あなたのエスクァイアを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

エスクァイアのガチな査定相場を紹介!

エスクァイアの無料ネット査定

あなたのエスクァイア、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがエスクァイアの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

エスクァイアの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のエスクァイアの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

エスクァイアのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのエスクァイアを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のエスクァイアの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】エスクァイアの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

エスクァイアで査定が高くなる組み合わせは?

エスクァイアの高額査定が期待できる組み合わせは?

エスクァイアで高い査定が出るグレードはコレ!

Gi
Xi
ハイブリッドXi

エスクァイアで高額査定が期待できるグレードは、「Gi」「Xi」「ハイブリッドXi」です。

全体的には、ハイブリッド車よりもガソリン車の方がリセールが高い傾向です。

Giは、定速走行のクルーズコントロール・正常な空気環境を保つナノイー・デュアルパワースライドドア・温熱シートなどを標準装備しています。

「高級感のあるミニバン」として人気があるエスクァイアの中でも、Giは最も上質な装備を兼ね備えているため、ユーザーのニーズと合致していることもあるのでしょう。

Giには高めの査定金額が付く傾向にあります。

Xiはパワースライドドアが助手席のみとなり、温熱シートやクルーズコントロールの装備は付いていません。

そのため、Giと比べると標準装備は落ちますが、リセールバリューはGiに続いて高値で推移しています。

エスクァイアのハイブリッドの中で高水準の査定相場があるのはハイブリッドXiとなっています。

ハイブリッドXiは、ガソリン車のXiには標準装備されていない温熱シートやスマートエントリーなども装備されており、新車価格よりも割安で購入できる中古車市場で人気のグレードです。

上質感を求めてエスクァイアを購入するユーザーが多いため、モーター駆動により、低騒音で立ち上がりの静かなハイブリッドにも高値の査定金額が付いています。

エスクァイアで高い査定が出る人気色はコレ!

エスクァイアの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

エスクァイアで高い買取査定が出る色は、上記の2色となっています。

定番の人気色である、ホワイトパールやブラックと他色とでは、20万円前後、査定額に差が出る傾向です。

長年日本人に好まれるこの2色は、エスクァイアの中古車市場でも安定して高額査定が付きます。

「ホワイトパールクリスタルシャイン」は、新車購入時にメーカーオプションで32,400円かかりますが、売却時にはオプション代金以上にプラス査定が付く傾向です。

エスクァイアで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ツインムーンルーフ
スマートエントリーシステム
両側パワースライドドア

エスクァイアの高額査定が期待できる人気オプション・ツインムーンルーフ

ツインムーンルーフは、後付けできない装備なため、中古車市場では人気のオプションとなっています。

開放感があり、車内も明るくなって良いですよね。

エスクァイアの高額査定が期待できる人気オプション・スマートエントリーシステム

スマートキーが標準装備ではないXiに、スマートエントリーシステムが付いていると、売却時にプラス査定が見込めます。

例え両手がふさがっている時でも、ポケットやバッグからキーを取り出さなくても良いので、便利ですよね。

エスクァイアの高額査定が期待できる人気オプション・両側パワースライドドア

パワースライドドアもミニバンには欠かせない装備となっています。

助手席のみパワースライドドアのXiは、新車購入時に6万円ほどで両側に変えることが可能です。

ワンタッチで簡単に開閉でき、小さい子供も自分で開閉できるため、付いていれば便利なシステムです。

両側パワースライドドアは、子どものいる家庭からの需要が高いため、こちらも売却時にプラス査定が期待できるオプションとなっています。

エスクァイアの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

エスクァイアの査定ダウンにつながる不人気カラー

シルバーメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック

ホワイトパール・ブラックという人気の2色に比べると、それ以外のカラーでは30万円前後査定額が安くなってしまいます。

シルバーやブロンズメタリックもシニアの方からは人気が高く飽きない色ではありますが、エスクァイアの需要層は比較的若いファミリーにあることから、リセールになると減額対象になってしまいます。

エスクァイアでも、色によるリセールバリューへの影響は大きいと言えるでしょう。

修復歴による査定の減額

レガシィのマイナス査定となってしまう修復歴

どの車でも同じことが言えますが、修復歴があると、査定相場は大きく下がってしまいます。

価値がまだまだ残っている新車から3年落ち以内のエスクァイアでは、修復歴があることのリセールバリューへ影響は特に大きく、査定額も30万~50万円下がる傾向です。

年式が新しい車で査定金額も高値なほど、修復歴ありによる減額も大きいです。

年式も古くなるにつれて下がっていく査定金額に比例して、修復歴ありによる査定への影響も小さくなっていきます。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

エスクァイアの査定相場に影響するモデルチェンジ

エスクァイアは、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの前後で査定相場に開きが出る予想となっています。

同じタイプであるノアXの場合、マイナーチェンジ時に約20万円・フルモデルチェンジ時は約70万円も査定相場が下落していました。

モデルチェンジのタイミングでエスクァイアの買い替えを検討している場合は、査定相場に影響が出る前のタイミングでエスクァイアを売ることをオススメします。

通常、モデルチェンジの3ヶ月ほど前より査定相場は下がる傾向があり、メーカーから発表がある3か月前には売却した方が良いでしょう。

輸出によるエスクァイアの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現在のところ不明

エスクァイアは2014年に発売された車のため、モデルが新しく、現状では輸出相場に該当しているか不明です。

しかし、日本車の中でも特にトヨタ車は海外から人気が高いことで知られています。

今後、年数が経つにつれ、修復歴ありや過走行で国内相場から外れたエスクァイアが輸出されていくこともあるかもしれません。

エスクァイアの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

エスクァイアの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したエスクァイアの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

皆さんがエスクァイアを売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型(初代)エスクァイアの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)エスクァイアの査定相場とリセールバリュー

2014年10月~販売中

エスクァイア Gi/色:白黒/修復歴なし/新車価格289.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 257万円 88.8% 217万円
2017年 1.2万キロ 246万円 85.0% 203万円
2016年 1.9万キロ 220万円 76.0% 175万円
2015年 3.0万キロ 232万円 80.2% 181万円
2014年 3.8万キロ 190万円 65.6% 147万円

現行型(初代)エスクァイアの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2017年7月にマイナーチェンジが入っている影響により、2017年式(後期型)と2016年式(前期型)に25万円前後の少なくない落差が生じています。

また、2015年式は2016年式より査定相場が逆転していますが、これは2015年式にツインムーンルーフと純正ナビ等がついているため、年式に対する査定相場が逆転したものです。

2014年式にもツインムーンルーフなど特にはついていないため、一見マイナーチェンジ以上の差額が生じています。

3年落ちリセールバリューを見ると、80.2%と普通乗用車の平均値(50~55%)をかなり上回っていますが、先述の通りツインムーンルーフ&純正ナビ等のプラス査定を差し引く必要があります。

2016年式と2014年式(共にツインムーンルーフ等なし)の査定相場差額は30万円、マイナーチェンジ等の急落要素がないため、年式ごとの下落額は等分して15万円前後と推定。

つまり、2015年式の査定相場は205万円(リセールバリュー約70.8%)前後と見積もれると同時に、ツインムーンルーフと純正ナビによる査定プラスが約25万円になる事がわかります。

現行型(初代)エスクァイアハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)エスクァイアハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2014年10月~販売中

エスクァイアハイブリッド Gi/色:白黒/修復歴なし/新車価格330.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 295万円 89.3% 234万円
2017年 1.0万キロ 270万円 81.8% 217万円
2016年 1.8万キロ 251万円 76.0% 203万円
2015年 3.0万キロ 233万円 70.6% 187万円
2014年 3.8万キロ 220万円 66.6% 174万円

現行型(初代)エスクァイアハイブリッドの査定相場とリセールバリューを年式ごとにまとめました。

2017年7月に入ったマイナーチェンジの影響により、2018年式(後期)と2017年式(前期)で25万円の差額がついている他は、各年15万~20万円程度で値下がりしていきます。

3年落ちリセールバリューは70.6%、こちらはツインムーンルーフがついていないため、同条件のガソリン車(70.8%)とほぼ同様となっています。

ところで、表の右端にエスクァイアをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場よりも40万~50万円(ハイブリッドでは50万~60万円)も安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって機械的に査定する(人気カラーやオプション等は考慮してくれない)ため、ディーラー査定を鵜呑みにすると、約40万~60万円も損してしまう危険性を意味しています。

これを「手続き諸々を代行してくれる便利化コスト」と割り切れる方ならともかく、一度買取店でエスクァイアを査定して貰い、じっくり比較検討することをおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

20万キロ超の過走行&修復歴ありでもエスクァイアは売れるのか?

2014年のデビューから年月の浅いエスクァイアですが、過走行車(走行距離10万キロ超)や修復歴ありでも査定相場が残るのでしょうか?

ここでは、中古車市場を調査して過走行&修復歴ありの1台をピックアップ、エスクァイアの査定相場が残っていく傾向を分析していきます。

過走行修復歴ありのエスクァイアでも査定相場は残っているか?
4年落ち エスクァイア ハイブリッドXi 203,000㎞ シルバー 修復歴あり
  92万円

上記のエスクァイアは「前クロスメンバー凹み」「コアサポート凹み」「フロント廻り押され(ぶつけ)」等々、画像通りの事故現状車ですが、発売から年数が浅いため、これだけの査定相場が残っています。

ちなみに、今回の調査で査定相場が残らなかったエスクァイアは1台もなく、最低金額だったのが、フロントを大破してしまった不動車の46万円でした。

その他、業者オークションで不動車を見ていても、約70万~100万円の査定相場が残っているので、当面は過走行でも修復歴でも、査定相場が残らないことはまずないと見て大丈夫でしょう。

しかし、高年式のエスクァイアをディーラー下取りに出すと、過走行や修復歴を理由に査定が大幅ダウンしてしまうおそれがあるため、買取店で査定して貰った方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら