとなる購入代金合計額の端数を切り捨ててもらいましょう。

きっちりとした金額にすることでローンを利用する際にも余計な端数分を支払わずに済みます。例えるならば、「2,345,670円」という金額から「2,300,000円」にするといったものです。初回の商談の際にこの値引きをしてくれるディーラーもありますが、そこからさらに車両価格の値引きやオプション品のサービス等、粘り強く交渉しましょう。

 

パッソの各グレードのリセールバリューは?

 トヨタ パッソの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。

 どのグレードが3年後により高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

パッソのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.0 X 49万円 1,150,200 42.6%
1.0 X "S" 49万円 1,215,000 40.3%
1.0 X "Lパッケージ" 50万円 1,252,800 39.9%
1.0 X "Lパッケージ・S" 51万円 1,317,600 38.7%
1.0 X "Gパッケージ" 53万円 1,447,200 36.6%
1.0 MODA 87万円 1,431,000 60.7%
1.0 MODA "S" 91万円 1,495,800 60.8%
1.0 MODA "Gパッケージ" 105万円 1,657,800 63.3%
1.0 X 4WD 68万円 1,323,000 51.3%
1.0 X "S" 4WD 64万円 1,387,800 46.1%
1.0 X "Lパッケージ" 4WD 69万円 1,425,600 48.4%
1.0 X "Lパッケージ・S" 4WD 69万円 1,490,400 46.3%
1.0 X "Gパッケージ" 4WD 70万円 1,620,000 43.2%
1.0 MODA 4WD 98万円 1,603,800 61.1%
1.0 MODA "S" 4WD 103万円 1,668,600 61.7%
1.0 MODA "Gパッケージ" 4WD 121万円 1,830,600 66.1%


 最新モデル「MODA」グレードがリセールバリュー60%台と大きく底上げに貢献している一方で、他のグレードは軒並み全滅(30~40%台)。

 3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値が50~55%と言われていますから、パッソはリセールを期待するより、日常の足として最後まで乗り潰した方が元を取れるタイプのクルマと言えます。

 その中でも、初期費用の安いグレードほど相対的にリセールバリューが高くなる傾向がありますから、買い替えを視野に入れてパッソを購入される方は参考にするといいでしょう。

※当然、パッソの買取相場は常に変動していますから、実際にパッソを売却する時は、買取店で査定してもらうようにしましょう。

 

新型パッソを残価設定ローンで購入すると?

 トヨタ パッソを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

パッソ MODA
車両本体価格 1,431,000円
車両本体値引き ▲200,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 178,146円
ディーラーオプション値引き ▲35,000円
諸費用 139,597
支払総額 1,750,510円
頭金 0円
ローン元金 1,433,222円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
初回 30,474円×1回 26,489円×1回
2回目以降 27,900円×34回 21,600円×58回
最終回(残価) 572,400円×1回
(40.0%)
329,130円×1回
(23.0%)
金利を含む支払総額 1,747,972円 1,804,917円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- パッソ --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面予定なし

    モデルチェンジ推移
    2016年4月12日現行モデル登場日最新モデルチェンジ日
    フルモデルチェンジ
    2015年3月31日
    特別仕様車「X L package・Kiriri(キリリ)」
    2014年4月14日
    マイナーチェンジ
    2012年6月27日
    一部改良、特別仕様車
    「1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
    2011年5月20日
    特別仕様車
    「1.0+Hana"Apricot Collection"」
    2010年9月29日
    特別仕様車
    「1.0X“Yururi(ユルリ)”」
    2010年2月15日
    フルモデルチェンジ
    2009年4月28日
    特別仕様車
    「X“irodori”」

    2008年2月19日
    特別仕様車
    「X“プチトマコレクション”」
    「 G“プチトマコレクション”」

    2006年12月25日
    マイナーチェンジ
    特別仕様車
    2006年6月
    特別仕様車
    2005年12月
    一部改良
    2005年4月
    特別仕様車
    2004年12月
    グレード追加
    2004年6月7日
    デビュー


    パッソ値引き口コミ

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP