あなたのCX-5を無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

CX-5のガチな査定相場を紹介!

CX-5の無料ネット査定

あなたのCX-5、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがCX-5の査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

CX-5の中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のCX-5の査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

CX-5のグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのCX-5を買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のCX-5の本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

CX-5の無料ネット査定の事例とご利用者の口コミ

CX-5 ネット車査定の事例/広島県 かずっちっちさん

CX-5の無料ネット車査定の事例 斜め前画像

CX-5 20S 査定相場 115万~125万円
コウさん
コウさん

お乗りのCX-5と同等条件の車両を業者オークションで絞り込んでいくと、概ね上記の査定相場となっています。

ソウルレッドは、ホワイトパールやブラックと並ぶリセールに強いカラーですが、相場を見ると、パールやブラックよりも安い取引金額になっている場面も見られます。

その部分も含めて算出した査定額ですが、パールやブラックと同等の取引金額となる場合もあるので、+5万円期待値を高くして買取店と商談してもいいでしょう。

現在出されている買取店の査定額70万円は、相場よりもかなり下の金額なので、もっと上乗せが可能です。

 

複数の買取店に査定してもらい、査定相場の上限値を出す買取店を見つけられるといいでしょう。

また、ユーザーが参加できる買取オークションなら、直接小売りする中古車販売店が入札するので、上記査定相場よりも高値で売却できる可能性もあります。

ネット車査定の実施日 2018年10月2日
ネット車査定利用者プロフィール かずっちっちさん・広島県
車名・グレード名 CX-5 20S
車両データ 平成25年(2013年)式・走行34,000㎞・ソウルレッドプレミアムメタリック
他店の査定相場 70万円(買取店)
ネット車査定の相場 115万~125万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

CX-5 ネット車査定の事例/熊本県 ベッキーさん

CX-5のネット車査定の事例

CX-5 XD 査定相場 119万~124万円
コウさん
コウさん

こちらのお車と同等の車両のオークション落札相場から、消費税等を加味した査定相場が119万~124万円となります。

参考までにボディカラーがホワイトパールやブラックだと、10~20万円ほど高い査定相場となっています。

査定相場の上限での売却を目指すなら、1店舗だけでなく複数の買取店に査定してもらい、上記の査定相場まで出す買取店を探すといいでしょう。

 

また、ユーザーが参加できる買取オークションでの出品も、中古車販売店等が直接買い取るので、上記相場、又はそれ以上の査定額になる可能性もあります。

ちなみに現在の相場だと7万キロ台で110万円前後、10万キロを超えると100万円を切る査定相場となっています。

今後の参考にしていただければと思います。

ネット車査定利用者プロフィール ベッキーさん・熊本県
車名・グレード名 CX-5 XD
車両データ 平成25年(2013年)式・走行46,000㎞・メテオグレーマイカ
ディーラーの査定相場 93万~98万円(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 119万~124万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント 見積もりありがとうございます。

ディーラー査定との差額やボディカーラー、距離数での査定変動額等も教えて頂き、参考になりました。

CX-5で査定が高くなる組み合わせは?

CX-5の高額査定が期待できる組み合わせは?

CX-5で高い査定が出るグレードはコレ!

20S
2.2XDプロアクティブ
ディーゼル車
4WD車

マツダCX-5の高額査定を目指すなら、購入時のグレード選択が重要なポイントになります。

CX-5はディーゼル車の方が査定相場の水準が高く、有利な残価率(購入価格に対する買取相場≒お得の度合い)が期待できますが、ガソリン車を必要とするユーザーには、初期費用を抑えて相対的に残価率を高くできる20Sをおススメします。

CX-5のディーゼル車では、残価率が高く調査母数(中古車流通台数)も多い事から、査定相場が安定している2.2XDプロアクティブを特におススメします。

また、雪道などの悪路でも高い走行性を発揮する4WD車は、一定の需要がありながら販売台数が少なく、常に査定相場が高水準に保たれるため、CX-5の買い替えに有利な仕様としておススメできます。

これらのグレード・仕様を選ぶことで、CX-5の高額査定を有利に進めて行きましょう。

CX-5で高い査定が出る人気色はコレ!

CX-5の高額査定が期待できる人気カラー

スノーフレイクホワイトパールマイカ
ジェットブラックマイカ
ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダCX-5の高額査定を目指す上で、ボディカラーの選択も重要なポイントです。

ボディカラーはCX-5の第一印象≒人気を大きく左右するので、人気カラーのCX-5は売れ残るリスクが低く、中古車販売店も積極的に買取りたがるため、CX-5の査定相場も相応に高くなるという訳です。

その中からCX-5のボディカラーとして高い人気を誇るのが、上記3カラーです。

スノーフレイクホワイトパールマイカ

光を最大限に反射して、開放感と清潔感を引き出すホワイトは、見る人の気持ちを明るくしてくれますから、乗る時も見る時も気持ちよく、昔から定番の人気カラーとなっています。

ジェットブラックマイカ

こちらは逆に光を最大限に吸収、重厚感と高級感を演出するブラックは、見る人に安心と信頼感を与えてくれるため、古くから人気の高いカラーとして、多くの人に支持されています。

ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダの誇る塗装技術「匠塗(TAKUMINURI)」の結晶とも言えるレッドカラーで、マツダの魂(ソウル)と情熱が込められたトレードカラーとして、マツダ車ファンから絶大な人気を誇っています。

ホワイト&ブラックに追随する人気が査定相場にも比例するため、赤色が好きなユーザーには是非ともおススメです。

中古車市場を調査したところ、ホワイト&ブラックの人気2カラーとそれ以外のカラーでは、CX-5の査定相場に10万~30万円の差額が出ていました。

CX-5の高額査定を実現するには、これらの人気ボディカラーが有利です。

CX-5で高い査定が出る人気のオプションはコレ!

マツダ CX-5を新車で購入できるのであれば、高額査定を実現する上でより有利になります。

マツダの工場でCX-5を製造するとき、一緒に作りつけるメーカーオプションを、自分で選ぶことが出来るからです。

メーカーオプションとは、後付けができない希少性から査定相場アップが期待できるのですが、かと言って闇雲に装着しても、初期費用が高くなるばかりで残価率が下がってしまいます。

そこで、ここでは管理人がCX-5の高額査定に有利なメーカーオプションを厳選・紹介します。

電動スライドガラスサンルーフ
パワーリフトゲート

CX-5の高額査定が期待できる人気オプション・電動スライドサンルーフ

空からの光を採りこんで、CX-5の車内を明るく開放的に演出できる電動スライドガラスサンルーフは年代を問わず人気が高く、それがCX-5の査定相場にも比例。

オプション料金以上の査定相場プラスが期待できるので、是非ともCX-5に装着しておきたいメーカーオプションとしておススメします。

CX-5の高額査定が期待できる人気オプション・パワーリフトゲート

CX-5のリフトゲート(真後ろのハッチ)を自動で開け閉めできるパワーリフトゲートは、女性や子供、高齢者にも負担がなくなり、挟み込み防止など安全性も高いため、こちらもおススメです。

これらのメーカーオプションを活用して、CX-5の高額査定を実現しましょう。

CX-5の査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

CX-5の査定相場ダウンにつながる不人気カラー

ソニックシルバーメタリック
エターナルブルーマイカ

先ほど、「人気カラーのCX-5は高額査定が期待できる」と言いましたが、それは逆に言うと「そうでないカラーのCX-5は、相対的に買取査定が低くなる」という事になります。

中でもマツダ CX-5の高額査定に不利となるカラーが、上記の2カラーとなります。

ソニックシルバーメタリック

シルバーが「人気のないカラー」と聞いて意外に思う方もいるかも知れませんが、実はシルバーの高い人気は新車ニーズによって支えられています。

中古車市場になると、ユーザー層が若年化することで渋いカラーが好まれなくなる傾向があり、人気が下がってCX-5の査定相場も安くなってしまうのです。

エターナルブルーマイカ

ざっくり言えば「水色」ですが、こうしたパステリッシュな中間色は、概ね女性ユーザーに好まれる傾向が見られるものの、そもそもCX-5があまり女性の感性にフィットするクルマではない事から、こうしたカラーはあまり選ばれません。

管理人の調査によると「安っぽく見えてしまう」「求めているカッコよさと違う」と言った理由から、こうしたカラーを敬遠する傾向が見られました。

先ほど紹介した人気カラーとの差額は、実に10万~30万円

CX-5の高額査定を目指すなら、よほどのこだわりがない限り、これらのボディカラーは避けた方が無難でしょう。

CX-5の査定相場ダウンにつながる不人気カラー・ マシーングレープレミアムメタリック
ちなみに、マツダのこだわり塗装技術「匠塗(TAKUMINURI)」が施されているマシーングレープレミアムメタリックですが、こちらは高い特別感の割に、あまり買取相場には反映されていません。
よってオプション料金(54,000円)分だけ初期費用がかさみ、残価率で不利となってしまうため、こちらもあまりおススメできません。

修復歴による査定の減額

フィットの査定がダウンしてしまう修復歴

どのクルマもそうですが、事故などのトラブルによって「修復歴あり」となってしまったマツダ CX-5は、その査定相場が急激に下がってしまいます。

どのくらい下がるかと言えば、中古車市場でCX-5の査定相場を調べたところ、ダメージ度合いにもよりますが、修復歴の有無によって30万~50万円以上の差額が出ていました。

(※さらに修理コスト数千円~数十万円以上がかかります!)

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

あなたのCX-5はそんな事にならないよう、日頃から大切に乗るようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

CX-5の査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはマツダ CX-5の査定相場に大きな影響を与えますから、そのタイミングはCX-5の売却を検討する大きなポイントとなるでしょう。

モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、CX-5の売却で損してしまいますが、CX-5のモデルチェンジ情報は事前にキャッチすることができます。

一般的に、モデルチェンジによってCX-5の査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われています。

情報が入り次第に行動を起こし、早めにCX-5を売却できるようにしましょう。

輸出によるCX-5の査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

ディーゼル車 100万円以上
ガソリン車 30万~60万円
※現状、年式・モデル等は不問。

過走行や修復歴など、国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのマツダ CX-5でも、海外市場でのニーズが開拓できれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰える可能性があります。

CX-5を輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りに出したら「(国内)市場で流通させられないから」と、極端に安く査定されてしまうようなCX-5でも、買取店だったら上記の輸出買取相場で買取ってもらえるかも知れないので、「距離を走っているから……」「もうボコボコだから……」などと諦めることなく、買取店に持っていくようにしましょう。

ただし、完全に動かないような状態のCX-5だと、さすがに輸出買取相場でも値段がつかず、廃車という悲しい結末もありえなくはないため、少しでも買取査定を残せるよう、日頃からCX-5を大切に乗りましょう。

CX-5の査定相場は?残価率とディーラー下取り相場の推移を比較

CX-5の査定相場とリセールバリュー

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したCX-5の査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがCX-5を売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(2代目)CX-5の査定相場(2018年8月査定)

現行型(2代目)CX-5の査定相場とリセールバリュー

2016年12月~販売中

CX-5 XD Lパッケージ/型式KF2P/色:白黒/修復歴なし/新車価格329.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 326万円 98.8% 193万円
2017年 1.1万キロ 313万円 94.8% 160万円

現行型(2代目)CX-5の査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

まだフルモデルチェンジから年数が浅く、CX-5自体も新しいクルマであるため、残価率も90%以上と好調な滑り出しとなっており、今後の推移に期待が持てそうです。

次のモデルチェンジまでは、このまま高水準かつ緩やかな値下がり傾向が予測されます。

初代CX-5の査定相場(2018年8月査定)

初代CX-5の査定相場とリセールバリュー

2012年2月~2016年12月生産モデル

CX-5 XD/型式KE2FW/色:白黒/修復歴なし/新車価格283.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 2.0万キロ 194万円 68.4% 123万円
2015年 2.4万キロ 175万円 61.7% 117万円
2014年 3.9万キロ 147万円 51.8% 90万円
2013年 5.2万キロ 133万円 46.9% 83万円
2012年 6.6万キロ 126万円 44.4% 72万円

初代CX-5の査定相場と残価率を、年式ごとにまとめました。

2014年11月のマイナーチェンジを境として約30万円の落差を生じている以外は、おおむね年式相応に緩やかな値下がり傾向を示しています。

3年落ち残価率は61.7%と普通乗用車の平均値(50~55%)を上回っているため、CX-5は売却に有利なクルマと言えるでしょう。

現行型(2代目)CX-5 (ガソリン車)の査定相場(2018年8月査定)

現行型(2代目)CX-5ガソリン車の査定相場と残価率

2016年12月~販売中

CX-5 20Sプロアクティブ/型式KFEP/色:白黒/修復歴なし/新車価格268.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ 269万円 100.0% 205万円
2017年 1.1万キロ 243万円 90.3% 184万円

現行型(2代目)CX-5 ガソリン車の査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

2018年式の査定相場が新車価格とほぼ同額(残価率100%)となっていますが、これは新車同様の車両状態に加えて360°ビューモニターやパワーバックドア、純正19インチアルミホイール等の豪華オプションがプラス査定に効果を上げています。

こちらも高水準の残価率で推移しており、次のモデルチェンジまではこのままゆるやかな値下がり傾向が続くでしょう。

初代CX-5 (ガソリン車)の査定相場(2018年8月査定)

初代CX-5の査定相場と残価率

2012年2月~2016年12月生産モデル

CX-5 20S/型式KEEFW/色:白黒/修復歴なし/新車価格244.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 –万キロ –万円 –% 153万円
2015年 3.2万キロ 156万円 63.7% 139万円
2014年 3.7万キロ 148万円 60.5% 127万円
2013年 5.8万キロ 118万円 48.2% 101万円
2012年 5.6万キロ 111万円 45.3% 95万円

初代CX-5ガソリン車の査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

今回、2016年式の流通台数はゼロでしたが、査定相場の下落推移とディーラー下取りとの差額などから、165万~170万円(残価率約68%)程度と推定されます。

査定相場を年式で追っていくと、2014年11月に入ったマイナーチェンジを境として約30万円の落差が生じている以外は、概ね年式相応にゆるやかな値下がり傾向が見られます。

ところで、表の右端に載っているのはCX-5をディーラー下取りに出した場合の査定相場ですが、買取店での査定相場に比べて15万~20万円安くなっているのが分かります。

(※現行型ガソリン車は約60万円前後、初代ディーゼル車は50万~70万、現行型ディーゼル車に至っては130万~150万円以上もの差額が生じています)

これはディーラーが既定のマニュアルで査定し、人気カラーやオプション等を考慮しないために生じる差額で、せっかくのプラス査定要素が台無しにされてしまいます。

15万~20万円から最大150万円以上も損してはたまらないので、その査定相場が本当に適正かどうか、買取店でCX-5を査定してもらうといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

走行距離22万キロ超・過走行や修復歴あり、事故現状車のCX-5でも売れるのか?

2012年2月の発売から年数の浅いCX-5ですが、過走行車(走行距離10万キロ超)や修復歴あり、又は事故現状車でも査定相場が残るでしょうか。

ここではそんな疑問を解消するべく、業者オークションを調査して過走行や修復歴のあるCX-5をピックアップ、中古車市場の動向からCX-5の査定相場について分析していきます。

過走行&事故現状車のCX-5でも査定相場が残るのか?
2013年式 CX-5 XD 4WD 223,000㎞ アルミニウムメタリック 事故現状車  18万円

CX-5の中古車市場を調査したところ、対象となる過走行車は全体の約16%(6台に1台)、すべて査定相場が残っている中から、最もダメージの大きなCX-5がこちらでした。

業者オークションの出品表によると「エンジンかからず自走不可」とあるため完全に不動車ですが、恐らく部品取り用として18万円の査定相場が残っています。

他にも不動車で30万~40万円の査定相場が残っているため、年式の高い内は事故現状車・不動車でもおカネにはなる=廃車という選択肢は心配しなくていいでしょう。

また、過走行(走行距離10万~12万キロ以上)でも60万~90万円以上の査定相場が残っており、走行距離を気にせず思い切りCX-5を乗りこなすことが出来ます。

ちなみに、CX-5の査定相場がより残りやすい傾向は以下の通りです。

ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
※マツダのトレードカラー・ソウルレッドも次いで有利(別設定のレッドは不可)
ガソリン車よりもディーゼル車が有利
4WDより2WDの方が有利
2,500㏄より2,000㏄の方が有利(ガソリン車)

こうした条件をより多く満たすCX-5ほど高額査定を見込めますが、何の知識もないままディーラー下取りに出すと、過走行や修復歴、不動車である事などを理由に査定金額を大幅ダウンされたり、最悪「ゼロ円&処分手数料」と査定されても信じ込んでしまうかも知れません。

そうなると、本来手に入る筈だった数十万円を損してしまう事になりますから、CX-5を買取店で査定してもらい、適正な相場を把握しておきましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら