効果的な新車購入スケジュール 値引きに有利な流れは?

新車購入における交渉で値引きに有利な流れとは?

新車を購入する時期や車種によって、効果的な商談スケジュールは異なります。

すべてがこの限りではありませんが、新車を購入する際の効果的な商談の流れを紹介します。

基本的な商談スケジュール

ディーラーへ商談に行く前に事前に気になる車種の情報や、値引きに関する事の情報収集をする人は多いと思います。

情報収集は人によって時間のかけ方が違うと思うので、ここでは情報収集が終わって実際に営業マンと商談する際の流れを紹介します。

営業マンのやる気を引き出し値引きを勝ち取る効果的なスケジュールは、基本的に3回~4回の交渉で契約するのが、長すぎず短すぎず、ちょうど良いでしょう

週末に交渉するのであれば、土曜日から商談をスタートさせて、翌週の日曜日に契約すれば土日が4回使えます。

土日は、「○○フェア」などキャンペーンを開催している事が多く、契約を取るため値引きが緩む傾向が強く、平日よりも値引き交渉が有利になります。

営業マンや販売店が、ノルマ達成に力を入れて売り込みをかけてくる毎月の15日~25日頃の間、第3週の土日(月によっては第4週)に契約の照準を合わせて商談スケジュールを組むと良いでしょう。

したがって、第2週の土曜日から商談をスタートさせて、第3週の日曜日に契約するのが値引交渉の基本ベースになります。(場合によっては1回や2回の商談で契約もありえます)

仕事や他の都合で平日しか商談できない場合は、ディーラーへ行く前にアポを取ってから行くとよいでしょう。

平日は営業マンも出払っている事が多く、せっかく行ったのに待たされたり、思うような商談が出来ないことも考えられるので、電話やインターネットから商談の予約をした方が効率的です。

短期決戦で新車値引きを引き出し契約する

短期決戦に有効なのは、モデルチェンジ前の在庫一掃セールの時や不人気車など、値引きが拡大している車種です。

これらのモデルは、短期決戦でも好条件が出る事があり、土日の2日間だけの交渉や、あるいは1日だけの商談でも大幅値引きを勝ち取る事が可能です。

じっくりと商談を重ねて新車値引きを引き出す

じっくりと時間を掛けながら交渉して有利なのは、発売直後のニューモデルなど値引きを引き締めている車種になります。

これらの車種を短期決戦で決めようとして、「契約するから値引きしてください」と言っても、ニューモデルやライバル車がいないことを理由にされて、好条件を引き出しにくくなります。

こういう場合は焦らずじっくりと交渉して、好条件が出るタイミングを見計らって攻めるようにしましょう。

短期とじっくり、両構え作戦で新車値引きを引き出す

実際の値引き交渉で有効になるのは、じっくり交渉するつもりで商談をスタートさせ、条件次第ではすぐにでも契約する両構え作戦です。

実際は早く買いたいので内心は焦っていても、「特に急いでないが、値引き次第ではすぐにでも契約する」とやるとこちらのペースで交渉できます。

決算期やキャンペーン、週末フェアを利用して新車値引きを引き出す

3月年度末の決算期

1月の初売りが終わると、ディーラーは年度末の決算に向けてのキャンペーンを展開するので、毎週末は決算による大幅値引きのチャンスです。

年度末決算時期である1月後半から3月20日前後の週末(土日)までの間に、上で挙げた「短期決戦」「じっくり交渉」「両構え作戦」を車種によって使い分けて、大幅な決算値引きが出れば契約しましょう。

9月の中間決算期

9月の決算期は、8月のお盆休みが終わってからが本格交渉のタイミングです。

8月のお盆休み明けの週末から9月20日前後の週末までの間に、「短期決戦」「じっくり交渉」「両構え作戦」を車種によって使い分けて、決算値引きの好条件になったら契約します。

6月7月のボーナス商戦

この時期はメーカーや販売店のホームページ、または新聞の折り込みチラシなどでキャンペーン情報をチェックして、週末フェアを狙います。

営業マンや販売店が、月ごとのノルマ達成に力を入れて売り込みをかけてくる15日~25日頃の間、第3週の土日(月によっては第4週)に契約の照準を合わせて、「短期決戦」「じっくり交渉」「両構え作戦」で商談スケジュールを組みます。

特にボーナス商戦終盤の7月の第3週か第4週の日曜日が、ボーナスフェア最後の追い込みとなるので、限界値引きのチャンスが大きくなると言えるでしょう。

11月、12月の年末商戦

年末の時期も6、7月と同じでキャンペーン情報をチェックして週末フェアを狙い、月ごとのノルマも考慮に入れて、「短期決戦」「じっくり交渉」「両構え作戦」で商談スケジュールを組みます。

ただ12月で注意したいのは契約は12月中で良いですが、登録も12月になると次回その車を売りに出す時、査定価格に影響が出てきます。

12月中に登録するのと、翌月の1月に登録するのとでは年式が1年古くなってしまいます。

実際は1ヶ月も違わないのに、下取り査定では年式が1年古くなり査定基準も下がってしまいます。

人気車であればその差は少ないですが、そうでない車種は差が大きくなってしまう事があります。

長く乗るのであれば気にすることはありませんが、3年以内に買い換える予定なら契約は12月でも、登録は1月にしてもらいましょう。

仮に「12月登録なら値引きが出せる」と言われたら、下取り時の年落ち分も含めて、限界まで新車値引きをしてもらいましょう!

夢あるカーライフの無料ネット車査定を受付中!お気軽にどうぞ

夢あるカーライフの無料ネット車査定へ

マンガの続きはこちら