あなたのヴォクシーを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ヴォクシーのガチな査定相場を紹介!

ヴォクシーの無料ネット査定

あなたのヴォクシー、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがヴォクシーの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ヴォクシーの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のヴォクシーの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ヴォクシーのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのヴォクシーを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のヴォクシーの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ヴォクシーの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ヴォクシーで査定が高くなる組み合わせは?

ヴォクシーの高額査定が期待できる組み合わせは?

ヴォクシーで高い査定が出るグレードはコレ!

ZS煌シリーズ
ZS
V
4WD

全体的にリセールバリューの高いヴォクシーですが、その中でも高い買取査定が期待できるグレードは、ZS煌シリーズとZS、Vそして4WDです。

精悍でスポーティーなエアロボディが特徴的なZSは、アクティブなユーザーに人気が高く、他グレードと比較しても非常に高いリセールバリューを保っています。

更に特別仕様車であるZS煌(きらめき)シリーズは、そのネーミングの由来ともなっている内外装のメタリックパーツがハイグレードな車内空間を演出。

加えて、ZSではメーカーオプションとなっている両側パワースライドドアが標準装備されていることもあり、高い人気が査定相場に反映されています。

Vはエアロパーツこそないものの、スマートエントリーシステム等の標準装備や、ツインムーンルーフ、ナビゲーションシステム等のメーカーオプションが充実しています。

また、ヴォクシーの4WDグレードはFFモデルに比べると新車の販売台数が少なく、当然中古車市場にもあまり出回りませんが、雪道など悪路での安全性から一定以上の需要があるため、その希少性と比例して査定相場も高くなる傾向にあります。

購入時の予算にもよりますが、ヴォクシーの高額査定にはそれを視野に入れたグレード選びが大切で、ここではZSやZS煌が特に有利となります。

ヴォクシーで高い査定が出る人気色はコレ!

ヴォクシーの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラック

ヴォクシーの中古車買取で高い査定が期待できるのは、上記の人気2カラーです。

「定番」に安心を求める日本人が好むホワイト・ブラック系の2カラーは、中古車販売でも「ハズレがない=売れ残るリスクが低い」ため、ヴォクシーでも安定した査定相場を保っています。

人気カラーと他カラーでは、買取査定に20万円前後の差が出るため、念頭に置いて頂ければと思います。

ヴォクシーで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

両側パワースライドドア
ツインムーンルーフ
スマートエントリーシステム

ヴォクシーの買取査定アップが期待できるメーカーオプションとして、上記3つが挙げられます。

ヴォクシーの高額査定が期待できる人気オプション・両側パワースライドドア

ヴォクシーはファミリー層の利用ニーズが高いミニバンであり、子どもたちの安全性を確保する点で、両側パワースライドドアは必須装備と言えます。ZS煌では標準装備ですが、ZSやVなど他グレードでは片側しかついていないため、つけておくと買取査定アップが期待できます。

ヴォクシーの高額査定が期待できる人気オプション・ツインムーンルーフ

また、空が見えるムーンルーフは年齢を問わず人気が高く、オプション料金以上の査定アップも期待できるため、是非ともつけておきたいメーカーオプションの一つです。

ヴォクシーの高額査定が期待できる人気オプション・スマートエントリーシステム

また、スマートエントリーシステムは、紹介しているZSやVには標準装備されていますが、X等ついていないグレードもあるため、つけておくと査定アップはもちろんのこと、自分で乗る上でもその便利さを実感できるでしょう。

ヴォクシーの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ヴォクシーの査定ダウンにつながる不人気カラー

シルバーメタリック
アバンギャルドブロンズメタリック

ホワイト・ブラック系の人気2カラーと比べると、上記2カラーではヴォクシーの買取査定金額が20万円前後も下がってしまう傾向にあります。

ただ、愛車のカラーはユーザーの好みもありますから、買取査定ばかりにとらわれず、個性的なカラーでドライビングを楽しむ、という選択肢も個人的にはアリだと思います。

修復歴による査定の減額

レガシィのマイナス査定となってしまう修復歴

どの車にも言えることですが、事故や故障などによる修復歴があると、ヴォクシーの査定相場は大幅に下落してしまいます。

この傾向は元の査定相場が高い車種ほど大きく、新車から3年落ち以内のヴォクシーでは、修復歴によって30万~40万円程度の金額差が出てしまう事もあります。

なので、ヴォクシーの高額査定を望むのであれば、日頃から安全運転と小まめなメンテナンスが必要です。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ヴォクシーの査定相場に影響するモデルチェンジ

ヴォクシーをモデル別・年式別に追っていくと、フルモデルチェンジとマイナーチェンジの前後では、査定相場に差が出ているのが判ります。

フルモデルチェンジでは、内外装に大規模な変更が加えられ、エンジン等の仕様が変更される事もあります。

マイナーチェンジは、フルモデルチェンジよりは小規模ながら一部改良とは異なり、内外装、エンジン等に比較的大きな変更が加わるため、ヴォクシーの査定相場に大きく影響します。

5年以内の売却だと、マイナーチェンジなら20万~30万円以上、フルモデルチェンジでは50万~60万円以上も旧型ヴォクシーの査定相場が下がってしまうので、注意が必要です。

この傾向は、査定相場が残る高年式ほど、査定金額の下落も大きくなります。

ヴォクシーをモデルチェンジのタイミングで買い替えるのであれば、少しでも査定相場に影響が出ない早めのタイミングでヴォクシーを売るようにしましょう。

輸出によるヴォクシーの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行型(2014年1月~) 不明
2代目(2007年6月~) 10万~130万円
5年以内(2013年式~) 90万~130万円
7年以内(2011年式~) 60万~90万円
7年以上(2007年式~) 10万~50万円
初代(2001年11月~) 5万~15万円

ヴォクシーは海外でも需要があるため、過走行や修復歴など、国内相場から外れるようなヴォクシーであっても、上記の輸出買取相場で売れる可能性があります。

初代ヴォクシーは台数が多いため輸出買取相場に該当しないケースも多いですが、その場合でも買取店なら5万~15万円で売れる可能性もありますので、諦めずに持っていきましょう。

2代目~現行型のヴォクシーでは、輸出規制のため新車から7年以内で30万~40万円の査定相場アップ、5年以内なら更に30万~40万円の査定相場アップが期待できます。

その場合、規制年内に輸出先へ着いている必要があるため、実際に売る時は手続きの関係上、規制年の半年~4カ月前に売却しておけば安心です。

ただし、査定相場アップには条件があり、以下に該当するヴォクシーは輸出買取相場の対象外となってしまう事があります。

4WD
福祉車両(ウェルキャブ仕様)
修復歴あり
トランスX(5人乗り)

走行距離が短かったり、内外装がキレイだったりするヴォクシーは国内相場でも通用するため、同じ年式であれば上記の輸出相場よりも高く買い取って貰えます。

また、不動車となると輸出に該当していても値段がつきにくくなるため、普通に走れる・乗れる状態のヴォクシーが上記で買い取って貰うための最低条件となります。

そして、ヴォクシーを輸出相場で売るためには、ディーラーではなく買取店で売る必要があります。

ディーラーだとゼロ円どころか廃車手数料がかかってしまうようなケースでも、輸出相場に該当していれば、買取店で5万~15万円で売れる可能性もあるので、10年以上経ったような古いヴォクシーでも、諦めずに買取店で査定して貰うようにしましょう。

ヴォクシーの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

ヴォクシーの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したヴォクシーの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

皆さんがヴォクシーを売却するタイミングの参考にどうぞ。

現行型(3代目)ヴォクシーの査定相場(2018年8月査定)

現行型(3代目)ヴォクシーの査定相場とリセールバリュー

2014年1月~販売中

ヴォクシー ZS煌/色:白黒/修復歴なし/新車価格283.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 271万円 95.4% 214万円
2017年 0.8万キロ 241万円 84.8% 192万円
2016年 2.0万キロ 220万円 77.4% 173万円
2015年 3.0万キロ 212万円 74.6% 161万円
2014年 4.2万キロ 202万円 71.1% 149万円

現行型(3代目)ヴォクシーの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

当年モデルからマイナーチェンジを経て4年落ちまで、最初が急で後からなだらかになっていく年式相応の下落傾向を示しています。

3年落ちリセールバリューは普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回る74.6%となっており、次のモデルチェンジまでは、このまま高水準で穏やかな値下がりが予測されます。

2代目ヴォクシーの査定相場(2018年8月査定)

2代目ヴォクシーの査定相場とリセールバリュー

2007年6月~2013年12月生産モデル

ヴォクシー ZS/色:白黒/修復歴なし/新車価格252.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 5.4万キロ 141万円 55.9% 93万円
2012年 6.5万キロ 107万円 42.4% 72万円
2011年 7.3万キロ 82万円 32.5% 57万円
2010年 8.0万キロ 71万円 28.1% 46万円
2009年 9.6万キロ 40万円 15.8% 28万円
2008年 10.0万キロ 29万円 11.5% 17万円
2007年 11.2万キロ 25万円 9.9% 9万円

2代目ヴォクシーの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

新車登録から5年落ち(ここでは2013年式)を過ぎると輸出相場が大きく下がり、30万円以上の落差を生じています。

また、2010年4月のマイナーチェンジを境とする30万円以上の下落もあり、10年落ちに差しかかると、リセールバリューは10%前後まで落ち込んでいます。

現行型(初代)ヴォクシーハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)ヴォクシーハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2014年1月~販売中

ヴォクシーハイブリッド V/色:白黒/修復歴なし/新車価格314.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 287万円 91.3% 211万円
2017年 0.3万キロ 269万円 85.6% 199万円
2016年 2.1万キロ 228万円 72.5% 155万円
2015年 3.1万キロ 218万円 69.3% 142万円
2014年 4.1万キロ 214万円 68.1% 133万円

現行型(初代)ヴォクシーハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

ハイブリッドはガソリン車(同等グレード)に対して査定相場が高めな事が多いですが、新車価格が高額なため、リセールバリューで引けをとりがちな傾向が見られます。

ところで、表の右端にヴォクシー/ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて15万~50万円(ハイブリッドは70万~80万円)ほど安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルで(人気カラーやオプション等は考慮せず)査定するために生じる差額で、ディーラー査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまう危険性があります。

本当にその査定額で損していないか、買取店でヴォクシーの適正相場を査定して貰うといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

14年落ち&18万キロ超・低年式&過走行でもヴォクシーは売れるのか?

2001年11月のデビュー以来、ロングセラーとなっているヴォクシーですが、低年式(10年落ち超)&過走行(走行距離10万キロ超)でも査定相場は残るのでしょうか。

今回は中古車市場の中から初代ヴォクシーを1台ピックアップ、ヴォクシーの査定相場が残る傾向と限界について調査していきます。

低年式&過走行の初代ヴォクシーでも査定相場は残るのか?
14年落ち 初代ヴォクシー 183,000㎞ ブラック 修復歴なし
  5万円

上記の初代ヴォクシーは「バックパネル修正」「外装キズ・凹み」「フロントガラス飛び石」「室内・フロアカーペット汚れ」など、あまり状態がよくありませんが、輸出の底値によって5万円の査定相場が残っていました。

とは言え、初代ヴォクシーは査定相場の残る方が少ないため、ここでは査定相場の残りやすい傾向についてまとめます。

査定相場が残るのは、全体の約10%(10台に1台
走行距離は15万~17万キロ前後が限界
年式は2004年~2005年式辺り(後期型)が限界
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
修復歴ありの査定相場が残っている率は約7~8%
※不動車ではなく、キチンと走れる状態が大前提

これらの条件をより多くクリアした初代ヴォクシーには、5万~20万円前後の査定相場が残る可能性が出て来るものの、残念ながら残らない初代ヴォクシーも少なくありません。

それでもディーラー下取りに持ち込んで、低年式と過走行を理由に「ゼロ円+処分手数料」と査定されてしまうよりは、よほどチャンスが残されています。

諦める前に、まずは買取店で査定してもらい、ヴォクシーの適正相場を把握しておきましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら