あなたのセレナを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

セレナのガチな査定相場を紹介!

セレナの無料ネット査定

あなたのセレナ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがセレナの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

セレナの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のセレナの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

セレナのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのセレナを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のセレナの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】セレナの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

セレナで査定が高くなる組み合わせは?

 

セレナで高い査定が出るグレードはコレ!

セレナの高額査定が期待できる組み合わせは?

ハイウェイスター
ハイウェイスターVセレクション
ライダー
ハイウェイスターG
4WD

セレナのグレードの中で高い査定金額が期待できるのは、ハイウェイスター系とライダー、そして4WDです。

外観のエアロがスポーティなセレナ ハイウェイスターシリーズは、中古車市場でも人気が高く、ノーマルエクステリアのグレードよりも査定相場が高いです。ライダーも同様の理由で査定相場が高いです。

ノーマルエクステリアよりもエアロボディの方が画像や写真の見栄えが良く、中古車で売る時に引き合いが多くなるので、中古車店も売りやすく好んで仕入れるため、査定相場が高くなる訳ですね。

セレナの4WDグレードはFFモデルに比べると販売台数が少なく、中古車市場で玉数があまり多くありません。

中古車市場でも4WDの需要はあるので、希少性が高まり、査定相場が高くなります。

セレナで高い査定が出る人気色はコレ!

セレナの高額査定が期待できる人気カラー

ブリリアントホワイトパール
ダイヤモンドブラックパール

セレナで高い買取査定が出る色は、上記の人気の2色です。

定番のホワイトパールとブラックパールですね。

長年日本人に好まれるこの2色は、セレナでも安定して高額査定となります。

セレナで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ワンタッチオートスライドドア(両側)
ハンズフリーオートスライドドア(両側)

グレードにより異なりますが、ワンタッチ式でもハンズフリー式でも、両側電動スライドドアになると、セレナの買取査定は高くなります。

セレナの高額査定が期待できる人気オプション・ハンズフリーオートスライドドア

ファミリーが多用するミニバンのセレナでは、中古車でも両側電動が強く求められます。

オプションでも両側電動スライドドアにしておけば、オプション代金以上のプラス査定が見込めるので、設定のあるグレードは是非付けておきたいオプションです。

セレナの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

セレナの査定ダウンにつながる不人気カラー

ブリリアントシルバー
カシミヤグレージュ
シャイニングブルー

ホワイトパールとブラックパールの人気2色と比べると、それ以外のカラーでは20万円前後査定金額が安くなってしまいます。

特に上記の3色では、色による減額が大きくなってしまいます。

修復歴による査定の減額

フィットの査定がダウンしてしまう修復歴

どの車もそうですが、修復歴があるとセレナの査定相場は大きく下がってしまいます。

特にまだまだ価値が残っている新車から5年落ち以内のセレナなら、修復歴ありに該当すると、20万~30万円は査定金額が下がってしまうでしょう。

元の査定相場が高いほど、修復歴による減額も大きくなってしまいます。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

セレナの査定相場に影響するモデルチェンジ

セレナの査定相場を年式で追っていくと、フルモデルチェンジの前後とマイナーチェンジの前後とでは、査定相場に差が出ているのがわかります。

フルモデルチェンジは、内外装が大きく変わり、エンジンの仕様も変更される事があります。

マイナーチェンジもフルモデルチェンジほどではないですが、一部改良と違って外観や内装、エンジン等に大き目な変更が入るので、セレナの査定相場に大きな影響を与えてしまいます。

5年以内の売却で、マイナーチェンジなら20万~30万円以上、フルモデルチェンジなら30万~50万円以上旧型セレナの査定相場は下がるので、注意したいですね。

価値が残る高年式ほど下がる金額も多くなります。

セレナをモデルチェンジのタイミングで売却するなら、セレナの査定相場が下がり始めるモデルチェンジの3か月前ごろを目安に売れるようにしたいですね。

輸出によるセレナの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行型セレナ(2016年8月~) 不明
4代目セレナ(2010年11月~2016年7月) 30万~50万円
3代目セレナ(2005年5月~2010年10月) 5万~15万円

セレナの輸出による査定相場はそれほど高くはありません。

内外装の程度が良かったり、距離が短ければ国内相場の方が高くなるので、同じ年式なら上記の輸出相場より高く売れます。

国内相場から外れてくるような過走行や修復歴のセレナになってくると、輸出による上記の査定相場が底値になります。

輸出でも不動車では値が付きにくいので、普通に走れる状態のセレナが上記で買取れる一般的な条件となります。

輸出相場で売るには、ディーラーではなく買取店で売る必要があります。

ディーラーではゼロ円+廃車手数料を取られてしまうケースでも、輸出に該当していれば買取店で5万~15万円で売れるケースもあります。

セレナの査定相場は?残価率とディーラー下取り相場の推移を比較

セレナの査定相場と残価率

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したセレナの査定相場と残価率の推移をまとめています。

皆さんがセレナを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(5代目)セレナの査定相場(2018年8月査定)

現行型(5代目)セレナの査定相場と残価率

2016年8月~販売中

セレナ ハイウェイスター/型式:GCF27/色:白黒/修復歴なし/新車価格267.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ 250万円 93.3% 194万円
2017年 0.9万キロ 245万円 91.4% 180万円
2016年 1.9万キロ 238万円 88.8% 172万円

現行型(5代目)セレナの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

2016年8月のフルモデルチェンジから年数が浅く、モデルチェンジも入っていないので年式相応な値下がり傾向を示しています。

また、2年落ち時点で88.8%と高水準なため、売却に有利な状況となっています。

4代目セレナの査定相場(2018年8月査定)

4代目セレナの査定相場と残価率

2010年11月~2016年8月生産モデル

セレナ ハイウェイスターSハイブリッド/型式:HFC26/色:白黒/修復歴なし/新車価格264.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 1.7万キロ 215万円 81.4% 159万円
2015年 2.8万キロ 191万円 72.3% 133万円
2014年 4.3万キロ 172万円 65.1% 122万円
2013年 5.0万キロ 130万円 49.2% 97万円
2012年 6.6万キロ 108万円 40.8% 79万円
2011年 7.2万キロ 78万円 29.5% 55万円
2010年 8.2万キロ 53万円 20.0% 39万円

4代目セレナの査定相場と残価率を、年式ごとにまとめました。

2013年12月のマイナーチェンジ前後で約40万円の落差が生じている他は、各年20万~25万円(残価率約10%)前後の値下がりとなっています。

3年落ち(2015年式)残価率は普通自動車の平均値(50~55%)を大きく上回る72.3%を維持していますが、その後は下落が激しくなっています。

3代目セレナの査定相場(2018年8月査定)

3代目セレナの査定相場と残価率

2005年5月~2010年11月生産モデル

セレナ ハイウェイスター/型式:CC25/色:白黒/修復歴なし/新車価格246.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2010年 8.0万キロ 46万円 18.6% 16万円
2009年 9.0万キロ 30万円 12.1% 11万円
2008年 10.0万キロ 25万円 10.1% 7万円

3代目セレナの査定相場と残価率を、10年落ちまでまとめました。

2代の型落ちを経てすっかり査定相場も下がり、10年落ちで残価率も10%まで落ち込んでいます。

この代は2007年12月にマイナーチェンジが入っており、それ以前の前期型は査定相場がほとんど残らなくなっているため、2007年式以前は割愛しました。

※ただし、2007年式以前であっても年式相応以上に車両状態が良いセレナ(キレイに乗っている、人気オプションがついている、走行距離が少ない等)については5万~30万円以上の査定相場が残っている事も多く、チャンスは十分に残されています。

ところで、表の右端にセレナをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて15万~30万円(最大65万円)以上も安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって機械的(人気オプションや人気カラー等を考慮せず)に査定するためで、ディーラー下取りを鵜呑みにすると、最大65万円以上も損してしまうリスクを示しています。

自分のセレナが適正に査定されているか、一度は買取店で査定してもらい、しっかりチェックするといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

12年落ち&走行距離15万キロ超!低年式や過走行、修復歴ありでもセレナは売れるか?

1991年6月から20年以上にわたるロングセラーとなっているセレナですが、低年式(10年落ち超)や過走行(走行距離10万キロ超)、または修復歴があっても査定相場は残るのでしょうか。

ここでは、そんな疑問を解消するべく業者オークションを調査、低年式や過走行などのセレナを対象に、査定相場の残る傾向について分析していきます。

低年式&過走行のセレナでも査定相場が残るのか?
2006年式 3代目セレナ ライダーS 4WD 154,000㎞ シルバー 修復歴なし  7万円

今回は12年落ち&走行距離15万キロ超の3代目セレナ ライダーSをピックアップ。

「前後バンパー傷」「左右ドア凹み・傷」「ボンネット&ルーフに凹み」「ミラー傷」「アルミホイール傷」など、あまり車両状態もよくありませんが、それでも辛うじて7万円の査定相場が残っていました。

と言ってもこれは限界値であり、査定相場が残るセレナは決して多くはありませんが、以下に3代目セレナの査定相場が残りやすい傾向についてまとめます。

  • 査定相場が残ったのは、調査対象全体の約10%(10台に1台)
  • 修復歴ありだと、約6%(16台に1台)まで低下
  • 走行距離は12万キロ台がおよそ限界
  • 年式は3代目デビューの2005年式でも残る
  • ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
  • グレードはハイウェイスター系(次点でライダー系)が有利
  • 両側パワースライドドアを装着した方が有利
  • ナビ付きの方が有利だけど、純正にこだわる必要はなし
    ※不動車ではなく、きちんと走れる状態が大前提

かなり色々と細かい条件が出てきましたが、これらを多く満たすほど査定相場が高くなった(最大25万円前後)一方で、まったく査定相場が残らないセレナもあるため、油断は禁物です。

それでも、ディーラー下取りに持っていったら低年式や過走行、修復歴などを理由に「ゼロ円+処分手数料」と査定されるよりは、最後まで希望を捨てずに買取店で査定して貰った方が、大切に乗って来たセレナを悔いなく手放せるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら