ホンダオデッセイの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムホンダ新車値引き情報>オデッセイ値引き

オデッセイの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

ホンダオデッセイから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いオデッセイのグレード、オデッセイは立体駐車場に入るのか?オデッセイの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでオデッセイが買えるのか?など、オデッセイ購入の参考にしてみてください。

 

オデッセイ取り扱いディーラー

ホンダ全店

オデッセイ月販目標台数:1500台

 

新型オデッセイ今月の値引き相場

オデッセイ値引き難度:緩い

28万円(車両からの値引き)

オプション値引き相場20~30%引き

30~40万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

オデッセイのライバル車はエスティマ、オデッセイ、ヴェルファイアなどです。これらライバル車と競合させて値引きの上乗せを狙いましょう。特にトヨタ車に強く反応するでしょう。

他車との競合である程度値引きを引き出したら、最後は経営の異なるホンダディーラー同士の競合で決着を付けます。   

 

オデッセイの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型オデッセイの納期は?

オデッセイの納期:2ヵ月~3ヵ月

オデッセイの納期は、グレードによって長めの納期となっています。

 

新型オデッセイの価格は?

 

オデッセイのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
2.0 ハイブリッド・Honda SENSING (8人乗り) 3,750,000 26.0
2.0 ハイブリッド・Honda SENSING (7人乗り) 3,836,400 26.0
2.0 ハイブリッド アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 3,850,000 25.2
2.0 ハイブリッド アブソルート・Honda SENSING (7人乗り) 3,936,400 25.2
2.0 ハイブリッド アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り) 4,150,000 24.4
2.4 G エアロ・Honda SENSING (8人乗り) 2,980,000 13.6
2.4 G エアロ・Honda SENSING (7人乗り) 3,066,400 13.6
2.4 アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 3,240,000 14.0
2.4 アブソルート・Honda SENSING (7人乗り) 3,326,400 14.0
2.4 アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り) 3,540,000 13.6
2.4 G エアロ・Honda SENSING (8人乗り) 3,180,000 12.6
2.4 アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 3,440,000 13.0
2.4 アブソルート・EX Honda SENSING (8人乗り) 3,653,600 13.0

 

新型オデッセイは機械式の立体駐車場に入る?

オデッセイの車体寸法は、

全長4840mm
全幅1820mm
全高1695mm~1715mm

となっています。機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。

オデッセイの全高は1695~1715mmなので、機械式の立体駐車場には停められません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場の場合、高さ幅共に制限内のため、問題なく入ります。

 

新型オデッセイの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:9~10km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:10~11km/L
高速道路の燃費:12~14km/L
オデッセイの平均実燃費:11.2km/L

 

新型オデッセイハイブリッドの実燃費は?

渋滞を含む街中の燃費:15~17km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:18~20km/L
高速道路の燃費:21~24km/L
オデッセイの平均実燃費:17.5km/L

オデッセイの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

始動時にエンジンやハイブリッドシステムを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、冬の実燃費が一番悪くなります。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

 

オデッセイの最新モデルチェンジ

2017年11月16日 オデッセイをマイナーチェンジして発売

 Hondaは、広い室内空間と風格のあるスタイリング、優れた燃費性能と上質な走りなどで好評の上級ミニバン「ODYSSEY」に、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝手などを向上させ、新たに「コバルトブルー・パール」、「プラチナホワイト・パール」のボディカラーを採用し、全7色のラインアップを設定した。


オデッセイの競合車は?

・トヨタ エスティマ

1990年から販売されているトヨタの『エスティマ』
20年以上も販売されており、その独特のフォルムから、一目見ただけでエスティマとわかる人気の車種です。

たまご型のデザインで、最近の人気傾向である四角い車のとは対照的な曲線を生かしたラインが特徴です。

前回フルモデルチェンジからモデルサイクルは長いですが、マイナーチェンジを重ね、2016年には最新型のエクステリアを奢られ、進化しています。さらに、3列目シートを電動で格納できたり、スッキリとした内装も魅力の一つです。

シートを収納すると非常に広いラゲージスペースが確保でき、多くの荷物を楽に積み込みことができますし、2列目シートの座席空間も広くなります。
オデッセイより少し価格が高いエスティマですが、収納スペースの広さなどを引き合いに出して、値引き交渉するのも効果的です。

エスティマの限界値引きはこちら

・トヨタ アルファード

プレミアムミニバンのトヨタ『アルファード』
トヨタの人気ミニバンであるアルファードは、高級感と上品さを兼ね備えた一台となっています。

2015年にフルモデルチェンジが行われ、フロントマスクのデザインが大きく変更になりました。

非常にインパクトのあるデザインで、好き嫌いの分かれるフロントグリルが発売当初、非常に注目を集める要因となりました。

内装は広々としたものとなっており、長距離ドライブでも疲れることがなく快適に過ごすことができるのがいいですね。

後部座席の空間の取り方も工夫され、十分に確保されています。

まるでファーストクラスのようなデザインとなっているのが特徴で、大型アームレストや格納式テーブルなど使い勝手も申し分ありません。
車内空間の広さはアルファードに軍配が上がるので、アルファードのメリットを挙げながら「アルファードも良いんですよね・・」と伝えながら、アルファードと迷っているそぶりで値引き交渉してみましょう。

アルファードの限界値引きはこちら

・トヨタ ヴェルファイア

オデッセイと姉妹車であるトヨタの『ヴェルファイア』
車のボディサイズや走行性能はオデッセイと同じです。

フロントマスクのデザインがオデッセイとは大きく異なります。全体的にシャープなデザインが特徴的で、フロントマスクもスタイリッシュな印象です。
車内の質感も非常によく、高級感を感じます。

2列目シートに使用されているエグゼクティブパワーシートの作りはよく、使い勝手もいいですね。

座り心地もよく、長時間の移動も疲れることがありません。
オデッセイアブソルートは、ヴェルファイアよりも固めの乗り心地と感じるユーザーは多いため、「ヴェルファイアの方が後席の乗り心地が良いので、オデッセイとどちらにするか迷っている」と引き合いに出して、オデッセイの値引き交渉をすると効果的です。

ヴェルファイアの限界値引きはこちら

・スバル レヴォーグ

タイプはミニバンと違いますが、比較的荷物も余裕で積む事が出来るワゴン車、さらにオデッセイアブソルートとテイストが近いスポーティさが競合出来る、スバルのレヴォーグもオデッセイの競合車として活用できます。
レヴォーグは5人以上の多人数乗車が出来ないので、その部分には触れずに、「荷物も積めてスポーティなレヴォーグとオデッセイアブソルートで迷っている」と値引き交渉を進めましょう。

レヴォーグの限界値引きはこちら

 

新型オデッセイの限界値引き交渉術!

ライバル車の価格や機能をうまく利用する

ライバル車と迷っている旨をディーラーに伝えると、オデッセイの値引きを多くしてくれる可能性があります。

しかし、アルファードやヴェルファイアを競合車種に選んだ場合、車両本体価格がややオデッセイよりも上になります。

選択するグレードによっては大きく価格が異なるので、購入するオデッセイのグレードの価格帯と同じになるようなグレードを選択しましょう。
さらに、自動ブレーキ等を含む安全性能を引き合いに出してオデッセイの引き交渉することも可能です。

トヨタには「トヨタセーフティセンス」、スバルには「アイサイト」そしてホンダには「ホンダセンシング」が装備されています。

中でもアイサイトの安全性能は非常に優秀で多くのユーザーから高評価を得ています。
この部分を比較させて値引き交渉するのも効果的ですね。

「最新技術のホンダセンシングもいいけど、アイサイトの方が定評がある」などといった交渉を進めてみましょう。

 

ハイブリッド車の比較には注意

競合車にはハイブリッドが用意されています。

オデッセイにもハイブリッド車があるので、比較しやすいのですが、価格帯が大きくずれてしまうことがあります。

特にエスティマと比較する際は注意してください。

ハイブリッド車のグレードによっては100万円近く差が出てしまいますから、競合車として選ぶのであれば、ガソリン車同士で比較するのがいいです。

また、値引きを大きくしておくのもポイントです。

競合車の値引き額を多くしておくことで、オデッセイの値引きも増える可能性があります。
「エスティマの値引き額が大きく、予算内に収まりそうなので検討しています」のように値引き交渉を行うのもいいですね。

 

使い勝手や走行性能を比較する

収納力やシートアレンジなどを比較して値引き交渉するのも効果的です。
競合車もそれぞれに、使い勝手の良い装備があります。

3列目を電動で格納できたり、広い車内空間を生かしたシートアレンジなどに注目して交渉を進めてみましょう。

ミニバンは車高が高いので、ラゲージルームに自転車を載せることができたり、背の高いものや長いものまで積むことが可能です。
オデッセイではできないシートアレンジや収納力を引き合いに出し、最大限の値引きを目指しましょう!

 

オデッセイの各グレードのリセールバリューは?

 

オデッセイの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。

どのグレードが3年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

オデッセイのグレード名 3年後の買取相場 当時の新車価格 リセールバリュー
2.0ハイブリッド・Honda SENSING (8人乗り) -- 3,750,000円 --
2.0ハイブリッド・Honda SENSING (7人乗り) 278万円 3,836,400円 72.4%
2.0 ハイブリッド アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) -- 3,850,000円 --
2.0ハイブリッド アブソルート・Honda SENSING (7人乗り) 292万円 3,936,400円 74.1%
2.0ハイブリッド アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り) 310万円 4,150,000円 74.6%
2.4G エアロ・Honda SENSING (8人乗り) 177万円 2,980,000円 59.3%
2.4G エアロ・Honda SENSING (7人乗り) 187万円 3,066,400円 60.9%
2.4アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 217万円 3,240,000円 66.9%
2.4アブソルート・Honda SENSING (7人乗り) 215万円 3,326,400円 64.6%
2.4アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り) 249万円 3,540,000円 70.3%
2.4G エアロ・Honda SENSING (8人乗り) 4WD

186万円

3,180,000円

58.4%

2.4アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 4WD -- 3,440,000円 --
2.4アブソルート・EX Honda SENSING (8人乗り) 4WD 260万円 3,653,600円 71.1%

ハイブリッドは2年落ちのデータです。

ハイブリッド車は2016年2月に発売されたため、上記のハイブリッド車の買取相場は2年落ち時のデータとなっています。

ガソリン車では8人乗りよりも、7人乗りの買取金額が高値で推移しています。

ガソリン車では上級グレードの買取相場が高い傾向があり、4WD最上級グレードの2.4アブソルート・EX Honda SENSINGは中古車市場で人気が高く、リセールバリューも71.1%と平均以上の高水準となっています。

※買取相場は常に変動します。実際に売却される際は、買取店での査定をおススメします。

 

新型オデッセイを残価設定ローンで購入すると?

オデッセイを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

2.0ハイブリッド アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り)

 
車両価格 4,150,000円
車両値引き ▲280,000円
メーカーオプション価格 43,200円
ディーラーオプション価格 272,484円
ディーラーオプション値引き ▲54,496円
諸費用 101,380円
支払総額 4,232,568円
頭金 0円
ローン元金 4,232,568円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.9% 1.9%
初回 74,712円×1回 55,503円×1回
2回目以降 72,600円×34回 53,200円×58回
最終回(残価) 1,863,645円×1回
(44.0%)
1,358,908円×1回
(32.1%)
金利を含む支払総額 4,406,757円 4,500,011円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

 

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- オデッセイ --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    当面の間予定なし

    モデルチェンジ推移
    2017年11月16日最新モデルチェンジ日
    マイナーチェンジ
    2016年2月4日
    一部改良、ハイブリッドを追加
    2015年9月17日
    特別仕様車「アブソルート・アドバンス」「アブソルート・EX アドバンス」
    2015年1月22日
    一部改良
    2014年10月17日
    特別仕様車
    「ABSOLUTE・20th Anniversary」
    2014年5月15日
    グレード追加
    2013年10月31日現行モデル登場日
    フルモデルチェンジ
    2012年7月5日
    一部改良
    2011年10月6日
    マイナーチェンジ
    2009年9月3日
    一部改良
    2008年10月16日
    フルモデルチェンジ

    2007年8月30日
    グレード追加、特別仕様車

    2007年2月15日
    一部改良
    2006年4月13日
    マイナーチェンジ
    2005年10月31日
    一部改良

    2004年12月24日
    一部改良

    2003年10月17日
    3代目オデッセイデビュー

    ホンダ オデッセイ口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP