ロッキーの人気グレードを比較!人気のプレミアムやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

ロッキーのグレード体系は比較的シンプルですが、それでも迷ってしまうのが人情というものでしょう。特に、

  • Gではなくプレミアムを選ぶ価値はある?
  • GとXはどこが違うの?
  • XとL、コストパフォーマンスが高いのはどっち?

などが気になるところではないでしょうか。

このページではそんな悩みを解決できるよう、ロッキーのグレードごとの装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめグレードを紹介します。

更に主要装備についても詳しく解説すると同時に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制する「踏み間違い防止機能」はどのグレードに付いているのかについても紹介。

また、売れているグレードの人気ランキングも紹介しているので、ロッキーのグレード選びの参考にどうぞ。

ロッキーのグレード一覧

グレード名価格(円)WLTCモードカタログ燃費(km/L)
1.0 L1,705,00018.6
1.0 X1,848,00018.6
1.0 G2,002,00018.6
1.0 プレミアム2,200,00018.6
1.0 L 4WD1,944,80017.4
1.0 X 4WD2,086,70017.4
1.0 G 4WD2,224,20017.4
1.0 プレミアム 4WD2,422,20017.4

※グレード名冒頭の数字は排気量です。1.0=1000cc

ジュン君
ジュン君

ロッキーのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

ロッキーの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

ロッキーの装備は、ダイハツ発表の公式装備一覧表を基にしています。

ロッキー 1.0 プレミアムと1.0 Gの違い

比較項目1.0 プレミアム
装備の違いLEDフットイルミネーションランプ
運転席・助手席シートバックポケット
本革巻ステアリングホイール&シフトノブ
ファブリック+ソフトレザー調シート
ブラインドスポットモニター
リヤクロストラフィックアラート
価格2,200,000円
比較項目1.0 G
装備の違い助手席シートバックポケット
ウレタンステアリングホイール
ファブリックシート
価格2,002,000円

価格差:1.0 プレミアムの方が198,000円高い

ロッキーの2WD車の1.0 プレミアムと1.0 Gの比較です。

198,000円高い1.0 プレミアムは、安全運転支援システムで1.0 Gに差を付けるほか、内装にもコストが掛けられています。

コウさん
コウさん

あると特に便利な装備を赤字で示したぞ。以下で紹介しよう!

ブラインドスポットモニター

安全装備 スマートアシスト BSM(ブラインドスポットモニター) ダイハツ公式

※1.0 Gは66,000円でメーカーセットオプション設定

隣の車線の斜め後方から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケーター点灯で知らせ、更にその方向にウインカーを出すとドアミラーインジケーター点滅とブザー音を注意を促す装備です。

死角にいる車両に気付かずに車線変更しようとして、ヒヤっとした経験がある人も多いと思いますが、この装備があればそんな失敗もなくなることでしょう。

リヤクロストラフィックアラート

ロッキーのリヤクロストラフィックアラート

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

安全装備 スマートアシスト RCTA(リヤクロストラフィックアラート) ダイハツ公式

※1.0 Gは66,000円でメーカーセットオプション設定

バックで出庫する際、後方左右から接近する車両を検知すると、ドアミラーインジケーター点滅とブザー音でドライバーに注意を促す装備です。

バックでの出庫は左右が見辛いので、一歩間違えると接触事故が起きかねませんが、この装備があればリスクがグっと減ります。

本革巻ステアリングホイール&シフトノブ

ロッキー 本革巻きステアリング&シフトノブ

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

プレミアムには、本革巻きのステアリングとシフトノブが奢られています。

見た目の質感アップはもちろん、手に馴染む握り心地は運転する楽しみを感じられるでしょう。

ファブリック+ソフトレザー調シート

ロッキープレミアム ハーフレザーシート

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

座面・背面はファブリックですが、サイドサポートとヘッドレストはレザー調の素材でコーディネートされています。

見た目の上質さ、体に触れる高級感はうれしいですね。

コウさん
コウさん

内装の上質さにこだわるならプレミアム一択になるが、ちょっと割高に感じられる。内装にそこまでこだわらないなら、Gにブラインドスポットモニター+リヤクロストラフィックアラートを付けて乗る方がお買得だ。

ロッキー 1.0 Gと1.0 Xの違い

比較項目1.0 G
装備の違い195/60R17タイヤ
メッキドアアウターハンドル
オートレベリング機能&サイドビューランプ付LEDヘッドライト
LEDシーケンシャルターンランプ
LEDフォグ&リヤフォグランプ+フロントLEDイルミネーションランプ
6スピーカー
ソフトレザー調パッド付ドアアームレスト&センターコンソールボックス
運転席・助手席シートヒーター
助手席シートアンダートレイ
全車速追従機能付ACC
レーンキープコントロール
価格2,002,000円
比較項目1.0 X
装備の違い195/65R16タイヤ
ボディ同色ドアアウターハンドル
マニュアルレベリング機能付LEDヘッドランプ
4スピーカー
価格1,848,000円

価格差:1.0 Gの方が154,000円高い

ロッキーの2WD車の1.0 Gと1.0 Xの比較です。

154,000円高い1.0 Gは灯火類や安全運転支援システム、快適装備が充実しています。

ただし、乗り心地の面ではタイヤハイトが高い1.0 Xの方がソフトです。

コウさん
コウさん

特にニーズの高い装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

オートレベリング機能&サイドビューランプ付LEDヘッドランプ

ロッキーのLEDヘッドランプ

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

1.0 GのLEDヘッドランプは、荷室に重い荷物を載せた時などにヘッドランプの光軸を自動で調整するオートレベリング機能と、ステアリングを切った方向を照らしたり、バックする時に左右を照らして安全確認をサポートするサイドビューランプが付きます。

1.0 XのLEDヘッドランプは光軸調整を手動で行う必要があり、サイドビューランプも付きません。

LEDフォグ&リヤフォグランプ+LEDイルミネーションランプ

ロッキーのLEDフォグランプ

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

LEDフォグランプは、濃霧などの悪天候時にヘッドランプの明かりを補助して視界を確保するランプ、LEDリヤフォグランプは、濃霧などで視界が悪い時に後続車に自車の存在をアピールするランプです。

またLEDイルミネーションランプは、昼間走行時にも点灯して対向車や歩行者などからの視認性を高めるランプになります。

いずれも絶対必要というほどではありませんが、安全性の観点から付いている方がベターです。

運転席・助手席シートヒーター

ロッキーのシートヒーター

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

※Xは40,700円でメーカーセットオプション設定

運転席と助手席の座面とシートバックを直接暖める装備で、エアコン暖房だけの場合よりもずっと暖かく過ごせます。

真冬でも晴れた日ならシートヒーターだけ過ごせることもあるので、エアコンの風が苦手な人には特に好適と言えるでしょう。

全車速追従機能付ACC

安全装備 スマートアシスト 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)+LKC(レーンキープコントロール) ダイハツ公式
ロッキーの全車速追従機能付ACC

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーの全車速追従機能付ACC

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーの全車速追従機能付ACC

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーの全車速追従機能付ACC

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)は、先行車がいない場合は設定した速度で定速走行、先行車がいる場合は適切な車間距離を保ちながら自動追従走行する機能です。

先行車が停止すれば自車も自動で停止し、先行車が発進した場合はスイッチひとつで自動追従運転に戻ります。

アクセルペダルを踏み続けずに済み、車速のコントロールをクルマに任せられるので、精神的・肉体的負担が軽くなるのがメリットです。

レーンキープコントロール

ロッキーのレーンキープコントロール

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

約60キロ以上で全車速追従機能付ACCをオンにして走行中、車線中央を走行するようハンドル操作をアシストします。

特に高速走行時は、疲れや注意力散漫により車線からはみ出しそうになることもありますが、この装備があればそうした時も安心です。

コウさん
コウさん

Gは装備が充実しているので、Xより154,000円高くても納得がいく。でも街乗りメインなら全車速追従機能付ACCなどはなくても困らないので、Xでも十分満足できるだろう。

ロッキー 1.0 Xと1.0 Lの違い

比較項目1.0 X
装備の違いピアノブラック調フロントグリル&バックドアガーニッシュ
スーパーUVカット・UVカット・IRカット機能付ガラス
運転席シートリフター
アクティブマルチインフォメーションメーター
メッキインナードアハンドル&エアコンレジスターノブ
フロントコンソールサイドシルバー加飾
レジスター加飾
フルオートエアコン
4スピーカー
16インチアルミホイール
価格1,848,000円
比較項目1.0 L
装備の違いUVカット機能付ガラス
自発光式メーター+マルチインフォメーションディスプレイ
マニュアルエアコン
2スピーカー
16インチスチールホイール+ホイールキャップ
価格1,705,000円

価格差:1.0 Xの方が143,000円高い

ロッキーの2WD車の1.0 Xと1.0 Lの比較です。

143,000円高い1.0 Xは内外装がワンランク上で、ガラスの性能も高くなっています。

コウさん
コウさん

特にニーズの大きい装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

スーパーUVカット・UVカット・IRカット機能付ガラス

ロッキーのガラス

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

車内に差し込む日差しに含まれる紫外線は日焼けの要因となりますが、スーパーUVカットガラスは約99%、UVカットガラスは約90%遮断します。

また日差しに含まれる赤外線は室温上昇の要因になりますが、IRカットガラスは赤外線を有効に遮断する機能があります。

1.0 XはフロントウィンドウガラスにUVカット&IRカット機能が、フロントドアガラスにスーパーUVカット&IRカット機能が付くので、車内環境は快適です。

1.0 LのガラスはUVカット機能のみなので、日焼けや室温上昇が起きやすいと言えます。

アクティブマルチインフォメーションメーター

ロッキーのマルチインフォメーションメーター

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーのマルチインフォメーションメーター

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーのマルチインフォメーションメーター

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーのマルチインフォメーションメーター

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

フル液晶風のディスプレイに、エンジン回転や外気温、瞬間燃費や平均燃費など様々な情報を表示する装備です。

好みや気分に応じて先進/ワクワク/シンプル/アナログの4種類の表示を切り替えられるので、便利なだけでなく楽しさも演出してくれます。

コウさん
コウさん

快適性や内外装の質感を重視するなら、Xを買った方が後悔しないだろう。でも143,000円の価格差は大きいので、割り切ってLを選ぶのも悪くないぞ。贅沢を言わなければ、コストパフォーマンスはLの方が高いと言えそうだ。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたロッキーのグレードは?

ロッキーのアクセル踏み間違い防止機能は「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」が該当し、全車に標準装備されます。

コウさん
コウさん

ブレーキ制御付誤発進抑制機能について、以下で解説しよう!

ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)

ロッキーの誤発進抑制機能(前方)

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ロッキーの誤発進抑制機能(後方)

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

ステレオカメラやソナーセンサーが前方に、またはソナーセンサーが後方に障害物を検知している状況でアクセルを強く踏み過ぎてしまった場合、自動ブレーキを掛けてクルマが急発進するのを防ぎます。

約10キロ以下で走行中に限られるなど、作動には条件があるので過信は禁物ですが、暴走事故を抑制する一定の効果が期待できるでしょう。

ロッキーの売れ筋人気グレードランキング

ロッキーのグレード選びにあたり、売れ筋の人気グレードを参考にしたい人も多いと思います。

ここでは、実際の流通台数を調査してロッキーの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名台数リセールバリュー
1位1.0 プレミアム
2位1.0 X
3位1.0 G
4位1.0 L

※2019年式モデルを対象に流通台数を調査

ロッキー 1.0 プレミアムの流通台数が最も多く、売れ筋のグレードランキング1位となっています。

リセールに関してはデータが揃い次第、追記していきます。

ロッキーのおすすめグレードはコレ

ロッキーのおすすめグレード

daihatsu.co.jp/lineup/rocky/

  • ロッキー 1.0 L
  • ロッキー 1.0 プレミアム

ロッキー 1.0 Lおすすめの理由

ロッキーのグレード展開は、基本的に4タイプがラインナップされています。

この中からコストパフォーマンス重視でおすすめをあげるなら、「1.0 L」です。

快適装備がやや物足りないものの、耐えられないほどではありませんし、最廉価グレードながら必要十分な安全装備が揃っている点は評価できます。

ある程度割り切りは必要ですが、価格が安い割には大きな不満なく使えるはずです。

ロッキー 1.0 プレミアムおすすめの理由

人気の面でロッキーのおすすめグレードをあげるなら、売れ筋ランキングナンバーワンの「1.0 プレミアム」です。

単に人気があるから安心というだけでなく、最上級グレードならではの充実した装備も魅力にあげられます。

価格は高いものの、予算が許せば所有している間の満足感が得られるはずです。

ダイハツ ロッキー おすすめグレードの乗り出し価格は

ロッキーのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

ロッキー 1.0 L乗り出し価格

グレード名ロッキー 1.0 L
車両本体価格1,705,000円
メーカーオプション名シャイニングホワイトパール
メーカーオプション価格33,000円
ディーラーオプション名ナビ
ETC
ドライブレコーダー
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格224,521円
諸費用147,580円
車両目標値引き▲120,000円
オプション値引き▲45,000円
乗り出し価格1,945,101円

メーカーオプションは人気色のシャイニングホワイトパールを選択、ディーラーオプションは人気のドライブレコーダー等を選び、値引きを入れて乗り出し価格194.5万円となりました。

ロッキー 1.0 プレミアム乗り出し価格

グレード名ロッキー 1.0 プレミアム
車両本体価格2,200,000円
メーカーオプション名2トーンカラー
BSM
パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
メーカーオプション価格191,400円
ディーラーオプション名ナビ9インチ
ETC2.0
ドライブレコーダー
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格349,041円
諸費用155,680円
車両目標値引き▲120,000円
オプション値引き▲70,000円
乗り出し価格2,706,121円

メーカーオプションにはブラインドスポットモニターと、イメージカラーであるブラックマイカトレッドの2トーンカラー、ナビアップグレードパックを付けて、ディーラーオプションは9インチナビのドラレコプラン、ETC2.0他を選び、値引きを入れて乗り出し価格270.6万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう