レヴォーグは運転しにくいのか?乗りやすいのか?運転や駐車のコツを実車を使って徹底検証

レヴォーグは運転しにくいのか?乗りやすいのか?運転や駐車のコツを実車を使って徹底検証

スバルのステーションワゴン「レヴォーグ」には走行性能や安全性が高そうなイメージがありますが、運転しやすいクルマというイメージはあまりないかもしれませんね。

しかし、公式ホームページを見ると視界の良さなどをアピールしているので、運転しやすさに期待しても良さそうです。

ここでは、実際のところレヴォーグは運転しやすいのか、運転や駐車にコツはあるのかなどを実車を使って徹底検証していますので、是非とも参考にしてみてください!

レヴォーグのボディサイズは?

レヴォーグのサイドビュー

検証に使ったグレードは「1.6GTアイサイト」で、ボディサイズは以下のとおりになります。

全長 4,690mm
全幅 1,780mm
全高 1,495mm
4.7mほどの全長は欧州の分類でいうとDセグメントになりますが、最近のDセグメント車としては全幅が狭いのが特徴になっています。
これは当初国内市場専用モデルとして開発されたため、狭い道路が多い日本の道路事情に配慮しているからです。
ここで、ハッチバック車の「インプレッサ スポーツ」とボディサイズを比較してみましょう。
インプレッサ スポーツ 1.6i-Lアイサイト
全長 4,460mm
全幅 1,775mm
全高 1,480mm
レヴォーグはインプレッサスポーツと比較すると全長が30cm以上長いものの、全幅はほとんど変わりません。
狭い路地を左折する時の内輪差にさえ気をつければ、ほとんどインプレッサ スポーツと同じような感覚で運転できそうですね。
最小回転半径を比べても、レヴォーグはインプレッサ スポーツより10cm大きいだけの5.4m(※18インチホイール装着グレードは5.5m)なので、小回りが効かなくて困ることもそれほどないでしょう。

レヴォーグの車両感覚はどうか?

車両感覚のつかみやすさには、運転席からボンネットが見えるかどうかが大きく影響します。

レヴォーグの場合は、どうでしょうか?

レヴォーグの前方視界

レヴォーグの前方視界

この2枚の画像から、ボンネット中央のエアインテークの盛り上がりが見えることがわかると思います。

しかし、ボンネットの左右は手前の方しか視界に入らないので、ボンネット先端の両端がどのあたりにあるのか見当がつきません。

5ナンバー車なら左右のAピラーが無理なく同時に視野に収まるので、ボンネットが見えなくてもある程度車幅感覚がつかめるのですが、3ナンバー車のレヴォーグはそれも困難です。

レヴォーグで狭い路地を走行

画像はセンターラインのない裏道を走った時に撮影したものですが、道路の左右には歩行者保護のためのポールが所々に立っているので、離合時にボディを擦らないよう気を使いました。

ボンネット左側の先端部が見えれば、たとえ3ナンバー車でももっと楽に離合ができるシチュエーションです。

レヴォーグは、これまで5ナンバー車や軽自動車しか乗ったことのない方にとっては、車幅感覚が慣れるまで、少し運転のハードルが高いクルマといえるでしょう。

レヴォーグの前方の視界は?

レヴォーグの前方視界

レヴォーグの前方視界

レヴォーグはミニバンやSUVなどと比べ全高が低いので、フロントウィンドウの天地の丈も大きくありません。

また、ヒップポイントが低く見晴らしもいいとは言い難いので、雑踏で前方の情況をいち早く確認したい時などは不利です。

とはいえ、それはあくまでもミニバンやSUVと比較した場合のことで、ステーションワゴンとしては十分満足できる前方視界が確保されています。

画像では手前に迫って見えるルームミラーも、運転中に視界を妨げることはありません。

そして、斜め前方視界の確保に配慮されている点は、レヴォーグの美点にあげられます。

レヴォーグの右斜め前方視界

レヴォーグの左斜め前方視界

Aピラーの傾斜は強いものの、付け根が運転席側に引き寄せられていることや太さが細いことから、あまり視界を妨げません。

交差点での安全確認の時だけでなく、ワインディングを走る時もコーナーの情況が見やすいので、走りやすさにつながりました。

また、大きな三角窓やそれを塞がない位置に取り付けられたドアミラーのお陰で、斜め前の情況が良く分かり右左折する際も安心でした。

斜め前方の死角が少ないレヴォーグなら、交差点で歩行者を見落としてしまうことはまずないでしょう。

レヴォーグの後方視界は?車庫入れはしやすい?

前方視界には満足できたレヴォーグですが、車庫入れのしやすさを左右する後方視界はどうでしょうか?

レヴォーグの後方視界

レヴォーグのルームミラー

リアウィンドウは天地の丈が小さく、決して面積が大きいとはいえませんが、必要な視界は確保されています。

また、斜め後方視界の点でもリアピラーが比較的細く、死角が少ないので不安はあまり感じませんでした。

レヴォーグの斜め後方視界

レヴォーグの後方視界は抜群に良いとまではいえないものの、及第点をあげて良いでしょう。

また、バック時の安全確保をサポートする「後退時ブレーキアシスト」が備わる点も評価できます。

これは、後方に障害物を検知すると表示と警報でお知らせするほか、衝突の危険があると判断すると自動ブレーキを掛けて衝突被害を軽減する装備です。

ポールなどの細い障害物や歩行者などの動く物体は検知できない可能性があるので、この装備に頼り切ってしまうのは危険ですが、バックする際の安心感が高まるのは間違いありません。

なお、試乗車にはオプションのカーナビと「リヤビューカメラ」(42,120円)が装着されていました。

レヴォーグのバックカメラ画面

レヴォーグの場合リヤビューカメラは必須とまではいえませんが、やはりあった方がバックの際に安心感が高まります。

迷った場合は、付けておいた方が間違いないでしょう。

レヴォーグの運転しやすさ、コツのまとめ

レヴォーグのエンブレム

レヴォーグの運転しやすさを一言でまとめると、「まずまず」です。

前方視界は死角が少なく、交差点で右左折する時に安心感が高かった点は評価できます。

ただ、アイポイントが低く見晴らしがあまり良くないので、前方視界が抜群とまではいえません。

また、車両感覚のつかみやすさの点では、ボンネットの先端が見えないことがやはり気になりました。

筆者は以前、レヴォーグと同じようなサイズ感の先代メルセデス・ベンツ・Cクラスに乗っていたことがあります。

Cクラスは運転席からボンネットの先端が見えたので、狭い路地でも運転しやすかったのですが、それと比べるとレヴォーグは乗り辛く感じました。

レヴォーグには、前方の障害物を検知すると警報とナビ画面表示で注意を促す「ディスプレイコーナーセンサー」(45,360円)がオプション設定されているので、欠点をカバーするため装着をおススメします。

車庫入れのしやすさに関しては、この点では特に問題はないと感じました。

窓の面積が大きいミニバンなどから乗り換えた場合は、最初は後方視界があまり良くないと感じるかもしれませんが、直に慣れてしまうはずです。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです ※...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...