マツダ3の本命エンジンになったのか?進化したスカイアクティブXを徹底検証!

マツダ3

スタイリッシュな外装デザインや優れた走行性能が魅力のマツダ3。

このマツダ3にはマツダ自慢のエンジン、スカイアクティブXが設定されているが、従来は価格に見合ったパフォーマンスとは言い難かった。

しかし、2020年11月にスカイアクティブXのバージョンアップが実施され、パフォーマンス向上を果たしている。

そこで、果たしてスカイアクティブXはマツダ3の本命エンジンになったのかどうかを、改めて検証していきたい。

スカイアクティブXはマツダ3のエンジンの頂点

まず、マツダ3のエンジンラインナップを整理してみよう。

項目 / エンジンスカイアクティブG-1.5スカイアクティブG-2.0スカイアクティブDスカイアクティブX
排気量・仕様1.5Lガソリンノンターボ2Lガソリンノンターボ1.8Lディーゼルターボ2Lガソリンスーパーチャージド+モーター
最高出力 (ps / rpm)111 / 6,000156 / 6,000130 / 4,000190 / 6,000 (エンジン+6.5 / 1,000 (モーター)
最大トルク (kg・m /rpm)14.9 / 3,50020.3 / 4,00027.5 / 1,600~2,60024.5 / 4,500 (エンジン+6.2 / 100 (モーター)
WLTCモード燃費 (km/L)15.8~17.815.2~16.718.8~19.816.2~17.8
搭載グレード15Sシリーズ20SシリーズXDシリーズXシリーズ
車両価格 (円)2,221,389~3,163,3692,515,741~3,290,9362,790,741~3,565,9363,198,148~3,973,343

スカイアクティブXは、マツダ3に用意される4種類のエンジンの中で頂点に位置づけられる。

最高出力は他のエンジンを圧倒し、最大トルクもスカイアクティブDに次いで大きい。

同じ2LガソリンのスカイアクティブG-2.0と比較しても、最高出力で34ps、最大トルクで4.2kg・mも勝る。

加えてスカイアクティブXは、小出力のモーター (ISG) が組み合わせられるマイルドハイブリッドシステムなので、燃費性能でも有利だ。

ただし、車両価格は他のエンジンを搭載するグレードよりかなり高額に設定されている。

そこがスカイアクティブX最大のネックと言えるだろう。

究極の内燃機関を目指したスカイアクティブX

ここで、改めてスカイアクティブXについておさらいしておこう。

スカイアクティブXは、ガソリンエンジンでありながらディーゼルエンジンのような圧着点火を行い、希薄燃焼 (リーンバーン) を可能としている。

希薄燃焼させるためには大量の空気を吸入する必要があるので、過給機としてスーパーチャージャーを搭載する点が特徴だ。

更に燃費性能や走りを向上させるため、24Vのマイルドハイブリッドシステム「Mハイブリッド」が組み合わせられる。

アイドリングストップからの再始動にISGを使用するため、キュルキュル音が出ないのはメリットだ。

また、6MT車ではISGをスムーズな変速のために活用するなど、マイルドハイブリッド化の恩恵は予想以上に大きい。

しかしスカイアクティブXの最大のメリットは、スカイアクティブGのような従来のガソリンエンジンと比べパワフルなことに加え、リニアなスロットルレスポンスが得られる点にある。

更に高回転域の伸びの良さや、エンジン音の心地良さもスカイアクティブXの魅力にあげていいだろう。

スカイアクティブXは改良によりパフォーマンスが向上

最初に述べたように、スカイアクティブXは2011年11月のバージョンアップでスペックが向上している。

バージョンアップ前 最高出力180ps / 6,000rpm、最大トルク22.8kg・m / 3,000rpm
バージョンアップ後 最高出力190ps / 6,000rpm、最大トルク24.5kg・m / 4,500rpm

バージョンアップ後は最高出力が10ps、最大トルクが1.7kg・m向上、このスペックアップは実際の動力性能にしっかり反映されている。

マツダ3

mazda.co.jp/mazda3

スロットルレスポンスは一段と向上し、アクセルを踏み込んだ時のパンチ力もアップした。

圧倒的な差ではないものの、高回転域の伸びも更に良くなっている。

従来はメーカーが謳うほどのメリットは感じられなかったスカイアクティブXだが、現行モデルはなるほどと膝を打ちたくなる向上ぶりだ。

しかも価格は据え置きなので、コストパフォーマンスは確実に高くなっている。

このスカイアクティブXに対し、通常のスカイアクティブG-2.0は特に改良を受けていないので、パフォーマンスの差は一層広がった。

それは、スカイアクティブXに付きまとっていた割高感が小さくなったことも意味する。

スカイアクティブXはマツダ3の本命に一歩近づいたが・・・

マツダ3

mazda.co.jp/mazda3

スカイアクティブXは改良によりパフォーマンスが向上し、絶対的なコストパフォーマンスは高まった。

スカイアクティブG-2.0と比べた場合、予算の問題さえなければ絶対スカイアクティブXを選んだ方がいい。

ただ、スカイアクティブDと比べた場合の評価は微妙だ。

スカイアクティブDもスカイアクティブXと同時にバージョンアップを受け、パフォーマンスが上がっているからだ。

トルク感はスカイアクティブXより上だし、経済性でも上回る。

特に飛ばさず普通のペースで走る人や、燃料代を気にする人にはスカイアクティブXよりもスカイアクティブDの方がおススメだ。

また特に改良は施されていないものの、スカイアクティブG-1.5も相変わらず捨て難い。

スペック上は非力だが、シャープな吹け上がりとサウンドの良さはスカイアクティブXに見劣りしないし、何より価格が約80~100万円も安いのは魅力だ。

街乗りがメインなら敢えてスカイアクティブXを選ぶまでもなく、スカイアクティブG-1.5で十分だろう。

スカイアクティブXは魅力的なパワートレインであることは間違いないが、マツダ3のエンジンの大本命とまでは言えない。

スカイアクティブX搭載車は、ワインディングをスポーティーに走りたい人やたまにはサーキット走行も楽しみたい人、高速道路で追い越しを頻繁にかける人などにはおススメできる。

しかし高価であるし、力強さが全エンジン中でベストでないことなどから、万人におススメとまではいかない。

スカイアクティブX搭載車は、予算やニーズと相談しながら慎重に選んだ方がいいだろう。