MR-Sの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

トヨタMR-S

新車値引き一口コメント

「最初からこの車しか目に入っていない」と営業マンに思われると、足下を見られます。マツダのロードスターが直接の競合相手です。趣味性の強い車なので最初は値引きのガードが固いでしょう。しかしこれら競合車を絡めて、最後は経営の違うネッツ店同士の競合で値引きの上乗せを迫りましょう。

なお、MR-Sのカタログモデルは2007年1月末で生産終了。以降2007年7月末まで特別仕様車V EDITION ・ FINAL VERSION(1000台限定。232万円~240万円)のみの販売になります。欲しい人は早めに注文しましょう。

トヨタ MR-S限界値引き額

30万円

月販目標台数

300台

取り扱いディーラー

ネッツ店

価格帯

207万9000~236万7750円

MR-Sのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

2007年7月生産終了

ベースモデルは2007年1月末で生産終了。以降は特別仕様車(限定1000台)のみの販売

モデルチェンジ推移

2006年11月特別仕様車
2005年12月1日一部改良
2002年8月マイナーチェンジ
2000年8月一部改良
1999年10月12日デビュー

主要諸元

全長×全幅×全高(mm)
3895×1695×1235
最小回転半径(m)
5.0
室内長×室内幅×室内高(mm)
895-1350-1055
乗車定員(名)

2

車両重量(kg)
1010-1020
駆動方式
MR
排気量(L)
1794
最高出力 kW(PS)/r.p.m
103(140)/6.400
最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
171(17.4)/4.400
燃費(km/L)
14.0-14.8
使用燃料
レギュラー

有効な競合車

ロードスター

MR-Sのリセールバリューは?

MR-Sのリセールバリューは、10万キロを超えると廃車率が高くなりますが、状態が良ければ10~40万円ほどの査定相場が残っています。

10万キロ以下で走行距離が少ないほど、50万円を超える買取金額も可能です。

ファイナルバージョンに関しては特別に相場が高く、状態によっては100万円を超える売却金額が可能でしょう。

状態によって相場は大きく上下しているので、1店舗だけでなく複数の買取店で査定してもらう事をおすすめします。

MR-Sを多く置いている専門店などがあれば、そこで査定してもらいましょう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ