あなたのC-HRを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

C-HRのガチな査定相場を紹介!

C-HRの無料ネット査定

あなたのC-HR、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがC-HRの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

C-HRの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のC-HRの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

C-HRのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのC-HRを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のC-HRの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】C-HRの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

C-HRで査定が高くなる組み合わせは?

C-HRの高額査定が期待できる組み合わせは?

C-HRで高い査定が出るグレードはコレ!

1.2G-T
1.8G

トヨタC-HRの高額査定を目指すなら、まずは購入時のグレード選択が重要なカギとなってきます。

発売(2016年12月)から日が浅く、全体的に高水準の査定相場を誇るC-HRですが、その中でも特に高い査定結果を出したのが、上記のグレードとなります。

滑らかで伸びやかな加速と人車一体の操作レスポンスによる快適なドライビングと、燃焼効率の進化による優れた燃費性能を実現したターボエンジン搭載モデルの1.2G-Tは、査定相場の高さもさることながら、その乗り心地を是非とも自身で体感して欲しいと思います。

低燃費や静粛性、省エネといった環境性能はもちろんのこと、トルクの伝達効率に磨きをかけて、地面をつかむように力強い走行フィーリングが実感できるハイブリッド車の1.8Gは、従来のイメージを刷新して、環境性能とドライビングの両立を実感できるため人気が高く、こちらもおススメしたいグレードとなっています。

また、これらのグレードは流通台数(中古車市場調査の母数)も多いことから、査定相場にも安定感があります。

C-HRの高額査定を目指すなら、これらのグレードを選択・その強みを活用していきたいものです。

(※既にこれら以外のC-HRを所持されている方も、これから紹介するノウハウをマスターすれば、十分に高額査定が狙えるため、頑張っていきましょう!)

C-HRで高い査定が出る人気色はコレ!

C-HRの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラックマイカ

C-HRの高額査定を目指す上で、ボディカラーの選択も重要なポイントとして見逃せません。

日本人は基本的に「無難」「定番」を好み、周囲から「浮く」ことを嫌がる傾向にありますから、そうしたボディカラーが、C-HRにも「多く選ばれる=買ってもらえる=売れる(少なくとも売れ残るリスクは低い)」ため、高い査定相場が示されます。

そこで、定番中の定番カラーであるホワイトとブラックに人気が集まりますから、これらのC-HRは高額査定が期待できるのです。

実際のところ、ボディカラーでC-HRの買取査定がそんなに変わるものなのか?

……と思って中古車市場を調べてみたところ、ホワイト&ブラックの人気2カラーとその他のカラーでは、C-HRの査定相場に平均10万~30万円の差がついていました。

C-HRの高額査定を目指すなら、ボディカラーにはホワイト&ブラックの人気2カラーが有利です。

C-HRで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

LEDヘッドランプ
本革シート

C-HRを新車で購入するなら、高額査定のチャンスが一つ増えることになります。

なぜなら、工場でC-HRを製造する時、一緒に作りつけるメーカーオプションを自分で選ぶことが出来るからです。

メーカーオプションは後付け可能なオプションと比べて貴重?なため、C-HRの査定相場アップにつながりやすいのですが、じゃあ何でもつけておけばいいか、と言えばそうでもないため、ここでは管理人の厳選したメーカーオプションを上記に紹介します。

C-HRの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

C-HRの目元をシャープに引き立て、運転時の安全性と経済性(省エネ&長寿命)を高めるLEDヘッドランプは従来のハロゲンランプに比べて人気が高く、比例して査定相場アップが期待できます。

C-HRの高額査定が期待できる人気オプション・本革シート

C-HRの高額査定が期待できる人気オプション・本革シートアップ

本革シート 座ればわかる、その違い
合皮・織物 比較にならぬ(ちょっと言い過ぎ?)

使い込むほどに深い味わいが楽しめる本革シートは、C-HRの高額査定を狙う上ではもちろん、自分で乗る上でもおススメしたいメーカーオプションです。

以上、これらのメーカーオプションを活用して、C-HRの高額査定を目指しましょう。

C-HRの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

C-HRの査定ダウンにつながる不人気カラー

メタルストリームメタリック
ラディアントグリーンメタリック

先ほど「人気カラーのC-HRは高額査定が期待できる」と書きましたが、それは逆に言えば「そうでないボディカラーのC-HRは相対的に査定相場が安くなる」という事でもあります。

その中でも特に不利が予測されるC-HRのボディカラーが、こちらになります。

メタルストリームメタリック
「え?これってC-HRのトレードカラーだよね?そんな人気ないの?」と疑問に思われる方も少なくないでしょうが、実際に中古車市場を調査した結果なのですから、正直に言うほかありません。
確かにシルバー系は、新車では人気が高いボディカラーなのですが、中古車市場ではユーザー層の移り変わりと共にニーズも変わるため、不人気となってしまうのです(若年ユーザーは、あまり渋い色を好まない傾向が見られます)。
ラディアントグリーンメタリック
このカラーのクルマ、C-HRに限らず、あんまり街中走ってないでしょ?
それが答えです。

……で終わらせるのは、流石に乱暴すぎるので少し説明しますが、先ほど日本人は「無難」を好み、周囲から「浮く」ことを嫌うと言いました。

個性的なあなたなら「目立っていいじゃん!」と思うでしょうが、あなたがそのC-HRを手放す時、買うのは「あなた以外の誰か」であり、多くの場合「一般的な日本人」です。

C-HRに限らず、査定相場というものは「あなたがいいと思うから」高くなるのではなく、より多くの買い手がいいと思う(であろう)から、高くなり、そもそも値段がつくのです。

誰も、買いたくないものは買わないからです。

先ほどのおさらいになりますが、ホワイト&ブラックの人気2カラーと比べて、査定相場の差額は10万~30万円。

個性も否定はしませんが、C-HRの高額査定を目指すのであれば、あまり突飛なカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

インプレッサの査定ダウンにつながってしまう修復歴

ぶつけちゃったり、傷つけちゃったりして「修復歴あり」となってしまったC-HRは、修復歴のないC-HRと比べて、その査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

※修復歴とはそのC-HRを「修復した(しなければならないトラブルがあった)」履歴であり、よく中古車の評価欄に「R(Repair=修復)」などとついています。

修復歴があると、C-HRの査定相場にどれだけの差が出てしまうのでしょうか?

そう思ってC-HRの中古車市場を調査したところ、ダメージ度合いにもよりますが、C-HRの査定相場に平均30万~50万円以上の金額差が出ていました。

つまり、あなたがC-HRを傷つけてしまうと、それだけの被害を受けることになります。

そんな残念な事にならないよう、いつもいつでも、大切にC-HRを乗りましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

C-HRの査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジがC-HRの査定相場に大きな影響を及ぼすのは間違いなく、C-HRの売却を検討する重要なタイミングとなりますが、発売(2016年12月)以来、過去に一度もモデルチェンジが入っていないため、現状では一般論での解説となります。

モデルチェンジの影響は車種やグレード、モデルや年式によっても異なりますが、高年式や低走行など査定相場の高いクルマほど影響が大きく、査定相場に数十万円~100万円以上の金額差が生じることもあります。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、これだけの金額を損してしまう危険性があるという事です。

モデルチェンジによってC-HRの査定相場が下がり始めるのは、一般的にモデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われており、事前からキャッチできるモデルチェンジ情報にアンテナを伸ばし、早めにC-HRを売れるようにしましょう。

※ちなみに、モデルチェンジには規模の大きなフルモデルチェンジ、比較的小規模なマイナーチェンジ(あと、それ以外の小さな改良)がありますが、規模が大きいほどC-HRの査定相場に与える影響は大きくなります。

輸出によるC-HRの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2016年12月~) 不明

まだ発売から日が浅いため、該当する車両は見かけないものの、今後、過走行や修復歴、年式が古くなった等で国内市場では敬遠されてしまうようなC-HRも、海外市場でのニーズが開拓できれば、輸出買取相場で買い取って貰えるチャンスがあります。

現状でも、グレードや仕様、状態等によっては極めて高水準(中には、新車購入価格以上のC-HRも!)で海外市場に出されているC-HRも散見されますが、それはあくまでも一時的かつ不安定なもので、そうした言わば投機的なC-HRの売買を、管理人は推奨しません。

よって、現状では国内需要で査定相場が形成されているC-HRですが、今後、海外市場が落ち着いてきたら、情報をより精査して輸出買取相場を紹介しようと思います。

ちなみに、今後の参考としてC-HRを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りに出したら「価値ほぼゼロ円+処分手数料」でかえってマイナスになってしまいかねない状態のC-HRでも、買取店でなら最後の希望がつなける可能性が残されているので、諦めないで買取店に持っていくようにしましょう。

とは言え、完全にピクリとも動かないようなC-HRでは、さすがに輸出買取相場にも該当しなく(値段がつかなく)なってしまう危険があるため、最低限きちんと乗れる・走れるコンディションを維持できるよう、日頃からC-HRを大事に乗りましょう。

C-HRの査定相場と残価率は?ディーラー下取り相場と推移を比較

C-HRの査定相場と残価率

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、C-HRの査定相場推移です。

皆さんがC-HRを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)C-HRの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)C-HRの査定相場と残価率

2016年12月~販売中

C-HR 1.2G-T 4WD/型式:NGX50/色:白黒/修復歴なし/新車価格260.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 282万円 108.2% 238万円
2017年 1.0万キロ 254万円 97.5% 209万円
2016年 0.5キロ 251万円 96.3% 177万円

現行型(初代)C-HRの査定相場と残価率を、年式ごとにまとめました。

2018年式は5月に新しく追加設定された2WD車の海外ブーム(輸出相場の高騰)による影響か、ほとんどのクルマが残価率100%(新車価格)オーバーという状態になっていました。

転売ヤー(転売で利益を狙う人々)が外国人好みなボディカラー(※)やモデリスタ等のエアロ装備で「攻め」に出ているためと考えられます。

(※2トーンならホワイトパール&ブラック、レッド&ブラック、単色ならホワイトパール、ブラック、ワインレッド)

その後、2017年式以前はさすがに100%を割り込むものの、今後海外でC-HRブームが終わっても、モデルチェンジが入るまでは高水準の査定相場が予測されます。

現行型(初代)C-HRハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)C-HRの査定相場と残価率

2016年12月~販売中

C-HRハイブリッド 1.8G/型式:ZYX10/色:白黒/修復歴なし/新車価格292.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 249万円 85.0% 212万円
2017年 1.0万キロ 244万円 83.3% 193万円
2016年 2.2万キロ 237万円 80.9% 176万円

現行型(初代)C-HRハイブリッドの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

新車登録してから最初の1年間で大きく値下がりし、その後は緩やかになっていく典型的な査定相場を示しており、モデルチェンジが入るまで、このまま高水準かつ穏やかな値下がり推移が予測されます。

ところで、表の右端にC-HRをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて35万~60万円以上も安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルを使って機械的(人気カラーやオプション等は考慮せず)に査定するためで、ディーラー査定を鵜呑みにしていると、これだけ損してしまうリスクを意味します。

一度は買取店で査定して貰ってC-HRの適正な査定相場を把握し、賢く売却したいものです。

買取店へ査定してもらうならこちら

大人気のC-HRは、修復歴ありや事故現状車でも売れるのか?

2016年12月にデビューしたC-HRですが、発売からまだ年数が浅いため、まだ過走行(走行距離10万キロ超)レベルまで走り込んだ中古車は流通していませんでした。

それでは、修復歴や事故現状車でも、C-HRに査定相場は残るのでしょうか? さっそく調べてみましょう。

C-HRの事故現状車でも査定相場が残るか?
2017年式 C-HRハイブリッドS 0.9万キロ グレー 事故現状車 
 66万円

ご覧の通り、フロントが大破してしまった状態であっても、C-HRは年式が浅いため、リサイクル車両として66万円の査定相場が残っていました。

他にも修復歴ありor事故現状車を調査しましたが、査定相場が100万円を割り込んでいたのはC-HR全体の800数十台中、このC-HRを含め2台だけでした。

なので、普通に乗れる状態をキープしている限り、高年式な内にC-HRを売却すれば、ある程度のおカネが残せるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら