ノートe-POWERとアクアの口コミ・評価を比較!燃費や乗り心地、インテリアや走行性能までユーザーの評判を徹底調査

ノートe-POWERとアクアの口コミの比較・評価

ここでは、日産ノートe-POWERとトヨタ アクアについて、実際のユーザーの口コミや評価をまとめて比較しています。

価格や外装・内装、乗り心地や実燃費など、メーカーサイトやカタログを見ただけでは分からない、欠点や不満があるかもしれません。

ノートe-POWERとアクアの良い所やデメリットも含めて、ユーザーの評判を調査したので、是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

ノートe-POWERとアクアのエクステリアの口コミ・評価を比較

ノートe-POWERのエクステリアの口コミ

ノートe-POWERのエクステリアの口コミ評価

ノートe-POWERのエクステリアの満足度調査

【ノートe-POWERの口コミ・ここが満足】
オーソドックスなデザインに好感を持つ口コミ多し
幅広い年代のユーザーが乗りやすく、かつ飽きの来ないデザインが好評
・ルーフスポイラーなどエアロパーツがよく似合い、顔立ちを精悍に引き締めている
フロントのメッキ加飾が豪華になったと評判に
e-POWERのブルーラインがスタイリッシュと人気
・近くでじっくり見ると、各部の造形に改良の工夫がよくわかる、と高い評価
・「奇抜なトヨタ、やんちゃなマツダに比べて万人受けするデザインがいい」との声も
・「e-スタイリングパッケージをつけるなら、いっそニスモの検討がおすすめ」
【ノートe-POWERの口コミ・ここが不満】
・ずんぐりむっくりとした腰高なプロポーションは、スポーティさが感じられない
前モデルの方がカッコよかった、という口コミが複数
・Vモーショングリルと日産エンブレムが大きすぎて、下品なデザイン
・折角の新パワートレイン(e-POWER)らしい特別感を出して欲しかった
リアビューが初代フィットにそっくりでカッコ悪い
ブラックアローはルーフが黒いだけにしか見えず、差額がもったいない
・もっとグレードごとの特別感を出して欲しい
・デザインのセンスが古臭く「デザイナーを変えるべき」との声も

ノートe-POWERのユーザーからエクステリアに関する口コミを集めたところ、満足と不満が拮抗する結果となっていました。

オーソドックスで万人受けするデザインが支持されている一方、逆にそれがカッコ悪い、グレードごとの特別感がない、といった不満と表裏一体になっている印象です。

先代ノートのエクステリアの口コミ評価

画像:nissan.co.jp

※マイナーチェンジ前のエクステリア

また、ノートe-POWERは現行ノートのマイナーチェンジ(2016年11月2日)を機に発売されましたが、マイナーチェンジ前のデザインを惜しむ声も少なからず聞かれました。

アクアのエクステリアの口コミ

アクアのエクステリアの口コミ評価

アクアのエクステリアの満足度調査

【アクアの口コミ・ここが満足】
・コンパクトにまとめられた、トヨタらしいスタイリッシュなデザインに定評
フロントフェイスがカッコよくて高い人気
・オプションパーツが多く、好みで色々カスタムできるのがいい、と評判
GRスポーツは好みが分かれるけど、気に入った人は買う価値がある
・老若男女を問わず乗れる、万人受けデザイン
・「車高は低めだけどSUV風にも見えるので、外観で選ぶなら悪くないかも」との声も
【アクアの口コミ・ここが不満】
悪い意味で没個性的なデザイン
・「おもちゃみたい」という声も
リアフェイスが「ハリボテ感」「尻すぼみ」などなど、不評の口コミ複数
・フロントガラスが寝すぎていて、サイドビューもアンバランス
夜間のテールランプが残念、との評価も
街中にあふれ返っているため、特別感も満足感もない

アクアのエクステリアについて、ユーザーの満足度を口コミから調査したところ、全体的に「万人受けするデザイン」と評価されながらも「没個性的で、自分は嫌い」という声が多く、不満の声が大勢を占めているようでした。

アクアのエクステリアの口コミ評価・スバルXVとの比較

画像:toyota.jpsubaru.jp

※アクアのリアフェイスをスバルXVと比較

中でもリアフェイスに対しては「リアバンパーが大きすぎる」「スバルXVのパクリに見える」「(フロントフェイスに対して)尻すぼみ」など不評の口コミが多く出ています。

ノートe-POWERとアクアのエクステリアの口コミ・比較まとめ

【ノートe-POWER】万人受けするデザインが好評も、グレードごとの差別化が欲しい
【アクア】スタイリッシュなデザインで人気だが、没個性的で特別感が薄い

ノートe-POWERとアクアのエクステリアについてユーザーの口コミを比較すると、どちらも基本的には万人受け志向のデザインながら、Vモーションなどやや個性の強いノートe-POWERの方が、高い満足度を示す結果となりました。

どちらもメーカーやディーラーの「魅せたがる」向きだけでなく、実車を様々な角度から観察するのが後悔しないクルマ選びのセオリーと言えます。

ノートe-POWERとアクアのインテリアの口コミ・評価を比較

ノートe-POWERのインテリアの口コミ

ノートe-POWERのインテリアの口コミ評価・インパネ回り

ノートe-POWERのインテリアの口コミ評価・車内空間

ノートe-POWERのインテリアの満足度調査

【ノートe-POWERの口コミ・ここが満足】
・天井が高く、解放的な室内空間が快適、と評判
・後席も余裕があって、同乗者からも好評の口コミ多し
・全体的にまとまりがある、先進的なデザインが人気
・しっとりとした素材感で、所有欲を満たしてくれる、との口コミも
ラゲッジスペースも広く確保され、ちょっとした買い物なら充分
メダリストの内装カラーに特別感があって好評
【ノートe-POWERの口コミ・ここが不満】
・全体的にプラスチッキーで安っぽい
・高級感を出そうとしたインパネの黒い光沢は却って安っぽく、汚れが目立つ
収納が少ない上、個々のスペースが中途半端すぎて使いにくい
円形を多用しているデザインがおもちゃ(ロボット)みたいで、子供っぽい
・スポーティな車でもないのに、D型ステアリングホイールは切り回しにくい
・デザインの都合で7インチナビしか装備できず、小さい
・シフトレバーや空調パネルの使い勝手が悪い、という口コミが複数

ノートe-POWERのインテリアに関するユーザーの口コミを調査したところ、室内空間が広くて快適な高評価が集まった一方で、プラスチッキーな安っぽさや収納の少なさ、シフトレバーなど使い勝手の悪さを指摘する声が上がっていました。

ノートe-POWERのインテリアの口コミ評価・シフトレバー

※先進的なデザインや使い勝手で評価が分かれているシフトレバー。ブラック光沢は汚れが目立ちやすい

この辺りはユーザーの好みや相性もありますから、ノートの実車を見に行ってじっくり検討するのがいいでしょう。

アクアのインテリアの口コミ

アクアのインテリアの口コミ評価・インパネ回り

アクアのインテリアの口コミ評価・車内空間

アクアのインテリアの満足度調査

【アクアの口コミ・ここが満足】
・モデルチェンジによって代々質感が向上、見直されている評価が多い
・「酷評されているほどの安っぽさはなくなっている」という口コミが多数
GRスポーツの専用インテリアがスポーツ感をそそる、と人気
・室内は充分に広く、居住性も高いと好評
シートヒーターは冬場にとても重宝する
エアコンパネルはすっきりしていてスイッチも操作しやすく、実用的
【アクアの口コミ・ここが不満】
・全体的にプラスチッキーでチープ、という口コミが多い
収納が少ないので、もっと充実させて欲しいという意見が多数
ハンドルが滑りやすい、特にウレタンは本革巻きに変えた方がいい、という声も
フットレストがなくて、運転時に左足が落ち着かない
ドアの造りや、閉めた時の音が安っぽい

アクアの口コミからインテリアに関する満足度を調べると、意外に多かったのは「代々のモデルチェンジによって質感が向上しており、初期モデルほどの安っぽさがなくなってきた」という評価でした。

アクアのインテリアの口コミ評価・GRスポーツの専用インテリア

画像:toyota.jp

※GRスポーツの専用インテリア

また、GRスポーツの専用インテリアはその名の通りスポーティなデザインが人気で、他にもシンプルで使いやすい点が好評を博しています。

その一方で、やっぱりまだまだ安っぽいという評価や収納の少なさ、ハンドルの滑りやすさやフットレストがないなど、細かな点に改良が望まれていることも確かです。

ノートe-POWERとアクアのインテリアの口コミ・比較まとめ

【ノートe-POWER】まとまりのある、先進的なデザインが人気
【アクア】モデルチェンジによって、代々向上している質感と使いやすさに好評価

ノートe-POWERとアクアのインテリアに関する口コミをそれぞれ比較したところ、満足度ではアクアが優勢となっていました。

これは2度のマイナーチェンジ(2014年12月、2017年6月)による地道な質感の向上が評価されたものですが、一方のノートe-POWERも、先進感の高いデザインと挑戦意欲がユーザーの支持を得ており、今後も両車の切磋琢磨が期待できます。

ノートe-POWERとアクアの運転&走行性能の口コミ・評価を比較

ノートe-POWERの運転&走行性能の口コミ

ノートe-POWERの運転&走行性能の口コミ評価

画像:nissan.co.jp

ノートe-POWERの運転&走行性能の満足度調査

【ノートe-POWERの口コミ・ここが満足】
フル充電時のハイスペックなモーター走行に満足の口コミ多し
ニスモのスポーティな走行感は、他グレードから抜きん出ていると好評
低速からトルクがあり、高速域でも上品な走りができる、と高い評価
アクセルレスポンスにすぐれ、もたつきを感じない
回生ブレーキもしっかりと効いて、カックンとならないので楽
Sモードに切り替えた時の加速は「信号待ちからの発進でバイクが追いつけない?」ほど
インテリジェントクルーズコントロールがとても便利で人気
ワンペダル操作は乗ってみるとすぐに慣れて、便利で運転が楽しいと評判
【ノートe-POWERの口コミ・ここが不満】
・フル充電時のモーター走行は素晴らしいが、すぐにバッテリーが減ってエンジンが唸る
低速走行時のエンジン音がけっこううるさく、音も好みじゃない
・エンジンの始動は制御によってユーザーの意図と無関係に行われてストレスに
・コーナリングでは接地感が乏しい
高速走行時はフワフワした走行感が怖い、という口コミも

ノートe-POWERの運転&走行性能についてユーザーの口コミをまとめると、モーター走行時のハイスペックぶりに人気が集まっているのがわかります。

ノートe-POWERの運転&走行性能の口コミ評価・e-POWERシステムの仕組み

画像:nissan.co.jp

一方で、モーター走行のピークはあまり長く続かず、すぐに発電用のエンジンが唸って不快になる、という声が少なからず出ていました。

新パワートレインであるe-POWERは、所有する満足感もさることながら、実際に試乗することで自分との相性を確かめるのがおすすめです。

アクアの運転&走行性能の口コミ

アクアの運転&走行性能の口コミ評価

画像:toyota.jp

アクアの運転&走行性能の満足度調査

【アクアの口コミ・ここが満足】
・モーター主体の低~中速域ではしっかりとした快適な走り
ハンドリングは軽く、マイナーチェンジでリニア感が向上している
・低重心気味なのでコーナリングも安定している
・最小回転半径が4.8mと小回りが利いて取り回しやすい
足回りが硬めでスポーティな走行感(特にGRスポーツ)
【アクアの口コミ・ここが不満】
・高速域はモーターが主体となって、他のコンパクトカーと変わらない
全体的にもっさりとした走りが不評
クルーズコントロールを前車追従型にして欲しい
・ECOモードにすると、軽自動車にまで煽られてしまう
・最小回転半径が5.4mと大きめで、切り返しが決まりにくい(クロスオーバー)

アクアの運転&走行性能についてユーザーの満足度を調査したところ、モーター駆動が主体となる低~中速域の走行に対する評価が高い一方で、エンジン駆動が主体となる高速走行では他のコンパクトカーと変わらなくなるため、スポーティに走りたいユーザーからは不評となっています。

「そもそも走りにこだわるユーザーが選ぶ車じゃない」と理解している口コミも多く出ていましたが、エンジンのみでも快適に高速走行できる余裕が欲しい所です。

ノートe-POWERとアクアの運転&走行性能の口コミ・比較まとめ

【ノートe-POWER】フルスペックなモーター走行が好評も、ピークの短さが課題
【アクア】全体的にマイルドな走りが魅力、高速走行時の満足度向上に課題

ノートe-POWERとアクアの運転&走行性能を口コミ評価で比較すると、ノートe-POWERの方が高評価ながらそのピークは短く、アクアは全体的にマイルド、悪く言えばもっさりとした走りに改良の余地があるようです。

ノートe-POWERの運転&走行性能の口コミ評価・インテリジェントクルーズコントロール

画像:nissan.co.jp

※ノートe-POWERのインテリジェントクルーズコントロール

両車の大きな違いの一つにクルーズコントロールの性能が挙げられますが、これは前車追従(車間維持)&自動停止機能が備わっているノートe-POWERに軍配が上がります。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


ノートe-POWERとアクアの乗り心地の口コミ・評価を比較

ノートe-POWERの乗り心地の口コミ

ノートe-POWERの乗り心地の口コミ評価

ノートe-POWERの乗り心地の満足度調査

【ノートe-POWERの口コミ・ここが満足】
・硬めの足回りが突き上げや路面の凹凸をしっかりと抑え込んでフラットな乗り心地
静粛性が高く、会話が遮られず快適
・助手席や後席も足元に余裕があるため、長く乗っても疲れにくいと好評
ボディ剛性が高くて不快なビビり音がないのが嬉しい
シートがしっかりとした厚みを持っているので、座り心地もいい
【ノートe-POWERの口コミ・ここが不満】
・硬めの足回りに慣れず、しばらく乗っていると腰が痛くなってくる
・ニスモは他グレードより足回りが更に硬く、運転席はいいが後席は硬すぎて辛い
エンジン始動&走行時の振動が不快という口コミが複数
・路面が悪いと振動や突き上げが大きくなり、車酔いしやすくなる、という声も

ノートe-POWERの乗り心地に関するユーザーの口コミをまとめたところ、全体的に硬めな足回りとの相性が評価を大きく分ける傾向が見られました。

また、モーター走行時とエンジン駆動時でも乗り心地が変わるという声が出ているため、実際に試乗して確かめた方がよさそうです。

アクアの乗り心地の口コミ

アクアの乗り心地の口コミ評価

画像:toyota.jp

アクアの乗り心地の満足度調査

【アクアの口コミ・ここが満足】
・「市街地を普通に走る分には支障のないレベル」との評価
・コンパクトカーとして見れば、悪くない水準
・車内は静粛性が高く、会話にストレスを感じない
ロードノイズが気にならない、という口コミ複数
コーナリング時のロールは抑えられて、あまりGを感じない
大人2人と小学生2~3人くらいまでなら快適に乗れる
【アクアの口コミ・ここが不満】
路面の凹凸はよく拾ってしまい、突き上げや振動の収束は遅め、との評価
・車重が軽いため、段差があるとリアがひょこひょこと跳ねやすい
後席は狭く、大人が4人乗っての長距離移動は辛い
・設計の古さかシャーシの剛性が低く、嫌なビビりや振動が気になる
・シートが薄くて腰痛になりやすい
乗り心地が硬く、特にGRスポーツは慣れないと同乗者が辛い、という口コミ複数

アクアの乗り心地に関する口コミを調査したところ、静粛性やコーナリングの安定感が高く評価されている一方で、硬い乗り心地による突き上げや振動には不満の声が少なからず出ていました。

大人二人+小学生くらいまでで、主に街中で乗るには適した車と言えそうです。

ノートe-POWERとアクアの乗り心地の口コミ・比較まとめ

【まとめ】どちらも硬めな乗り心地、モーター走行時の静粛性とフラットさで、街乗り向き

ノートe-POWERとアクアの乗り心地についてユーザーの口コミを比較したところ、どちらも硬めで静粛かつフラットな乗り心地が評価される傾向が見られました。

シートはクッションの厚いノートの方が評価が高いです。

ただ、エンジンのみの走行になると、乗り味が変わると感じるユーザーもいるので、やはり両車とも試乗して確かめた方がいいでしょう。

ノートe-POWERとアクアの燃費の口コミ・評価を比較

ノートe-POWERの燃費の口コミ

ノートe-POWERの燃費の口コミ評価

画像:nissan.co.jp

ノートe-POWERの燃費の満足度調査

アクアの燃費の口コミ

アクアの燃費の口コミ評価

画像:toyota.jp

アクアの燃費の満足度調査

ノートe-POWERとアクアの燃費の口コミ・比較まとめ

【ノートe-POWER】平均実燃費:19.6 km/L
【アクア】平均実燃費:23.6 km/L

ノートe-POWERとアクアの燃費についてユーザーの口コミを調査したところ、ノートe-POWERよりもアクアの方が満足度&平均実燃費ともに上回る結果となっていました。

ノートe-POWERについては、新パワートレインに関する前評判(期待値)と実燃費とのギャップが不満につながったものと見られますが、アクアにしてもノートe-POWERと同率(約29%)の不満が出ており、こちらも価格やスペックに比較して、期待値を上回らなかったことが原因でしょう。

(※平均実燃費はカタログ値に対して、ノートe-POWERが約52.6%、アクアが同じく約62.1%となっています)

これらの実燃費については走行条件や運転の仕方などでも大きく変わって来るため、参考として道路状況別の平均実燃費をそれぞれ載せておきます。

【ノートe-POWERの実燃費】
渋滞・街中:14~17 km/L
バイパス等:20~23 km/L
高速道路:23~25 km/L

【アクアの実燃費】
渋滞・街中:18~21 km/L
バイパス等:24~26 km/L
高速道路:26~28 km/L

ノートe-POWERとアクアの価格の口コミ・評価を比較

ノートe-POWERの価格の口コミ

ノートe-POWERの価格の口コミ評価

ノートe-POWERの価格の満足度調査

【ノートe-POWERの口コミ・ここが満足】
先進的な安全装備が充実しており、e-POWERの性能と合わせて納得できる金額
「高額だけど、新パワートレインの開発コストなどもかかったと理解している」
「エアロをつけるなら、最初からニスモを選んだ方が好コスパでおすすめ」
「純粋に燃費を追求するより、5ナンバーで珍しいパワートレインが欲しい人向け」
e-POWERの独特な走りが楽しめて、燃費もそこそこ欲しい方におすすめ」
フル充電状態のe-POWERを、是非とも体験して欲しい」
【ノートe-POWERの口コミ・ここが不満】
「クオリティを考えると、宣伝費込みとしても強気な価格設定だと思う」
「最新のパワートレインだと過剰に期待すると、失望感が大きい
電気自動車ではなく、あくまでハイブリッドと認識して購入すると、それなり」
「ライバル車を意識してか価格は安めだが、必要な装備をオプション選択すると割高に」
「この価格なら、もう少し長くモーター走行できるようにして欲しい」
「走行中の振動や使い勝手の悪さに我慢できず、50日で手放した」という口コミも

アクアの価格の口コミ

アクアの価格の口コミ評価

アクアの価格の満足度調査

【アクアの口コミ・ここが満足】
「ハイブリッドにしては安い。燃費を追求したい方にはおすすめ」
「この価格でトヨタセーフティセンスの安心感を買えるなら、お値打ちと思う」
街乗り車としては充分なスペック。満足している」
1~2人でまったり乗るユーザーなら、申し分なく楽しめる」
GRスポーツはあまり見かけないので特別感があり、走行性にも満足できる」
【アクアの口コミ・ここが不満】
燃費性能以外はすべて犠牲にしていて、納得できない」
「好燃費と言っても、それでガソリン車との差額を埋めるのは非現実的
「少しでも運転が好きな方、走る楽しさを求める方にはおすすめできない
長距離を走る必要がある方にはおすすめできない」
「この車に200~250万円以上出す価値を見いだせない」

ノートe-POWERとアクアの価格の口コミ・比較まとめ

【ノートe-POWER】e-POWERの走りと、先進的な安全装備に満足できるか
【アクア】燃費の良さと、トヨタセーフティセンスの安心感に納得できるか

ノートe-POWERとアクアの価格についてユーザーの口コミを比べたところ、満足度ではアクアが優勢ながら、不満の声もアクアの方が大きくなっていました。

アクアは好燃費が売りですが、同時に「燃費以外をすべて犠牲にしている」という評価もされており、その他の要素も総合して考えた場合、不満の声も大きくなったものと考えられます。

また、ノートe-POWERはモーター走行時のハイスペックが好評ですが、その航続時間&距離は発展途上であり、あくまでハイブリッド車の一つとして認識しておいた方が、より納得できるでしょう。

ノートe-POWERとアクアの口コミ評価・比較まとめ

ノートe-POWERとアクアの口コミ評価の比較まとめ

満足度 ノートe-POWER アクア
エクステリア 42.8% 30.9%
インテリア 31.5% 54.3%
走行性能 57.6% 51.8%
乗り心地 69.5% 55.9%
燃費 40.4% 61.8%
価格 31.8% 36.1%
総合評価 45.6% 48.4%

以上、ノートe-POWERとアクアの口コミをまとめ、比較して来ましたが、満足度での勝負は3対4という僅差でアクアに軍配が上がりました。

ノートe-POWERはエクステリアと走行性能、乗り心地で優勢な一方、アクアはインテリアと燃費、価格で有利となっています。

まとめると、走りと居住性はノートe-POWER、豪華さと経済性ではアクアがそれぞれ長じているため、ユーザー自身の重視する項目について、それぞれ実車を確かめると満足いく買い物ができるでしょう。

※以下で両車の値引き情報やリセール情報を公開しているので、参考にどうぞ。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...