あなたのワゴンRを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ワゴンRのガチな査定相場を紹介

ワゴンRの無料ネット査定

あなたのワゴンR、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがワゴンRの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ワゴンRの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のワゴンRの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ワゴンRのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのワゴンRを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のワゴンRの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

ワゴンRの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

ワゴンR ネット車査定の事例/大阪府 たいたいさん

ワゴンRの無料ネット車査定の事例 正面画像

ワゴンR FX 査定相場 63万~71万円
コウさん
コウさん

お乗りのワゴンR FXは、年式が新しく走行距離も短いので、もし売却するなら買取店は欲しいお車となります。

該当のグレード・年式・走行距離でオークション相場を絞り込んでいくと、内外装の状態がきれいな車両ほど取引金額が上がっており、ナビ付きの車両も相場に反映されています。

お乗りのワゴンRは、査定相場の上限値での売却が期待できるので、複数の買取店で査定してもらい、相場の上限値を提示する買取店を見つけられるといいでしょう。

また、ユーザーが参加できる買取オークションなら、直接小売りする中古車販売店が参加しているので、上記の査定相場より高い金額での売却も期待できます。

参考までに、27年式3万キロでは50~60万円の査定相場となっているので、今後の参考にしていただければと思います。

ネット車査定利用者プロフィール たいたいさん・大阪府
車名・グレード名 ワゴンR FX
車両データ 平成28年(2016年)式・走行4,700㎞・シルキーシルバーメタリック・ナビ付
ディーラーの査定相場 43万~53万円(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 63万~71万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

ワゴンRで査定が高くなる組み合わせは?

ワゴンRの高額査定グレード

ワゴンRで高い査定が出るグレードはコレ!

スティングレー ハイブリッドX
ハイブリッドFX セーフティパッケージ
4WD

ワゴンRの中で、高額査定が期待できるグレードはこちらです。

ワゴンR スティングレー ハイブリッドX

スポーティーな外観と走りで人気が高いスティングレー。

その中でも高額査定されているハイブリッドXは、自然吸気エンジンにマイルドハイブリッドシステムを搭載し、燃費も33.4km/Lまで向上しています。

自動ブレーキを含むセーフティパッケージを標準装備している豪華さも査定額に高値が付いている理由のひとつでしょう。

ワゴンR ハイブリッドFX セーフティパッケージ

中級グレードであるハイブリッドFXは、見た目のシンプルさに加え、自動ブレーキを含むセーフティパッケージやフルオートエアコンなどを装備している高機能さも高く評価されています。

やはり、セーフティーパッケージ・ハイブリッド搭載という点がユーザーからの需要に当てはまっており、買取価格は高水準になっています。

ワゴンR 4WD

近年の軽自動車は昔に比べると雪道やオフロードに強いものが増えました。

その中でも、FFより4WDの方が坂道走行や発進の際にパワーが強く安心なため、寒冷地にお住いの方・アウトドア好きの方などから一定の需要があります。

しかし、その需要に対して供給が足りていないこともあり、希少性から査定相場が高値で推移しています。

ワゴンRで高い査定が出る人気色はコレ!

高額査定が期待できるワゴンRの人気カラー

ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール

ワゴンRで高額買取が期待できるグレードは上記の2色です。

飽きのこないホワイトやブラックは年齢を問わず乗ることができるため、幅広い層のユーザーから支持されています。

実際、新車から3年以内のワゴンRの買取相場を見てみたところ、ホワイトやブラックのワゴンRは他色よりも10万円前後高く買取されていました。

また、ホワイトやブラックと同等まではいきませんが、スティングレーならパープルの人気が強く、多色よりもプラス査定を受ける傾向があります。

欲しい色が特にないという場合は、ホワイトかブラックのワゴンRを選んでおくと、買い替え時にプラス査定が付くでしょう。

ワゴンRで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ディーラーオプションナビ
全方位モニター

装備されているオプション次第で、更にワゴンRの高額査定が実現可能になります。

オプションにも色々ありますが、上記のオプションは特にワゴンRの査定時に評価が高いです。

高額査定が期待できるワゴンRのディーラーナビ

ナビは見知らぬ土地へ行く際などに非常に便利なシステムですよね。

バックモニターなどを搭載する上でもナビが付いていることは必須なため、ナビが付いているワゴンRは買取査定時にプラス査定を受けています。

高額査定が期待できるワゴンRの全方位モニター

上から見下ろしたような映像をナビに表示するシステムの全方位モニターは、スズキの中でも人気があるオプションになっています。

全方位モニターがあると、死角で見えないような真後ろも映像として確認できるため、人・モノ・クルマに接触するリスクを大幅減らすことが可能です。

高額査定が期待できるワゴンRの全方位モニターイメージ

駐車が苦手な方にとっても便利で安全な機能ですよね。

近年は全方位モニターの装着率が上昇傾向にあり、その需要の高さもプラス査定に繋がっています。

ワゴンRの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

査定が減額されてしまうワゴンRの不人気カラー

スチールシルバーメタリック
リフレクティブオレンジメタリック

中古車市場では、人気がある(良く売れる)カラーの売値が高値で推移しています。

逆に言うと、人気がない(あまり売れない)カラーのワゴンRは、人気がある(良く売れる)カラーのワゴンRに比べて売値も安値になっています。買い手からしてみたらお買い得なのですが。

当たり前ですが、高値で売ることができるワゴンRには買取店も高額査定を付けます。

大まかな査定相場は売価に比例しているため、人気がない(あまり売れない)カラーのワゴンRの査定相場は低調なのです。

実際の査定相場を調べてみましたが、新車から3年以内のワゴンRの場合、人気のカラーと上記2色とでは10万円前後も査定金額に差が出ていました。

リセールを意識してワゴンRを購入する際は、以上のこともふまえて選んでみてください。

修復歴による査定の減額

査定額がダウンしてしまうワゴンRの修復歴

修復歴の有無は中古車の査定評価を大きく左右する要素の一つです。

日本国内では、「修復歴あり」のワゴンRは敬遠されることが多く、修復歴なしのワゴンRよりも査定価格が低い水準になっています。

実際ワゴンRの査定相場を見てみると、修復歴ありのワゴンRは修復歴なしのワゴンRよりも10万円~30万円近くも減額査定されていました。

やはり、「修復歴あり」のワゴンRは車の骨格部分にあたる部分を損傷したという事実は変えられません。

そのことに加え、ユーザーの「事故を起こしたクルマに乗りたくない」という心理的問題もあるため、修復歴ありのワゴンRは需要が薄く高値で査定されないのです。

日頃から安全運転でいきましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

モデルチェンジが与えるワゴンRの査定相場への影響

外観や内装・機能面まで大幅に変わるフルモデルチェンジは、ワゴンRの買取相場に影響を与えています。

実際上記にあるワゴンRの買取相場表でも、フルモデルチェンジ前後では買取金額に比較的大きな差が生まれていました。

特に、現行型と旧型(一代前)の査定額差が目立ちます。

新型は旧型に比べ、全体的に迫力ある外観になっており、ユーザーからの評価も上々です。

一般的に軽自動車の場合は、フルモデルチェンジによる買取相場への影響が普通車よりも小さいと言われています。

しかし、今回のワゴンRのように外観のデザインに比較的大きく変更が加えられた時は、旧型の買取金額が下落する傾向があるので注意するようにしてください。

通常、モデルチェンジの入る約3ヶ月前頃からワゴンRの買取相場は下がり始める傾向なため、モデルチェンジの時期を事前に抑え、遅くとも3か月前ごろまでには売れるようにしましょう。

輸出によるワゴンRの査定相場の底値は?

ワゴンRの輸出相場を査定

全ワゴンRが輸出相場に該当5万円前後

日本のクルマは海外からの需要が高く、日本国内での再販が難しいクルマでも海外に輸出されることが多くあります。

ワゴンRの場合も、多少なりその傾向に当てはまっています。

ワゴンRは基本的に日本国内の需要がメインであり、走行距離15万キロあたりまでは国内で再販されていることもあります。

しかし、15万キロを超えてくると、日本国内での再販が難しくなることもあり、海外に輸出されるパターンが多いです。

海外では、クルマのエンジンをボートに使用するなど、再利用の用途もたくさんあるようです。

そのため、車体としての価値ではなく、エンジンなど部品単体の価値を評価されて査定されることもありますので、「廃車かも?」と思っていても、試しに一度査定を受けてみてくださいね。

10年間のワゴンRの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ワゴンRの10年間査定相場推移

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、ワゴンRの査定相場推移です。

ワゴンRを売るタイミングの参考にしてください。

現行型ワゴンRの査定相場(2018年7月査定)

現行型ワゴンRの査定相場10年推移

2017年2月~販売中

ワゴンR 660ハイブリッドFX/色:白黒/修復歴なし/新車価格117.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 110万円 93.4% 96万円
2017年 1.0万キロ 99万円 84.1% 84万円

2018年7月時点における現行型ワゴンRの中古車相場を独自査定、年式ごとにまとめました。

2017年のフルモデルチェンジからまだ間もないため、1年落ちまでの査定相場は高水準となっており、次のマイナーチェンジが近づくまでは、緩やかな下降傾向が予測されます。

ちなみに、表の右端にワゴンRをディーラー下取りに出した場合の査定額を載せていますが、約15万円程度安く査定されてしまっています。

この差額を「手続きもろもろの一括代行=楽ができる」コストと考えられなくもありませんが、少しでも手元にお金を残したい場合は、買取店でも査定して貰ってから比較検討するといいでしょう。

5代目ワゴンRの査定相場(2018年7月査定)

5代目ワゴンRの査定相場10年推移

2012年9月~2017年2月生産モデル

ワゴンR 660ハイブリッドFX/色:白黒/修復歴なし/新車価格113.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2017年 1.0万キロ 72万円 63.4% 56万円
2016年 2.1万キロ 63万円 55.5% 48万円
2015年 3.0万キロ 55万円 48.5% 37万円
2014年 4.0万キロ 51万円 44.9% 31万円
2013年 5.0万キロ 39万円 34.3% 22万円
2012年 6.5万キロ 33万円 29.1% 18万円

ここでは5代目ワゴンRの中古車相場を独自査定(2018年7月現在)、年式別にまとめています。

フルモデルチェンジの影響によって、同じ1年落ちでも現行モデルと先代モデルで、25万円(リセール差20%以上)の査定差がついています。

その後は5万~10万円以内ずつ穏やかな値下がりを見せるものの、2014年にマイナーチェンジが入る影響で、2013年以前の査定相場が大幅に下落。

よって、この辺りがワゴンRを売却するタイミングの一つに考えられます。

ちなみに、ワゴンRは代によってCVT(オートマ)と5MT(マニュアル)が設定されていますが、需要は圧倒的にCVTが厚く、また、2WDと4WDのリセール差は、価格差とほぼトントンとなっています。

4代目ワゴンRの査定相場(2018年7月査定)

4代目ワゴンRの査定相場10年推移

2008年9月~2012年9月生産モデル

ワゴンR 660FX/色:白黒/修復歴なし/新車価格107.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 6.2万キロ 29万円 27.0% 16万円
2011年 7.0万キロ 22万円 20.5% 9万円
2010年 7.6万キロ 21万円 19.6% 7万円
2009年 9.2万キロ 12万円 11.2% 4万円
2008年 9.4万キロ 5万円 4.6% 2万円

4代目ワゴンRの中古車相場を当サイトで独自査定(2018年7月時点)した結果を、年式別の一覧表にしました。

6年落ちを過ぎるとフルモデルチェンジもそこまで影響がなく、この代はマイナーチェンジもなかったため、一度に10万円を超えるような査定相場の下落は見られませんでした。

ここまで来ると、ディーラー下取りでは「価値ゼロ」と査定されてしまうことが多いのですが、買取店では輸出相場により、5万円前後の底値で査定される可能性も十分あります。

なので、10年落ちでも諦めず、買取店でも査定して貰うようにしましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

10年落ちオーバー、過走行でもワゴンRは売れるのか?

ワゴンRは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、以下のワゴンRを例に見てみましょう。

過走行&旧年式のワゴンR査定
16年落ち 2代目ワゴンR 4WD 72,000㎞ シャンパン 修復歴なし 
5万円前後

この16年落ちとなる2代目ワゴンR(現行型より4代前)をオークション落札価格から査定したところ、5万円前後の査定相場が残っていました。

内容は「小キズ多数」「前クロスメンバー腐食」など、あまり良いものではありませんが、それでも査定相場が残っています。

むしろ、軽自動車は年式よりも走行距離の方が敏感な傾向があり、上記の例より走行距離の多い2代目ワゴンRは廃車同然の査定相場しか残っておらず、全滅状態となっていました。

とは言え、15年落ちオーバーであっても走行距離の少ないワゴンRについては、MAX10万円前後の査定相場が残っている事例も少なからずありました。

ですから、ディーラー下取りで「これでは値段がつけられません。せいぜい廃車手数料をサービスするくらいしか……」等と言われても、走行距離が少ない方は、買取店で査定して貰う価値は充分にあります。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら