大幅値引きの出やすい車種の攻め方

大幅値引きの出やすい車種は、競合車選びがポイントです。

大幅値引きが出やすい車種というのは不人気であったり、モデルチェンジ前であったり、売れていない車だったりします。

これらは値引きに頼って販売しているので、大幅な値引きが期待できるのですが、営業マンも最初はガードを固めてきます。黙っていては大幅値引きは期待できないでしょう。

しっかりと新車の値引き交渉することによって、大幅値引きを引き出したいところです。

買う気を見せて営業マンのやる気を引き出す

不人気やモデル末期で、売れていないことが理由で値引きが出やすい車種は、営業マンの方でも「ホントに買ってくれるのか?」という気持ちが強いです。

こういう場合は、まず最初に購入意志をはっきりと伝えておきます。「人気がなくても(モデル末期)でもこの車が気に入ってます」と言えば十分です。

でも「予算が限られているので・・」と、契約するのは値引き次第というような事を伝えれば良いでしょう。

セールストークに惑わされない

値引き拡大車でも営業マンは値引きを抑えて売ろうとします。そこで様々なセールストークで値引きを抑えようとしてきます。

例えば、

「会社の方針だから」
「この金額で皆さんに納得してもらってます」
「これ以上の値引きは無理です」
「うちの主力車種なので、モデルチェンジが近くても値引き勝負の売り方はしていません」
「これだけの装備内容で車両価格も抑えていますので、これ以上の値引きは無理です」
「リセールバリューが高いので後々得です」

などなどです。

こういったセールストークは値引きを抑えるために他ありません。

ある程度値引きが出ていると納得してしまいそうですが、さらに値引きに余力がある車種はここで納得しないで、以下のように切り替えしてみましょう。

「でも古さが目立つようで気になりますね」
「装備は普通の物がそろっていれば十分です」
「長く乗るつもりなのでリセールバリューは関係ありません」
「事情は分かりましたが、ライバル車の方が○万円安いのであちらを検討します」

などとセールストークには切り替えしておきましょう。

競合させて「安ければ買う」を強調する

値引き拡大車の場合は、同じジャンルや同じクラスの車種にこだわらず、同じように値引きが拡大している車種を競合車に選ぶと良いです。その際、使用目的に合っていることを強調します。

例えばSUVとミニバン、それぞれ値引きが拡大している同価格帯の車種を競合させて、「使用目的にあっているので、車種にはこだわっていません。とにかく安い方から買います」と競合させます。

実際、4人家族で休みの日に買い物やレジャーに車を使う場合なら、ミニバン、ステーションワゴン、SUVまで競合車として使えるでしょう。

この場合人気車をぶつけると、営業マンの方で「勝負にならない」と反応が鈍くなるので、同じように値引き拡大車をライバルにするのがポイントです。

まだ値引きに余力があるのに、どうしても相手が上乗せに応じてこなければ、「それじゃ今回はあきらめます」「他車の方が○万円安く買えるので、そちらにします」などと強気に出てみるのも良いでしょう。

夢あるカーライフの無料ネット車査定を受付中!お気軽にどうぞ

夢あるカーライフの無料ネット車査定へ

マンガの続きはこちら