あなたのレガシィを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

レガシィのガチな査定相場を紹介!

レガシィの無料ネット査定

あなたのレガシィ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがレガシィの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

レガシィの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のレガシィの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

レガシィのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのレガシィを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のレガシィの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

レガシィの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

レガシィ ネット車査定の事例/群馬県 haruさん

レガシィの無料ネット車査定の事例 フロント画像

レガシィツーリングワゴン 2.5iアイサイト 査定相場 88万~98万円
コウさん
コウさん

今回ご依頼いただいたレガシィツーリングワゴンと同等条件のオークション出品車両は、7年が経過している事もあり、キズや凹みがある車両が多くなっています。

お乗りのレガシィは、左右フェンダーのすり傷はありますが、それを含めても走行距離が少なく、状態の良い車両と推測されます。

上記査定相場の上限値での売却を目指すなら、複数の買取店に査定してもらい、上限値まで出す買取店を見つけられるといいでしょう。

また、ユーザーが参加できる買取オークションなら、直接小売りする中古車販売店が入札するので、上記査定相場の上限値又はそれ以上での売却の可能性があります。

 

参考までにボディカラーがホワイトパールやブラックだと、10~20万円ほど高い査定相場となっています。

今後は、現在の相場で走行距離が10万キロ前後で30~40万円、15万キロ前後でも10~30万円前後の相場が残っているので、参考にしていただければと思います。

ネット車査定の実施日 2018年9月25日
ネット車査定利用者プロフィール haruさん・群馬県
車名・グレード名 レガシィツーリングワゴン 2.5iアイサイト
車両データ 平成23年(2011年)式・走行29,800㎞・シルバーメタリック
ディーラーの査定相場 60~70万円(当サイト予測値)
ネット車査定の相場 88万~98万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント お世話になります。

査定結果 拝見しました。

ディーラー相場との価格差が意外と大きいことに、少し驚きました。

買取店での査定も気になり、参考にさせて頂きます。

高齢のため、買取店の利用ノウハウや手続き等、不安を感じますが、少し勉強してみます。

短期間での査定報告、価格の分かり易さ、助言等に満足してしております。有難うございました。

群馬県在住・昭和17年生・男・年金生活者。

レガシィで査定が高くなる組み合わせは?

レガシィの高額査定が期待できる組み合わせ

レガシィで高い査定が出るグレードはコレ!

レガシィ アウトバック Limited
レガシィ B4 Limited

レガシィ アウトバック/レガシィ B4は各2グレードずつしかありませんが、高額査定に有利なグレードはいずれもLimited(リミテッド)となっています。

これは、せっかくスバル レガシィを買うのに、装備や性能に妥協したくないユーザーの心理から人気が集まり、それが査定相場・リセールバリュー(購入価格に対する査定相場の割合=お得の度合い)を高めているためと見られます。

ただ、Limited無しのベースグレードでも十分に高額査定を目指すことが出来ますので、これから紹介していくノウハウをマスターして、レガシィの高額査定を実現しましょう。

レガシィで高い査定が出る人気色はコレ!

高額査定が期待できるレガシィの人気カラー

クリスタルホワイト・パール
クリスタルブラック・シリカ

スバル レガシィの高額査定を目指すのであれば、ボディカラーの選択は重要なポイントとなります。

ボディカラーはレガシィの第一印象を大きく左右しますから、せっかくレガシィの持っているハイグレード感を損ねないシンプルなカラーを選ぶことが大切です。

レガシィに清潔感と開放感を演出し、乗る人・見る人を明るい気分にしてくれるホワイト、そしてレガシィの持つハイグレード感を引き出し、見る人・乗る人に信頼感と安心感を与えてくれるブラックは、昔から定番の人気カラーとして、レガシィのボディカラーにも多く選ばれています。

人気が高いボディカラーのレガシィは売れ残るリスクが低く、中古車販売店も積極的に仕入れたがることから、あなたのレガシィも相応に高額査定してくれる、という訳です。

ホワイト&ブラックの人気2カラーとそれ以外のカラーでは、レガシィの査定相場に10~30万円以上の金額差が生じていました。

レガシィの高額査定を目指すためには、ホワイト&ブラックの人気2カラーをおススメします。

レガシィで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

サンルーフ
本革シート
パワーリヤゲート

新車でレガシィ購入ですか?いいですね。

スバル レガシィを新車で購入するなら、高額査定のチャンスが一つ増えることになります。

なぜなら、スバルの工場でレガシィを製造するとき一緒に作りつけるメーカーオプションを、自分で選ぶことが出来るからです。

メーカーオプションは後付けができないため、レガシィの査定プラスにつながりやすいのですが、やみくもに装着しても初期費用がかさむばかりで、リセールバリューで不利になってしまいます。

そこで今回は、管理人が厳選したレガシィの高額査定に有利なメーカーオプションを紹介しますので、これらを活用してレガシィの高額査定を有利に進めていきましょう。

◇サンルーフ

高額査定が期待できるレガシィの人気オプション・サンルーフ

レガシィの天井から空の光を採りこんで、レガシィの車内に開放感を演出し、ハイグレード感を引き立てるサンルーフは誰からも人気で、オプション料金以上の査定相場アップが期待できるため、是非ともつけておきたいメーカーオプションとしておススメします。

◇本革シート

レガシィの高額査定が期待できる人気オプション・本革シート
管理人も愛用していますが、革製品は使い込むほど身体に馴染んで快適な座り心地を提供し、レガシィの高級感を最大限に引き出してくれるため、レガシィの高額査定はもちろん、自分で乗る上でもおススメです。

ただし、アイボリー(象牙色)はキズや汚れが目立ちやすく神経を使う(キズや汚れが目立つと査定相場がダウンしてしまう)ので、個人的にはブラックの方がおススメです。

◇パワーリヤゲート

レガシィの高額査定が期待できる人気オプション・パワーリアゲート

レガシィのリヤゲート(後部ハッチ)開け閉めをサポートしてくれるパワーリヤゲートは、女性や子供でも扱いやすく、挟み込み防止などの安全性を高めることから人気のあるオプションであり、こちらもつけておくといいでしょう。

レガシィの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

レガシィのマイナス査定となりやすい不人気カラー

アイスシルバー・メタリック
クリムゾンレッド・パール

先ほど「人気カラーのレガシィは、査定相場アップ」と紹介しましたが、それは逆に言えば「そうでないカラーのレガシィは、相対的に査定相場ダウン」という事になります。

その中でも、特にスバル レガシィの高額査定に不利となるのが、上記2カラーです。

◇アイスシルバー・メタリック
「え?シルバーってたくさん走っているし人気あるんじゃないの?」と思われた方も多いでしょう。
確かにシルバーは多く選ばれている人気カラー(管理人も大好き!)なのですが、それは新車購入時の話。
中古車市場では、ユーザー層が若年化する事によってシルバーの人気が下がってしまうのです(若者は渋いカラーを好まない傾向が見られます)。
だから、シルバーのレガシィは、査定相場がダウンしてしまうのです。

◇クリムゾンレッド・パール
この色も非常にハイグレード感あふれるカラーなのですが、特別塗装色(パール)なので別途料金(税込み32,400円)が発生して初期費用が若干上がる関係上、リセールバリューで不利になります。
「じゃあクリスタルホワイト・パールは……?」
確かにホワイトも別途料金(同額)がかかるのですが、それ以上の査定相場プラスがあるためおススメしています。

レガシィは実に魅力的なカラーバリエーションが揃っているのですが、あくまでも高額査定を目指すのであれば、これらのボディカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

レガシィのマイナス査定となってしまう修復歴

ぶつけたり壊したりなどして「修復歴アリ」となってしまったスバル レガシィは、無傷なレガシィと比べて、その査定相場が大幅にダウンしてしまいます。

ダメージ度合いにもよりますが、レガシィの中古車市場を調査してみたところ、3年以内の売却で40~70万円以上もレガシィの査定相場がダウンする結果となりました。

一瞬の不注意で、70万円以上のおカネが吹き飛ぶ!かも知れないのです。

実際には(廃車にするのでなければ)そのダメージに対する修理コスト(数千円~数十万円以上)も発生しますから、その出費は文字通り桁違い(100万円以上も?)となるかもしれません。

※よくマンガとかだと「クルマを壊されたユーザー」がこの世の終わりとばかりに嘆き悲しんでいます(例:GT●の内△田教頭)が、それを実感できると思います( ;∀;)

皆さんはそんな事にならないよう、日頃からレガシィを大切に乗るようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

レガシィの査定に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはレガシィの査定相場に大きな影響を及ぼすため、レガシィの買い替えを検討する際の重要ポイントとなります。

(※モデルチェンジ:レガシィに対する改良で、その規模によってフルモデルチェンジ>マイナーチェンジと大きく2種類がある。レガシィの査定相場に与える影響も、原則として規模の大きさに比例します)

つまり、モデルチェンジのタイミングをはずしてしまうと、大損してしまうリスクがある、という事になります。

モデルチェンジによってレガシィの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入る3か月前からと言われていますから、レガシィのモデルチェンジが近くなったら、3か月前くらいにはレガシィを売却できるようにしましょう。

輸出によるレガシィの査定相場の底値は?

レガシィの輸出相場を査定

◇レガシィ アウトバック
現行(2014年10月~) 不明
2代目(2009年5月~) 30万~50万円
初代(2003年10月~)
⇒2006年~ 5万~15万円
⇒~2005年 5万円前後
◇レガシィ B4
現行(2014年10月~) 不明
5代目(2009年5月~)
⇒ ターボ車 50万~100万円
⇒ ターボ無し 30万~50万円
4代目(2003年5月~)
⇒ 3.0リッター車 5万~15万円
⇒ その他 廃車5万円以下
3代目(1998年12月~)
⇒ S401 Stiバージョン 30万~50万円
⇒ その他 ほぼ廃車
2代目(1993年10月~)&初代(1989年1月~) ほぼ廃車

過走行や修復歴、年式が古くなるなどで国内市場では敬遠されてしまうような状態のスバル レガシィでも、海外市場でのニーズが開拓できれば、上記の底値(輸出買取相場)で買い取って貰える可能性が残っています。

が、レガシィを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店に持っていく必要があります。

ディーラー下取りに出したら「価値ゼロ+処分手数料」と査定され、せっかくレガシィを売りに行ったのに、なぜかマイナス(苦笑)になってしまうようなレガシィでも、買取店であれば上記の輸出買取相場で買い取って貰えるチャンスも残されているため、諦めずにレガシィを持っていってみましょう。

とは言え、まったく動かないような状態のレガシィでは、さすがに輸出買取相場でも価値ゼロ⇒廃車まっしぐらコースをたどる事になるかも知れませんから、日頃からレガシィを大切に乗りましょう。

10年間のレガシィの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

レガシィのリセールバリュー10年間推移

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したレガシィの査定相場推移です。

皆さんがレガシィ(B4/アウトバック)を売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型レガシィ B4の査定相場(2018年7月査定)

現行型レガシィB4のリセールバリュー

2014年10月~販売中

レガシィ B4リミテッド/色:白黒/修復歴なし/新車価格324.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 275万円 84.8% 229万円
2017年 0.7万キロ 238万円 73.4% 211万円
2016年 1.7万キロ 212万円 65.4% 184万円
2015年 3.2万キロ 197万円 60.8% 176万円
2014年 4.9万キロ 193万円 59.5% 165万円

業者オークションのデータから、現行型(6代目)レガシィB4の中古車相場を査定、年式ごとの一覧表にまとめました。

現行型は2017年9月に行われたマイナーチェンジの影響によって当年モデルと1年落ちの査定相場に大きく差がつき、その後も3年落ちまで急激な下降傾向を見せています。

3年落ち以降は査定相場の下降も緩やかとなり、今後モデルチェンジが入るまでは、このまま年式相応に下降していくことが予測されます。

現行型レガシィアウトバックの査定相場(2018年7月査定)

現行型レガシィアウトバックのリセールバリュー

2014年10月~販売中

レガシィ アウトバックリミテッド/色:白黒/修復歴なし/新車価格345.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% –万円
2017年 0.6万キロ 259万円 74.9% 244万円
2016年 2.4万キロ 246万円 71.1% 222万円
2015年 2.9万キロ 245万円 70.8% 207万円
2014年 4.1万キロ 227万円 65.6% 188万円

2018年7月時点で査定した現行型(3代目)レガシィアウトバックの相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

こちらは当年モデルの中古車が市場に流通していなかったものの、2017年9月のマイナーチェンジによる影響は必ずある筈なので、今後、大きな落差が現れるものと予測されます。

1年落ち以降、比較的緩やかな下降傾向を示しているのは、B4と概ね同様です。

5代目レガシィ B4の査定相場(2018年7月査定)

レガシィB4のリセールバリュー

2009年5月~2014年10月生産モデル

レガシィB4 2.5i Sパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格282.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2014年 4.0万キロ 102万円 36.1% 83万円
2013年 5.5万キロ 87万円 30.8% 73万円
2012年 5.9万キロ 81万円 28.6% 60万円
2011年 6.6万キロ 52万円 18.4% 39万円
2010年 8.0万キロ 48万円 16.9% 28万円
2009年 8.7万キロ 40万円 14.1% 20万円

5代目レガシィB4の中古車相場を査定(2018年7月時点)、一覧表にまとめました。

この代では2012年5月にマイナーチェンジが入っており、2011年以前と比べて、ハッキリと査定相場に違いが出ています。

マイナーチェンジの前期/後期それぞれでは値動きも穏やかとなっているため、自分に適したタイミングで売却できます(大きな損はないでしょう)。

2代目レガシィ アウトバックの査定相場(2018年7月査定)

5代目レガシィアウトバックのリセールバリュー

2009年5月~2014年10月生産モデル

レガシィ アウトバック2.5i/色:白黒/修復歴なし/新車価格275.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2014年 4.5万キロ 126万円 45.7% 93万円
2013年 5.2万キロ 109万円 39.5% 86万円
2012年 6.1万キロ 86万円 31.2% 61万円
2011年 7.2万キロ 56万円 20.3% 38万円
2010年 8.5万キロ 44万円 15.9% 28万円
2009年 9.6万キロ 43万円 15.6% 27万円

2代目レガシィアウトバックの中古車相場を独自査定(2018年7月現在)、年式ごとのリセールバリューをまとめました。

こちらも2012年5月のマイナーチェンジによる影響がハッキリと表れており、また、レガシィB4に比べると、マイナーチェンジ前の査定相場が年式ごとに大きく下がっています。

7年落ち(2011年)以降の値下がりは穏やかになるので、好きなタイミングで売却しやすく(大きな損をしにくく)なるでしょう。

4代目レガシィ B4の査定相場(2018年7月査定)

4代目レガシィB4のリセールバリュー

2003年5月~2009年5月生産モデル

レガシィB4 2.0GT/色:白黒/修復歴なし/新車価格300.3万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2009年 9.1万キロ 18万円 5.9% 5万円
2008年 11.7万キロ 17万円 5.6% 4万円

4代目レガシィB4の中古車相場を当サイトで独自に査定、2018年7月時点での相場とリセールバリューを10年落ちまでまとめました(2007年以前のデータは割愛)。

2代の型落ち&9~10年落ちとあって、リセールバリューは5%前後にまで落ち込んでいるものの、輸出相場に該当すれば5万円程度の査定相場が残っているため、長く大切に乗ればお得感が限界まで引き出せるでしょう。

初代レガシィ アウトバックの査定相場(2018年7月査定)

4代目レガシィアウトバックのリセールバリュー

2003年10月~2009年5月生産モデル

レガシィ アウトバック2.5i Lスタイル/色:白黒/修復歴なし/新車価格282.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2009年 9.1万キロ 27万円 9.5% 22万円
2008年 10.7万キロ 25万円 8.8% 19万円

中古車市場のデータから、初代レガシィ アウトバックを独自査定(2018年7月時点)、査定相場とリセールバリューを一覧表にまとめています。

アウトバックはB4に比べて査定相場が残りやすく、初代であっても輸出相場に該当すれば5万~15万円(2006年式以降)の査定相場が期待できます。

よって、長く大切に乗ることで、こちらも限界まで元を取ることも出来るし、早期に手放すことである程度まとまったおカネを手にする事も可能です。

ところで、ここまでずっと表の右端にレガシィをディーラー下取りに出した場合の査定額を載せていますが、見比べて貰うと判るように、買取店での査定額より大きく下回っています。

この差額を手続き諸々を一切合切代行してもらうための労力コストと考えられない事もありませんが、その差が数十万円単位となっている事もあり、少しでも手元にお金を残したい方は、買取店でも査定して貰ってから、よく比較検討した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

15年落ち、過走行でもレガシィは売れるのか?

レガシィは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、以下のレガシィを例に見てみましょう。

4代目レガシィB4の過走行車
15年落ち 4代目レガシィB4 2.0GTスペックB 100,000㎞ シルバー 修復歴なし 26
万円

中古車市場を調査した結果、15年落ち・走行距離10万キロという状態でも、26万円の査定相場が残っていることが分かりました。

査定相場の残りやすいクルマの傾向としては、1)ターボ付き・スポーツグレードが有利、2)オートマよりマニュアルの方が有利、3)年式よりも走行距離の方が重視されやすい、等が挙げられます。

一方、標準グレードのオートマ車だと、走行距離10万キロを境にほぼ廃車同然の査定しかつかず、たまに状態の良い車両に5万~よくて10万円前後の査定がついているくらいでした。

ちなみに、スポーツグレードで査定相場がつく限界値は、今回調査した限りでは11年落ちのレガシィ2.0GTスペックB、27.7万キロ走行の修復歴ありで7万円となっています。

なお、輸出相場の項でも紹介しましたが、3代目以前のレガシィについては3代目のS401 Stiバージョンをまだ持っていれば大当たりのチャンス、それ以外はほとんど廃車コースと覚悟した方がいいでしょう。

これらのレガシィは、ディーラーだと一緒くたに「もう値段がつかないので、廃車手数料だけでもサービスします」等と言われてしまいますが、鵜呑みにしないで買取店でも査定してもらい、最後まで可能性を追求したいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら