あなたのアクセラを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

アクセラのガチな査定相場を紹介!

アクセラの無料ネット査定

あなたのアクセラ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがアクセラの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

アクセラの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のアクセラの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

アクセラのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのアクセラを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のアクセラの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】アクセラの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

アクセラで査定が高くなる組み合わせは?

アクセラの高額査定が期待できる組み合わせは?

アクセラで高い査定が出るグレードはコレ!

15S(スポーツ・セダン共通)
15XD プロアクティブ(スポーツ・セダン共通)

アクセラの中でも特に高額査定が期待できるグレードは、こちらになります。

人車一体の駆動感が味わえる15Sは、そのスポーティーなスタイルと価格とのバランスから人気が高く、中古車市場でも引き合いが多くなっているため、アクセラスポーツ・セダン共に高額査定が期待できるグレードです。

高燃費の実現や排ガスの浄化など、高い環境性能を誇る1.5ℓクリーンディーゼルエンジンを搭載した15XDプロアクティブは、価格とスペック・装備のバランスから人気が高く、こちらもアクセラスポーツ・セダン共に高額査定が期待できるため、おススメのグレードです。

なお、ディーゼル車の22XDやハイブリッド車は初期費用の高さから、相対的なリセールバリューでは上記グレードに一歩譲っていますが、低すぎるという程ではないため、必要に応じてそちらも検討するといいと思います。

アクセラで高い査定が出る人気色はコレ!

アクセラの高額査定が期待できる人気カラー

スノーフレイクホワイトパールマイカ
ジェットブラックマイカ
ソウルレッドクリスタルメタリック

アクセラの高額査定を目指すなら、ボディカラーの選択も軽く見てはいけません。

ボディカラーはアクセラの印象を大きく左右する要素ですから、中古車買取店としても、売れ残る心配の少ない人気カラーを積極的に仕入れたがります。

で、その人気カラーが上に挙げる3カラーです。

清潔感と開放感で見る人の気持ちを明るくするホワイト、そして高級感と重厚感で見る人を落ち着かせるブラックは、昔から日本人の感性にフィットするため、アクセラのボディカラーとしても不動の人気を誇っています。

そしてソウルレッドクリスタルメタリックは、その名(ソウル=魂)が示す通り、マツダのこだわりカラーで、その深く鮮やかな色調に人気が高いため、マツダ車に関してはこの「ソウルレッド」もおススメです。

「カラーだけで、アクセラの買取金額がそんなに違うの?」

と思って試しにアクセラの中古車買取相場を調べてみたら、3年以内の売却で、アクセラの査定相場に10~30万円の金額差が出ていました。

アクセラの高額査定を実現するためにも、ボディカラーにはホワイト&ブラック系の人気2カラー + ソウルレッドをおススメします。

アクセラで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

360°ビューモニター
LEDヘッドランプ

アクセラの高額査定を実現する上で、装着しておきたいメーカーオプションが、こちらです。

アクセラの高額査定が期待できる人気オプション・360°ビューモニター

アクセラの全周囲を視認でき、駐車時などの安全性を向上させる360°ビューモニターは、運転経験の浅いドライバーでも安心感が高まるため、人気オプションの一つとして買取査定アップが期待できます。

アクセラの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

また、LEDヘッドランプはアクセラの視認性を高め、昼夜を問わない安全性の向上に加え、すぐれた経済性(省エネ&長寿命)でも人気が高く、こちらも買取査定のプラスとなるため、つけておきたいオプションの一つです。

アクセラの高額査定を実現するため、そして自分で安全&快適なドライブを楽しむ上でも、これらのメーカーオプションを活用するといいでしょう。

アクセラの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ソニックシルバーメタリック
エターナルブルーマイカ

せっかく愛車のアクセラを売ったのに、その査定金額が安くなってしまったら残念過ぎます。

アクセラの買取査定がダウンしてしまう要素の一つとして、ボディカラーが挙げられます。

先ほど「人気カラーはアクセラの買取査定がアップ!」という話をしましたが、逆に言えばつまり「それ以外の不人気カラーは、相対的に買取査定がダウン……!」ということです。

その中でも、個性的すぎるとがったカラーや、地味(≠ハイグレード感)なカラーは、「無難」「定番」を好んで「周囲から浮く」ことを嫌う日本人の感性に合わないためか、アクセラのボディカラーにもあまり選ばれません。

当然、中古車買取店としても「売れ残るリスク」が嫌だから、不人気カラーのアクセラは高額査定してくれないのです。

先ほど紹介した人気カラーと比較して、その金額差は10万~30万円

好きなカラーを楽しむか、お得をとるかは、皆さんの取捨選択となります。

修復歴による査定の減額

アクセラの査定がダウンしてしまう修復歴

クセラの買取査定がダウンしてしまう要素として「修復歴」も見逃せません。

つまり、そのアクセラが「過去に大きな修復をした≒事故を起こした履歴」です。

どんなに完璧&ピカピカに修復しても、何となく縁起が悪いし(気にしない人もいるでしょうけど)、もしかしたら、どこかに致命的なダメージを見逃していて、それがもし走行中に、不具合でも起こしたら……!

……そう思うと、いくら安くても購入に二の足を踏んでしまう気持ちは、わかってもらえるかと思います。

ですから、当然あなたのアクセラも、もし修復歴があると査定相場が大きくダウンしてしまうのです。

5年以内の売却でアクセラの査定相場を調べてみたところ、修復歴の有無による査定相場には30万~40万円以上の金額差が出ていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損害。

あなたのアクセラはそんなことにならないよう、セーフティドライブを心掛けるようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

アクセラの査定相場に影響するモデルチェンジ

アクセラの高額査定を実現する上で、モデルチェンジがアクセラの査定相場に与える影響は、見逃すことができない要素の一つです。

モデルチェンジにはフルモデルチェンジとマイナーチェンジがあり、それぞれ意味合いやアクセラに及ぼす影響が違います。

アクセラの内外装やエンジン等の仕様が一新され、完全な新型車に生まれ変わるフルモデルチェンジ、そしてアクセラを部分的に改良し、内外装の意匠やエンジン等の仕様が更新されるマイナーチェンジ。

これらはアクセラのデザインやスペック、乗り心地や使い勝手を大きく変えるため、ユーザーの人気が動いて新旧アクセラの査定相場に大きな落差を生み出すのです。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、アクセラの売却で損してしまうことを意味しています。

さて、モデルチェンジによって旧モデルとなってしまうアクセラの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入るおよそ3ヶ月前からです。

モデルチェンジの情報は、事前から出てくる&調べられるので、いざその時になって慌てないよう、日頃から意識を高め、アンテナを張っておきましょう。

輸出によるアクセラの査定相場の底値は?

アクセラの輸出相場を査定

【アクセラセダン】
新車登録から5年以内 15万~50万円
新車登録から7年以内 15万~30万円
新車登録から10年以内 5万~15万円
新車登録から10年超過 5万円前後
【アクセラスポーツ】
新車登録から5年以内 15万~50万円
新車登録から7年以内 15万~30万円
新車登録から7年超過 廃車30万円(不安定)

過走行や修復歴など、国内市場では敬遠されがちなコンディションのアクセラであっても、海外市場に出すことが出来れば、上記の底値(輸出買取相場)で買い取ってもらえるチャンスがあります。

(※特徴として、アクセラスポーツは年数が経ってからの輸出買取が不安定なため、あらかじめ長く乗ることや過走行が見込まれるなら、アクセラセダンを買った方がいいでしょう)

ここで注意ですが、アクセラを海外市場へ出すためには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りに出したら「価値ゼロ円」どころか「処分手数料」まで取られかねない状態のアクセラでも、買取店だったら上記の底値で買い取ってもらえるチャンスがあります(大切な事なので2回言っています)。

なので「どうせ古いから……」「過走行だから……」などと言わず、まずは買取店でアクセラを査定してもらいましょう。

アクセラの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

アクセラの査定相場とリセールバリュー

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したアクセラの査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがアクセラを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(3代目)アクセラの査定相場(2018年7月査定)

現行型アクセラの査定相場とリセールバリュー

2013年10月~販売中

アクセラ 15S/色:白黒/修復歴なし/新車価格195.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 146万円
2017年 1.7万キロ 149万円 76.2% 134万円
2016年 1.5万キロ 123万円 62.9% 109万円
2015年 2.5万キロ 95万円 48.6% 86万円
2014年 3.9万キロ 104万円 53.2% 89万円
2013年 5.4万キロ 63万円 32.2% 56万円

現行型アクセラの査定相場を、実際の業者オークションから抽出しました。

当年モデルは中古車市場に出回っていなかったため査定が出来なかったものの、ディーラー下取りによる査定相場が146万円となっているため、それを若干上回る相場動向が予測されます。

※2017年式の査定相場とディーラー下取り相場の差額15万円をあてはめると、2018年式アクセラ 15Sの査定相場は161万円(リセールバリュー82.3%)程度と算出できます。

また、2015年式の査定相場は2014年式より安くなっていますが、特にボディカラーやオプション、状態(修復歴、汚損)など目ぼしい特徴は見られなかったため、オークション現場の事情(業者間の駆け引きや調整、入札参加者の多寡など)によるものと考えられます。

※リアルなオークション現場ゆえに、こうした想定外の値動きがしばしば発生します。

そのため、3年落ちリセールバリューが48.6%と普通乗用車の平均値(50~55%)を下回るものの、そこから更に一年落ちの2015年式を見れば53.2%を記録しており、実際にはもう少し高いものと思われます。

ちなみに、2017年式から2016年式にかけての価格差約26万円はマイナーチェンジ(2016年7月)の影響によるものでしょう。

2代目アクセラの査定相場(2018年7月査定)

2代目アクセラの査定相場とリセールバリュー

2009年6月~2013年10月生産モデル

アクセラ 15C/色:白黒/修復歴なし/新車価格166.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 3.5万キロ 51万円 30.7% 35万円
2012年 4.1万キロ 39万円 23.4% 29万円
2011年 6.7万キロ 36万円 21.6% 26万円
2010年 8.2万キロ 34万円 20.4% 7万円
2009年 8.8万キロ 35万円 21.0% 5万円

2代目アクセラの査定相場を、実際の業者オークションから抽出しました。

5年落ちを過ぎた時点で12万円の落差が生じた以外は、9年落ちまで30万円台の査定相場となっており、この辺りが「相場の棚」と言えそうです。

しばらく下落が落ち着くため、余裕をもってアクセラの売却タイミングを見計らう事が出来るでしょう。

一方のディーラー下取りでは、規定の査定書を基に算出しているため、マイナーチェンジによる査定相場への影響が大きく出て一気に20万円近く急落してしまうので、注意が必要です。

初代アクセラの査定相場(2018年7月査定)

初代アクセラの査定相場とリセールバリュー

2003年10月~2009年6月生産モデル

アクセラ 15C/色:白黒/修復歴なし/新車価格万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2009年 8.7万キロ 4万円 2.5% 4万円
2008年 8.8万キロ 5万円 3.1% 3万円
2007年 10.8万キロ 5万円 3.1% 2万円
2006年 12.3万キロ 4万円 2.5% 1万円

初代アクセラの査定相場を、実際の業者オークションから抽出しました。

2代分の型落ちが影響して、同じ9年落ちでも30万円以上の差額が生じているため、アクセラの売却タイミングを逸すると、大損してしまうリスクが分かります。

一方で、9年落ちから12年落ち(2009年~2006年式)までの査定相場は5万円前後の横ばいに上下しており、ここを「第二の(相場の)棚」見ることも出来なくもありません。

多少なりともおカネを手元に残すのであれば、ここが最後のチャンスとなります。

13年落ち・2005年以前のアクセラは、そのほとんどが廃車同然の査定相場しか残っておらず、12年落ちを突破してしまった場合は、とことん乗り倒してしまった方がクルマとしての元が取れるでしょう。

ちなみに、これまで表の右端にアクセラをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せてきましたが、多くの場合において、買取店による査定相場よりも最大で約30万円安くなっていました。

もちろん、ディーラー下取りの方が高い事もなくはありません(※管理人の経験上、20数台のクルマを売ってきて2回)が、多くの場合で損してしまうので、買取店でも査定して貰って、どちらがお得か、じっくり比較検討する事をおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

11年落ち&22万キロ?古い・過走行のアクセラでも売れるのか?

古くても過走行でも、アクセラは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、旧年式&過走行のアクセラを1台ピックアップ。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、アクセラの査定相場が残る可能性について検証していきます。

アクセラの過走行車でも査定相場が残っているか?
2007年式 初代マツダスピードアクセラ 221,000㎞ レッド 修復歴なし  11万円

11年落ち&走行距離22万キロ、「下回りサビ」「エンドパネル凹み」「リアスポイラー塗装はがれ&キズ」等々、あまり状態のよくない初代マツダスピードアクセラでも、約11万円の査定相場が残っていました。

とは言え、20万キロ超だと廃車同然の査定相場しか残っていないアクセラも多く、査定相場の残りやすい傾向を以下に紹介します。

走行距離20万キロ超では、マツダスピードアクセラ(査定相場約10万~15万円)以外全滅。
その他のグレードでは、走行距離16万~17万キロ以下から査定相場が残り始める。
年式は13年落ち辺りが査定相場の残る限界。
ATよりもMTの方が有利
4WDよりも2WDの方が有利
※不動車ではなく、きちんと走れる状態が大前提。

もちろん、これらの条件を満たしていても廃車同然の査定相場しか残っていないアクセラも少なからずありましたが、少なくともディーラー下取りに丸投げするよりは可能性があります。

これがディーラー下取りだったら、年式や走行距離など、表面的なデータを規定のマニュアルに照らして即座に「ゼロ円」と査定してしまうでしょう。

しかし、買取店なら上記の条件から外れていても査定相場が残っているパターンがあるため、買取店で一度査定して貰うことをおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら