大幅値引きの出やすい車種の攻め方

大幅値引きの出やすい車種は、競合車選びがポイントです。

大幅値引きが出やすい車種というのは不人気であったり、モデルチェンジ前であったり、売れていない車だったりします。

これらは値引きに頼って販売しているので、大幅な値引きが期待できるのですが、営業マンも最初はガードを固めてきます。黙っていては大幅値引きは期待できないでしょう。

しっかりと新車の値引き交渉することによって、大幅値引きを引き出したいところです。

買う気を見せて営業マンのやる気を引き出す

不人気やモデル末期で、売れていないことが理由で値引きが出やすい車種は、営業マンの方でも「ホントに買ってくれるのか?」という気持ちが強いです。

こういう場合は、まず最初に購入意志をはっきりと伝えておきます。「人気がなくても(モデル末期)でもこの車が気に入ってます」と言えば十分です。

でも「予算が限られているので・・」と、契約するのは値引き次第というような事を伝えれば良いでしょう。

セールストークに惑わされない

値引き拡大車でも営業マンは値引きを抑えて売ろうとします。そこで様々なセールストークで値引きを抑えようとしてきます。

例えば、

「会社の方針だから」
「この金額で皆さんに納得してもらってます」
「これ以上の値引きは無理です」
「うちの主力車種なので、モデルチェンジが近くても値引き勝負の売り方はしていません」
「これだけの装備内容で車両価格も抑えていますので、これ以上の値引きは無理です」
「リセールバリューが高いので後々得です」

などなどです。

こういったセールストークは値引きを抑えるために他ありません。

ある程度値引きが出ていると納得してしまいそうですが、さらに値引きに余力がある車種はここで納得しないで、以下のように切り替えしてみましょう。

「でも古さが目立つようで気になりますね」
「装備は普通の物がそろっていれば十分です」
「長く乗るつもりなのでリセールバリューは関係ありません」
「事情は分かりましたが、ライバル車の方が○万円安いのであちらを検討します」

などとセールストークには切り替えしておきましょう。

競合させて「安ければ買う」を強調する

値引き拡大車の場合は、同じジャンルや同じクラスの車種にこだわらず、同じように値引きが拡大している車種を競合車に選ぶと良いです。その際、使用目的に合っていることを強調します。

例えばSUVとミニバン、それぞれ値引きが拡大している同価格帯の車種を競合させて、「使用目的にあっているので、車種にはこだわっていません。とにかく安い方から買います」と競合させます。

実際、4人家族で休みの日に買い物やレジャーに車を使う場合なら、ミニバン、ステーションワゴン、SUVまで競合車として使えるでしょう。

この場合人気車をぶつけると、営業マンの方で「勝負にならない」と反応が鈍くなるので、同じように値引き拡大車をライバルにするのがポイントです。

まだ値引きに余力があるのに、どうしても相手が上乗せに応じてこなければ、「それじゃ今回はあきらめます」「他車の方が○万円安く買えるので、そちらにします」などと強気に出てみるのも良いでしょう。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...