ジムニーとハスラーの口コミ・評価を比較!燃費や乗り心地、インテリアや走行性能までユーザーの評判を徹底調査

ジムニーとハスラーの口コミの比較・評価

ここでは、スズキの人気軽SUVであるジムニーハスラーについて、実際のユーザーの口コミや評価をまとめて比較しています。

価格や外装・内装、乗り心地や実燃費など、メーカーサイトやカタログを見ただけでは分からない、欠点や不満があるかもしれません。

ジムニーとハスラーの良い所やデメリットも含めて、ユーザーの評判を調査したので、是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

ジムニーとハスラーのエクステリアの口コミ・評価を比較

ジムニーのエクステリアの口コミ

ジムニーのエクステリアの口コミ評価

ジムニーのエクステリアの満足度調査

【ジムニーのエクステリア・ここが満足】
無駄のない機能美にあふれるスクエアなシルエットに人気
・2018年7月のフルモデルチェンジで、より洗練されたと高い評価
・シンプルな構造で整備・メンテナンスがしやすいと好評
ヘッドランプがハロゲンだから、熱で雪がとけて雪国では便利
・パーツが多いのでカスタムしやすい、いじりたい人にはもってこい
・「歴代ジムニーでベストなデザインかも」との口コミも
【ジムニーのエクステリア・ここが不満】
・出先で駐車していると、よく車好きが寄ってきて困る、との口コミも
暖色系カラー(レッド、オレンジ等)の設定がない
ジムニーシエラのようなオーバーフェンダーがあったらより迫力があった

ジムニーのエクステリアに関するユーザーの口コミを調査したところ、代々受け継がれてきた武骨なデザインに定評があるようです。

ジムニーのエクステリアの口コミ評価・各部

画像:suzuki.co.jp

※合理性を追求したジムニーのエクステリア各部

手を入れやすいタイヤハウスや雨どい(ドアの上に雨水が溜まらない)、平面なボンネット(ターボエンジンだけどエアインテークやインタークーラーバルジがない)など、アウトドアやオフロードでの使い勝手が追求されている点に、ユーザーからの評判も高くなっています。

心から気に入ったユーザーが購入するので満足度も高い一方、車好きが寄ってきて困るという口コミもありましたが、逆に「注目されて嬉しい」という声も多く出ています。

ハスラーのエクステリアの口コミ

ハスラーのエクステリアの口コミ評価

ハスラーのエクステリアの満足度調査

【ハスラーのエクステリア・ここが満足】
可愛らしいフォルムに惹かれて購入した、という声が多数
・漫画から出てきたようなレトロでポップなデザインが好評
・非常に個性的だけど、乗り手を選ばないルックスで幅広いユーザーから人気
・今どき流行りの軽ハイトワゴンにジムニーの雰囲気を心地よくミックスした感じ
2トーンルーフがお気に入り、という口コミ複数
【ハスラーのエクステリア・ここが不満】
・人気車種なので、最近街中にあふれて見飽きた、との声が複数
派手でごちゃごちゃしている
・フェンダーなどプラスチック部がチープ
ドア付近の鈑金精度が低いのか、若干歪みが見られるという口コミも
純正のフォグランプは配光がいまいち

ハスラーのエクステリアについてユーザーの口コミをまとめたところ、圧倒的に多かったのが可愛らしいフォルムに対する高い評価でした。

非常に個性的だけど乗り手を選ばない(男性が乗っていても違和感がない)点が人気を支えているようで、見て・乗って満足できる一台として評判を集めています。

その一方で、人気車種の宿命として街中にあふれ出し、見飽きてきた、かえって没個性的などの意見もありますが、ハスラー自体を悪く評価している口コミはほとんど見られませんでした。

ジムニーとハスラーのエクステリアの口コミ・比較まとめ

【ジムニー】本格的アウトドア使用、継承・洗練された武骨なスタイルに定評
【ハスラー】レトロでポップ、個性的だけど乗り手を選ばないルックスが幅広く人気

ジムニーとハスラーのエクステリアをユーザーの口コミから比較すると、とことん角張ったワイルド仕様のジムニーと、スクエアだけどポップな丸みが人気のハスラーで、大きく個性に違いが出ていました。

見た目だけなら好みに合った方を選べばいいのですが、実車を見てみると印象が大きく変わることもあるため、試乗も兼ねて見せてもらった方がいいでしょう。

ジムニーとハスラーのインテリアの口コミ・評価を比較

ジムニーのインテリアの口コミ

ジムニーのインテリアの口コミ評価・インパネ回り

画像:suzuki.co.jp

ジムニーのインテリアの口コミ評価・車内空間

画像:suzuki.co.jp

ジムニーのインテリアの満足度調査

【ジムニーのインテリア・ここが満足】
シンプルで飽きの来ない、武骨なデザインがワイルドで好評
速度計やタコメーターが見やすいとの口コミ複数
ナビの位置が見やすく、大きさもちょうどいい
助手席側の乗降グリップが重宝すると評判
・ウェストラインが水平で低いので、左側面をすり抜ける自転車もよく見えて安全
・リヤシートを倒すと、ラゲッジスペースがフラットに広がって使い勝手が向上
・フルモデルチェンジでラゲッジフロアが樹脂化、荷物を滑らせて積み下ろしがしやすい
【ジムニーのインテリア・ここが不満】
・ちょっと殺風景で寂しい、という声も
パワーウィンドウのスイッチがセンターにあるのが不評
・フルモデルチェンジで樹脂化されたラゲッジフロアが傷つきやすい
ラゲッジスペースが狭く、フル乗車だと荷物があまり積めない
左サイドのアンダーミラーが小さすぎて、前輪を見にくい
ボンネットの左先端が倒したワイパーの陰になって見づらい、との声も
・フロントガラスの角度がきついため、停止線ギリギリに停まると信号が見づらい

ジムニーのインテリアに関する満足度をユーザーの口コミから調査すると、そのシンプルなデザインや機能性、車中泊などにも便利なフラットな居住空間など、アウトドアでの使い勝手が高く評価される傾向が見られます。

その一方で、シンプル過ぎて殺風景という声や、ちょっと視界や見切りが悪いという指摘、中でも多かったのがパワーウィンドウのスイッチがセンターパネルに配置された事に対する不満でした。

ジムニーのインテリアの口コミ評価・パワーウィンドウスイッチ

画像:suzuki.co.jp

※パワーウィンドウスイッチの配置。ここは右側に欲しいところ

特にMT車では走行時に、左手をシフト操作に集中させたいので、パワーウィンドウスイッチは右手側(ウィンドウ下)に欲しいなど、アウトドアユースを追求すればこそ、細かな改善の課題も多く上がっているようです。

ハスラーのインテリアの口コミ

ハスラーのインテリアの口コミ評価・インパネ回り

画像:suzuki.co.jp

ハスラーのインテリアの口コミ評価・車内空間

画像:suzuki.co.jp

ハスラーのインテリアの満足度調査

【ハスラーのインテリア・ここが満足】
ポップなカラーリングやデザインが気に入っている、との口コミ多数
・一昔前のようなチープさは感じなくなった
カラフルなシートパイプがおしゃれポイントと好評
・シートのデザインは汚れが目立ちにくくていい
・助手席をはじめ、シート下の収納スペースがけっこう便利、と評判
・思いのほか車内空間が広くて快適と好評価
シートアレンジが豊富、リヤシートを倒し込むとフラットなスペースが車中泊に便利
【ハスラーのインテリア・ここが不満】
全体的にプラスチッキーで、テカテカして落ち着かない
派手でごちゃごちゃしたデザイン
収納が少ない、小物入れの使い勝手もいまいち、など不評
・メーターは見やすいけど、タコメーターもつけて欲しかった
エアコン操作パネルの位置が低くて視線移動が大きくなってしまう
・スイッチ類の中に照明がつかないものもあり、夜間は手元が不便
MT車のシフトノブが材質的にベタベタする、との口コミが散見
ハンドルが細いので革のハンドルカバー(編上げがおすすめ)をつけるユーザー複数

ハスラーのインテリアについて、ユーザーの口コミから満足度を調査したところ、ポップさとオフロード感を両立した個性的なデザインや、広くて快適な車内空間が高く評価されているのがわかりました。

その一方で、個性的ゆえに好き嫌いも分かれ、エアコン操作パネルやスイッチの夜間照明など、より細やかな使い勝手の向上を求める声も少なからず出ています。

ジムニーとハスラーのインテリアの口コミ・比較まとめ

【ジムニー】外観同様、シンプルで武骨なオフロード仕様のデザインが人気
【ハスラー】ポップさとオフロード感の両立デザインが好評

ジムニーとハスラーのインテリアについてユーザーの口コミを比較した結果、オフロード仕様に特化したジムニーの方が、ポップさも兼ね備えたハスラーよりも高い満足度が示される結果となりました。

ただし、ジムニーユーザーの満足度は使い勝手の悪さも「そういうものだ」とあらかじめ理解していることが前提ですから、実際に試乗して自分自身との相性を確かめるのが一番です。

ジムニーとハスラーの運転&走行性能の口コミ・評価を比較

ジムニーの運転&走行性能の口コミ

ジムニーの運転&走行性能の口コミ評判

画像:suzuki.co.jp

ジムニーの運転&走行性能の満足度調査

【ジムニーの運転&走行性能・ここが満足】
オフロード走破性は抜群、1トン超の車重を感じさせないパワフルな走行
・「30センチの積雪も余裕で脱出できた」「雪国での頼もしい走り」に定評
・オーバーフェンダーがないので車両感覚がつかみやすく、取り回しが楽
ステアリングダンパーが効いて路面の凹凸にハンドルを取られにくくなった
・ステアリングが軽く、荷重をかけると機敏に曲がってくれる
・フルモデルチェンジによってMT車のシフト操作がよりスムーズになった
・オンロードでもゆったり走る分にはそこまで悪くない
【ジムニーの運転&走行性能・ここが不満】
・オフロードに特化しているため、オンロードの走行性は期待しない方がいい
3気筒らしいガサツ感がダイレクトに伝わり、運転の愉しさをそがれてしまう
・ターボが感じられないほど加速が遅い、と不評の声が複数
・リジッドサスが仇となり、オンロードでは車体がグラグラしやすい
ステアリング(ボール・ナット式)を大きく切ってから戻すと、やや反応が送れる
・フルモデルチェンジによるパワーアップが感じられない

ジムニーの運転&走行性能に関するユーザーの口コミをまとめると、オフロードの走破性に特化しているため、オンロードにおける走行性能の悪さは最初から妥協・理解している声が多くなっていました。

ジムニーの運転&走行性能の口コミ評価・リジッドサス

画像:suzuki.co.jp

※悪路走破性に優れたリジッドサスが、オンロードでは仇になることも

しかし、現実的にはオンロードの走行も多いはずですから、自分一人で楽しむならともかく、家族など日常的な同乗者を想定しているのであれば、その方も含めてしっかりと試乗した方がいいでしょう。

ハスラーの運転&走行性能の口コミ

ハスラーの運転&走行性能の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ハスラーの運転&走行性能の満足度調査

【ハスラーの運転&走行性能・ここが満足】
Sエネチャージのモーターアシストがスムーズで快適と好評
街乗り&1人運転ならNAでも十分なパワーがある
低速のトルクが太く、出足も好調
・車高があるため見晴らしがよく、取り回しやすい
・「雪道での運転がしやすい」との口コミ複数
・「決して速くはないが、遅すぎてイライラするほどでもない」との評価多し
【ハスラーの運転&走行性能・ここが不満】
・NAは坂道や複数名乗車だと明らかにパワー不足を感じる、との口コミ複数
・ターボも唸るばかりで、加速が悪いと不評
時速60~80キロ辺りから不安定になり、100キロ前後でフワフワ浮き上がる感覚
・ステアリングに手ごたえが感じられず、コーナリング性能に不満
ブレーキの効きが若干甘く、CVTのエンジンブレーキも鈍い、という意見も

ハスラーの運転&走行性能についてユーザーの口コミを調査すると、Sエネチャージ(A以外のCVT車)のモーターアシストなど、特に街乗りでは不満のない走りを見せてくれる一方で、高速走行での非力さ・不安定さに不評の声も少なからず上がっています。

スポーティに走りたいか、マイルドに乗りたいか、ハスラーを試乗して自分との相性を確かめることが大切です。

ジムニーとハスラーの運転&走行性能の口コミ・比較まとめ

【ジムニー】オフロードに特化した悪路走破性を重視、街乗りはマイルドに
【ハスラー】基本的にマイルドな街乗り志向、雪道も得意と評判

ジムニーとハスラーの運転&走行性能についてユーザーの口コミを比較すると、どちらも高速走行はあまり得意ではないようですが、オフロード向けなジムニー、街乗り向けなハスラーと個性の分かれているのがわかります。

普段使いならハスラーに軍配が上がりそうですが、ジムニーならではのワクワク感が、満足度を高水準に維持しているようです。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


ジムニーとハスラーの乗り心地の口コミ・評価を比較

ジムニーの乗り心地の口コミ

ジムニーの乗り心地の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ジムニーの乗り心地の満足度調査

【ジムニーの乗り心地・ここが満足】
・2018年7月のフルモデルチェンジで格段によくなった
・足回りがよく動き、ストロークはあるが角がなく、段差や凹凸をしっかり吸収してくれる
・ラダーフレームとボディの剛性が高く、揺れや軋みが軽減、収束も早い
静粛性が高くて意外に快適、と好評
・軽自動車とは思えない重厚感が人気
・中には「女性を乗せても不満が出ない」との口コミも
【ジムニーの乗り心地・ここが不満】
・改善されてきたとはいえ、絶対的には乗り心地に不評の声も
・道路のうねりや凹凸があると、リジッドサスの影響で揺れが大きい
・揺さぶられ感が強く、長時間乗ると疲れそう
リアシートに余裕がないため、大人が乗るには窮屈

ジムニーの乗り心地に関してユーザーの口コミを調べると、多くのユーザーがフルモデルチェンジによる大幅な改善を高く評価していました。

一方で、絶対的には揺れや振動などに課題があり、それをジムニーファンも理解していて「実際に乗って確かめた方がいい」とすすめる声が多数出ていました。

ハスラーの乗り心地の口コミ

ハスラーの乗り心地の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ハスラーの乗り心地の満足度調査

【ハスラーの乗り心地・ここが満足】
・1~2時間程度、街中を普通に走る分には問題なし、後部座席からも不満は出ず
ふわふわと柔らかめな足回りが好み、という声も
・段差をよくいなし、突き上げもあまり感じない
ロードノイズは小さめ
軽自動車だから相応の乗り心地では、との評価が多い
・中には「揺れる感じが楽しい」「SUVに乗っている感」との口コミも
【ハスラーの乗り心地・ここが不満】
サスが柔らかすぎて底突きや跳ねが大きく、揺れが収まりにくい
・揺れが大きく、特に後部座席は酔いやすいので注意、との口コミ複数
・路面の凹凸や段差に比例して跳ね上がると不評
・オンロードではそれなりだが、路面が悪くなると途端にバタバタする
・「全体的にいい車だけど、乗り心地だけは馴染めない」という評価が多数
・足回りだけはコストカットで手抜きした印象が否めない、との声も

ハスラーの乗り心地の満足度をユーザーの口コミからまとめると、やはり街中をマイルドに走るには問題のない、軽自動車相応のクオリティを保っている一方で、SUVだからと荒れた路面を走ると揺れや振動、突き上げがひどくなる傾向が窺われます。

全体的によい車として高く評価されているハスラーの中でも、特に乗り心地については欠点を指摘する声が多いようです。

ジムニーとハスラーの乗り心地の口コミ・比較まとめ

【ジムニー】代ごとに向上している質感が高く評価
【ハスラー】街中も高速道路も充分乗れる、オンロード向けの質感

ジムニーとハスラーの乗り心地についてユーザーの口コミを比較したところ、ここでもやはりジムニーの方が、唯一無二の個性によって許容範囲が広くなっているようです。

満足感ではジムニーの方が大きいですが、ジムニーの評価はハスラーと比較してのものではないため、やはり実際に乗って確かめた方がいいでしょう。

ジムニーとハスラーの燃費の口コミ・評価を比較

ジムニーの燃費の口コミ

ジムニーの燃費の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ジムニーの燃費の満足度調査

ハスラーの燃費の口コミ

ハスラーの燃費の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ハスラーの燃費の満足度調査

ジムニーとハスラーの燃費の口コミ・比較まとめ

【ジムニー】平均実燃費:12.3 km/L
【ハスラー】平均実燃費:15.4 km/L(エネチャージ:19.2 km/L

ジムニーとハスラーの燃費についてユーザーの口コミを比較すると、実燃費も満足度もハスラーが優勢となっていましたが、「燃費を気にすべき車ではない」と理解されているジムニーでも、軽自動車としては絶対的に燃費が悪い面を否めない印象です。

ちなみに、実燃費は走行条件や道路状況などによって大きく変わって来るため、参考として道路状況ごとの実燃費データをまとめておきました。

【ジムニーの実燃費】
渋滞・街中:9~11 km/L
バイパス等:13~15 km/L
高速道路:14~16 km/L
【ハスラーの実燃費】
渋滞・街中:12~14 km/L(ハイブリッド:16~18 km/L
バイパス等:18~20 km/L(ハイブリッド:21~23 km/L
高速道路:17~19 km/L(ハイブリッド:20~22 km/L

ジムニーとハスラーの価格の口コミ・評価を比較

ジムニーの価格の口コミ

ジムニーの価格の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ジムニーの価格の満足度調査

【ジムニーの価格・ここが満足】
「2台目の趣味カーとして持つなら満足できる選択肢だと思う」
「手に入れた後もずっと満足感が続く」
「軽自動車として考えれば高いけど、唯一無二の価値を持っており、妥当な金額」
「こういう武骨なスタイルの軽自動車は、これが最後かも知れない」
「装備と価格のバランスがいい中間グレードのXLが好コスパかも」
「廉価グレードであるXGを購入して、後からカスタムしまくる愉しみもある」
【ジムニーの価格・ここが不満】
「いつ走るか分からないオフロードのために、日常の快適性を犠牲にしたくない
1台持ちのファミリーユーザーにはおすすめできない」
外観だけで買うと後悔するリスクが高い」
「自分だけで決めず、必ず家族(同乗者)と相談してから買わないとトラブル多し」
軽自動車の経済性を期待していると高い買い物になってしまう」
スズキ車にしては高い(けど、他メーカーだったらもっと高くなっていたかも)」

ハスラーの価格の口コミ

ハスラーの価格の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

ハスラーの価格の満足度調査

【ハスラーの価格・ここが満足】
「外観に一目惚れしたら、買って後悔はない
「外観の満足感はもちろん、乗り心地も慣れたし全体的にコスパはいい
「軽自動車とすれば高額だけど、安全装備も充実しているし、妥当だと思う」
Sエネチャージのモーターアシストもついているし、価格相応の品質」
「人気車なので買取相場が高く、売却時が楽しみ」
【ハスラーの価格・ここが不満】
外観でピンと来なかった人は、他の車を選んだ方が失敗は少ない」
「全体的にいい車だが、乗り心地の悪さに耐え切れず1年ほどで売却した」
価格の半分は外観のデザイン料と思った方がいい」
「必要最低限のオプションをつけただけで200万円オーバーは高すぎる」
「同じ価格帯でワンランク上のコンパクトカーが買えてしまう

ジムニーとハスラーの価格の口コミ・比較まとめ

【ジムニー】2台目以降の趣味カーとしては最高の選択肢に高い満足
【ハスラー】外観が気に入れば、安全装備やSエネチャージに満足できる

ジムニーとハスラーの価格に対する満足度についてユーザーの口コミを比較すると、それぞれ「男の趣味・最高のオモチャ」としてのワクワク感と「日常の足」としての現実味が、大きな差を生み出しています。

ただし、ジムニーの満足度は日常的な実用性をほぼ度外視していると言っても過言ではなく、独身貴族ならいざ知らず、家族など同乗者のいる方については、きちんと相談の上で検討するのがいいでしょう。

ジムニーとハスラーの口コミ評価・比較まとめ

ジムニーとハスラーの口コミ評価・比較まとめ

満足度ジムニーハスラー
エクステリア81.6%77.1%
インテリア75.5%60.7%
走行性能73.8%50.6%
乗り心地71.6%56.9%
燃費34.9%62.2%
価格80.9%45.9%
総合評価69.7%58.9%

以上、ジムニーとハスラーについてユーザーの口コミを比較して来ましたが、総合評価も含めて6対1でジムニーの勝利となりました。

ジムニーには「趣味の道具」要素が強く、使い勝手や乗り心地の悪さもすべて「使いこなす楽しさ」に含まれていることが、評価基準に一種の「甘さ」をもたらしていると考えられます。

その一方で、ハスラーは「日常の足」としての機能性も求められていることから、現実的な視点での評価が厳しめとなっているものの、全体的には「よい車」という評価を得ています。

ジムニーとハスラーのこれまで紹介してきた点を比較しながら、どちらがより自分たちと相性がいいか、十分に検討するのがいいでしょう。

※以下で両車の値引き情報やリセール情報を公開しているので、参考にどうぞ

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

無料ネット査定とおすすめコーティング

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...