アクセラスポーツの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

アクセラスポーツの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

アクセラスポーツから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、アクセラスポーツの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、アクセラスポーツ購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

アクセラスポーツ取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店 マツダオートザム店

アクセラスポーツ月販目標台数:2000台(シリーズ全体)

新型アクセラスポーツ今月の値引き相場

値引き難易度:渋い
車両本体値引き:22万円(新型8万円)
オプション値引き:20~30%
オプションからの値引きを含む限界値引き:10~20万円

アクセラスポーツは意外とガードが硬く、値引きも渋めになっています。

値引き交渉では、おとなしくしていると12~13万円程度の値引きで商談がまとめられてしまう事もあるため、注意が必要です。

アクセラスポーツの値引き交渉では最初に他メーカーのライバル車で値引き条件を煮詰め、行ける範囲に別経営のマツダ店があれば、最後はアクセラスポーツ同士の決戦に持ち込むのがセオリーとなっています。

アクセラスポーツはグレード毎に価格帯が広いので、価格帯に見合ったライバル車を設定、競合させた方が効果的です。

ライバル車としてはスバルのインプレッサやトヨタのカローラスポーツ、プリウス、ホンダのシビック、比較的低価格帯のグレードなら、ホンダのシャトル、フィット、トヨタのカローラフィールダー等が候補に挙がってくるでしょう。

新型アクセラスポーツの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

燃費の違いを交渉材料にする

燃費の違いについて比較するのが王道です。

例えばガソリン車で比較すると、カローラフィールダーの実燃費は16-17km/Lとなっており、アクセラスポーツの実燃費は13-14km/Lとなっています。

この2台を比較するとカタログ燃費で3~4km/Lの差がありますから、値引き交渉材料としては最適です。

このほかに、同じく燃費の良いカローラスポーツハイブリッドと、アクセラスポーツのディーゼルとの燃費比較も効果的です。

ディーゼル車の方が燃料代は安いですが、実燃費で5km/L前後の差があるので、ハイブリッドの方がお得感が強いです。

この実燃費の差を値引き交渉に使い、アクセラスポーツから最大限の値引き額を獲得しましょう。

パワーで比較してみる

アクセラスポーツにはディーゼル車が用意されており、非常にトルクフルな走りが可能となっています。

ですが、インプレッサスポーツも2000ccモデルの加速感には不足ありません。

また、インプレッサには新しいグローバルプラットフォームが採用され、ボディ剛性の高い安定した走行が可能となっています。

こうした走りの安定性についても値引きの交渉材料になります。

「アクセラはトルクの太さを感じられるけど、インプレッサの2000ccエンジンも捨てがたく迷っている」と商談すると値引きを引き出すきっかけとなります。

シビックの1.5Lターボエンジンと、2.2Lディーゼルを比較して値引き交渉しても良いでしょう。

オプション値引きを狙う

アクセラスポーツの車両本体価格からの値引きが難しい場合は、オプションからの値引きを狙ってみましょう。

人気のアクセラスポーツは、車両本体価格からの値引きを渋る可能性があるので、オプションからの値引きを含めて交渉してみて下さい。

フロアマットやサイドバイザー、ETC、ナビSDカードなどから値引きしてもらったり、無料サービスとして付けてもらうように交渉しても良いでしょう。

高価な純正オプションやオプションパッケージを付けたら、オプションからの値引きを獲得することで支払総額を抑えることが可能です。

コウさん
コウさん

アクセラスポーツの値引きポイント

アクセラスポーツの値引きは、ディーゼルからは値引きの総額20万円前後でストップする事が多いが、ガソリン車なら30万円を超える値引きも出ている。アクセラはモデル末期なので、ライバル車との競合や経営違いのマツダディーラー同士の競合で、限界値引きが狙えるぞ。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずアクセラスポーツの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

ETC

アクセラスポーツ純正ETC

  • ETC(ナビ連動なし) 29,716円

社外品アクセラスポーツETC

・純正品との差額 1.6万~2.2万円以上

高速道路で料金支払いの手間がなくなり、今やロングドライブのマストアイテムとなりつつあるETCですが、少しでもコストを抑えるためには、純正品よりも低価格な社外品ETCがおすすめです。

Amazonで見つけたこちらの社外品ETCは純正品よりも1.6万~2.2万円も割安な上、性能面でも引けを取らないコスパの高さが魅力です。

アクセラスポーツの値引き交渉も終盤になると、1万~2万円を削り出すのが勝負となりますが、ETCを社外品に変えるだけで、いとも簡単に同じ効果が引き出せます。

また、新車購入時であればディーラーに社外品を持ち込み、工賃サービスをお願いすれば、より高いコストパフォーマンスが得られるため、忘れずに切り出しましょう。

フロアマット

アクセラスポーツ純正フロアマット

  • ラグジュアリー(消臭機能付) 31,073円
  • デラックス 25,930円

社外品アクセラスポーツ用フロアマット


・純正品との差額 1.5万~2.1万円以上

アクセラスポーツに純正品のフロアマットを敷くのもいいですが、こちらの社外品だと1万~2万円以上の割安となり、交渉の手間ひまプレッシャーなく同額ぶんの値引き効果が得られます。

14カラーを選べるし純正品にも引けを取らないクオリティであるため、相対的にコスパが高い点も魅力と言えるでしょう。

アクセラスポーツ程度の広さであれば、フロアマットを敷き詰めるのもそこまで苦でもないから自分でやってもいいですが、面倒だと思ったら新車購入時にディーラーへ持ち込んでお願いすれば、工賃サービスでやってくれることもあります。

ドアバイザー

アクセラスポーツ純正ドアバイザー

  • アクリルバイザー 23,277円

社外品アクセラスポーツ用ドアバイザー


・純正品との差額 1.7万円以上

アクセラスポーツに装着するドアバイザーは純正品でもいいですが、こちらの社外品ドアバイザーを選んだ場合、純正品の定価より約1.7万円以上も割安になり、同額分の値引き効果が楽に得られます。

慣れた方なら自分で取りつければ早いですが、少々コツが要るので不安な方は無理せず新車購入時にディーラーへ持っていき、工賃サービスor値引きを交渉すれば、応じてくれることもあります。

ドライブレコーダー

アクセラスポーツ純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 32,184円
  • ドライブレコーダー(デンソーテン) 40,824円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 2.6万~3.4万円以上

楽しいドライブの思い出はもちろん、万が一の事故やトラブルも録画してくれるドライブレコーダーは、最近「あおり運転」報道などもあって人気が急上昇しています。

アクセラスポーツに装着するドライブレコーダーは性能面で純正品に引けをとらず、コスト面で廉価となっている好コスパな社外品を選ぶと、アクセラスポーツの支払総額を下げることができます。

ドライブレコーダーの取りつけは慣れないと難しいので、アクセラスポーツを新車で購入するタイミングでディーラーに取りつけを頼み、工賃も値引きor無料サービスの交渉をするといいでしょう。

コウさん
コウさん

アクセラスポーツの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

アクセラスポーツの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型アクセラスポーツの納期は?

アクセラスポーツの納期1ヵ月~2ヵ月

アクセラスポーツの納期は、メーカーへ見込み発注している分が希望と合致すれば、1ヵ月で可能です。

新たにメーカーへ発注すると、およそ1~2ヶ月の納期となっています。

アクセラスポーツの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

アクセラスポーツは、どのグレードがより高く売れるのか?3年落ちアクセラスポーツのリセールバリューを、各グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色は白黒、年式なりの車両状態のデータです

アクセラスポーツのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
1.5 15C(6MT) –万円 1,825,200 %
1.5 15C 99万円 1,825,200 54.2%
1.5 15S(6MT) –万円 1,954,800 %
1.5 15S 122万円 1,954,800 62.4%
1.5 15S プロアクティブ(6MT) –万円 2,149,200 %
1.5 15S プロアクティブ 135万円 2,149,200 62.8%
1.5 15S Lパッケージ(6MT) –万円 2,397,600 %
1.5 15S Lパッケージ –万円 2,397,600 %
1.5 15XD 147万円 2,338,200 62.8%
1.5 15XD プロアクティブ 160万円 2,440,800 65.5%
1.5 15XD Lパッケージ 164万円 2,689,200 60.9%
2.2 22XD プロアクティブ 153万円 2,791,800 54.8%
2.2 22XD Lパッケージ(6MT) –万円 3,088,800 %
2.2 22XD Lパッケージ 185万円 3,088,800 59.9%
1.5 15C 4WD –万円 2,046,600 %
1.5 15S 4WD 132万円 2,176,200 60.6%
1.5 15S プロアクティブ 4WD –万円 2,370,600 %
1.5 15S Lパッケージ 4WD –万円 2,619,000 %
2.2 22XD プロアクティブ 4WD –万円 3,013,200 %
2.2 22XD Lパッケージ(6MT) 4WD –万円 3,310,200 %
2.2 22XD Lパッケージ 4WD 210万円 3,310,200 63.4%

3年落ちアクセラスポーツのリセールバリューの傾向は、ガソリンの15Sシリーズとディーゼルの15XDシリーズを比べると、ほぼ同等のリセールバリューとなっています。

22XDシリーズは、15S・15XDと比べてややリセールは弱くなっています。

グレード別では、中間グレードの「プロアクティブ」がリセール上位となっています。

2WDと4WDの比較では、それほど4WDに優位性が見られないので、価格も上がる事から、必要なければ2WDがおすすめとなります。

アクセラスポーツの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

アクセラスポーツの売れ筋人気グレードは、「15XD」の流通台数が最も多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いでガソリン車の「15S」の流通台数が多く、売れ筋人気グレードとなっています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは【15XDプロアクティブ】

リセールバリューから見たアクセラスポーツのおすすめグレードは、リセールランキング1位の「15XDプロアクティブ」です。

22XDでは、アクセラの車格としては価格が高すぎるイメージがあるので、ディーゼルを買うなら価格と装備のバランスが良い15XDプロアクティブがリセール的にもおすすめです。

ディーゼルまでは要らない、ガソリン車で十分と言う事なら、ガソリン車の「15S」がおすすめです。

新車価格が安いため初期費用が抑えられる事に加えて、売却時の損失額(新車価格ー買取相場)が少なく済む事もメリットです。

リセールバリューから見たアクセラスポーツのおすすめカラーは?

リセールから見たおすすめのカラーは、「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」です。

上記3色の相場が安定しているので、売却時は安定したプラス査定が見込めるでしょう。

他のカラーでも上記3色と同等のオークション取引金額になっている事が多いですが、それでも10~20万円安く取引されている例もあるので、やはり人気カラーはリセールの安定感があります。

マシーングレーも今のところ、上記3色と遜色ないリセール傾向を示しています。

リセールバリューから見たアクセラスポーツのおすすめオプションは?

  • Boseサウンドシステム・360°ビューモニター・ドライビングポジションサポートパッケージ

上記のメーカーオプションが複合で付いていると、プラス査定となります。

それぞれのオプション代金の元までは取れませんが、オークションで取引金額が高いケースでは、上記のメーカーオプションが含まれている事が多くありました。

リセール目的で無理に付ける必要は全くありませんが、必要なオプションであれば付けても大きな損はありません。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


アクセラスポーツは機械式の立体駐車場に入る?

マツダ アクセラスポーツの車体寸法は以下の通りです。

全長4,470mm
全幅1,795mm
全高1,470-1,480mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

アクセラスポーツの全高は1,470-1,480mmなので、機械式の立体駐車場に停められます

アクセラスポーツの実燃費は?

アクセラスポーツの実燃費

カタログ燃費:20.4km/L

渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:14-16km/L
高速道路の燃費:15-17km/L
アクセラスポーツの平均実燃費:13.5-14.5km/L

アクセラスポーツ ディーゼル(15XD)の実燃費

カタログ燃費:21.6km/L

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:17-19km/L
高速道路の燃費:19-21km/L
アクセラスポーツ ディーゼル(15XD)の平均実燃費:17-18km/L

マツダ アクセラスポーツの実燃費は、気温によって大きな影響を受け、寒いほどエンジンの暖機に燃料を食うため、実燃費が悪くなります。

また、夏はエアコンを使うため電気=燃料の消費が大きく、こちらも冬に次いで燃費が悪くなりがちです。
これを図にすると、このようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい】

他にも、運転(アクセルワーク等)によっても実燃費は大きく変わるため、日頃からソフトなアクセルワークを意識するといいでしょう。

アクセラスポーツの最新モデルチェンジ

2017年8月24日 アクセラを一部改良

今回の商品改良では、先進安全技術「i-ACTIVESENSE(アイ・アクティブセンス)」を全グレード標準装備、これで国内主要5車種への標準装備がコンプリートされました。

その他、アドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)、AT誤発進抑制制御、車線逸脱警報システム、先進ライト(ハイビーム・コントロール)等の標準装備により、経産省・国交省の推進する「安全運転サポート車」の「サポカーS・ワイド(最上級)」に適合するようになります。

更に車両周囲の状況をモニターで把握、ドライバーの死角をなくす「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」や「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」、「360°ビューモニター」を採用。その安全性を高めています。

また、「ソウルレッドクリスタルメタリック」を新開発・設定することで、商品性・ブランド力の更なる向上を図っています。

アクセラスポーツのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2019年3月 フルモデルチェンジ

モデルチェンジ推移

2017年8月24日一部改良
2016年7月14日マイナーチェンジ
2015年8月27日一部改良
2014年8月7日一部改良
2014年1月30日グレード追加
2013年10月9日フルモデルチェンジ
2012年12月26日特別仕様車「スポーツエディション」
2012年6月28日一部改良、特別仕様車「20S-SKYACTIV アドバンスドスタイル」
2011年9月27日マイナーチェンジ
2010年12月2日特別仕様車「Navi Edition(ナビエディション)」
2010年3月24日特別仕様車「1.5 S Style」
2010年1月27日特別仕様車「90周年記念特別仕様車」
2009年6月11日フルモデルチェンジ
2009年1月19日特別仕様車「1.5 Smart Edition(スマートエディション)」
2008年1月22日一部改良
2006年11月21日特別仕様車
2006年6月6日マイナーチェンジ
2005年11月22日一部改良
2004年12月22日限定車
2004年10月21日グレード追加
2003年12月19日追加モデル
2003年10月15日デビュー

 

コウさん
コウさん

アクセラスポーツの値引きポイント

今後一部改良やモデルチェンジが行われるタイミングで、現行モデルの値引きが大きく緩むんだ。モデルチェンジ後の新しさに拘らなければ、現行アクセラを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

値引きに効くアクセラスポーツの競合車は?

スバル インプレッサスポーツ

スバルインプレッサスポーツ

コンパクトでスタイリッシュなスバル『インプレッサ』

コンパクトなボディで取り回しがしやすく、その上スポーティな走りができるのが魅力です。

以前のインプレッサはラリーやレースで活躍していることから、クルマ好きに人気がありますが、WRX STIと差別化され、現行ではファミリーの方からも高い評価を得ています。

ラゲージスペースも十分確保され、使い勝手の良い車となっています。

また、スバルのお家芸である水平対向エンジンを採用し、4WDなら雪道などの悪路走行でも安全性の高い走りができます。

スバル独自の安全性能である「アイサイト」も備え、走りや安全性能、収納力も兼ね備えたインプレッサは、アクセラスポーツの良いライバル車といえます。

アクセラスポーツにはない安全性能の高さ等を引き合いに出して値引き交渉すると効果的です。

インプレッサスポーツの限界値引きはこちら

トヨタ カローラフィールダー

トヨタカローラフィールダー

根強い人気のあるトヨタの『カローラフィールダー』

2000年から販売されているカローラフィールダーは数あるトヨタ車の中で唯一、5ナンバーのステーションワゴンです。

何度もモデルチェンジを繰り返し、カローラの持つ「営業車」というイメージをなくし、車的にも洗練された一台となっています。

ブラックの内装色のほかにホワイト色も用意されるなど、高級感もプラスされてるのも魅力的ですね。また、本革ステアリングを採用することで車内の雰囲気や質感も向上させています。

安全性能に関しても「トヨタセーフティセンスC」が搭載され、より安全に運転できるようになっています。

また、カローラフィールダーにはハイブリッド車が用意されており、燃費の良さも魅力の一つです。

アクセラスポーツのディーゼル車には、カローラフィールダーハイブリッドをぶつけて値引き交渉すると良いでしょう。

カローラフィールダーの限界値引きはこちら

トヨタ カローラスポーツ

トヨタ カローラスポーツ

オーリスの後継車、カローラスポーツです。

1.2ダウンサイジングターボとハイブリッドの2つのパワートレインを持ち、価格帯もアクセラスポーツと被る事から、競合出来ます。

モデルが新しい分、アクセラスポーツに比べて装備や安全機能で有利なので、カローラスポーツの良い面を引き合いに出しながら、値引き交渉を進めましょう。

カローラスポーツの限界値引きはこちら

ホンダ シャトル

ホンダシャトル

キャンプやアウトドア好きに人気のステーションワゴン、ホンダ『シャトル』

ラゲージルームの大きさは570Lと非常に大きなスペースが確保され、後部座席を倒した場合には1141Lまで拡大します。

ラゲージルームの掃き出し口もフラットになっており、使い勝手が良く、多くの荷物を載せられるためアウトドアやキャンプに使用するには最適ですね。

また、後部座席を倒した際にできる段差が少ないので、車中泊も可能。

収納力の多さでは、シャトルに軍配が上がりますから、使い勝手の良さやラゲージルームの広さなどを引き合いに出して値引き交渉してみましょう。

シャトルの限界値引きはこちら

新型アクセラスポーツを残価設定ローンで購入すると?

アクセラスポーツを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 アクセラスポーツ 15XDプロアクティブ
車両本体価格 2,440,800円
車両本体値引き ▲190,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 124,283円
ディーラーオプション値引き ▲24,000円
諸費用 117,390円
支払総額 2,500,873円
頭金 0円
ローン元金 2,500,873円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
初回 39,342円×1回 32,565円×1回
2回目以降 39,329円×35回 32,563円×59回
最終回(残価) 1,259,000円×1回
(51.6%)
801,000円×1回
(32.8%)
金利を含む支払総額 2,888,857円 2,968,782円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

アクセラスポーツの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、ディーラーは数年後の買い替え需要まで見込めるので、値引きが甘くなるんだ。残クレでアクセラスポーツを購入するなら、限界まで値引きを引き出して、金利分を回収しよう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...