ルーミーの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>ルーミー値引き

ルーミーの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

 ここでは、トヨタ ルーミーの購入時にMAX値引きを実現するための値引き交渉術や、毎月の目標値引き金額、高リセールが期待できるグレード選びやルーミーの納期・実燃費、残価設定ローンでルーミーを購入するシミュレーションなど、ルーミーのお得情報を紹介しています。

 これを読んだ皆さんが、ルーミーのMAX値引きを達成できますように。

 

ルーミー取り扱いディーラー

カローラ店 トヨタ店
ルーミー月販目標台数:3750台
ルーミーの納期:2ヵ月~3ヵ月

 

新型ルーミー今月の値引き相場

ルーミー値引き難易度:甘い~普通
車両本体からの値引き:23万円(車両からの値引き)
オプションから値引き:20~30%
ルーミーの限界値引き:25~30万円

 ルーミーの値引き交渉は「四兄弟」対決がセオリー。

 要するに同じ2016年11月に発売されたダイハツのトールやスバルのジャスティ、そして同じトヨタのタンクを巻き込んだ四ツ巴のライバル競合ですが、近くにそれらの販売チャネルがなければ、ホンダのフリードプラスやスズキのソリオ、三菱のデリカD:2の参戦も盛り上がるでしょう。

 四兄弟は元々ダイハツ トールをベースとしているOEM車(別メーカーから販売しているだけで中身はほぼ同じ)なので「どれでも同じなら、より安いところから買いたい」というスタンスで交渉に臨むと、頑張って値引きしてくれるでしょう。

 

ルーミーの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 定速型

 

新型ルーミーの価格は?

 

ルーミーのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.0 X 1,463,400 24.6
1.0 X "S" 1,528,200 24.6
1.0 G 1,620,000 24.6
1.0 G "S" 1,684,800 24.6
1.0 カスタム G 1,771,200 24.6
1.0 カスタム G "S" 1,836,000 24.6
1.0 G-T 1,803,600 21.8
1.0 カスタム G-T 1,965,600 21.8
1.0 X 4WD 1,636,200 22.0
1.0 X "S" 4WD 1,701,000 22.0
1.0 G 4WD 1,792,800 22.0
1.0 G "S" 4WD 1,857,600 22.0
1.0 カスタム G 4WD 1,944,000 22.0
1.0 カスタム G "S" 4WD 2,008,800 22.0

 

新型ルーミーは機械式の立体駐車場に入る?

トヨタ ルーミーの車体寸法は、

 全長3,700-3,725mm
 全幅1,670mm
 全高1,735mm

となっています。ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

 ルーミーの全高は1,735mmなので、残念ながら機械式の立体駐車場には停められません。

 

新型ルーミーの実燃費は?

【ルーミーの実燃費】
渋滞を含む街中の燃費:12-15km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:19-21km/L
高速道路の燃費:22-24kmL/
ルーミーの平均実燃費:16-18km/L

 トヨタ ルーミーの燃費は気温によって大きく影響されますが、寒いほど悪くなる傾向にあります(エンジン暖機に燃料を多く消費します)。
 一方、夏はエアコン=電気=燃料の消費が多くなるため、冬の次に燃費が悪くなります。
 これを図にすると、以下のようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 

ルーミーの最新モデルチェンジ

・2016年11月9日 トヨタの新型車ルーミー登場!

 トヨタは「ミニバンの魅力をコンパクトに凝縮したトール2BOX」ルーミーを全国のトヨタ店・トヨタカローラ店から発売しました。

 ルーミーはコンパクトな車内を最大限に活かした快適な居住空間(Living)を創出、高度な安全性能によるゆとりある走行性(Driving)との両立を表す「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」をコンセプトとして、子育てファミリーをはじめ、幅広いユーザーの日常生活にマッチする新タイプのトール2BOXカーとして注目が集まっています。

 ルーミー(Roomy)とは「(広々として快適な)部屋のような」という意味で、日常のワンシーンを豊かで楽しく演出する願いが込められています。

希望小売価格(消費税込み)
1,463,400-2,008,800円

 

ルーミーの競合車は?

・スズキ ソリオ

ソリオ

 「ルーミー」とその姉妹車の登場でもっとも影響を受けているのがこの「ソリオ」です。

 特徴である軽トールワゴンのノウハウを活かしたコンセプトそのももののライバルですから、心中おだやかではありません。

 燃費性能では負けていないのですが、やはりトヨタの販売力の前では劣勢に立たされています。

 「ルーミー」が販売好調で値引きを抑えているために、「ルーミー」より値引きに関してはプラスアルファは間違いなく引き出せます。

ソリオの限界値引きはこちら

・トヨタ タンク

タンク

 最大のライバルがチャネル違いの「タンク」です。

 フロントのデザイン以外は全く同じ車種であり、販売成績でも拮抗しており、「ソリオ」や他車以上のライバル心が両陣営にはあるはず。顧客への代替促進が一段落した後、新規客獲得のための熾烈な競争が始まるでしょう。

 値引き競争はしないのが掟ですから、早期成約によって他店に行かせないのが常套手段。

 少ないながらも許される幅の限界が意外と早く提示されるこの鵜性があります。

タンクの限界値引きはこちら

・ダイハツ トール/スバル ジャスティ

トール

 ベース車はダイハツの「トール」であり、製造元ダイハツであることを知らない人がいるほどですが、「ルーミー/タンク」はOEM車なのを忘れてはいけません。

 もっとも、自社販売店より大量に売ってくれるのですから、メーカーにとっては損はありません。

 しかし、ダイハツのディーラーではそうも言っていられません。

 ベース車を販売する意地もあり、少しでもOEM車を食いたいので、値引きもトヨタ勢より緩いと見ていいでしょう。

トール/ジャスティの限界値引きはこちら

 

新型ルーミーの限界値引き交渉術!

 2017年1月の登録実績で約6千400台を記録して、登録車のベスト10に食い込んだ「ルーミー」、同じく5千300台を売り上げた姉妹車の「タンク」に他なりません。

 この2車を合計すれば、「プリウス」を凌ぐトヨタでもっとも売れた車種になるのですから、両車の人気の高さが解ります。そして互いが最大のライバルであることも事実なのです。

 「ルーミー」はトヨタ店とカローラ店、「タンク」はトヨペット店とネッツ店という取り扱い店舗の違いで分かれていますが、ターゲットとするユーザー層も販売戦略も同じ。

 販売台数の差が出た要因は、両陣営の数と力関係もあると思いますが、恐らくフロントフェイスのデザインの差が多いいと思われます。

 クラスレスの豪華なイメージの「ルーミー」の方が、軽自動車のイメージが残る「タンク」より、特にトヨタ車ユーザーには好かれたのでしょう。

 しかし、それ以外はまったく同一機種なのですから、競合すると面倒なことになるのが姉妹車の宿命です。価格競争はしないといっても、これだけデザインが異なれば両方を観たくなるのはユーザーにとっては当たり前の行為。

 それを止めることは出来ません。そして、最初に訪れた店舗では、その場で成約まで持ち込みずに帰らせれば、再び戻ってくる確率は非常に低いのも事実です。

 よって、何とか足止めする為にも許される範囲の値引き条件の上限を提示することになります。

 そうすれば、他店で除権提示を受けた客に対して手出しが出来なくなるのです。

 だから、「ルーミー/タンク」の値引き交渉は、何もしなくても「もう一方を見てから」というだけで済むのです。

 だからといって、両店を走り回っても大した成果は無く、値引き額はせいぜい5万円ほど。

 あとは下取り金額の差がどう提示されるかですが、下取り金額と値引きをうやむやにされない為にも、買取り店で売却することを、値引き交渉の前に決めておき(その予定であることを伝えるだけでも)、車両値引きだけの数字を求めることも大切です。

 さらに、ダイハツのベース車「トール」との競合も考えていいでしょう。

 トヨタ同士の競合よりも互いに交渉しやすく、締め付けも緩いはず。「ルーミー」、「タンク」ともに数では5~6倍も売れているのですから、顧客っと数少ない新規客にはトヨタ以上の条件が出てもおかしくありません。その後にトヨタの店舗に行けば面白い結果になるかもしれないのです。

 

ルーミーの各グレード別リセールバリューは?

 トヨタ ルーミーの新車から2年経過後の各グレードのリセールバリューです。
 どのグレードが2年後により高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

ルーミーのグレード 2年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
1.0 X 121万円 1,463,400 82.7%
1.0 X "S" 126万円 1,528,200 82.4%
1.0 G 130万円 1,620,000 80.2%
1.0 G "S" 131万円 1,684,800 77.7%
1.0 カスタム G 146万円 1,771,200 82.4%
1.0 カスタム G "S" 152万円 1,836,000 82.7%
1.0 G-T 153万円 1,803,600 84.8%
1.0 カスタム G-T 160万円 1,965,600 81.4%
1.0 X 4WD 135万円 1,636,200 82.5%
1.0 X "S" 4WD 144万円 1,701,000 84.6%
1.0 G 4WD 148万円 1,792,800 82.5%
1.0 G "S" 4WD 149万円 1,857,600 80.2%
1.0 カスタム G 4WD 162万円 1,944,000 83.3%
1.0 カスタム G "S" 4WD 173万円 2,008,800 86.1%


 ルーミーのリセールバリューをグレードごとに調査すると、ほとんど80%前半で横並びとなっています。

 ここでは最上級グレードの1.0カスタムG“S” 4WDが最高リセールの86.1%でしたが、他グレードも軒並み80%台前半で追随していることから、どのグレードでも(キレイに乗っている限り)失敗はないでしょう。

(今回こそ最低リセールだった1.0G”S”にしても77.7%ですから、決して悪い訳ではありません)

※ルーミーの買取相場は絶えず変動しており、走行距離や状態によっても大きく変わって来ますから、実際にルーミーを売る時は、買取店でしっかりと査定して貰うようにしましょう。

 

新型ルーミーを残価設定ローンで購入すると?

 トヨタ ルーミーを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

ルーミー 1.0カスタムG”S”
車両本体価格 1,836,000円
車両本体値引き ▲230,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 193,482円
ディーラーオプション値引き ▲38,000円
諸費用 165,137
支払総額 2,197,250円
頭金 0円
ローン元金 1,821,422円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 3.90% 3.90%
初回 31,659円×1回 24,860円×1回
2回目以降 31,400円×34回 24,100円×58回
最終回(残価) 881,280円×1回
(48.0%)
642,600円×1回
(35.0%)
金利を含む支払総額 2,210,037円 2,294,758円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- ルーミー --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想
    2018年11月
    一部改良
    モデルチェンジ推移
    2016年11月9日最新モデルチェンジ日
    新型ルーミーを発売


    トヨタ ルーミー値引き参考サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP