ダイハツ ロッキーの限界値引きとリセールの高いグレードとオプションをレポート

ロッキーの限界値引きとリセールを紹介!

ダイハツロッキーから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、ロッキーの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、ロッキー購入の参考にしてみてください。

当サイトはリンク・引用フリーです
当サイトのリンクやデータ・数字・記事内文章は、ブログやまとめサイト、SNSなどで引用OKです。その際は当サイト(夢あるカーライフ)のサイト名とURLを掲載の上ご利用くださいませ。
>>当サイトに掲載している情報やデータの根拠について

ロッキー今月の値引き相場

ロッキー値引き難度:渋い~普通
車両からの目標値引き:12万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~35万円
販売ディーラー:ダイハツ店
ロッキー月半目標台数:2000台

ロッキーもトヨタのライズも生産はダイハツが行っています。

新型発売で受注が多い中、生産は受注数が多くなるトヨタ ライズ優先でラインを確保しているので、納期はライズの方が短い傾向です。

そのためダイハツは、新型ながら始めから値引きを多くして、ライズに対抗してきます。

兵庫や静岡、岩手などのダイハツディーラーでは、オプション込みの総額から30万円以上の値引きをチラシで公開している所もあります。

地元のダイハツでチラシのような限定車販売やイベントがやっていなくても、他県ではこのようなイベントをやっていて、値引きも結構あるみたいですよ、とけん制しましょう。

それでもロッキーの値引きが渋ければ「それならトヨタへ行こうかな」とライズ購入をほのめかせば、今の時期ならロッキーの値引きを引き出せるはずです。

ロッキーの値引きが拡大中!?

ロッキーの値引きポイント
新型ロッキーの値引きは、地域によって異なるが新型にしては最初から大きな値引きが出ている。現状ではオプション値引きを含めて、25万円以上の値引きが取れれば合格ライン、35万円以上で特上の条件だ!トヨタよりもダイハツの方が値引きは多い傾向だぞ。

新型ロッキーの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバル車と兄弟車の競合でロッキーの値引きを引き出す

ロッキーのライバル車は、クラスは上になってしまいますがスバルのXVやホンダヴェゼル、トヨタC-HR、マツダCX-3などが挙げられます。

また価格が近いところで、スズキのクロスビーもライバル車として有効でしょう。

ロッキーの商談中に、これら小型・ミドルクラスのSUV車と競合させれば、値引きを引き出すきっかけとなります。

ダイハツのセールスさんが他社との競合に乗ってこなければ、兄弟車であるトヨタ ライズとの競合が有効です。

トヨタとダイハツで外観に差別化を図っていますが、中身は基本的に同じクルマなので「トヨタのライズと迷っていますが、トヨタより安くなるならロッキーに決めたい」などと値引き交渉すると効果的でしょう。

>>XVの限界値引きはこちら
>>ヴェゼルの限界値引きはこちら
>>C-HRの限界値引きはこちら
>>クロスビーの限界値引きはこちら
>>ジムニーシエラの限界値引きはこちら
>>ライズの限界値引きはこちら

ダイハツディーラーの値引きが渋ければサブディーラーを活用する

特に地方に多いのですが、ダイハツの正規ディーラーだとメーカーからの縛りもあるのか、ロッキーの値引きが渋いケースが見られます。

発売からある程度期間が経過すれば値引きも緩む傾向ですが、新型のうちは当面値引きは渋いでしょう。

そんな時は、サブディーラーと商談すると突破口が開けます。

サブディーラーはメーカーと直接取引している訳ではないので、値引きに対する制限が正規ダイハツディーラーより緩くなっています。

そのため「ダイハツでは値引きが少なすぎて予算に合わなかった。何とか予算に合うように勉強してもらえませんか?」とサブディーラーと交渉することで、ロッキーの値引きを引き出せるケースが多々あります。

サブディーラーは「地域名×新車×全メーカー」で検索して探せますし、近くの整備工場や買取業者でも新車を注文できる所があるので、正規ディーラーの値引きが渋い時は活用してみるといいでしょう。

決算期は新車値引き拡大のチャンス!

年間の中で新車の値引きが拡大する時期は、なんと言っても決算期です。

もちろん他の月でも「ディーラーやセールスさんの販売目標に達していないタイミング」ならロッキーの最高値引きも期待出来ますが、広く多くの人が値引きの恩恵を受けられるのが決算期となります。

決算期はメーカー主導のもと値引きを多くしてでも販売台数を稼ぎたい思惑があるので、この時期にロッキーを購入するタイミングなら是非とも限界値引きを目指しましょう。

年度末決算期なら1月中旬~3月末まで、中間決算期なら8月中旬~9月末まで、それぞれディーラーで決算セールが行われているので、ロッキーを安く購入できるチャンスと言えます。

下取り車を損なく売って値引きを最大化する!

下取り車を本来ある中古車相場の上限で売って、さらに値引きもMAXまで引き出せれば、これ以上ないお得な車の買い替えに成功していると言えます。

ただ、値引きで成功したと思っても、下取り車で損してしまう人がとても多いのが現状です。

損してしまう多くの例として「これ以上の値引きは見積書に出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われる事です。

ここで、当初の下取り額から5万でも10万でもアップすれば、「10万もアップするなら、その分支払額が減るのでかなりの得だな」と思ってしまい、多くのユーザーはそのまま契約してしまうでしょう。

ただ、その当初の下取り額が本来の中古車相場を反映した物なら問題ありませんが、そうじゃない場合、逆に5万、10万を簡単に損してしまう状況になります。

10万円アップしても、本来の中古車相場から見たら「まだまだ、あと20万は行けるでしょ?」などと言う事例は数多くあります。

しかし、一般ユーザーは中古車相場を的確に見分ける事が難しいので、多くの人が下取り車で損をしてしまうのが現状です。

下取り車で損=10~20万円以上の損失を避けるためには、1店舗でもいいので「買取店に査定してもらう」事です。

買取店はディーラーと違い、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出するので、買取店の査定額と比較すれば、ディーラーの下取り額が妥当なのか?判断する事が出来ます

また、事前に下取り車の相場が分かれば、買い替えの予算も検討出来るでしょう。

おすすめは下記の査定サイトです。買取店の査定は無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。

ネットで申し込み後に、おおよその査定相場もすぐに分かります。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドライブレコーダーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずロッキーの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

ダイハツ純正ナビカロッツェリア 楽ナビ
本体NMZL-W70DAVIC-RQ902
画面大きさ9インチ9インチ
価格187,286円99,900円
(Amazon)
バックカメラ37,510円10,985円
(Amazon)
ナビ工賃価格に含む30,352円
(Amazon)
合計額224,796円141,237円
純正との価格差-83,559円
ETC最安21,230円5,600円
(Amazon)
ETC2.044,264円13,980円
(Amazon)
ケンウッド ナビ

ダイハツの純正ナビには、大画面が人気の9インチモデル、比較にはカロッツェリアの楽ナビ9インチモデルを選択。

バックカメラや取り付け工賃を入れると、Amazonで購入した方が8万円以上安くあげることが出来ます。

新車の購入時であれば、ディーラーへナビ等を持ち込んで、持ち込み取り付けで納車してもらうのが手っ取り早くていいでしょう。

値引き交渉の時に持ち込み品の工賃を割引やサービスでしてもらえれば、実質的に値引きが多くなりよりお得となります。

もちろんダイハツ純正ナビから8万円以上の値引きが出れば、純正ナビの方がお得と言えます。

価格に加えて性能面でも比較してみると良いでしょうね。

フロアマット

ロッキー純正フロアマット

  • フロアマット(グレー)19,426円
  • フロアマット(高機能タイプ・グレー)28,226円

社外品ロッキー用フロアマット

・純正品との差額 8千~1.6万円以上

純正フロアマットはその品質もバッチリですが、社外品も負けてはいません。

そして社外品には、カラーバリエーションやデザインが豊富に選べて、そして純正品より8千~1.6万円以上も安く買えるメリットがあります。

フロアマットの費用が浮けば実質的な値引きにつながります。

また、フロアマットは自分で取りつけることも簡単なので、工賃がかからないメリットもあります。

ドライブレコーダー

ロッキー純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 34,760円/40,128円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額29,000円~

最近ニーズが急上昇しているドライブレコーダーをロッキーに取りつける場合、ダイハツ純正品とAmazonで販売されている社外品を比べると、社外品の方が相当割安になっています。

その差額分は値引き交渉なしにダウンできる上、新車購入時にディーラーに持ち込んで工賃の割引を契約条件に盛り込めば、ロッキーの総支払額を削り込むことができます。

コウさん
コウさん

ロッキーの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、交渉なしで得られる実質的な値引きと思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

ロッキーの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール全車速追従型
アクセル踏み間違い防止機能

※各安全装備は、グレードによって標準装備、又はメーカーオプションとなっています

ロッキーの納期は?

ロッキーの納期1ヵ月~3ヵ月

ロッキーの納期は、在庫車やメーカー見込み発注車があれば、1ヵ月以内に可能です。

新たにメーカーへ発注となると、2~3ヵ月の納期となっています。

ロッキーのグレード別リセールバリューは?2019年11月調査

価格と各グレードのリセールバリューは?

ロッキーでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?1年落ちロッキーのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。

ロッキー 3年落ちリセールバリューランク(予想)
 ランク S~SS 65~75
ロッキー 5年落ちリセールバリューランク(予想)
 ランク A 50%台

※リセールバリューランク表

ランクリセール 残価率(買取相場÷新車価格)
SSS80%以上
SS70%~79%
S60%~69%
A55%~59%
B50%~54%
ここが3年落ち普通乗用車の平均値です
C40%~49%
D30%~39%
E29%以下

※下記表は1年落ち走行1万キロ以下、修復歴なし、年式なりの車両状態のデータです

ロッキーのグレード名3年後の買取相場新車価格(円)リセールバリュー
1.0 L万円1,705,000%
1.0 X万円1,848,000%
1.0 G万円2,002,000%
1.0 プレミアム万円2,200,000%
1.0 L 4WD万円1,944,800%
1.0 X 4WD万円2,086,700%
1.0 G 4WD万円2,224,200%
1.0 プレミアム 4WD万円2,422,200%

※まだ中古車が流通していないので、相場がなくリセールは不明です。流通次第更新します。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

買取店の査定はもちろん無料、さらに無料で出張査定にも来てくれます。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


ロッキーは立体駐車場に入る?

ロッキーの車体寸法は以下の通りです。

全長3995mm
全幅1695mm
全高1620mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

ロッキーの全高は、1,620㎜なので、ハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には入りません

ロッキーの実燃費は?

ロッキー Gの実燃費

カタログ燃費:22.8km/L

渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:14-16km/L
高速道路の燃費:13-15km/L
ロッキーの平均実燃費:13-14m/L

ロッキーG(4WD)の実燃費

カタログ燃費:21.2km/L

渋滞を含む街中の燃費:9-11km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:13-15km/L
高速道路の燃費:12-14km/L
ロッキーG(4WD)の平均実燃費:12-13m/L

ロッキーの最新モデルチェンジ

2019年11月5日 新型ロッキーを発売

ダイハツ ロッキー

ダイハツは新型コンパクトSUV「ロッキー(Rocky)」を発売しました。

「ロッキー」の主な特長

  • 小回りの利くコンパクトサイズと広い室内空間を両立したパッケージング
  • 大径タイヤによる力強くアクティブなデザイン
  • 予防安全機能「スマートアシスト」全10機能と、運転をサポートする「スマートアシストプラス」全7機能の合計17機能に新機能のブラインドスポットモニター&リヤクロストラフィックアラートを追加
  • DNGA新プラットフォームを採用
  • シーケンシャルターンランプを採用
  • プレミアムグレードには、革巻きのステアリングやシフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用
  • ボディカラーは新色「コンパーノレッド」を含めた全8色に加え、コンパーノレッド、シャイニングホワイトパール、ブライトシルバーメタリックの3色には、ブ
    ラックルーフの2トーンも設定

ロッキーのモデルチェンジ情報と推移

ロッキーのモデルチェンジ予想

当面の間予定なし

ロッキーのモデルチェンジ推移

2019年11月5日新型ロッキーを発売

ロッキーの値引きポイント

フルモデルチェンジやマイナーチェンジから間が開いていれば値引きは緩くなってくる。

またモデルチェンジ前は普段よりワンランク上の限界値引きが狙えるぞ!

ロッキーの値引きに効く競合車・ライバル車は?

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

ロッキーのOEMモデル、トヨタライズです。

外観こそ多少違いがありますが、中身は基本的に同じ車なので、メーカーや車種にこだわりがなければ、トヨタを選んでもいいでしょう。

同価格帯なので、総額や値引き額で競合させると効果的です。

ライズの限界値引きはこちら

スズキ クロスビー

スズキ クロスビー

SUVのカテゴリの中でロッキーのライバル車と呼べるのが、スズキのクロスビーです。

これまでクロスビーには真っ向ぶつかるライバル車が不在でしたが、ロッキー/ライズの登場により、お互いに購入条件を競わせることが出来るので、競合させれば値引きに有利に働くでしょう。

クロスビーの限界値引きはこちら

スバル XV

スバルXV

車格はXVの方が上ですが、ロッキーの上位グレードとXVの下位グレードと価格が近いので、付けるオプション等で総額を調整しながら「XVは総額○○万円で買える。ロッキーがそれより安くなれば契約したい」などと攻めると効果的です。

XVの限界値引きはこちら

ホンダ ヴェゼル

ホンダヴェゼル

ヴェゼルもロッキーより車格は上ですが、下位グレードをうまく引合いに出して、総額勝負でロッキーと競合させてみましょう。

ヴェゼルの限界値引きはこちら

新型ロッキーを残価設定ローンで購入。いくらで契約できる?

ロッキーを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーション。総額いくらで契約出来るか、値引き込みの総支払額も掲載しています。

グレード名ロッキー 1.0 X
車両本体価格1,848,000円
車両本体値引き▲120,000円
メーカーオプション価格73,700円
ディーラーオプション価格239,481円
ディーラーオプション値引き▲47,000円
諸費用167,309円
支払総額2,161,490円
ローン元金2,161,490円
支払回数37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利3.90%3.90%
毎月支払額40,547円×35回31,807円×59回
最終回(残価)924,000円×1回
(50.0%)
554,400円×1回
(30.0%)
金利を含む支払総額2,343,145円2,431,013円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

ロッキーの値引きポイント

残価設定ローンはディーラーが欲しいローン契約だ。通常のローンや現金での契約よりウェイクの値引きは多く出来るぞ。残クレで買うなら頑張って限界値引きを引き出そう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約につなげる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも査定してもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

ツイッターで最新のリセールや値引きの大きいお買い得な新車などつぶやいています。フォローしてくれるとうれしいです!

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです ※...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...