あなたのフォレスターを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

フォレスターのガチな査定相場を紹介!

フォレスターの無料ネット査定

あなたのフォレスター、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがフォレスターの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

フォレスターの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のフォレスターの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

フォレスターのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのフォレスターを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のフォレスターの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】フォレスターの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

フォレスターで査定が高くなる組み合わせは?

フォレスターの高額査定が期待できる組み合わせ

フォレスターで高い査定が出るグレードはコレ!

全グレード

一般的に、中古車の高額査定を目指す上で、購入時のグレード選択は非常にウェイトを占めるものなのですが、スバル・フォレスターは少し事情が違います。

結論から言えば「どのグレードも人気があり、高額査定が期待できます」。

むしろ、フォレスターの高額査定ポイントは以下に紹介するボディカラーや状態(走行距離、キズ・汚れの有無など)にウェイトが占められているため、皆さんの個性にフィットしたグレードのフォレスターをおススメします。

ちなみに、ターボの有無(ターボエンジンか否か)については高額査定を目指す上で影響がないので、走りに対するこだわり如何で選ぶといいでしょう。

フォレスターで高い査定が出る人気色はコレ!

高額査定が期待できるフォレスターの人気カラー

クリスタルホワイト・パール
クリスタルブラック・シリカ

スバル・フォレスターの高額査定を目指すなら、ボディカラーの選択は非常に重要です。

ボディカラーはフォレスターのフィーリングを決める大きな要素ですから、パッと見て「(普遍的に)カッコいい!」と思われるボディカラーは人気が高く、売れ残るリスクが低いため、中古車販売店も積極的に仕入れたがりますから、フォレスターの高額査定につながるのです。

(※高額査定のコツは、あなたのフォレスターを「他のユーザーが欲しがる」状態に持っていく事です。そうすれば中古車販売店も仕入れたがりますから、高額査定が狙えます。そういう視点を身に着けると、今後ほかのクルマでも高額査定が狙えるようになりますよ!)

清潔感と開放感を演出し、見る人の気分を明るくするホワイトと、重厚感と高級感を演出し、見る人に落ち着きと信頼を与えるブラックは、昔から多くの人に受け入れられ、フォレスターのボディカラーにも多く選ばれています。

ボディカラーだけで、フォレスターの査定相場がそんなに違うの?

管理人もそんな疑問を持って、フォレスターの中古車市場を調べてみたところ、ホワイト&ブラックの人気2カラーとその他のカラー(当然、カラー以外の条件はほぼ同じ)の査定相場におよそ10~30万円以上の差額がついていました。

フォレスターの高額査定を目指すなら、ボディカラーはホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

フォレスターで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

大型サンルーフ
本革シート
パワーリヤゲート
シルバールーフレール

フォレスターの高額査定を目指すには、新車を製造する時に作りつけるメーカーオプションの選択も重要なポイントとなります。

(他のオプションと違って後づけ出来ないため、買取査定のアップにつながりやすいのです)

フォレスターの高額査定が期待できる大型サンルーフ

空からの光を取り込み、フォレスターの車内に明るい開放感を演出できる大型サンルーフは年代を問わず人気が高く、オプション金額以上の査定相場アップが期待できるため、是非ともつけておきたいメーカーオプションの一つです。

フォレスターの高額査定が期待できる本革シート

本革シート 座ればわかる 上質感(字余り)

合成皮革や織物シートの追随を許さない「ホンモノ」な座り心地は、フォレスター車内のハイグレード感を引き立て、使い込むほどしっくりとユーザーの身体に馴染みますから、多少メンテナンスの手間をかけるだけの価値があります(でも、冬は冷たいので、個人的にはシートヒーターも一緒におススメします)。

フォレスターの高額査定が期待できるパワーリアゲート

重たいフォレスターのリヤゲート(後部ドア・ハッチ)の開け閉めをサポートしてくれるパワーリヤゲートは、女性や子供、高齢者でもフォレスターの使い勝手が向上するため人気も高く、おススメしたいメーカーオプションの一つです。

フォレスターの査定アップが期待できるルーフレール

フォレスターの屋根に荷物を固定できるシルバールーフレールは、ユーザーの創意工夫でフォレスターの可能性を広げ、ファッション性も向上させる事から、人気オプションの一つとして買取査定アップが期待できます。

また、ルーフレールの装着がフォレスターを海外市場に出すための条件となっていることもあるため、ここは保険の意味でもつけておくとより安心です。

これらのメーカーオプションを充実させ、フォレスターの高額査定を実現することはもちろん、ご自身で乗る上でも快適なドライブを楽しんでもらえたらと思います。

フォレスターの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

フォレスターの査定にマイナスとなる不人気カラー

アイスシルバー・メタリック
ジャスミングリーン・メタリック

先ほど「人気カラーのフォレスターは高額査定が期待できる」と言いましたが、逆に言えば「それ以外のカラーのフォレスターは、人気カラーと相対的に査定相場がダウンしてしまう」という事です。

新車では人気の高いシルバー系ボディカラーですが、中古車市場では購入するユーザー層の変化により、ニーズが弱くなってしまう(若者はあまり渋い色を好まない傾向にある)ため、フォレスターの査定相場がダウンしてしまうのです。

なので上記のカラーは、ホワイト&ブラックの人気2カラーのフォレスターと比べると、5年以内の売却で、査定相場に10~30万円の差額が出ています。

個性も尊重したいところですが、フォレスターの高額査定を目指すのであれば、これらのボディカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

フォレスターの査定にマイナスとなる修復歴

フォレスターは全体的に査定相場の高いクルマですが、それゆえにダメージ「修復歴」にはシビアな査定相場ダウンが見られます。

特に高年式・低走行など「査定相場の高いフォレスターほど、査定相場ダウンは大きくなる」傾向があるため、注意が必要です。

ダメージにもよりますが、修復歴の有無によるフォレスター査定相場を調べてみたところ、実に30~50万円以上の差額=修復歴によるフォレスター売却損失額が出ていました。

一瞬の油断で、数十万円の大損です。

あなたのフォレスターは、そんな残念なことにならないよう、手放す最後の瞬間まで気を抜かず、セーフティドライブを心掛けましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

フォレスターの査定相場に影響するモデルチェンジについて

モデルチェンジはスバル・フォレスターの査定相場に大きな影響を及ぼしますから、フォレスターの買い替えを検討する時の大きな目安の一つとなります。

モデルチェンジは大別すると、フルモデルチェンジとマイナーチェンジの2つ(後の細かい分類は割愛)があり、それぞれ意味合いやフォレスターの査定相場に与える影響が違って来るのです。

フォレスターの内外装やエンジン等の仕様を刷新し、完全な別モデルとしてリニューアルさせるのがフルモデルチェンジで、フォレスターを部分的に改良し、内外装のデザインやエンジン等の仕様を(外観やスペックは大きく変わる程度に)更新するのがマイナーチェンジです。

フォレスターの査定相場に与える影響としては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

これらのモデルチェンジは、フォレスターの見た目はもちろん、乗り心地や使い勝手、ドライビングなどカーライフを大きく変えることから、ユーザーの人気が動いて新旧フォレスターの査定相場に大きな影響を及ぼします。

上の表データで見ると、マイナーチェンジの前後で10~30万円以上、フルモデルチェンジの前後では30~70万円以上もフォレスターの査定相場に影響を与えているのがわかります。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃して(ヘタなタイミングでフォレスターを手放して)しまうと、これだけの金額を損してしまうリスクがある、という事になります。

モデルチェンジによってフォレスターの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジが入る3ヶ月前からと言われていますから、モデルチェンジのタイミングでフォレスターを買い替えるなら、3か月前を目安にフォレスターを売却するようにしたいものです。

輸出によるフォレスターの査定相場の底値は?

フォレスターの輸出相場を査定

現行(2012年11月~) 100万円以上
3代目(2007年12月~) 30~100万円
2代目(2002年2月~)
 STiバージョン 30~100万円
 それ以外 5~15万円
初代(1997年2月~) 廃車~5万円前後

過走行や修復歴によって、国内市場では敬遠されてしまうようなコンディションのフォレスターでも、海外市場ではニーズがあったりするため、輸出買取相場に出せれば、上記の底値で査定してもらえるチャンスがあります。

ここで注意したいのが、フォレスターを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があるということです。

ディーラーの下取りに出したら、極端に安く査定されてしまうようなフォレスターでも、買取店でなら救ってくれるかも知れないので、諦めずに買取店へ持っていくようにしましょう。

ただし、完全に動かないような状態のフォレスターでは、いくら輸出買取相場でも底値を割ってしまうかも知れませんから、少しでも「価値を残す」ことを意識して、安全運転を心がけましょう。

10年間のフォレスターの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

フォレスターの査定相場10年推移

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したフォレスターの査定相場推移です。

皆さんがフォレスターを売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型フォレスターの査定相場(2018年7月査定)

現行型フォレスターのリセールバリュー

2018年6月~販売中

フォレスター Xブレイク/色:白黒/修復歴なし/新車価格291.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% –万円

2018年6月のフルモデルチェンジによって生まれ変わった現行型フォレスターは、同7月現在、中古車が市場に出ておらず、今後の動向に注目です。

4代目フォレスターの査定相場(2018年7月査定)

4代目フォレスターのリセールバリュー

2012年11月~2018年6月生産モデル

フォレスター 2.0i-Lアイサイト 4WD/色:白黒/修復歴なし/新車価格268.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% –万円
2017年 1.8万キロ 244万円 90.7% 205万円
2016年 2.2万キロ 238万円 88.5% 197万円
2015年 3.4万キロ 198万円 73.6% 131万円
2014年 3.9万キロ 169万円 62.8% 125万円
2013年 4.6万キロ 152万円 56.5% 116万円
2012年 5.5万キロ 147万円 54.6% 105万円

ここでは、4代目フォレスターの中古車相場(2018年7月現在)を当サイトで独自に査定、年式別にまとめています。

2年落ちから4年落ちにかけてその査定相場が約30万~40万円ずつ大きく下がっており、これは2015年に入ったマイナーチェンジの影響によるものと考えられますが、4年落ち以降は相場の下落が緩やかになる傾向が見られます。

また、3年落ちフォレスターのリセールバリューは73.6%と普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回り、モデルチェンジが入るまでは、その後も高めの水準を保ちながら下降していく値動きが予測されます。

3代目フォレスターの査定相場(2018年7月査定)

3代目フォレスターのリセールバリュー

2007年12月~2012年11月生産モデル

フォレスター2.0XS/色:白黒/修復歴なし/新車価格224.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 6.0万キロ 93万円 41.3% 81万円
2011年 7.2万キロ 88万円 39.1% 69万円
2010年 8.0万キロ 87万円 38.7% 58万円
2009年 9.1万キロ 79万円 35.1% 43万円
2008年 9.7万キロ 72万円 32.0% 25万円

3代目フォレスターの中古車相場を当サイトで査定、その結果を一覧表にまとめています。

6年落ち以降になるとリセールバリューも50%を割り込み、段々と寂しくはなってきますが、査定相場の下落は各年式で約10万円以内とごく穏やかなため、どのタイミングで売却しても、損失は少ないと言えるでしょう。

また、10年落ちで30%以上のリセールバリューを維持しているクルマは数少ないため、フォレスターは長く乗っても査定相場が残る、お得なクルマと言えます。

ところで、ここまでずっと表の右端にフォレスターをディーラー下取りに出した場合の査定額を載せていますが、見比べて貰うと判るように、買取店での査定額より大きく下回っています。

この差額を手続き諸々を一切合切代行してもらうための労力コストと考えられない事もありませんが、その差が数十万円単位となっている事もあり、少しでも手元にお金を残したい方は、買取店でも査定して貰ってから、よく比較検討した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

17年落ち、過走行でもフォレスターは売れるのか?

フォレスターは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、以下のフォレスターを例に見てみましょう。

フォレスターの過走行車の査定相場
17年落ち 初代フォレスターS/TB  103,000㎞ ブラック 修復歴あり 
5万~10万円前後

査定相場の高いフォレスターは、初代(1997年2月~2002年2月生産モデル)でも、ターボ付きグレードであれば、10万キロ以上の過走行であっても査定相場が残ることが分かりました。

内容は「バックパネル歪み」「Rフロアー歪み」「バッテリー下サビ・腐食」「室内汚れ、ペットの毛」など、ダメージも小さくありませんが、ターボ付きグレードの恩恵を大きく受けています。

ちなみに、STIグレードはもっと高い査定相場が残り、走行距離が10万キロを下回っている車両の中には約30万~60万円以上の査定相場がつくものもありました。

それでも、ディーラーでは年式と走行距離を理由として「値段がつかないから、廃車手数料のサービスを」などと言われてしまいますが、鵜呑みにしないで買取店でも査定した貰った方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら