オデッセイの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

オデッセイの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

オデッセイから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、オデッセイの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、オデッセイ購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

オデッセイ取り扱いディーラー

ホンダ全店

オデッセイ月販目標台数:1500台

新型オデッセイ今月の値引き相場

オデッセイ値引き難度:緩い
車両からの値引き:32万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:45~50万円

オデッセイの値引き交渉は、強力なライバル車が居るので、それらとの競合で値引き交渉を煮詰めて、最後に限界値引きを目指して経営違いのホンダディーラーと競合させて、オデッセイから値引きを引き出します。

経営違いのホンダディーラーの見分け方はこちら

オデッセイの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバル車の価格や装備をうまく利用する

ライバル車と迷っている旨をディーラーに伝えると、オデッセイの値引きを多くしてくれる可能性があります。

オデッセイのライバル車は、トヨタのアルファード/ヴェルファイアを始め、エスティマ、マツダCX-8、スバルレヴォーグなどがあります。

オデッセイの購入グレードにより総支払額は変わるので、それぞれの価格といい勝負になるように、ライバル車のグレードを選択しましょう。

実際にライバル車を見なくても検討している事を伝えて競合させる事が出来ますが、出来れば実際にライバル車のディーラーへ訪れて、実車をチェックしたり値引きの温度感を確かめるだけでも、よりリアルで効果のある競合を交えた値引き交渉が出来ます。

車のデザインや内装の質感、運転席や2列目シートの乗り心地、3列目シートの居住性、荷室の容量や使い勝手など、オデッセイとライバル車を比較するとそれぞれ一長一短です。

自分の目で見たオデッセイには無い、ライバル車の良い部分を引き合いに出してオデッセイの値引きを要求すると、根拠のある理由=説得力があるので、セールスマンもつい値引きを緩めてくるでしょう。

オプション値引きや無料サービスを狙う

オデッセイのディーラーオプションから20~30%の値引きが可能ですが、特にナビや後席用モニター、ボディコーティング、点検パックなど利益率の高いオプションを付けたら、オプションからの値引き枠は大きくなります。

もちろん黙っていては値引きしてくれないので、しっかりと交渉して限界値引きまで目指しましょう。

また、交渉終盤ではオプションの無料サービスを要求するのも成功しやすい方法です。

オデッセイの値引きもそろそろ限界近くなってくれば、さらに5万・10万円の値引き上乗せは正直セールスマンもきついです。

そこで数万円程度のオプションサービスであれば、「そのくらいであれば、ハンコを捺してくれるならやってしまおう」となる場面が多いです。

ラゲッジマットやドアバイザー、ETCを2.0へアップ、ナンバーフレームなど小物の合わせ技など、要求してみると良いでしょう。

決算時期や四半期には値引きが緩む

毎年自動車メーカーの決算時期になると、新車の値引きが緩みます。

ホンダを含む自動車メーカーの決算時期は、3月です。

決算の締めの3月に少しで新車の販売台数を稼ごうと、オデッセイの値引き枠も広がります。

また、9月の中間決算期や、四半期報告のある6月、12月も販売を強化するため、オデッセイの値引きが期待できる時期です。

6月と12月はボーナス商戦がある事も大きいですね。

決算時期には、値引き交渉で有利になる「決算フェア」がディーラーで行われます。

3月決算なら1月中旬~3月末まで、9月中間決算なら8月中旬~9月末まで、それぞれ決算フェアが行われるので、このタイミングでオデッセイの値引き交渉をすると、限界値引きを獲得しやすいでしょう。

コウさん
コウさん

オデッセイの値引きポイント

オデッセイの値引きは、ディーラーオプションを40万円以上付けたら、値引きの総額が40万円を超える事が多い。さらに50万円以上の値引き実例もあるので、しっかりと交渉して限界値引きを目指そう。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずオデッセイの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

ホンダ 純正ナビ カロッツェリア 社外ナビ
本体 スタンダード インターナビ サイバーナビ AVIC-CZ902
画面大きさ 7インチ 7インチ
価格 165,240円 114,000円
(Amazon)
バックカメラ 22,680円
(リアカメラdeあんしんプラス)
10,780円
(Amazon)
ナビ工賃 20,366円 29,800円
(Amazon)
合計額 208,286円 154,580円
純正との価格差 -53,706円
ケンウッド 彩速ナビ

オデッセイに装着するカーナビに社外品を選んだ場合、金額はどうなるでしょうか。

純正ナビにはナビ本来の機能をはじめ、AV等も充実したスタンダード インターナビを選択、取りつけ工賃とセンサーで後方の視界をカバーするリアカメラdeあんしんプラスを含めて約20.8万円となりました。

一方、社外ナビには高音質やLINEとの連携で人気の高いカロッツェリアのサイバーナビと、比較対象に画質とスマホばりのレスポンシブでこれまた好評なケンウッドの彩速ナビを選択。

こちらもバックカメラとナビ取りつけ工賃コミで約15.4万円、純正品で揃えた場合に比べて約5.3万円も割安になり、値引き交渉の手間なく同じ効果が得られて言う事なしです。

もちろん、新車オデッセイを購入するタイミングなら社外品をディーラーへ持ち込み、工賃サービスをお願いできれば、もっとオデッセイの支払総額を安く出来ます。

フロアマット

オデッセイ純正フロアマット

  • スタンダード 54,000円
  • プレミアム 81,000円

社外品オデッセイ用フロアマット


・純正品との差額 2.9万~5.6万円以上

オデッセイのフロアマットに上記の社外品を敷いた場合、純正品の定価に比べて約2.9万~5.6万円以上の割安となり、それと同額の値引きを得たのと同じ効果が得られます。

上記の社外品フロアマットは3色の生地をはじめ各パーツの色を組み合わせて多数のパターンから選べる上、品質面でも純正品に見劣りしないため、相対的にコスパで優れていると言えます。

取りつけはシンプルなので自分で出来なくもありませんが、3列シートのオデッセイだと思いのほか重労働になるため、新車購入のタイミングでディーラーにお願いすれば、工賃を無料サービスで取りつけてくれることも多くあります。

ドアバイザー

オデッセイ純正ドアバイザー

  • ドアバイザー 22,680円

社外品オデッセイ用ドアバイザー


・純正品との差額 1.6万円以上

オデッセイの窓にこちらの社外品ドアバイザーを装着すると、純正品(定価)との差額が実質的な値引きと同じ意味を持ちます。

取りつけは自分で出来る方はやってもいいですが、苦手&面倒な方は新車オデッセイの購入時にディーラーへ持ち込み、交渉が上手くいけば工賃無料or値引きでやってくれる事もあります。

ドライブレコーダー

オデッセイ純正ドライブレコーダー

  • フロント用(ナビ連動、駐車時録画機能) 30,240円
  • フロント用(ナビ連動) 27,000円
  • フロント用(GPS、液晶モニター付き) 27,000円
  • フロント用(液晶モニター付き) 21,384円
  • リア用 27,000円
  • ドラレコパッケージ(フロント各種+リア) 47,304円~56,160円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 1.5万~2.4万円以上

近年、その悪質・危険性が広く認識されはじめた「あおり運転」などによって注目されているドライブレコーダーですが、純正品よりも割安な社外品を装備することで、オデッセイの支払総額を下げることができます。

取りつけは慣れない方だと大変なので、新車オデッセイを購入するタイミングでディーラーと交渉し、工賃サービスor値引きを契約条件に盛り込めたら上出来です。

コウさん
コウさん

オデッセイの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

オデッセイの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型オデッセイの納期は?

オデッセイの納期1ヵ月~2ヵ月

オデッセイの納期は、ディーラーが見込み発注している仕様に合致すれば、1ヵ月以内に可能です。

新たにメーカーへ発注すると、1ヵ月~2ヵ月の間の納期となっています。

オデッセイの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

オデッセイでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?2年落ちオデッセイのリセールバリュー(残価率)を、グレードごとに調査しました。

※2年落ち走行2万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

オデッセイのグレード名 2年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
2.0 ハイブリッド・Honda SENSING (8人乗り) –万円 3,750,000 %
2.0 ハイブリッド・Honda SENSING (7人乗り) 280万円 3,836,400 72.9%
2.0 ハイブリッド アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 294万円 3,850,000 76.3%
2.0 ハイブリッド アブソルート・Honda SENSING (7人乗り) 307万円 3,936,400 77.9%
2.0 ハイブリッド アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り) 298万円 4,150,000 71.8%
2.4 G エアロ・Honda SENSING (8人乗り) –万円 2,980,000 %
2.4 G エアロ・Honda SENSING (7人乗り) –万円 3,066,400 %
2.4 アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) –万円 3,240,000 %
2.4 アブソルート・Honda SENSING (7人乗り) 254万円 3,326,400 76.3%
2.4 アブソルート・EX Honda SENSING (7人乗り) 245万円 3,540,000 69.2%
2.4 G エアロ・Honda SENSING (8人乗り) 4WD 243万円 3,180,000 76.4%
2.4 アブソルート・Honda SENSING (8人乗り) 4WD 268万円 3,440,000 77.9%
2.4 アブソルート・EX Honda SENSING (8人乗り) 4WD 277万円 3,653,600 75.8%

2年落ちオデッセイのリセールバリューの傾向は、ハイブリッドとガソリン車の比較では、2年落ちガソリン車の流通台数が少ないので若干相場がブレる可能性はありますが、ほぼ同等のリセールバリューとなっています。

7人乗りと8人乗りがあるグレードは、7人乗りの方が若干高いリセールとなっています。

2WDと4WDは、ホンダ車全般の傾向を見ても4WDの方がリセール優位となっています。

オデッセイの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

オデッセイの売れ筋人気グレードは、「ハイブリッド アブソルート・EX」の流通台数が最も多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いでガソリン車の「2.4 アブソルート・EX」が続いています。どちらも上位グレードが売れ筋となっているようですね。

リセールバリューから見たおすすめグレードは【ハイブリッド アブソルート(7人乗り)】

リセールバリューから見たオデッセイのおすすめグレードは、リセール1位のハイブリッド アブソルートの7人乗りです。

同様のリセールなら、新車価格=初期費用が安いグレードの方がリセールでは有利なので、ガソリン車のアブソルートでも良いのですが、ガソリン車よりハイブリッドの方が売れているため、今後の査定相場は安定する事が期待出来るので、売却時に売りやすいハイブリッドをおすすめとしてみました。

リセールバリューから見たオデッセイのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たオデッセイのおすすめカラーは、「プラチナホワイトパール」「クリスタルブラックパール」の2色です。

他のカラーと比べて、5年以内の売却で15~30万円ほど高く売れるでしょう。

リセールバリューから見たオデッセイのおすすめオプションは?

  • ホンダインターナビ+リアエンターテイメントシステム

リセールバリューから見たオデッセイのおすすめオプションは、メーカーオプションのインターナビ+リアエンター(後席用モニター)です。

オデッセイのオークション相場を見ていると、目立って高い車両はメーカーオプションナビ+リアエンターが付いていました。(大体+10~20万円

また、メーカーオプションナビよりは若干落ちますが、ディーラーオプションや社外品ナビでもフリップダウン式の後席用モニターが付いていると、高いリセールとなっていました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新型オデッセイは機械式の立体駐車場に入る?

オデッセイの車体寸法は以下の通りです。

全長4840mm
全幅1820mm
全高1695-1715mm

機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。

オデッセイの全高は1695~1715mmなので、ハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には停められません。

ハイルーフ対応の機械式立体駐車場の場合、高さ幅共に制限内のため、問題なく入ります。

オデッセイの実燃費は?

オデッセイ アブソルート ガソリン車の実燃費

カタログ燃費:14.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:7-9km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:9-11km/L
高速道路の燃費:12-14km/L
オデッセイの平均実燃費:10-11km/L

オデッセイハイブリッドの実燃費

カタログ燃費:25.2km/L

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:15-17km/L
高速道路の燃費:16-18km/L
オデッセイの平均実燃費:15-16km/L

オデッセイの燃費性能は、季節によって以下のような傾向になります。

悪い:冬<夏<秋<春:良い

始動時にエンジンやハイブリッドシステムを早く温めようと、燃料を多く必要とするため、冬の実燃費が一番悪くなります。次いでエアコンを頻繁に使う夏、そして秋、春の順で実燃費数字は良くなります。

オデッセイの最新モデルチェンジ

2017年11月16日 オデッセイをマイナーチェンジして発売

オデッセイに、先進の安全運転支援システム「Honda SENSING」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝手などを向上させ、新たに「コバルトブルー・パール」、「プラチナホワイト・パール」のボディカラーを採用し、全7色のラインアップを設定した。

オデッセイのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2018年12月 一部改良

モデルチェンジ推移

2017年11月16日マイナーチェンジ
2016年2月4日一部改良、ハイブリッドを追加
2015年9月17日特別仕様車「アブソルート・アドバンス」「アブソルート・EX アドバンス」
2015年1月22日一部改良
2014年10月17日特別仕様車「ABSOLUTE・20th Anniversary」
2014年5月15日グレード追加
2013年10月31日フルモデルチェンジ
2012年7月5日一部改良
2011年10月6日マイナーチェンジ
2009年9月3日一部改良
2008年10月16日
フルモデルチェンジ
2007年8月30日グレード追加、特別仕様車
2007年2月15日一部改良
2006年4月13日マイナーチェンジ
2005年10月31日一部改良
2004年12月24日一部改良
2003年10月17日3代目オデッセイデビュー

 

コウさん
コウさん

オデッセイの値引きポイント

オデッセイは今後改良やモデルチェンジが順次行われる。このタイミングで古くなる現行モデルの値引きが拡大するんだ。新しいモデルに拘らなければ、現行モデルを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

オデッセイの競合車は?

トヨタ エスティマ

1990年から販売されているトヨタの『エスティマ』

20年以上も販売されており、その独特のフォルムから、一目見ただけでエスティマとわかる人気の車種です。

前回フルモデルチェンジからモデルサイクルは長いですが、マイナーチェンジを重ね、2016年には最新型のエクステリアを奢られ、進化しています。

シートを収納すると非常に広いラゲージスペースが確保でき、多くの荷物を楽に積み込みことができますし、2列目シートの座席空間も広くなります。

オデッセイより少し価格が高いエスティマですが、モデル自体が古い事による値引きの多さを引き合いに出して、値引き交渉すると効果的です。

エスティマの限界値引きはこちら

トヨタ アルファード

トヨタアルファード

プレミアムミニバンのトヨタ『アルファード』

トヨタの人気ミニバンであるアルファードは、高級感と上品さを兼ね備えた一台となっています。

非常にインパクトのあるデザインで、好き嫌いの分かれるフロントグリルが発売当初、非常に注目を集める要因となりました。

内装は広々としたものとなっており、長距離ドライブでも疲れることがなく快適に過ごすことができるのがいいですね。

後部座席は、まるでファーストクラスのような空間となっているのが特徴で、大型アームレストや格納式テーブルなど使い勝手も申し分ありません。

車内空間の広さはアルファードに軍配が上がるので、アルファードのメリットを挙げながら「アルファードも良いんですよね・・」と迷っているそぶりで値引き交渉してみましょう。

アルファードの限界値引きはこちら

トヨタ ヴェルファイア

トヨタヴェルファイア

アルファードと姉妹車であるトヨタの『ヴェルファイア』

車のボディサイズや走行性能はアルファードと同じです。

フロントマスクのデザインがアルファードとは大きく異なり、全体的にシャープなデザインが特徴的で、フロントマスクもスタイリッシュな印象です。

車内の質感も非常によく、2列目シートに使用されているエグゼクティブパワーシートの作りはよく、使い勝手もいいですね。

座り心地もよく、長時間の移動も疲れることがありません。

オデッセイアブソルートは、ヴェルファイアよりも固めの乗り心地と感じるユーザーは多いため、「ヴェルファイアの方が後席の乗り心地が良いので、オデッセイとどちらにするか迷っている」と引き合いに出して、オデッセイの値引き交渉をすると効果的です。

ヴェルファイアの限界値引きはこちら

スバル レヴォーグ

タイプはミニバンと違いますが、比較的荷物も余裕で積む事が出来るワゴン車、さらにオデッセイアブソルートとテイストが近いスポーティさが競合出来る、スバルのレヴォーグもオデッセイの競合車として活用できます。

レヴォーグは5人以上の多人数乗車が出来ないので、その部分には触れずに、「荷物も積めてスポーティなレヴォーグとオデッセイアブソルートで迷っている」と値引き交渉を進めましょう。

レヴォーグの限界値引きはこちら

マツダ CX-8

マツダ CX-8

マツダには多人数乗車のミニバンが現在ラインナップされていないので、6/7人乗りが可能なCX-8がミニバンと競合します。

実際CX-8の人気は高く、ミニバンともよく競合します。

その点はホンダのセールスマンも分かっているので、CX-8と競合すると値引きで対抗してくるでしょう。

ミニバンとはテイストが違う人気のCX-8は、オデッセイの値引き交渉をする上て引き合いに出すと、とても効果があるでしょう。

CX-8の限界値引きはこちら

新型オデッセイを残価設定ローンで購入すると?

オデッセイを残価設定ローンで購入した場合の、月々の支払額です。

3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 2.0ハイブリッド アブソルート・EX ホンダセンシング (7人乗り)
車両本体価格 4,150,000円
車両本体値引き ▲280,000円
メーカーオプション価格 43,200円
ディーラーオプション価格 272,484円
ディーラーオプション値引き ▲54,496円
諸費用 101,380円
支払総額 4,232,568円
頭金 0円
ローン元金 4,232,568円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.9% 1.9%
初回 74,712円×1回 55,503円×1回
2回目以降 72,600円×34回 53,200円×58回
最終回(残価) 1,863,645円×1回
(44.0%)
1,358,908円×1回
(32.1%)
金利を含む支払総額 4,406,757円 4,500,011円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

オデッセイの値引きポイント

残クレで購入すると、数年後の乗り換え需要が見込めるため、ディーラーの値引きは甘くなるぞ。残クレでオデッセイを購入するなら、限界まで値引きを引き出して金利分を回収しよう!

残クレ終了後はディーラーへ返却する前に買取店で査定してもらおう

残クレ終了時は、ディーラーへ車を返却するのが当然と言ったイメージがありますが、そうではありません。

ディーラーの残価よりも高く売れる所があれば、そこへ売って構わないのです。

おすすめは、買取店の無料査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。

申し込み後の概算相場で、ディーラーの残価と簡単に比較できますし、無料で複数の買取店へ一括査定を依頼できます。

複数の買取店が査定額を競い合う事で、高値での売却が可能です。

かんたんに45秒で申し込みが可能、その後すぐに概算相場が表示されます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ