デイズの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

デイズのリセールバリューの高いグレードをレポート

デイズから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、デイズの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、デイズ購入の参考にしてみてください。

デイズ取り扱いディーラー

日産全店

デイズ月販目標台数:8000台

デイズ今月の値引き相場

デイズ値引き難度:渋い
車両からの目標値引き:7万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:10~15万円

値引きの神様にお願い

デイズの値引き交渉では、定番人気のワゴンRやムーヴを初め、N-WGNやアルトラパン、ムーヴキャンバスなど人気の軽自動車をぶつけて競合していきましょう。

兄弟車の三菱eKワゴンとの競合も非常に有効です。最後は経営の異なる日産ディーラー同士の競合で決着を。

eKワゴンとの兄弟車競合で攻める

日産が開発、三菱自動車が生産するデイズには、三菱のeKワゴンと言う兄弟車があります。

三菱ブランドで販売されているeKワゴンは、外観こそ違いはあれど中身は同じ車です。

デザインの好みはありますが、両車はほとんど同じ車とも言えるので、値引き交渉では兄弟車同士で競合させると、価格勝負となり値引きを引き出しやすくなります。

デイズの値引き交渉では、eKワゴンやeKクロスを引き合いに出して「どちらにするか迷っている」「予算が限られているので安い方から買いたい」と商談するといいでしょう。

特にeKクロスは、中々評判が高いので、ハイウェイスターと競合させて「eKクロスのデザインが気に入っているのでハイウェイスターと迷っている」と言う設定で商談を進めましょう。

ハンコを押す直前で端数カットやオプションサービスを要求

新車の契約では、ハンコを押す直前(契約の直前)が最もユーザーがワガママを言える状況になります。

ある程度段階を踏んでデイズの値引き交渉をしていれば、契約直前にはある程度値引きを引き出せているはずです。

そこで、ハンコを押す直前で最後のワガママを発動して、値引きの上乗せを狙いましょう。

ただ、ここまでくると、さらに5万円以上の現金値引きの要求をしても実現は厳しいです。

そこで数万円程度の端数カットやオプションサービスを申し出るといいでしょう。

端数カットなら、「178万4350円⇒175万円」「173万2350円⇒170万円」など、数万円単位でキリの良い数字に揃えてもらえば契約します、とやります。

また、ドアバイザーやナンバーフレーム、USBソケット、内装イルミネーションや内装パーツなど、数万円程度に収まるディーラーオプションを選択して、「これらをサービスしてくれたらハンコを押します」と伝えれば、それで契約してくれるなら・・とOKになる確率は高いです。

コウさん
コウさん

デイズの値引きポイント

新型デイズの値引きは車両から基本5万円だが、eKワゴンや他社との競合を交えれば、オプション値引き込みで10万~15万円の実例が出ているぞ。

下取り車を損なく売って値引きを最大化する!

下取り車を本来ある中古車相場の上限で売って、さらに値引きもMAXまで引き出せれば、これ以上ないお得な車の買い替えに成功しています。

ただ、値引きで成功したと思っても、下取り車で損してしまう人がとても多いのが現状です。

損してしまう多くの例として「これ以上の値引きは見積書に出せないので、下取りの方で調整させてください」と言われる事です。

ここで、当初の下取り額から5万でも10万でもアップすれば、「10万もアップするなら、その分支払額が減るのでかなりの得だな」と思ってしまい、多くのユーザーはそのまま契約してしまうでしょう。

ただ、その当初の下取り額が本来の中古車相場を反映した物なら問題ありませんが、そうじゃない場合、逆に5万、10万を簡単に損してしまう状況になります。

10万円アップしても、本来の中古車相場から見たら「まだまだ、あと20万は行けるでしょ?」などと言う事例は数多くあります。

しかし、一般ユーザーは中古車相場を的確に見分ける事が難しいので、多くの人が下取り車で損をしてしまうのが現状です。

下取り車で損=10~20万円以上の損失を避けるためには、1店舗でもいいので「買取店に査定してもらう」事です。

買取店はディーラーと違い、実際の中古車相場(業者オークション相場)から査定額を算出するので、買取店の査定額と比較すれば、ディーラーの下取り額が妥当なのか?判断する事が出来ます

また、事前に下取り車の相場が分かれば、買い替えの予算も検討出来るでしょう。

おすすめは下記の査定サイトです。おおよその査定相場もすぐに分かります。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずデイズの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

日産 純正ナビカロッツェリア 社外ナビ
本体メモリーナビ MM318D-Wサイバーナビ AVIC-CZ902
画面大きさ7インチ7インチ
価格175,578円(工賃込み)114,000円
(Amazon)
バックカメラ36,000円10,687円
(Amazon)
ナビ工賃–円29,800円
(Amazon)
合計額211,578円154,487円
純正との価格差-57,091円
ETC最安18,823円6,758円
(Amazon)
ETC2.041,626円13,980円
(Amazon)
パナソニック ストラーダナビ

デイズの純正カーナビにはルート案内にとどまらずカーライフもナビゲートするNissanConnectで人気のメモリーナビMM318D-Wを選択、バックカメラや取りつけ工賃込みで約21.1万円となっています。

一方の社外品カーナビには、レスポンシブルな操作性と高音質で多くのデイズユーザーから選ばれているカロッツェリアのサイバーナビ、そして比較対象には丁寧なナビゲーションとクリアな画質で好評なパナソニックのストラーダナビを選択。

これにバックカメラとナビ工賃を含め合計で約15.4万円、同じように揃えた純正品の定価に対しておよそ5.7万円以上の割安となっており、この差額は値引きしてもらったのと同じ効果があります。

他にもETC類など割安な社外品がたくさんあるので、賢い選択でデイズを少しでも安く購入できるようにしたいものです。

フロアマット

デイズ純正フロアマット

  • エクセレント 19,872円

社外品デイズ用フロアマット


・純正品との差額 1万円以上

デイズの車内に敷くフロアマットを上記の社外品にすると、純正品の定価に対して最大1万円以上の割安≒値引きして貰ったのと同じ効果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは3カラーより選べる上に、品質面でも純正品に引けをとらないクオリティなので好コスパと言えます。

フロアマットは取りつけが簡単なのでめんどくさい方は新車購入時にディーラーで頼んでもいいですが、自分でやった方が手っ取り早いかも知れません。

ドアバイザー

デイズ純正ドアバイザー

  • プラスチックバイザー 19,656円

社外品デイズ用ドアバイザー


・純正品との差額 1.3万円以上

デイズの窓に装着するドアバイザーをこちらの社外品にすると、純正品の定価に比べて1万円以上も割安になるため、デイズの支払総額を削り込む効果が得られます。

自分で取りつけてもいいですが、新車デイズの購入時にディーラーへ持ち込めば、交渉次第で工賃を無料サービスあるいは値引きしてくれるチャンスがあります。

ドライブレコーダー

デイズ純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 39,259円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 3万円以上

最近「あおり運転」などの危険行為が報道されたことで注目を浴びているドライブレコーダー。

純正品よりも割安な社外品を選ぶと、その差額分だけの値引き効果を受けることができます。

ドライブレコーダーの取りつけは、無理をしないで新車デイズの購入時にディーラーと交渉して、工賃をサービスor値引きしてもらうといいでしょう。

コウさん
コウさん

デイズの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

デイズの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール追従型

デイズの納期は?

デイズの納期1ヵ月~3ヵ月

日産 デイズの納期は、在庫車やメーカー見込み発注分があれば1ヵ月以内、新たにメーカーへ発注となると、1~3ヵ月ほどの納期となっています。

デイズの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

デイズの新車から3年経過後の各グレードのリセールバリューです。どのグレードが3年後に高く売れるのか?グレード選びの参考にしてください。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、年式なりの車両状態の相場データです

デイズのグレード名年後の買取相場新車価格(円)リセールバリュー
45万円1,273,32035.3%
52万円1,325,16039.2%
ボレロ*61万円1,411,56043.2%
ハイウェイスター X68万円1,469,88046.2%
ハイウェイスター Gターボ77万円1,549,80049.7%
ハイウェイスター X プロパイロットエディション万円1,567,080%
ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション万円1,647,000%
4WD67万円1,405,08047.6%
4WD68万円1,456,92046.7%
ボレロ 4WD*万円1,543,320%
ハイウェイスター X 4WD79万円1,601,64049.3%
ハイウェイスター Gターボ 4WD82万円1,681,56048.7%
ハイウェイスター X プロパイロットエディション 4WD万円1,698,840%
ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション 4WD万円1,778,760%

*特別仕様車

記載のリセールバリューは、旧型デイズの3年経過後なので低い数値となっていますが、現行モデルの3年経過後は50~60%くらいのリセールになると予想できます。

グレード構成は大きく変わっていないので、グレード間のリセールの差は参考になるでしょう。

まず、標準ボディとカスタムボディのハイウェイスターでは、ハイウェイスターの方が全体のリセール数値は高くなっています。

駆動方式別では、4WDの方がややリセール有利となっています。

プロパイロットエディションについては、旧モデルで装備されていないのでまだ不明ですが、約10万円の価格差から見ると、5万円前後買取相場は高くなりますが、リセールに換算するとプロパイロット無しと比べて若干下がるかもしれません。

デイズの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

デイズの売れ筋人気グレードは「ハイウェイスターX」と標準ボディの「X」がほぼ同等の流通量で並んでいます。

次いで廉価グレードの「S」、「ハイウェイスターGターボ」と続いています。

リセールから見たおすすめグレードはハイウェイスターGターボ

リセールバリューから見たデイズのおすすめグレードは、リセール1位の「ハイウェイスター Gターボ」です。

NAとターボの差が約8万円しかないので、非力なNAエンジンよりもターボの方が中古車市場では需要が高くなり、デイズの中では高リセールが続くでしょう。

4WDなら、ほぼ横並びのリセールなので、新車価格の安い「S」や「X」の方が売却時の損失額が少なくなるのでおすすめとなります。

リセールバリューから見たデイズのおススメカラーは?

リセールバリューから見たデイズのおすすめカラーは、「ホワイトパール」「ブラックパール」「プレミアムパープルパール」の3色です。

他色と比べて10万円前後高い相場となっているので、売却時は有利になるでしょう。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


デイズは機械式の立体駐車場に入る?

日産 デイズの車体寸法は、

全長3,395mm
全幅1,475mm
全高1,640-1660mm

となっています。

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

デイズの全高は1,640-1660㎜なので、残念ですがハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には駐車できません。

デイズの実燃費は?

デイズの実燃費

渋滞を含む街中の燃費:13-15km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:18-20km/L
高速道路の燃費:17-19km/L
デイズの平均実燃費:17-18km/L

デイズハイウェイスター(ターボ)の実燃費

渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:17-19km/L
高速道路の燃費:17-19km/L
デイズハイウェイスター(ターボ)の平均実燃費:16-17km/L

デイズの最新モデルチェンジ

2019年3月28日 デイズをフルモデルチェンジ

日産 デイズ

今回のフルモデルチェンジでは、外観をダイナミックかつ躍動感が感じられるプロポーションとしました。

インテリアは2段構成のインストルメントパネルや精密な3Dパターン、直感的に操作できるエアコンスイッチなど、先進的で一体感のあるデザインに仕上げています。

先進安全技術においては、追従型のクルーズコントロールであるプロパイロットを軽自動車に初めて搭載しました。

また新開発エンジン、新開発CVTに加え、新たにリチウムイオンバッテリーを搭載したスマートシンプルハイブリッドといった新設計パワートレインにより、動力性能が大きく進化しました。

ボディカラーは2トーン4種類、モノトーン13種類の全17種類をご用意。

デイズのフルモデルチェンジに合わせ、オーテックジャパンは、「ボレロ」を発表しました。

ボレロ

ボレロの特別装備

  • 専用フロントグリル
  • 専用14インチアルミホイール(ホワイト)
  • 専用インストパネル(ソフトパッド・ブラウンピンク)
  • バニティミラー付き助手席サンバイザー等

デイズのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2019年3月28日フルモデルチェンジ
2018年5月28日一部改良
2017年4月25日特別仕様車「X モカセレクション」「ハイウェイスターX プレミアムセレクション」
2017年1月26日一部改良
2015年10月22日マイナーチェンジ
2014年12月4日特別仕様車「Vセレクション+SafetyⅡ」
2014年10月1日特別仕様車「Vセレクション+Safety」
2014年7月3日一部改良
2013年6月6日デイズを発売

デイズの競合車は?

スズキ ワゴンR

スズキワゴンR

トールワゴンの先駆け、スズキのワゴンRです。

ハイトールワゴンのタントやスペーシアに押され、近年では販売台数は全盛期に及びませんが、ネームバリューは強く、トールワゴンを代表するモデルなので、デイズと競合させれば値引き効果は高いです。

ワゴンRの限界値引きはこちら

ダイハツ ムーヴ

ダイハツムーヴ

ワゴンRと並んでトールワゴンでは人気モデルのダイハツムーヴです。

デイズと比較対象に挙がる事も多く、日産のセールスマンも意識しているため、値引き交渉では引き合いに出すといいでしょう。

ムーヴの限界値引きはこちら

ホンダ N-WGN

ホンダN-WGN

ホンダのNシリーズの中で、最初にデビューしたN-WGNです。値引きもそこそこ拡大しているので、N-WGNの総支払額をぶつけてデイズ購入の条件提示をするといいでしょう。

N-WGNの限界値引きはこちら

三菱 eKワゴン

eKワゴン

デイズと兄弟車のeKワゴンです。

外観の違いはありますが、中身は同じ車なので「車種にはこだわりはないので、安い方から買いたい」と競合させるのが基本です。

eKワゴンの限界値引きはこちら

デイズを残価設定ローンで購入すると?

デイズを残価設定ローンで購入した場合の月々の支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名デイズ ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション
車両本体価格1,647,000円
車両本体値引き▲70,000円
メーカーオプション価格0円
ディーラーオプション価格295,091円
ディーラーオプション値引き▲59,000円
諸費用130,089円
支払総額1,943,180円
ローン元金1,943,180円
支払回数36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利4.90%4.90%
初回40,175円×1回34,751円×1回
2回目以降37,700円×34回27,600円×58回
最終回(残価)823,000円×1回
(50.0%)
625,000円×1回
(38.0%)
金利を含む支払総額2,144,975円2,260,551円

※選択するオプションや値引き金額、頭金の額でもローン元金は変わってくるため、月々の支払額は変動します。また、金利によっても異なるため、上記は参考値としてディーラーで見積もりをもらいましょう。

コウさん
コウさん

デイズの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、据え置く残価にまで金利が掛かるので、支払う利息手数料は多くなってしまう。その分、クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンを値引きに回せるんだ。残クレでデイズを購入するなら、限界まで値引きを引き出して利息分を回収しよう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...