エルグランドの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

エルグランドの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

エルグランドから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、エルグランドの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、エルグランド購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

エルグランド取り扱いディーラー

日産全店

エルグランド月販目標台数:1900台

新型エルグランド今月の値引き相場

エルグランド値引き難易度:甘い
車両からの目標値引き:40万円
オプション値引き:20~30%
オプションからの値引きを含む限界値引き:45~55万円

日産エルグランドの値引き交渉は、まずは有力なライバル車であるトヨタのアルファード&ヴェルファイアとの競合から始めましょう。

「トヨタはここまで値引きしてくれたけど、エルグランドも捨てがたく、条件次第ではぜひ検討したい」などと持ちかけて値引き条件を煮詰めていくのがセオリーです。

(トヨタのエスティマやホンダのオデッセイを対抗馬に挙げてもいいでしょう)

別経営の日産ディーラーが近くにあればエルグランド同士の最終決戦に持ち込むことで、より限界値引きに近づける事が出来ます。

新型エルグランドの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

競合車はあくまで「考えている」程度で

エルグランドは日産が誇る高級ミニバンとしてラインナップしています。

他社では、アルファードやヴェルファイア、オデッセイなどといったライバル車も存在します。

ただ、エルグランドの初めての商談では、あくまで「他の車種も探している」といったあいまいな雰囲気にしましょう。

初回の商談にていきなり競合車の見積書を出してしまうと、アルファードやヴェルファイアの方が圧倒的に売れているので、「本当にエルグランドを買ってくれるのだろうか?」と営業マンが引いてしまい、思うような値引きが出ない事があります。

「エルグランドは有力な候補」という意思だけは、はっきりとセールスマンに伝えましょう

日産ディーラー同士で競合させる

エルグランドは日産全店で購入できますが、日産ディーラーは3種類に分かれており、日産店、日産プリンス店、日産サティオ店に分類されています。

取り扱う車種に違いはないものの、ディーラーごとに値引き額やサービスしてくれるものが異なります。

そのため、同じエルグランドを経営が異なるディーラー同士で競わせるのも手段です。

同じ県内で競合させても構いませんが、東京と神奈川・千葉・埼玉などといった他県をまたいで比較した方が、競合効果が増します。

経営違いのディーラーの見分け方はこちら

契約前には「端数切り落とし」を要求

様々な策を用いてエルグランドから値引きをしてもらったら、最後に購入代金合計額の端数を切り捨ててもらいましょう。

例えば総支払額「3,556,780円」なら、端数を切ってもらい「3,500,000円」にしてもらいます。

契約直前まで来ているので、具体的な値引き金額を要求するよりも、端数カットの方が通りやすくなります。

ディーラーによっては端数が出ないように最初から調整する所もありますが、端数があれば交渉してそこからさらに端数カットの値引きを要求すると良いでしょう。

購入時期は「ディーラー決算セール」がベスト

エルグランドの値引き交渉を最大限成功させるには、購入時期のタイミングとして「決算時期」がおススメです。

日産のみならず、各メーカーの自動車ディーラーには毎年度の売り上げの締めくくりとなる「決算時期」というものがあります。

新車を大きく値引きするだけでなく、様々なサービスをお得に提供してくれるなど、エルグランドの新車を購入するならお得が目白押しです。

年度末決算セールは1月中旬~3月末まで、中間決算セールは8月中旬~9月末まで、それぞれディーラーで決算セールが行われるので、これらの時期にエルグランドを購入するタイミングなら、限界値引きが狙えるでしょう。

また、四半期報告のある6月や12月も値引きが緩くなります。

ボーナス商戦とも重なるため、これらの時期もエルグランドの値引き交渉ではおすすめの時期となります。

コウさん
コウさん

エルグランドの値引きポイント

エルグランドは8年が経過してモデルが古くなっている。その分値引きが期待出来るので、実際、値引きの総額が50万円を超えるケースが目立っているので、エルグランドを買うなら限界値引きを目指そう!

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずエルグランドの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

日産 純正ナビ アルパイン 社外ナビ
本体 プレミアムナビ MM518D-L 8型ビッグX X8Z
画面大きさ 8インチ 8インチ
価格 290,288円(工賃込み) 154,980円
(Amazon)
バックカメラ 38,057円 9,808円
(Amazon)
ナビ工賃 –円 29,800円
(Amazon)
合計額 328,345円 194,588円
純正との価格差 -133,757円
ETC最安 26,028円 6,452円
(Amazon)
ETC2.0 44,820円 32,689円
(Amazon)
カロッツェリア サイバーナビ

エルグランドに装備する純正ナビは先進AV機能とドライブサポート機能、8インチの大画面で使いやすいプレミアムナビを選択、バックカメラや取りつけ工賃などを合計して約32.8万円と、クオリティ相応な価格となっています。

一方の社外品ナビには、アルパイン製の8インチ大画面と良質な音響特性などのチューニング機能でエルグランドユーザーから人気の高いビッグXナビ、そして比較参考としてこちらも臨場感ある高音質で好評を得ているカロッツェリアのサイバーナビを選択。

こちらもバックカメラやナビ工賃を含めて合計金額は約19.4万円、純正品で揃えたパターンに比べておよそ13.3万円も割安となっていました。

これだけの値引きをエルグランドから削り出すのは大変ですが、カーナビ等であれば社外品を吟味するだけで交渉の労力やプレッシャーなく引き出すことも可能です。

他にもETC類など社外品の方が割安の商品は多くあるので、機種ごとの個性と自分自身との相性が適合するカーナビを探すのがいいでしょう。

フロアマット

エルグランド純正フロアマット

  • エクセレント 81,977円
  • スタンダード 65,726円

社外品エルグランド用フロアマット


・純正品との差額 3.4万~5.0万円以上

エルグランドに敷き詰めるフロアマットに上記の社外品を選ぶと、純正品の定価に対して3万~5万円以上の値引き効果があるため、支払総額を大きく削り込むことができます。

こちらの社外品フロアマットは専用設計に加えてラゲッジ&ステップマットもセットになっているため、コスパの高さも魅力です。

フロアマットの取りつけ自体はシンプルですが、エルグランドの3列シートに敷き詰めてみると、これが意外と重労働なので、新車購入のタイミングでディーラーに持ち込んでお願いすると、工賃サービスで気持ちよくやってくれることが多いです。

ドアバイザー

エルグランド純正ドアバイザー

  • プラスチックバイザー 35,897円

社外品エルグランド用ドアバイザー


・純正品との差額 0.8万円以上

エルグランドの窓にこちらの社外品ドアバイザーを選択すると、純正品の定価に比べて8千円以上を割安となり、エルグランドの支払総額を削り込む値引き効果が得られます。

自分で取りつけすれば手っ取り早いですが、少しコツがいるので慣れない方や面倒な方は新車購入のタイミングでディーラーに持ち込み、交渉次第では工賃サービスor無料を引き出せるでしょう。

ドライブレコーダー

エルグランド純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー(DJ4-D) 41,700円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 3.5万円以上

エルグランドのドライブレコーダーに社外品を選ぶと、純正品の定価に対して割安となり、その差額は値引きして貰ったのと同じ効果でエルグランドの支払総額を下げられます。

ドライブレコーダーの取りつけは慣れていない方だと大変なので、新車でエルグランドを購入する時にディーラーにお願いすると共に、工賃サービスもしくは値引きを交渉するといいでしょう。

コウさん
コウさん

エルグランドの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

エルグランドの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両 ×
自動ブレーキ 対歩行者 ×
クルーズコントロール 定速型

新型エルグランドの納期は?

エルグランドの納期1ヵ月~2ヵ月

エルグランドの納期は、ディーラーの在庫車や見込み発注車があれば、1ヵ月前後で可能です。

新たにメーカーへ発注となれば、1~2ヶ月の納期となっています。

エルグランドの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

エルグランドでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?3年落ちエルグランドのリセールバリュー(残価率)を、グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

エルグランドのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
2.5 250XG [8人乗り] 159万円 3,213,000 49.4%
2.5 250ハイウェイスター S [8人乗り] –万円 3,395,520 %
2.5 250ハイウェイスター S [7人乗り] 243万円 3,395,520 71.5%
2.5 250ハイウェイスター S アーバンクロム [8人乗り] –万円 3,676,320 %
2.5 250ハイウェイスター S アーバンクロム [7人乗り] 267万円 3,676,320 72.6%
2.5 250ハイウェイスター S ジェットブラックアーバンクロム* –万円 4,158,000 %
2.5 250ハイウェイスター プレミアム [7人乗り] 273万円 4,136,400 66.0%
2.5 250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム [7人乗り] –万円 4,341,600 %
3.5 350ハイウェイスター [8人乗り] –万円 4,125,600 %
3.5 350ハイウェイスター [7人乗り] 212万円 4,125,600 51.3%
3.5 350ハイウェイスター アーバンクロム [8人乗り] –万円 4,330,800 %
3.5 350ハイウェイスター アーバンクロム [7人乗り] –万円 4,330,800 %
3.5 350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム* –万円 5,358,960 %
3.5 350ハイウェイスター プレミアム [7人乗り] 271万円 5,337,360 50.7%
3.5 350ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム [7人乗り] –万円 5,542,560 %
2.5 250XG [8人乗り] 4WD –万円 3,504,600 %
2.5 250ハイウェイスター S [8人乗り] 4WD –万円 3,687,120 %
2.5 250ハイウェイスター S [7人乗り] 4WD 271万円 3,687,120 73.5%
2.5 250ハイウェイスター S アーバンクロム [8人乗り] 4WD –万円 3,967,920 %
2.5 250ハイウェイスター S アーバンクロム [7人乗り] 4WD 275万円 3,967,920 69.3%
2.5 250ハイウェイスター S ジェットブラックアーバンクロム 4WD* –万円 4,449,600 %
2.5 250ハイウェイスター プレミアム [7人乗り] 4WD 310万円 4,428,000 70.0%
2.5 250ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム [7人乗り] 4WD –万円 4,633,200 %
3.5 350ハイウェイスター [8人乗り] 4WD –万円 4,417,200 %
3.5 350ハイウェイスター [7人乗り] 4WD 278万円 4,417,200 62.9%
3.5 350ハイウェイスター アーバンクロム [8人乗り] 4WD –万円 4,622,400 %
3.5 350ハイウェイスター アーバンクロム [7人乗り] 4WD –万円 4,622,400 %
3.5 350ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム 4WD* –万円 5,650,560 %
3.5 350ハイウェイスター プレミアム [7人乗り] 4WD 288万円 5,628,960 51.1%
3.5 350ハイウェイスター プレミアム アーバンクロム [7人乗り] 4WD –万円 5,834,160 %

3年落ちエルグランドのリセールバリューの傾向は、2500ccと3500ccでは、2500ccの方がリセールが高くなっています。

ハイウェイスターではない250XGのリセールは低く、選ぶメリットはあまりないので、少し頑張ってハイウェイスターを購入した方がいいでしょう。

8人乗りはほとんど流通台数を確認出来ないので、リセール的にも中古車需要の高い7人乗りの方が有利となります。

2WDと4WDの比較では、リセールバリューではほぼ同等なので、特別必要でなければ初期費用も安くなる2WDがおすすめです。

上記表では記載していませんが、ライダーもハイウェイスターと同等のリセールと見ていいでしょう。

エルグランドの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

エルグランドの売れ筋人気グレードは、「250ハイウェイスターS」の流通台数が最も多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いで「250ハイウェイスターS アーバンクロム」と続いています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは250ハイウェイスターS

リセールバリューから見たエルグランドのおすすめグレードは、リセール3位の250SハイウェイスターSです。

アーバンクロムの方が若干リセール数値が良いですが、ほとんど誤差の範囲内と言えます。

また、初期費用はハイウェイスターSの方が少なく、売却時の損失額(新車価格ー買取相場)がアーバンクロムより少なくなるのが、おすすめの理由です。

リセールバリューから見たエルグランドのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たおすすめのカラーは、「ブリリアントホワイトパール」と「ファントムブラックパール」です。

3年以内の売却で、シルバーと比べると30~50万円、インペリアルアンバーと比べると15~30万円ほど高く売れるでしょう。

リセールバリューから見たエルグランドのおすすめオプションは?

  • 両側電動スライドドア

両側電動スライドドアが標準装備ではないグレードなら、是非メーカーオプションで運転席側も電動スライドドアを選択しておきましょう。

エルグランド位の高価格帯のミニバンでは、両側電動スライドドアは中古車市場で当たり前のように求められます。

片側のみだとマイナス査定は避けられないので、是非選択しておきたいオプションです。

  • ツインサンルーフ

メーカーオプションのツインサンルーフは、プラス査定が大きいオプションです。

場合によってはオプション代金以上のプラス査定が見込めるので、余裕があれば付けておきましょう。

  • ナビ+リヤフリップダウン式モニター

メーカーオプションナビやディーラーオプションナビ、同等機能の社外ナビに加えて、後席用のフリップダウン式モニターが付いていると、プラス査定の幅が多くなります。

オプション代金の元までは取れませんが、他の人気オプションや人気カラーとの組み合わせで相乗効果により価値が高くなり、高額売却が期待できます。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

エルグランドは機械式の立体駐車場に入る?

エルグランドの車体寸法は以下の通りです。

全長4,915-4,945mm
全幅1,820mm
全高1,805-1,815mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

エルグランドの全高は1,805-1,815mmなので、残念ながら機械式の立体駐車場には停められません。

もちろんハイルーフ対応の機械式立体駐車場には停められます。

新型エルグランドの実燃費は?

エルグランド2.5の実燃費

カタログ燃費:10.8km/L

渋滞を含む街中の燃費:6-8km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:8-10km/L
高速道路の燃費:9-11kmL/
エルグランドの平均実燃費:8-9km/L

エルグランド3.5の実燃費

カタログ燃費:9.4km/L

渋滞を含む街中の燃費:5-7km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:7-9km/L
高速道路の燃費:8-10kmL/
エルグランドの平均実燃費:6.5-7.5km/L

日産エルグランドの燃費は、気温が高いほどよく、低いほど悪くなる傾向にあります。

エンジンの暖気に燃料を消費するからですが、夏もエアコンを使うので電気=燃料の消費が大きく、冬に次いで燃費が悪くなります。

これを図にすると、次のようになります。

【燃費悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい】

エルグランドの最新モデルチェンジ

2018年1月12日 エルグランドに特別仕様車

今回の特別仕様車は、350ハイウェイスターアーバンクロムをベースとして、ブラック色調のエクステリア(漆黒フロントグリル、ダークグラファイトフィニッシュ18インチアルミホイール等)とタン色調のインテリア(プレミアムタンレザーシート等)の専用装備が奢られています。

特別仕様車:4,158,000-5,650,560円

エルグランドの内装シート

エルグランドのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2018年12月13日 一部改良

モデルチェンジ推移

2018年1月12日特別仕様車「ハイウェイスター ジェットブラックアーバンクロム」
2016年12月19日特別仕様車「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」
2016年8月9日特別仕様車「ライダー AUTECH 30th Anniversary」
2016年4月4日一部改良
2015年4月16日一部改良、グレード追加
2014年12月10日特別仕様車「アーバンクロム」
2014年1月15日マイナーチェンジ
2012年11月22日一部改良、特別仕様車「ハイウェイスターアーバンクロム ブラックレザー」「ハイウェイスター ブラックレザー」
2011年11月10日一部改良
2011年10月5日特別仕様車「ライダーブラックライン」「ライダーハイパフォーマンススペック」
2010年8月4日フルモデルチェンジ
2009年10月26日一部改良、特別仕様車「ハイウェイスターブラックレザーナビエディション V」「ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション V」
2009年7月7日特別仕様車「ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション」
2008年11月10日一部改良特別仕様車「ハイウェイスター ブラックレザーナビエディション」「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」「ハイウェイスター ブラックレザーアーバンセレクション」
2007年10月23日一部改良
2007年6月14日特別仕様車「3.5L ハイウェイスタースタイリッシュシルバーレザー」
2006年12月19日小改良 特別仕様車
2006年8月特別仕様車
2006年5月特別仕様車
2005年12月特別仕様車
2004年12月2.5Lモデル追加
2004年8月25日マイナーチェンジ
2003年10月ライダーS発売
2003年8月ハイウエイスター一部改良
2002年10月エルグランドライダー発売
2002年5月21日デビュー

 

コウさん
コウさん

エルグランドの値引きポイント

エルグランドが改良やモデルチェンジのタイミングで、古くなってしまう現行モデルの値引きが拡大するんだ。新しいモデルに拘らなければ、現行モデルを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

値引きに効くエルグランドの競合車は?

トヨタ アルファード

トヨタアルファード

日産の高級ミニバンであるエルグランドとライバルとして最も比較されるのが、トヨタ・アルファードです。

アルファードはフルモデルチェンジやマイナーチェンジが定期的に行われ、高い商品力を保っているため、販売台数ではエルグランドの上を行っています。

アルファードと競合させれば、エルグランドは値引きで対抗せざるをえないでしょう。

アルファードの限界値引きはこちら

トヨタ ヴェルファイア

トヨタヴェルファイア

トヨタ・アルファードの兄弟車、そしてエルグランドの競合車として頻繁に比較される車種に、ヴェルファイアがあります。

アルファードと同じく、エルグランドと真向競合するので、ヴェルファイアの購入条件をエルグランドにぶつけて値引き交渉をするのがセオリ―と言えるでしょう。

ヴェルファイアの限界値引きはこちら

ホンダ オデッセイ

ホンダオデッセイ

トヨタのミニバンほど売れてはいませんが、ガソリン車とハイブリッドを合わせると、エルグランドの倍くらい売れているオデッセイです。

オデッセイも値引きが出ているので、エルグランドよりモデルの新しいオデッセイの値引き条件をぶつければ、日産のセールスマンはそれよりも安くしないと買ってくれないだろう、となってエルグランドの値引きが期待出来るでしょう。

オデッセイの限界値引きはこちら

新型エルグランドを残価設定ローンで購入すると?

日産エルグランドを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 エルグランド 250ハイウェイスターS
車両本体価格 3,395,520円
車両本体値引き ▲400,000円
メーカーオプション価格 54,000円
ディーラーオプション価格 258,199円
ディーラーオプション値引き ▲51,000円
諸費用 241,209円
支払総額 3,948,928円
頭金 0円
ローン元金 3,740,000円
支払回数 36回払い
(3年)
60回払い
(5年)
金利 1.90% 1.90%
初回 66,678円×1回 50,038円×1回
2回目以降 62,900円×34回 45,200円×58回
最終回(残価) 1,690,000円×1回
(50.0%)
1,310,000円×1回
(38.5%)
金利を含む支払総額 4,104,206円 4,190,566円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わるので、上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

エルグランドの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、据え置く残価にまで金利が掛かるので、支払う利息手数料は多くなってしまう。だが、その分クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは多くなるので、値引きが甘くなるんだ。残クレでエルグランドを買うなら、限界まで値引きを引き出して、利息分を回収しよう!

残クレ終了後はディーラーへ返却する前に買取店で査定してもらおう

残クレ終了時は、ディーラーへ車を返却するのが当然と言ったイメージがありますが、そうではありません。

ディーラーの残価よりも高く売れる所があれば、そこへ売って構わないのです。

おすすめは、買取店の無料査定サイト「かんたん車査定ガイド」です。

申し込み後の概算相場で、ディーラーの残価と簡単に比較できますし、無料で複数の買取店へ一括査定を依頼できます。

複数の買取店が査定額を競い合う事で、高値での売却が可能です。

かんたんに45秒で申し込みが可能、その後すぐに概算相場が表示されます。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ