クロスビーの限界値引きとリセールの高いグレード&オプションをレポート

スズキ クロスビー

クロスビーから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、クロスビーの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、クロスビー購入の参考にしてみてください。

クロスビーの取り扱いディーラー

スズキ店 スズキアリーナ店

クロスビー月販目標台数:2000台

クロスビー今月の値引き相場

クロスビー値引き難度:渋い~普通
車両からの目標値引き:12万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:20~25万円

車格や排気量から、クロスビーと真っ向競合するライバル車は見当たりません。そのためスズキディーラーでは、クロスビーの値引きを引き締めています。

ただ、発売から一定期間経過したため、最近では値引きが緩む傾向が見られます。

クロスビーの上級グレードなら、ホンダのヴェゼルやマツダのCX-3、スバルXVなどと価格帯が似通るため、競合させた値引き交渉が可能です。

「ヴェゼルが値引き込みで○○万円で買える。クロスビーと総額がほとんど変わらないので迷っている」とセールスさんに伝えながら、クロスビーの値引きを引き出していきましょう。

クロスビーにオプションを追加して、ライバル車と総額で良い勝負になるようにして、値引き交渉を進めるといいでしょう。

当サイトの新車値引き交渉術も参考にどうぞ。

クロスビーの値引きポイント

他社の車と競合させても思うような値引きが出なければ、サブディーラーに安く買えないか聞いてみてもいいいぞ。現状で正規ディーラーには出せない値引きを、サブディーラーなら出してくれるケースは多い。サブディーラーを探すには「地域名×新車×全メーカー」で検索しよう!

クロスビーの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール

クロスビーの納期は?

クロスビーの納期:2ヵ月~2.5ヵ月

クロスビーの納期は、新たにメーカーへ発注すると、2~2.5か月掛かります。メーカーへの見込み発注分の中に希望のグレードや色があれば、1ヵ月ほどで可能です。

クロスビーの値引きポイント

クロスビーはまだ納期が掛かっている。もし2ヵ月以上待たされるなら「そんなに掛かるなら他の車にするかも」と営業マンをけん制して、「待つ代わりに値引きして!」と納期が長い事を理由に値引きを引き出そう。

クロスビーの価格は?

クロスビーのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
1.0 ハイブリッド MX 1,765,800 22.0
1.0 ハイブリッド MX セーフティサポートパッケージ 1,872,720 22.0
1.0 ハイブリッド MZ 2,003,400 22.0
1.0 ハイブリッド MX 4WD 1,908,360 20.6
1.0 ハイブリッド MX セーフティサポートパッケージ 4WD 2,015,280 20.6
1.0 ハイブリッド MZ 4WD 2,145,960 20.6

クロスビーの値引きポイント

価格が上がる上級グレードほど、値引き枠は大きくなるぞ。上級グレードを買うなら限界までクロスビーの値引きを引き出そう。

クロスビーは機械式の立体駐車場に入る?

クロスビーの車体寸法は、以下の通りとなっています。

全長3760mm
全幅1670mm
全高1705mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

クロスビーの全高は1705mmなので、残念ながら一般的な機械式の立体駐車場には停められない寸法となっています。

ハイルーフ対応の機械式駐車場なら、問題なく入る寸法です。

クロスビーの実燃費は?

カタログ燃費:22.0km/L(FF)
渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16-18km/L
高速道路の燃費:15-17km/L
クロスビーの平均実燃費:15-16km/L

クロスビーの平均実燃費は、カタログ燃費の約68~72%の達成率となっており、他車種と比べても悪くありません。

ターボが付いているとは言え、1000ccの排気量は余裕があるとは言えないので、高速道路の燃費は思たほど伸びないようです。

クロスビーの最新モデルチェンジ

2017年12月25日 新型クロスビーを発売

スズキ クロスビー

新型クロスビーは、ワゴンに求められる広い室内空間と日常の使いやすさに加え、個性的で愛着がわくデザイン、雪道などラフロードに対する力強い走破性とSUVの実用性を兼ね備えています。

街乗りからアウトドアやスポーツなどのレジャーを楽しむユーザーまで、幅広いニーズに適応する、新しいジャンルの小型クロスオーバーワゴンとなっています。

クロスビーのモデルチェンジ情報と推移

クロスビーのモデルチェンジ予想

当面予定なし

クロスビーのモデルチェンジ推移

2017年12月25日新型クロスビーを発売

 

クロスビーの値引きポイント

クロスビーは今後マイナーチェンジ(改良)が加えられ、売れ行きが落ちないように車の鮮度が保たれる。このマイナーチェンジや改良の直前になると、古くなる現行クロスビーの値引きは拡大するぞ。限界値引きも楽に狙えるからモデルチェンジ情報は要チェック!

クロスビーの値引きに効く競合車は?

ホンダ ヴェゼル

ホンダヴェゼル

ヴェゼルはガソリン車の他にハイブリッドもラインナップされています。

ヴェゼルハイブリッドだと、クロスビーとは価格帯が合わなくなるため、ヴェゼルガソリン車とクロスビーの上級グレードとの競合になるでしょう。

クロスビーにオプションを追加して、「一クラス上のヴェゼルがクロスビーと同じ値段で買える。クロスビーも値引きを頑張ってもらいたい」などと値引き交渉すると良いでしょう。

ヴェゼルの限界値引きはこちら

マツダ CX-3

マツダCX-3

こちらもクロスビーよりクラス上位のマツダCX-3です。

ディーゼルエンジンとガソリンモデルがラインナップされていますが、ガソリン車の一番安いグレードとクロスビーを競合させましょう。

総支払額を比較して値引き交渉するのが、効果的です。

CX-3の限界値引きはこちら

スバル XV

やはり価格帯はXVの方が高いので、クロスビーとは総支払額での競合が有効です。

優れた安全装備「アイサイト」に含まれる全車速追従型クルーズコントロールなど、クロスビーには無い機能を挙げながら、商談を進めてクロスビーの値引きを引き出しましょう。

XVの限界値引きはこちら

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

他のライバル車よりもクロスビーと価格差があるトヨタのC-HRです。

ただ、C-HRはトヨタ全店扱いのため値引き競争が激しく、値引き金額は多くなっています。

値引き込みの総額でクロスビーの支払額と比較すれば、良い勝負となるでしょう。

クラス上のC-HRがクロスビーと同じくらいの値段で買える事を強調して、値引きを引き出します。

C-HRの限界値引きはこちら

クロスビーの各グレードのリセールバリューは?

クロスビーのリセールバリューです。どのグレードが数年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

クロスビーのグレード名 新古車の買取相場 当時の新車価格(円) リセールバリュー
1.0 ハイブリッド MX 万円 1,765,800 %
1.0 ハイブリッド MX セーフティサポートパッケージ 万円 1,872,720 %
1.0 ハイブリッド MZ 183万円 2,003,400 91.3%
1.0 ハイブリッド MX 4WD 万円 1,908,360 %
1.0 ハイブリッド MX セーフティサポートパッケージ 4WD 万円 2,015,280 %
1.0 ハイブリッド MZ 4WD 185万円 2,145,960 86.2%

現状(2018年6月)では、クロスビーの中古車をオートオークションで確認出来たのが3台だけでした。

いずれも走行距離1000㎞以下の新古車で、気になるリセールバリューは上記の通りです。

十分な流通量ではないので、今後クロスビーの中古車相場は変化してくると思いますが、現状では4WDよりも2WDの「ハイブリッドMZ」の方がリセールバリューが高くなっています。

リセールバリューから見るクロスビーのおすすめグレードは?

現状ではMZの3台のみのデータなので、はっきりと傾向が掴めませんが、MXでも大きくリセールバリューが変わる事はないでしょう。

ハスラーのリセールバリューの傾向を見ると、装備の充実したグレードのリセールが高いので、クロスビーでもMXよりMZの方が、リセールでは有利かもしれません。

また、4WDは上記のデータだとリセールが落ちるので、特別必要でなければ2WDがおすすめとなるので、リセールバリューから見るおすすめのグレードは「クロスビー ハイブリッド MZ」となります。

今後中古車データが増えれば傾向も変わってくる可能性があるので、都度更新していきます。

クロスビー 1.0ハイブリッド MZを残価設定ローンで購入すると?

クロスビー 1.0ハイブリッド MZを残価設定ローン(残クレ)で購入した場合の月々の支払いシミュレーションです。3年と5年で比較してみました。

グレード名 クロスビー 1.0ハイブリッド MZ
車両本体価格 2,003,400円
車両本体値引き ▲120,000円
メーカーオプション価格 88,560円
ディーラーオプション価格 246,000円
ディーラーオプション値引き ▲49,000円
諸費用 195,835円
支払総額 2,364,795円
頭金 0円
ローン元金 2,364,795円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 2.9% 2.9%
初回 46,009円×1回 39,069円×1回
2回目以降 45,200円×34回 34,200円×58回
最終回(残価) 758,000円×1回
(37.8%)
379,000円×1回
(18.9%)
金利を含む支払総額 2,470,823円 2,592,543円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

クロスビーの値引きポイント

残クレは数年後にディーラーへ返却(下取り)するユーザーが多いので、また新車に乗り換えてもらえる期待がディーラーにはあるんだ。そんな旨みがある残クレ契約なら、営業マンはクロスビーの値引きを緩めてくるぞ。限界まで値引きしてもらおう!

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

当サイト新車購入参考リンク