あなたのシャトルを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

シャトルのガチな査定相場を紹介!

シャトルの無料ネット査定

あなたのシャトル、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがシャトルの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

シャトルの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のシャトルの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

シャトルのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのシャトルを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のシャトルの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】シャトルの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

シャトルで査定が高くなる組み合わせは?

シャトルの高額査定が期待できる組み合わせは?

シャトルで高い査定が出るグレードはコレ!

1.5G
1.5ハイブリッド
4WD車

ホンダ シャトルの高額査定を目指す上で、購入時のグレード選択は大きなカギとなります。

各グレードごとにリセールバリュー(購入価格に対する査定相場≒お得の度合い)を調査した結果、ガソリン車とハイブリッド車で最も高い数値を示したグレードが、こちらです。

シャトルのガソリン車で最も購入価格の安い1.5Gは、そのリーズナブルさから人気が集まり、相対的にリセールバリューが高く、高額査定に有利なグレードとなります。

購入価格の高さから、ガソリン車に比べて買い替えに不利となりがちなハイブリッド車ですが、その燃費や静粛性などの環境性能から必要とするユーザーも多いと思われるので、そういう方には最もリセールバリューの高かった1.5ハイブリッドが有利です。

雪道など悪路での走行性能から一定の需要が確保されていながら販売台数の少ない4WD車ですが、こちらは需給バランス(供給不足)のため買取相場が安定しており、シャトルの高額査定に有利となります。

これらのグレード・仕様を選んで、シャトルの高額査定を有利に進めていきましょう。

シャトルで高い査定が出る人気色はコレ!

シャトルの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトオーキッド・パール
クリスタルブラック・パール

ホンダ シャトルの高額査定を目指すなら、ボディカラーの選択は重要なポイントとなります。

人気の高いカラーは売れ残るリスクが低いため、中古車販売店も積極的に仕入れたがりますから、シャトルの査定相場も相応に高まるという訳です。

シャトルの中古車市場を調査したところ、ホワイト&ブラックの人気2カラーとその他のカラーでは、査定相場に10万~30万円の差額がついています。

なので、シャトルの高額査定を目指すなら、やはりホワイト&ブラックの人気2カラーが有利です。

【ちなみに】
シャトルには6つのカラーバリエーションがあり、その中に「ルーセブラック・メタリック」というブラック系のボディカラーが用意されています。
しかし、こちらは同じブラックでも、オプション料金(32,400円)に見合った査定相場アップが見込めない上、初期費用が高くなってリセール的にも不利となってしまいます。

シャトルで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

LEDヘッドランプ
メーカーナビ

ホンダ シャトルを新車で購入するなら、高額査定のチャンスが一つ増えることになります。

なぜなら、ホンダの工場でシャトルを製造する時、一緒に作りつけるメーカーオプションを自分で選ぶことが出来るからです。

一般に、メーカーオプションは後付け不可能なためにシャトルの査定相場アップにプラスとなりやすいですが、それじゃあ何でもテキトーにつけておけばいいか、と言うと、初期費用が上がってしまうためかえって不利となってしまいます。

そこで、ここでは管理人が厳選したメーカーオプションを紹介します。

◇LEDヘッドランプ

シャトルの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

シャトルの視認性と安全性を高め、すぐれた経済性(省エネ&長寿命)で人気の高いLEDヘッドランプは、査定相場のプラスにはもちろん、自分で乗る上でも装着しておきたいオプションとしておススメします。

◇メーカーナビ

シャトルの高額査定が期待できる人気オプション・メーカーナビ

ホンダの工場でシャトルを製造するとき、一緒に作りつけるだけあって、そのフィット感は後付けナビの追随を許さない人気があります。

オプション料金が高いため、初期費用以上のプラスとはならないものの、シャトルの高額査定を目指すために、予算に余裕があれば、装着しておきたいメーカーオプションとなります。

シャトルの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

シャトルの査定ダウンにつながる不人気カラー

ルナシルバー・メタリック
プレミアムクリスタルレッド・メタリック

先ほど「人気カラーのシャトルは、高額査定に有利」と紹介しましたが、それは逆に言えば「それ以外のシャトルは、高額査定に不利」という事になり、中でも不利なのが上記2カラーです。

◇ルナシルバー・メタリック

街中で多く走っているのを見かけると、つい「人気カラーじゃないの?」と思ってしまうシルバーですが、その人気は新車購入時の話。

中古車市場ではユーザー層の若年化により、シルバーの人気が下がってしまうのです(若者は、あまり渋いカラーを好まない傾向が見られます)。

◇プレミアムクリスタルレッド・メタリック

どこまでも光がしみ込んでいくような深い輝きをもったクリスタルレッドはとても魅力的なのですが、いかんせんオプション料金(54,000円)が高くつくため、リセール的に不利となります。

※同様の理由で、オプション料金がかかるルーセブラック・メタリック、ミッドナイトブルービーム・メタリック、ミスティックガーネット・パールも不利がち(それぞれ32,400円)となります。

シャトルの高額査定を目指すなら、よほどのこだわりがない限りこれらのボディカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

ステップワゴンの査定がダウンしてしまう不人気カラー

どのクルマもそうですが、ぶつけたり壊したりして「修復歴あり」となってしまったホンダ シャトルは、査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

ダメージ度合いにもよりますが、中古車市場を調べたところ、修復歴の有無によって、シャトルの査定相場に30万~50万円以上の金額差が出ていました。

一瞬の不注意で、30万~50万円以上(※修復コストは別途)の損害が出てしまうのです。

なので、シャトルの高額査定を実現するためにも、日頃からシャトルを大切に乗るようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

シャトルの査定相場に影響するモデルチェンジ

上の一覧表でも紹介していますが、モデルチェンジはホンダ シャトルの査定相場に大きな影響を与えるため、そのタイミングはシャトルの売却を検討する大きなポイントとなります。

モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、シャトルの売却で20万~50万円以上損してしまう危険性があります。

一般的に、モデルチェンジによってシャトルの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジが入る3ヶ月前からと言われていますので、事前に情報をキャッチしたら早めにシャトルを売却できるよう、計画的な行動が大切です。

輸出によるシャトルの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

ガソリン車 30万~50万円
ハイブリッド車 15万~50万円

過走行や修復歴などによって、国内市場では敬遠されてしまうようなシャトルでも、海外市場でのニーズが開拓できれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰える可能性があります。

※例えば走行距離42万km、修復歴ありのシャトルでも、17.1万円という落札価格が出ているパターンもあります。

ちなみに、シャトルを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく中古車買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラー下取りに出したら「価値ゼロ+処分手数料」と言われ、シャトルを売りに行ったのに、なぜかマイナスになってしまうような状態でも、上記の輸出買取相場で買い取ってもらえるチャンスも残されているので、諦めずに買取店に持っていくようにしましょう。

ただ、その場合でも完全な不動車だと輸出買取相場にも出せなくなってしまうかも知れないため、少しでも査定相場が残せるように、日頃からシャトルを大切に乗りましょう。

シャトルの査定相場は?リセールバリューとディーラー下取り相場の推移を比較

シャトルの査定相場とリセールバリュー

業者オークションのデータを基に当サイトで独自に査定した、シャトルの査定相場&リセールバリュー推移データです。

皆さんがシャトルを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)シャトルの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)シャトルの査定相場とリセールバリュー

2015年10月~販売中

シャトル 1.5Gホンダセンシング/色:白黒/修復歴なし/新車価格177.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 121万円
2017年 0.1万キロ以下 134万円 75.7% 107万円
2016年 3.2万キロ 120万円 67.7% 92万円
2015年 3.3万キロ 117万円 66.0% 81万円

現行型(初代)シャトルの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

今回の調査では2018年式シャトルは流通台数ゼロでしたが、値下がり傾向とディーラー下取り相場との差額から、150万円前後(リセールバリュー約85%)と推定できます。

3年落ちリセールバリューは普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回る66.0%となっており、初期費用が安い分、ハイブリッドに比べて高リセールを狙いやすくなっています。

今後、モデルチェンジが入るまでは、このまま緩やかな値下がり傾向が続くものと予測されます。

現行型(初代)シャトルハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)シャトルハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2015年10月~販売中

シャトルハイブリッド 1.5Xホンダセンシング/色:白黒/修復歴なし/新車価格231.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 207万円 89.6% 176万円
2017年 1.1万キロ 172万円 74.4% 149万円
2016年 2.3万キロ 147万円 63.6% 123万円
2015年 3.5万キロ 126万円 54.5% 107万円

現行型(初代)シャトルハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2015年のデビューからまだモデルチェンジが入っていないため、年式ごとに大きな落差はありませんが、その値下がり幅はガソリン車(5万~15万円前後)に比べて20万~35万円/年と大きくなっています。

初期費用の高さから、ガソリン車に比べてリセールバリューは不利になりがちなシャトルハイブリッドですが、実際手にできる金額はシャトルハイブリッドの方が高めなので、お得感では負けません。

こちらも今後、モデルチェンジが入るまではガソリン車と同様に緩やかな値下がり傾向が予測されます。

フィットシャトルの査定相場(2018年8月査定)

フィットシャトルの査定相場とリセールバリュー

2011年6月~2015年3月生産モデル

フィットシャトル 15X/色:白黒/修復歴なし/新車価格180.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2014年 3.8万キロ 64万円 35.5% 50万円
2013年 5.2万キロ 46万円 25.5% 36万円
2012年 4.4万キロ 51万円 28.3% 28万円
2011年 7.0万キロ 33万円 18.3% 19万円

シャトルの前代モデルにあたるフィットシャトルの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

フィットシャトルの査定相場を年式で追っていくと、2013年8月のマイナーチェンジによる落差のほか、2012年式は走行距離の短さと車両状態によって2013年式より若干逆転しています。

これらのリードを解消した場合、2012年式の査定相場は41万円前後(リセールバリュー約22%)と推定されます。

フィットシャトルハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

フィットシャトルハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2011年6月~2015年3月生産モデル

フィットシャトルハイブリッド C/色:白黒/修復歴なし/新車価格189.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2015年 3.6万キロ 66万円 34.8% 54万円
2014年 6.6万キロ 50万円 26.4% 36万円
2013年 5.2万キロ 47万円 24.8% 31万円
2012年 6.4万キロ 30万円 15.8% 22万円
2011年 8.0万キロ 26万円 13.7% 14万円

フィットシャトルハイブリッドの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

こちらは2013年8月のマイナーチェンジで約17万円の落差が出ている他は、概ね年式相応の下落傾向を示しています。

3年落ちリセールバリューは普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく下回っており、少しでもおカネを手元に残すか、長く乗り続けてお得感を引き出すか、思い切ってどちらかに決めた方が有利そうです。

ところで、表の右端にシャトル&フィットシャトル&各ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて10万~30万円前後も安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルで査定し、人気カラーやオプション等を考慮しないためで、そのまま黙っていれば20万~30万円も損してしまうリスクを示しています。

その査定相場が本当に適正なのか、一度はシャトルを買取店で査定してもらうといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

走行距離20万キロ超!過走行&修復歴ありのシャトルでも売れるのか?

2015年のデビューからまだ数年しか経っていないシャトルですが、過走行(走行距離10万キロ超)や修復歴ありでも査定相場は残るのでしょうか。

ここでは、業者オークションを調査して過走行シャトルをピックアップ、修復歴ありも含め、シャトルに査定相場が残る傾向について分析して行きます。

過走行&修復歴のあるシャトルでも査定相場は残るか?
2015年式 シャトル 1.5G 206,000㎞ ブラック 修復歴あり 62万円

この車両は「前クロスメンバー凹み&交換」「コアサポート交換」「トランクフロア凹み」「室内&天張り汚れ・内張りキズ」「シート汚れ、カーペット焦げ」「タッチペン(塗装はげ)跡」「エンジンチェックランプ点灯」等々……。

ずいぶん酷使されてきた事がわかる1台ですが、それでもデビューから3年落ち以内とあって、20万キロ超の過走行シャトルでも60万円以上の査定相場が残っていました。

ちなみに、今回の調査ではフロントorリアor両方大破の事故現状車でも15万~30万円以上の査定相場が残っていました。

なので、普通に乗っている限り、高年式の内はシャトルに査定相場がなくなることはまず考えられないでしょう。

とは言え、査定相場は少しでも高く残るに越した事はないので、以下により高く査定相場が残りやすい傾向をまとめます。

ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
※他カラーは(白黒と同等~マイナス20万円くらいの幅で)乱高下する傾向
グレードはハイブリッド ベースグレードが有利(ガソリン車は1グレードのみ)
ナビ付きは有利だけど、社外ナビでも大丈夫
国内需要のため、走行距離が延びるほど査定相場は下落しやすい
※不動車ではなく、きちんと走れる状態が大前提

これらの要素をより多く満たすほど高額査定に有利となりますが、ディーラー下取りに出したら過走行や修復歴(特に事故現状車)を理由に査定を下げられたり、最悪「ゼロ円&処分手数料」と査定されてしまうかも知れません。

そんな事にならないよう、自分のシャトルが実際にいくらなのか、適正な相場を買取店で確認しておくといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら