アクセラの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

アクセラの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

アクセラから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、アクセラの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、アクセラ購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

アクセラ取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店 マツダオートザム店

アクセラ月販目標台数:2000台(シリーズ全体)

アクセラ今月の値引き相場

アクセラ値引き難度:普通
車両からの目標値引き:18万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~30万円

アクセラセダン、アクセラハイブリッドの値引き交渉では、まずは他社との競合で値引きを引き出しましょう。

ある程度値引きの条件が詰まってきたら、経営違いのマツダディーラー同士の競合、又はサブディーラーを活用して、アクセラ絵の限界値引きを目指します。

アクセラの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバル車との競合を引き合いに値引き交渉

アクセラセダンの競合車は豊富にあります。

トヨタのカローラアクシオやプレミオ、アリオン、ホンダのグレイスやシビックセダン、日産シルフィやティアナ、スバルのインプレッサG4など、価格帯も幅広く揃っているので、アクセラの購入希望グレードと同価格帯のライバル車&グレードを選んで、競合させるといいでしょう

この中では良く売れているカローラアクシオやモデルの新しいシビックセダン、アクセラと競合する事が多いインプレッサG4などをぶつけると効果があります。

「カローラアクシオが総額○○万円で購入出来る。迷っているが、これよりも安くなればアクセラを契約したい」などと交渉すると良いでしょうね。

他車と本気で迷っている状態で商談すれば、値引きを引き出しやすくなります。

マツダ同士の競合は効果大

ライバル車との競合である程度の値引きが出たら、又はライバル車と競合させても値引きが渋い場合は、マツダディーラー同士の競合が有効です。

と言っても経営母体が同じ会社では競合させる事が出来ないので、別経営のマツダディーラー同士を競合させるようにしましょう。

別経営のマツダディーラーの探し方

マツダA店のアクセラ値引き条件を別経営のマツダB店へぶつけると、非常に競合効果が高くなります。

同県内に別経営のマツダディーラーが無ければ、越境して県が違えば法人も変わるので、他県のマツダディーラーと競合させる事が出来ます。

越境が可能な地域なら、アクセラの値引き効果が高いので是非試してみましょう。

アクセラの値引きが渋ければサブディーラーを活用

※サブディーラー=”地域名×新車×全メーカー”で検索

近年マツダの値引きは渋くなっており、思うような値引きが取れないケースが多くなっています。

そこで、マツダの正規ディーラーの値引きが厳しければ、サブディーラーからアクセラを買う方法もあります。

マツダの値引きが渋いのは、メーカーからの意向で値引きを控えるようにとお達しが来ているケースがあり、ディーラーは値引きしたくても出来ない、と言った場合もあります。

そこで、サブディーラーならメーカーからの縛りがないので、出たばかりの新型車でも正規ディーラーより値引きが多くなる場面が見られます。

マツダディーラーの値引きが渋ければサブディーラーへ行って、「マツダの値引きが渋くて困っている。予算に収まるように協力して欲しい」などと相談すれば、ある程度聞いてくれるサブディーラーは多いです。

購入時期でアクセラの値引きが拡大

値引きが渋いマツダでも、時期によっては値引きが緩む場面が見られます。

マツダの決算期である3月と中間決算の9月は、販売台数を稼ごうとするため、アクセラの値引きを緩めて契約増へつなげたい考えがあります。

特に決算セールの期間中であれば、多少の無理を聞いてくれる可能性が高いです。

ディーラーで行われる決算セールは、1月中旬~3月末までと8月中旬~9月末まで、年2回行われています。

また、四半期報告がある6月と12月も比較的アクセラの値引きが緩む時期です。

これらの時期にアクセラを買うなら、限界値引きを目指したいですね。

コウさん
コウさん

アクセラの値引きポイント

アクセラの値引きは、オプション値引きを含んでも20万円以下にまとめられてしまう事が多いです。しかし値引き実例では、ガソリン車なら25万~30万円の値引きが確認できます。XDは多少値引きが渋くなるものの、25万円前後の限界値引きが可能なので、そのラインまで値引きを引き出したいですね。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずアクセラの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

ETC

アクセラ純正ETC

  • ETC(ナビ連動なし:デンソー、三菱、パナソニック) 29,716円

社外品アクセラETC

・純正品との差額 1.6万~2.2万円以上

高速道路の利用時、料金がスムーズに支払えるロングドライブのマストアイテム・ETCですが、よりコスパを高めるためにはネット通販で手に入れられる社外品ETCがおすすめです。

Amazonで探すと純正品に劣らない高品質と低価格を兼ね備えた社外品ETCが、1万~2万円以上も割安に出揃っています。

アクセラの値引き交渉で1万~2万の上乗せをしてもらうのは大変ですが、ETCを社外品に変えるだけで同じ効果が得られるなら、こんな楽ちんな話はありません。

さらにアクセラの新車購入時なら、ディーラーへ社外品を持ち込んで工賃サービスを契約条件に含めてもらえば、手間もおカネも節約できます。

フロアマット

アクセラ純正フロアマット

  • ラグジュアリー(消臭機能付) 31,073円
  • デラックス 25,930円

社外品アクセラ用フロアマット


・純正品との差額 1.6万~2.2万円以上

アクセラに敷くフロアマットをこちらの社外品にすると、純正品(定価)より1万~2万円以上も割安となり、その差額ぶん値引きしてもらったのと同じ成果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは色や模様を多彩に組み合わせられるほか、品質面においても純正品と肩を並べるレベルであるため、相対的に好コスパと言えるでしょう。

また、アクセラ程度の広さであれば、フロアマットを敷き詰めるのも大した手間ではないため、自分でやってしまえば手っ取り早くていいでしょう。

ドアバイザー

アクセラ純正ドアバイザー

  • アクリルバイザー 23,277円

社外品アクセラ用ドアバイザー


・純正品との差額 1.5万円以上

アクセラの窓に純正ドアバイザーを装備するのもいいですが、上記の社外品ドアバイザーなら純正品の定価よりも約1.5万円以上も割安となり、同額の値引きを削り出すのと同じ効果が得られます。

ドアバイザーを自分で取りつけても手っ取り早いですが。不慣れな方は無理をしないでディーラーに持ち込み、取りつけと工賃サービスor値引きをお願いできるよう交渉するといいでしょう。

ドライブレコーダー

アクセラ純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 32,184円
  • ドライブレコーダー(デンソーテン) 40,824円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 2.6万~3.4万円以上

最近、報道で話題になっている「あおり運転」や車上荒らしなどの犯罪対策にはもちろんのこと、ドライブの楽しい思い出も映像で残せるドライブレコーダーは、安全運転のマストアイテムとなりつつあります。

アクセラに純正ドライブレコーダーを装備するのも悪くありませんが、スペック面で純正品と肩を並べ、かつ価格面で有利となる好コスパの社外品を選ぶと、アクセラの総支払額をより下げられます。

取りつけについては慣れない方だと大変なので、アクセラを新車購入するタイミングでディーラーにお願いし、工賃の値引きorサービスを交渉するといいでしょう。

コウさん
コウさん

アクセラの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

アクセラの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

アクセラの納期は?

アクセラの納期1ヵ月~2ヵ月

アクセラの納期は、ディーラーが見込み発注している仕様に合致すれば、1ヵ月ほどで可能です。

新たにメーカーへ発注すると、1ヵ月~2ヵ月の納期となっています。

アクセラの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

アクセラは、どのグレードがより高く売れるのか?1年落ちアクセラのリセールバリューを、各グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色は白黒、年式なりの車両状態のデータです

アクセラのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
15C (6MT) –万円 1,825,200 –%
15C 90万円 1,825,200 49.3%
15S (6MT) 89万円 1,954,800 45.5%
15S 99万円 1,954,800 50.6%
15S プロアクティブ (6MT) –万円 2,149,200 –%
15S プロアクティブ 115万円 2,149,200 53.5%
15S Lパッケージ (6MT) –万円 2,397,600 –%
15S Lパッケージ –万円 2,397,600 –%
15XD –万円 2,338,200 –%
15XD プロアクティブ –万円 2,440,800 –%
15XD Lパッケージ –万円 2,689,200 –%
2.0 ハイブリッド-C 109万円 2,505,600 43.5%
2.0 ハイブリッド-S プロアクティブ –万円 2,651,400 –%
2.0 ハイブリッド-S Lパッケージ –万円 2,879,000 –%
22XD プロアクティブ 140万円 2,791,800 50.1%
22XD Lパッケージ 150万円 3,088,800 48.5%
15C 4WD –万円 2,046,600 –%
15S 4WD 127万円 2,176,200 58.3%
15S プロアクティブ 4WD –万円 2,370,600 –%
15S Lパッケージ 4WD –万円 2,619,000 –%
22XD プロアクティブ 4WD –万円 3,013,200 –%
22XD Lパッケージ 4WD –万円 3,310,200 –%

3年落ちアクセラセダンのリセールバリューの傾向は、ガソリン車とディーゼル、ハイブリッドを比較すると、ガソリン車のリセールが一番強い事が分かります。

次に2.2ディーゼル、リセールで一番不利なのがハイブリッドと言う結果となっています。

1.5ディーゼルの3年落ちリセールはまだ分かりませんが、1年落ち新古車の相場を見ると、ハイブリッドや2.2ディーゼルよりも高く、1.5ガソリンと同等かやや有利かな?と言った印象です。

アクセラの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

アクセラセダンの売れ筋人気グレードは「15S」の流通台数が多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いで僅差でガソリン車の15C、ディーゼルの15XDプロアクティブと人気グレードが続きます。

リセールバリューから見たおすすめグレードは15S プロアクティブ

リセールバリューから見たアクセラのおすすめグレードは、15Sプロアクティブです。

2WDではリセール1位であり、不足ない装備も付いているグレードなので、新車価格とリセール価値とのコストのバランスが最も優れているグレードと言えます。

しかし、初期費用を出来るだけ落としたいなら、損失額(新車価格-買取相場)が少ない15Sでもいいでしょう。

4WDが必要であれば、15S 4WDが一番リセールが良いのでおすすめ出来ます。

リセールバリューから見たアクセラのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たアクセラのおすすめカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」の3色です。

中古車市場には、ディープクリスタルブルーマイカも多いですが、上記3色と比べて10~20万円ほど安い相場となっています。

リセールバリューから見たアクセラのおすすめオプションは?

  • サンルーフ

アクセラハイブリッドのみに装着可能のメーカーオプションですが、サンルーフ付きの車両だと5~10万円ほど高い相場となっていました。

3年以内の売却なら、オプション代金の元は取れそうなので、お好みで付けるといいでしょう。

  • マツダスピードエアロ

マツダスピードのフロント・サイド・リアのアンダースカートがセット付いていると、他と比べて高い相場となっていました。

ただ、元は取れないので予算とお好みで検討するといいでしょう。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


アクセラは機械式の立体駐車場に入る?

アクセラセダンの車体寸法は以下の通りです。

全長4580mm
全幅1795mm
全高1455-1465mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

アクセラの全高は1455-1465mmなので、機械式の立体駐車場に停められます

アクセラ セダンの実燃費は?

アクセラ15Sの実燃費

カタログ燃費:20.6km/L

渋滞を含む街中の燃費:11-13km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:14-16km/L
高速道路の燃費:15-17km/L
アクセラ15Sの平均実燃費:14-15m/L

アクセラ15XD(ディーゼル)の実燃費

カタログ燃費:21.6km/L

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16-18km/L
高速道路の燃費:17-19km/L
アクセラ15XDの平均実燃費:16-17m/L

アクセラ ハイブリッドの実燃費

カタログ燃費:30.8km/L

渋滞を含む街中の燃費:16-18km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:20-22km/L
高速道路の燃費:19-21km/L
アクセラ ハイブリッドの平均実燃費:19-20m/L

アクセラの最新モデルチェンジ

2017年8月24日 一部改良

今回の一部改良では、以下の装備を全車標準装備としています。

  • 「アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」
  • 「AT誤発進抑制制御」
  • 「車線逸脱警報システム(LDWS)」
  • 「先進ライト」
  • 「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」
  • 「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」

加えて「360°ビュー・モニター」を、マツダ車として初採用。

また、クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を「アクセラセダン」へ新設定。

アクセラのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2019年2月 フルモデルチェンジ

モデルチェンジ推移

2017年8月24日一部改良
2016年7月14日マイナーチェンジ
2015年12月17日特別仕様車「XD(クロスディー)」
2015年8月27日一部改良
2014年8月7日一部改良
2013年10月9日フルモデルチェンジ
2012年6月28日一部改良
2011年9月27日マイナーチェンジ
2010年12月2日特別仕様車「Navi Edition(ナビエディション)」
2010年1月27日特別仕様車「90周年記念特別仕様車」
2009年6月11日フルモデルチェンジ
2008年1月22日一部改良
2006年11月21日特別仕様車
2006年6月6日マイナーチェンジ
2005年11月22日一部改良
2004年12月22日限定車
2004年10月21日グレード追加
2003年12月19日追加モデル
2003年10月15日デビュー

 

コウさん
コウさん

アクセラの値引きポイント

今後、改良やモデルチェンジが行われると、古くなってしまう現行モデルの値引きが拡大するんだ。新しいモデルに拘らなければ、アクセラセダンを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

値引きに効くアクセラの競合車

トヨタ カローラアクシオ

アクセラセダンのライバル車 カローラフィールダー

昔からのベストセラーカーであるカローラアクシオ。

ガソリン車からハイブリッド車までそろえているので、アクセラセダンと価格帯が似通る事から、アクセラの値引き交渉では競合効果が高い車種となります。

カローラアクシオの限界値引きはこちら

ホンダ グレイス

アクセラハイブリッドなら、ホンダのグレイスをぶつけるといいでしょう。

どちらもハイブリッド車としてはマイナーな部類なので、競合効果は高いと言えます。

グレイスの限界値引きはこちら

ホンダ シビックセダン

アクセラセダンのライバル車シビックセダン

新型発売後、納期が長くなり競合するマツダのセールスマンの印象に残っているホンダのシビックです。

モデルが新しく、そこそこ人気もあるため、アクセラセダンと競合させると、値引きで対抗してくる可能性が高いです。

シビックセダンの限界値引きはこちら

スバル インプレッサG4

スバルインプレッサG4

近年、アクセラセダンと競合する事が多い、スバルのインプレさG4です。

価格帯も似通っている事から、ガソリン車だけでなく15XDやハイブリッドとも競合出来ます。

インプレッサG4の限界値引きはこちら

アクセラを残価設定ローンで購入した場合の支払額はいくら?

ここでは、アクセラを残価設定ローンで購入した場合の支払額を3年と5年でシミュレーションしています。

グレード名 アクセラ 15S Lパッケージ
車両本体価格 2,397,600円
車両本体値引き ▲100,000円
メーカーオプション価格 140,400円
ディーラーオプション価格 275,783円
ディーラーオプション値引き ▲50,000円
諸費用 206,390円
支払総額 2,870,173円
頭金 0円
ローン元金 2,870,173円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
毎月支払額 49,192円×35回 38,873円×59回
最終1回前 49,204円×1回 38,884円×1回
最終回(残価) 1,292,000円
(42.1%)
822,000円
(26.0%)
手数料 192,751円 284,218円
支払総額(金利・手数料込) 3,062,924円 3,154,391円

※オプションの選択や値引き&頭金の額によって支払総額は大きく変わります。また、店舗によって設定される利率が違う事もあるため、実際の金額についてはディーラーで見積もってもらいましょう。

コウさん
コウさん

アクセラの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、ディーラーは数年後の買い替え需要まで期待できるので、値引きが甘くなる傾向だ。残クレでアクセラを買うなら、限界まで値引きを引き出して金利分を回収しよう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...