あなたのオデッセイを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

オデッセイのガチな査定相場を紹介!

オデッセイの無料ネット査定

あなたのオデッセイ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがオデッセイの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

オデッセイの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のオデッセイの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

オデッセイのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのオデッセイを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のオデッセイの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】オデッセイの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

オデッセイで査定が高くなる組み合わせは?

オデッセイの査定相場アップが期待できる組み合わせ

オデッセイで高い査定が出るグレードはコレ!

2.4アブソルート ホンダセンシング
2.4アブソルートEX ホンダセンシング
7人乗り
4WD

オデッセイの中でも特に高い査定が期待できるグレードが、こちらになります。

スポーティー仕様のアブソルートは、オデッセイ市場をほぼ独占するくらいの人気から中古車市場でも引き合いが多いため、査定相場が特に高くなっています。

その中でも、2.4アブソルート ホンダセンシング81.2%・一年落ち)と2.4アブソルートEX ホンダセンシング85.8%・同)のリセールバリューは頭一つ抜きん出ています。

比較対象として、同グレードのハイブリッド車では、2.0ハイブリッド アブソルートが73.2%、2.0ハイブリッド アブソルート EXが76.6%となっており、ガソリン車に比べてリセールバリューでは若干引けを取っています。

また、定員数では空間いっぱいに乗り込むベンチシートの8人乗りよりも、ゆったり座れるキャプテンシート7人乗りの方が人気も高く、それが査定相場にも反映されています。

そして、雪道や悪路などの安全性・走破性から一定のニーズがある一方で生産・販売台数の少ない4WDは、その需給バランス(需要>供給)から、安定した高額査定が期待できます。

オデッセイの高額査定を実現するためには、まず購入時のグレード選びから意識を高める必要があります。

オデッセイで高い査定が出る人気色はコレ!

オデッセイの査定相場プラスが期待できる人気カラー

プラチナホワイト・パール
クリスタルブラック・パール

オデッセイのボディカラーで、特に高額査定が期待できるものが、こちらになります。

清潔感と開放感から万人が受け入れやすいホワイトと、重厚感と高級感からハイグレード性を高めるブラックは、古くから日本人の感性にフィットするため、オデッセイのボディカラーとしても、高い人気を誇ります。

この2色なら間違いがない=売れ残りのリスクが低く、中古車販売店としても積極的に仕入れたがるため、オデッセイの査定でも高額査定が期待できるのです。

オデッセイの査定相場をホワイト&ブラック系の人気2カラーとそれ以外のカラーで調べてみたところ、3年以内の売却で、両車の査定相場には約10万~30万円の金額差がありました。

オデッセイの購入時、カラーの選択だけで約10万~30万円も得/損してしまうって、凄いことだと思いませんか?

お得なオデッセイの売却を目指すなら、カラー選びも気が抜けませんね。

オデッセイで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ホンダ インターナビ
リアエンターテインメントシステム
マルチビューカメラシステム

オデッセイに装着するメーカーオプションの中で、特に買取査定のプラスが期待できるものが、こちらになります。

オデッセイの査定相場プラスが期待できる人気オプション・インターナビ
ホンダ インターナビは、オデッセイを工場で製造する時、一緒に作りつけるだけあって、その一体感は群を抜いて高い人気を誇ります。

オデッセイの買取査定時に大きなプラスとなりますが、初期費用が高いため、予算に余裕があればつけておきたいオプションの一つです。

オデッセイの査定相場プラスが期待できる人気オプション・リアエンターテイメントシステム
後部座席に独立したモニターを用意できるリアエンターテインメントシステムは、同乗するお子様や家族、友達が退屈しないで快適なドライブを楽しめる人気オプションの一つ。

こちらもオデッセイの買取査定にプラスとなる上、自分で乗る上でも便利なので、つけておきたいオプションの一つとなります。

オデッセイの査定相場プラスが期待できる人気オプション・マルチビューカメラシステム
そして、自分のオデッセイを上空から見下ろしたような視界が得られるほか、安全な運転・駐車をサポートしてくれるマルチビューカメラシステムやホンダ スマートパーキングアシストシステム、パーキングセンサーシステムは、運転経験の浅いドライバーでも安心感が高まるため、人気オプションの一つとなっています。

オデッセイの高額査定を実現するため、そして自分でドライブを楽しむ上でも、これらのメーカーオプションを活用したいところです。

オデッセイの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

スーパープラチナ・メタリック
プレミアムディープロッソ・パール

せっかくオデッセイを売ったのに、その査定金額がダウンしてしまう要因の一つに、ボディカラーが挙げられます。

個性を追求しすぎた突飛なカラーや、地味(≠シック)なカラーは「無難」「定番」を好む日本人に敬遠されてしまいがちで、オデッセイのボディカラーにもあまり選ばれません。

つまり売れ残ってしまうリスクが高くなり、オデッセイの査定金額もダウンしてしまいます。

先述したホワイト&ブラック系の人気2カラーと比べると、その金額差は約10万~30万円

こだわりをとるか、お得をとるか。

この辺りは、ユーザーの取捨選択となります。

修復歴による査定の減額

オデッセイの査定相場がダウンしてしまう修復歴

事故や機械トラブル等で「修復歴あり」となってしまったオデッセイは、残念ながら査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

ダメージの度合いにもよりますが、元の査定相場が高かった(筈の)オデッセイほど、査定相場のダウンが大きくなってしまう傾向にあります。

5年以内の売却でオデッセイの査定相場を調査してみたところ、修復歴の有無によるオデッセイの査定相場には約30万~60万円以上もの差額が出ていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

そんなことで泣きを見ないように、日頃からオデッセイを大切に乗りましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

オデッセイの査定相場に影響するモデルチェンジ

フルモデルチェンジやマイナーチェンジなど、モデルチェンジはオデッセイの査定相場に大きな影響を及ぼします。

オデッセイの内外装やエンジン等の仕様に大規模な変更を加えるフルモデルチェンジや、フルモデルチェンジよりは若干小規模ではあるものの、一部改良とは異なり内外装やエンジン等に比較的大きめな更新を行うマイナーチェンジは、オデッセイのデザインやスペック、使い勝手などを大きく変えます。

その結果、ユーザーの人気が移り変わることでオデッセイの査定相場にも落差が生じることになります。

モデルチェンジによって旧モデルとなるオデッセイの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入るおよそ3ヶ月前からです。

モデルチェンジの情報は事前から出てくる/調べられるので、その時になってあわてる事のないよう、日頃からアンテナを張っておきましょう。

輸出によるオデッセイの査定相場の底値は?

オデッセイの輸出相場を査定

現行(2013年10月~) データ不足

4代目(2008年10月~)
新車登録から5年以内
100万円以上(2WD)
50万~100万円(4WD)
新車登録から5年超過
30万~50万円(アブソルート系)
15万~30万円(その他)

3代目(2003年10月~)以前 ほぼ廃車

過走行や修復歴などにより、国内市場では敬遠されてしまいがちなコンディションのオデッセイでも、海外市場に出せれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰えるチャンスがあります。

オデッセイを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

ディーラー下取りに出した場合「価値なし」どころか「処分手数料」まで取られかねないようなオデッセイでも、買取店だったら上記の底値で買い取って貰えるかも知れません。

なので「年式が古いから、どうせ」「過走行だから、どうせ」と諦めないで、まずは買取店にオデッセイを査定してもらいましょう。

【余談】
輸出買取相場に出せない(≒国内市場でダメならそのまま廃車)と言われている3代目オデッセイですが、このクルマは、改造している人も多いかと思われます。

ローダウンやアルミホイール、こだわりの社外エアロなど、あなたの手がけたカスタムが、次世代に求められている可能性もあります。

販売に強い買取店なら、旧モデルのオデッセイでも買い取ってくれる可能性があるので、諦めずに持って行くようにしましょう。

10年間のオデッセイの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

オデッセイの査定相場とリセールバリュー・10年推移データ

業者オークションのデータを基に当サイトで独自に査定した、オデッセイの査定相場とリセールバリュー・10年推移データです。

皆さんがオデッセイを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型オデッセイの査定相場(2018年7月査定)

現行型オデッセイの査定相場とリセールバリュー

2013年10月~販売中

オデッセイ アブソルートEXホンダセンシング/色:白黒/修復歴なし/新車価格354.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 298万円 84.1% 265万円
2017年 0.8万キロ 260万円 73.4% 229万円
2016年 2.0万キロ 238万円 67.2% 198万円
2015年 3.3万キロ 219万円 61.8% 181万円
2014年 3.9万キロ 193万円 54.5% 152万円
2013年 5.0万キロ 176万円 49.7% 129万円

現行型オデッセイの査定相場は、2017年11月のマイナーチェンジ前後で最大の落差(約40万円)を示している他は、概ね20万~25万円前後(リセールバリュー5%前後)のペースで下落。

3年落ち時点でのリセールバリューは61.8%と普通自動車の平均値(50~55%)を上回っているため、優秀な数値と言えるでしょう。

マイナーチェンジをモデルサイクルの折り返しととらえた場合、次回のフルモデルチェンジまで、向こう3年以上はこのままのペースで下降していくものと予測されます。

4代目オデッセイの査定相場(2018年7月査定)

4代目オデッセイの査定相場とリセールバリュー

2008年10月~2013年10月生産モデル

オデッセイ アブソルート/色:白黒/修復歴なし/新車価格292.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 5.4万キロ 106万円 36.3% 91万円
2012年 6.1万キロ 81万円 27.7% 67万円
2011年 7.1万キロ 60万円 20.5% 48万円
2010年 7.8万キロ 54万円 18.4% 36万円
2009年 9.4万キロ 46万円 13.6% 29万円
2008年 10.8万キロ 35万円 11.9% 18万円

4代目オデッセイの査定相場は、2011年10月のマイナーチェンジまで約20万~25万円のペースで大きく下落していましたが、それ以前の年式では約5万~10万円/年と、ごく緩やかなペースに落ち着いています。

後は先ほど紹介した輸出相場の底値(アブソルート系は約30万円、その他は約15万円)に到達するまでじっくり乗り倒すか、より高額査定が狙えるタイミングで売却してもいいでしょう。

ちなみに、表の右端にオデッセイをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて、最大45万円前後もの差額が生じています。

これを「手続き諸々の代行コスト」と割り切れるブルジョワな方もなかなかいないと思いますが、面倒でもディーラーに丸投げせず、買取店でも査定して貰う価値は充分にあるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

12年落ち&13万キロ?古い・過走行のオデッセイでも売れるのか?

オデッセイは、古くて過走行でも売れるのでしょうか。

ここでは、業者オークションを調査して旧年式&過走行のオデッセイをピックアップ、査定相場が残る可能性について検証していきます。

オデッセイの旧年式&過走行車でも査定相場は残っているか?
2006年式 3代目オデッセイ M 136,000㎞ ブラック 修復歴なし  6万円

今回は2006年式(12年落ち)&13.6万キロ走行の3代目(2代分型落ち)オデッセイMを査定、6万円の査定相場が残っていました。

状態は「フロントクロスメンバー腐食」「下回りサビ」「外装キズ&補修跡」など、決してよくありませんが、それでも査定相場が残っていますから、ディーラーで「値段がつかない」等と言われても、諦めずに買取店でも査定して貰う価値はあるでしょう。

ただし、3代目オデッセイは輸出相場による底値が存在しないため、すべてに査定相場が残っている訳ではなく、3代目オデッセイの査定相場が残りやすい条件などをこちらに紹介します。

査定相場が残る車両は全体の2~3割
査定相場への影響は年式よりも走行距離の方が大きい
年式は2007~2008年式(11~12年落ち)辺りが限界
走行距離は8万キロ台から査定相場が残りにくくなる
ボディカラーは圧倒的にホワイトパール&ブラックが有利
4WDよりも2WDの方が有利(むしろ4WDはほとんどない)
標準グレードよりもアブソルート系が有利
改造車が評価・高額査定されているパターンもある

最後の「改造車が評価・高額査定~」というのは、先ほど輸出相場のところでも紹介した通り、3代目オデッセイは改造しているユーザーが多く、(1)その改造ぶり(カッコよさ)を評価し、かつ(2)販売に強い落札者がオークションに参加していた、という好条件が揃った場合を言います。

今回ピックアップしたオデッセイもローダウンされており、そこがポイントとなったものと思われます。

いずれにしても、ディーラーだと「こんな状態のオデッセイでは値段もつけられませんが、今回は廃車手数料をサービスします」等と言われてしまうでしょうから、間違っても丸投げにしないで買取店でも査定して貰うことをおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら