あなたのレヴォーグを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

レヴォーグのガチな査定相場を紹介!

レヴォーグの無料ネット査定

あなたのレヴォーグ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがレヴォーグの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

レヴォーグの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のレヴォーグの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

レヴォーグのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのレヴォーグを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のレヴォーグの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】レヴォーグの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

レヴォーグで査定が高くなる組み合わせは?

レヴォーグの高額査定が期待できる組み合わせは?

レヴォーグで高い査定が出るグレードはコレ!

1.6GTアイサイト
1.6GTアイサイトSスタイル
1.6STIスポーツ アイサイト
2.0STIスポーツ アイサイト

レヴォーグ高額査定への道は、購入時のグレード選びから既に始まっていると言っても過言ではありません。

各グレードごとにリセールバリュー(購入価格に対する査定相場)を調査したところ、上記のレヴォーグが高額査定に有利という結果が出ました。

高級なレヴォーグの中でも、比較的お手頃価格な1.6GTアイサイトと、より装備を充実させ、かつコストパフォーマンスに優れた1.6GTアイサイトSスタイルは、購入価格の安さから、相対的にリセールバリューが高くなっていますから、レヴォーグの高額査定を目指す上で有利なグレードとしておススメです。

過酷なレースの中で培った技術やノウハウをレヴォーグに活かしたSTIスポーツは、そのブランドとドライビング性能から高い人気を誇り、中古車市場でも高額査定されていますから、初期費用の高さに見合うだけの高額査定が期待できるでしょう。

レヴォーグの高額査定を目指すためにも、これらのグレードをおススメします。

(※これ以外のグレードでも、以下に紹介するノウハウを活かせば、高額査定を目指せますから、しっかり読んで頑張りましょう!)

レヴォーグで高い査定が出る人気色はコレ!

レヴォーグの高額査定が期待できる人気カラー

クリスタルホワイト・パール
クリスタルブラック・シリカ

レヴォーグの高額査定を目指すためには、ボディカラーの選択も重要なポイントとなります。

ボディカラーはレヴォーグの第一印象を大きく左右しますから、普遍的に人気の高いボディカラーを選ぶことが、レヴォーグの高額査定につながります。

(※人気が高ければ「売れ残るリスク」が低くなりますから、中古車販売店も積極的に仕入れたがります。この「他人がこのレヴォーグを欲しがるか」という視点が、どのクルマでも高額査定のポイントになります)

で、上に紹介しているホワイトとブラックですが、中には「そんな無難な色じゃ面白くない!」と思った方もいるでしょうが、その「無難」こそ、レヴォーグの高額査定を実現するポイントなのです。

日本人は「無難」「定番」が好きで、周囲から「浮く」ことが苦手な傾向があります。

本当に好きかどうかは関係なく、多くの人が「無難だから」とホワイトやブラックを選びます(人気とは、結構そういうものです)。

要は、あなたが売ったレヴォーグを「誰かが買ってくれればいい」のであって、本心から「そのカラーが好きかどうか」なんて、高額査定には何の関係もないのです(もちろん、好きに越した事はありませんが)。

さて、ここまで話しておいて「ボディカラーだけで、そんなにレヴォーグの査定金額が変わるもんなの?」と思った方もいるでしょうから、中古車市場を調査した結果、ホワイト&ブラックの人気2カラーとその他カラーでは、レヴォーグの査定相場に10万~30万円以上の金額差が出ていました。

ですから、レヴォーグの高額査定を目指すのであれば、ホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

レガシィで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

サンルーフ
LEDヘッドランプ
本革シート

レヴォーグを新車で購入するなら、工場でレヴォーグを製造する際に作りつけるメーカーオプションの選択も、高額査定の重要なポイントとなります。

メーカーオプションは、それがついている状態でレヴォーグを作るため後付けができず、その貴重さから高額査定につながりやすいのですが、中でも上に紹介しているものが特におススメです。

レヴォーグの高額査定が期待できる人気オプション・サンルーフ

天井から空の光を取り込んで、レヴォーグの車内を明るく開放的に演出できるサンルーフは年代を問わず人気が高く、オプション料金以上の買取査定アップが期待できるため、よほど何かのこだわりでもなければ、是非ともつけておきたいメーカーオプションの一つです。

レヴォーグの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

レヴォーグの目元をクールに引き立て、安全性と経済性(省エネ&長寿命)からニーズの高まっているLEDヘッドランプは人気の高いメーカーオプションとして買取査定プラスが期待できるので、こちらもおススメしています。

レヴォーグの高額査定が期待できる人気オプション・本革シート

せっかくのレヴォーグだから、車内でもハイグレード感を味わいたいあなたには、座り心地に優れた本革シートもおススメです。

合成皮革や織物シートには出せない質感は、使い込むほどに快適なドライビングを実現。多少メンテナンスにかける手間以上のクオリティで応えてくれますから、レヴォーグの高額査定はもちろん、自分で乗る上でもぜひおススメです(でも、冬は最初ちょっと冷たいので、個人的にはシートヒーターも併せておススメ)。

これらのメーカーオプションを活用して、レヴォーグの高額査定を目指しましょう。

レヴォーグの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

レヴォーグの査定ダウンにつながる不人気カラー

アイスシルバー・メタリック
ストームグレー・メタリック

先ほど「人気の高いボディカラーは、レヴォーグの高額査定に有利」と紹介しましたが、逆に言えば「そうでない≒人気の低いボディカラーは、レヴォーグの買取査定に不利」という事になります。

ホワイト&ブラックの人気2カラーに比べてその他のボディカラーは相対的に査定相場が安くなってしまいますが、中でも上記のボディカラーについては、そのリスクがより高くなります。

と、見てみるとシルバーがピックアップされていますが、中には「地味なグレーや周囲から浮きそうなレッドはともかく、たくさん走っているのを見かけるシルバーが『人気が低い』ってどういう事?」という疑問を持つ方もいるでしょう。

確かに、実はシルバーもレヴォーグで人気が高いボディカラーなのですが、それは主に新車購入時の人気なのです。

レヴォーグの購買層が変化する(若者はあまり渋い色を好まない傾向があります)ので、新車だと人気の高いシルバーも、中古車市場では査定相場が下がってしまうのです。

先ほども紹介しましたが、ホワイト&ブラックの人気2カラーとの金額差は10万~30万円以上

個性も尊重したいところですが、レヴォーグの高額査定を目指すのであれば、やはり無難にホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

修復歴による査定の減額

レガシィのマイナス査定となってしまう修復歴

レヴォーグは人気の高さから高額査定の期待できるクルマですが、人気車種であるがゆえに、キズや凹みなどのダメージにはシビアな査定相場が示されます。

たとえ完璧に修理されていても、何となく縁起が悪いし、もし見逃したキズが隠れていて、それが走行中に不具合でも起こしたら……と思えば、敬遠されてレヴォーグの査定相場が大きく下がるのも仕方ありません。

さて、事故などによって「修復歴アリ」となったレヴォーグの査定相場を調べてみたところ、無傷な(修復歴なしの)レヴォーグと比較して、実に30万~50万円以上の査定金額差が出ていました。

一瞬の不注意で、数十万円の大損害。

レヴォーグは大切な資産ですから、日頃から大切に乗って、手放す最後の瞬間まで気を抜かないように心がけましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

レヴォーグの査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはレヴォーグの査定相場に大きな影響を与えます。

モデルチェンジを大別すると、レヴォーグの内外装やエンジン等の仕様を一新、まったく新しいモデルとして生まれ変わらせるフルモデルチェンジと、レヴォーグの内外装やエンジン等に部分的な改良を加えたマイナーチェンジがあります(その他、より小規模な改良やメーカーによる呼び方の違いもありますが、割愛します)。

モデルチェンジのタイミングでレヴォーグを買い替えるなら、そのタイミングは何より重要です。

レヴォーグの査定相場は、モデルチェンジの入る3ヶ月前から下がり始めますから、事前に出ている情報をキャッチして、早めに売却できるようにしたいものです。

輸出によるレヴォーグの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2014年4月~) 不明

年式が古くなったり、過走行や修復歴などによって国内市場では敬遠されるようなレヴォーグであっても、基準の比較的緩やかな海外市場ではまだまだニーズが見込めるため、輸出買取相場で売れる可能性があります。

……が、発売(2014年4月)からまだ年数が浅いレヴォーグは十分国内市場で通用するため、今のところ輸出買取相場を算出するデータが不足しています。

試しにレヴォーグの中古車市場を調査してみたところ、走行距離10万kmオーバーで修復歴があり、ついでに不人気カラーという悪条件の3年落ちレヴォーグでも70万~80万円以上の査定相場が残っており、これなら十分に国内市場で通用します。

ただ、今後年数が経つにつれてレヴォーグも輸出買取相場(底値)に該当してきますから、今後もレヴォーグの査定相場推移を調査・発信していきます。

ちなみに今後の参考として、レヴォーグを輸出買取相場で売るためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があります。

ディーラー下取りでは「国内市場で通用しないから」と極端に安く査定されてしまうようなレヴォーグであっても、買取店でなら海外市場に出せるチャンスが残されているので、諦めずに持っていくようにしましょう。

とは言え、完全に動かないような状態のレヴォーグでは、流石に買い取って貰えないかも知れないため、少しでも価値を残せるよう、日頃からレヴォーグを大切に乗るようにしましょう。

レヴォーグの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

レヴォーグの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したレヴォーグの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

皆さんがレヴォーグを売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型(初代)レヴォーグの査定相場(2018年7月査定)

現行型(初代)レヴォーグの査定相場とリセールバリュー

2014年4月~販売中

レヴォーグ 1.6GTアイサイト/色:白黒/修復歴なし/新車価格  286.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 226万円
2017年 0.6万キロ 247万円 86.3% 191万円
2016年 1.6万キロ 224万円 78.2% 187万円
2015年 2.9万キロ 235万円 82.1% 179万円
2014年 3.2万キロ 195万円 68.1% 168万円

現行型(初代)レヴォーグの査定相場とリセールバリューを、デビューした4年落ちまで年式別にまとめました。

年式相応に査定相場が下がって行く中で、2015年式のレヴォーグはSTiパーツ(リップスポイラー・スプリング)や純正ナビ等の装備が充実していることから、2016年式と逆転しています。

また、2014年式だけはアドバンストセーフティパッケージがついていないため、査定相場に大きな落差を生じています。

ところで、表の右端にレヴォーグをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に対して、約30万~55万円ほど安く査定されているのがわかります。

これは、ディーラーが既定のマニュアルを使って単純に(人気カラーやオプションなどを考慮せず)査定するためで、黙っていると約30万~55万円も損してしまうかも知れません。

だから、買取店でも査定して貰い、どちらがよりお得か、じっくり比較検討するといいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

過走行&修復歴ありでもレヴォーグは売れるのか?

2014年のデビューから年月の浅いレヴォーグですが、過走行車(走行距離10万キロ超)や修復歴ありでも査定相場が残るのでしょうか?

ここでは、中古車市場を調査して過走行&修復歴ありのレヴォーグをピックアップ、レヴォーグの査定相場が残っていく可能性を分析していきます。

過走行&修復歴ありのレヴォーグでも査定相場が残っているか?
4年落ち レヴォーグ 1.6GTアイサイト 102,000㎞ ホワイトパール 修復歴あり
  99万円

上記レヴォーグの内容は「後フロア鈑金修復」「エンドパネル交換」「バンパー小キズ・凹み小」というダメージでしたが、それでもレヴォーグは新しいので、過走行&修復歴ありでもこれだけの査定相場が残っています。

今回の調査で唯一査定相場が残らなかったレヴォーグは、大破した事故現状車が1台だけで、後は事故現状車であっても30万~60万円の査定相場が残っていました。

しかし、高年式で過走行のレヴォーグは、ディーラー下取りに出すと低評価で査定されるおそれがあるので、買取店で査定して貰うようにしましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら