あなたのCX-3を無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

CX-3のガチな査定相場を紹介!

CX-3の無料ネット査定

あなたのCX-3、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがCX-3の査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

CX-3の中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のCX-3の査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

CX-3のグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのCX-3を買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のCX-3の本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】CX-3の無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

CX-3で査定が高くなる組み合わせは?

CX-3の高額査定が期待できる組み合わせは?

CX-3で高い査定が出るグレードはコレ!

1.5XD(ディーゼル車)
20S(ガソリン車)
4WD車

マツダ CX-3の高額査定を目指す上で、クルマ購入時のグレード選択は基本中の基本です。

上記に高額査定・高リセール(購入価格に対する査定相場≒お得の度合い)が期待できるグレードを挙げていますが、CX-3は基本的にどのグレードも査定相場が高く、おおむね横並び状態となっています。

となると、現状では「初期費用が安いほど高リセール≒お得」となるため、ディーゼル車・ガソリン車からそれぞれ最も購入価格の安いグレードをピックアップしました。

ちなみに、雪道や悪路などでも安定した走行性から根強いニーズを確保しつつも販売台数の少ない4WD車は、その需給バランスから査定相場が安定しています。

これらのグレード・仕様を選んで、CX-3の高額査定を有利に進めていきましょう。

CX-3で高い査定が出る人気色はコレ!

CX-3の高額査定が期待できる人気カラー

スノーフレイクホワイトパールマイカ
ジェットブラックマイカ
ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダ CX-3の高額査定を目指す上で、ボディカラーの選択は最も重要なポイントの一つです。

ボディカラーはCX-3の第一印象≒人気を大きく左右するため、人気の高いカラーほど、相応にCX-3でも高額査定が期待できます。

清潔感と開放感で明るい気持ちになれる「ホワイト」、重厚感と高級感でクールな気分を楽しめる「ブラック」という定番の人気2カラーに加えて、マツダの「魂」とも言えるトレードカラー「ソウルレッドクリスタルメタリック」も人気が高く、査定相場も比例しています。

中古車市場を調査すると、ホワイト&ブラック+ソウルレッドの人気3カラーと、その他のカラーでは、CX-3の査定相場に10万~30万円の金額差がついていました。

これらのボディカラーを選んで、CX-3の高額査定をより確実なものにしていきましょう。

CX-3で高い査定が出る人気のオプションはコレ!

CX-3の高額査定が期待できる人気オプション・BOSEサウンドシステム

マツダ CX-3を新車で購入するなら、工場でCX-3を製造するとき一緒に作りつけるメーカーオプションの選択も、高額査定を目指す重要なポイントとなります。

後付け不可なために査定相場のプラスとなりやすいのですが、闇雲につけるのではなく、有利なものを厳選して装着する必要があります。

♪Boseサウンドシステム ♪
人間の音感を基に、理想的な車内音響を追求するBoseサウンドシステムは、その音質とブランド力から高い人気を誇り、オプション料金の元はとれないながら、CX-3売却時の買取相場プラスにつながるため、おススメしたいオプションです。

こうしたメーカーオプションを活用して、CX-3の高額査定を後押ししましょう。

CX-3の査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

CX-3の査定ダウンにつながる不人気カラー

セラミックメタリック
マシーングレープレミアムメタリック

先ほど「人気カラーのCX-3は高額査定に有利」と言いましたが、それは逆に「他カラーのCX-3は高額査定に不利」ということになります。

シルバー系の渋いセラミックメタリックは、新車での人気は高いものの、中古車市場ではユーザー層の若年化によって人気が低下。査定相場が安くなってしまいます。

マシーングレープレミアムメタリックは、マツダのこだわり塗装「匠塗(TAKUMINURI)」の一つですが、そのオプション料金(54,000円)ゆえに初期費用がかさみ、リセール的に不利となってしまいます。

CX-3の高額査定を目指すのであれば、よほどのこだわりがない限りこれらのカラーは避けた方がいいでしょう。

修復歴による査定の減額

フィットの査定がダウンしてしまう修復歴

事故やトラブル等で「修復歴あり」となってしまったマツダ CX-3は、無傷のCX-3と比べて査定相場が大きく下がります。

中古車市場を調査した結果、修復歴の有無でCX-3の査定相場に30万~50万円以上の金額差が出ています。

更に修理コスト(数千円~数十万円以上)が加わりますから、非常に大きな損害が出ることになります。

そんな事で泣きを見ないよう、日頃からCX-3を大切に乗るようにしましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

CX-3の査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはCX-3の売却時期を検討する大きなポイントとなります。

モデルチェンジにはフルモデルチェンジ>マイナーチェンジと大きく2種類があり、それぞれ大きさに応じてCX-3の査定相場に影響を及ぼします。

モデルチェンジのタイミングを逃すと、CX-3の売却で大きな損失をこうむる事となります。

しかしモデルチェンジ情報は事前から入手できるため、CX-3のモデルチェンジ時期が近づいたら、モデルチェンジの3か月前を目安にCX-3を売却できるようにしましょう。

輸出によるCX-3の査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

・現行(2015年2月~) 不明

過走行や修復歴などで国内市場で敬遠されてしまうような状態のCX-3でも、海外市場でニーズが開拓できれば、輸出買取相場で買い取って貰える可能性があります。

とは言え、発売から年数の浅いCX-3は十分に国内市場で通用するので、現時点ではデータ不足につき不明です。

しかし、CX-3は海外市場でのニーズも十分に出て来るでしょうから、今後動向をつかみ次第、随時情報を更新していきます。

CX-3の査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

CX-3の査定相場とリセールバリュー

ここでは、当サイトが業者オークションデータを元に独自査定したCX-3の査定相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがCX-3を売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)CX-3の査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)CX-3の査定相場とリセールバリュー

2015年2月~販売中

CX-3 XD/色:白黒/修復歴なし/新車価格243.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 197万円 80.8% 158万円
2017年 1.2万キロ 196万円 80.4% 141万円
2016年 0.9万キロ 177万円 72.6% 127万円
2015年 3.4万キロ 151万円 61.9% 113万円

現行型(初代)CX-3の査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

2018年5月にマイナーチェンジが入っているものの、後期型(型式:DK8型)の流通台数がゼロのため、すべて前期型(型式:DK5型)となっています。

CX-3の査定相場を年式で追っていくと、1年落ち・2017年式以降は20万~25万円/年ペースで下降、3年落ち残価率は61.9%と普通乗用車の平均値(50~55%)こそ上回るものの、今後の推移が気になるところです。

現行型(初代)CX-3 (ガソリン車)の査定相場(2018年8月査定)

CX-3の査定相場とリセールバリュー

2017年6月~販売中

CX-3 20Sプロアクティブ/色:白黒/修復歴なし/新車価格233.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 207万円 88.7% 162万円
2017年 0.6万キロ 197万円 84.4% 153万円

2017年6月からデビューしたCX-3ガソリン車の査定相場と残価率を、年式ごとにまとめました。

現時点ではデータが少ないため先行きは読みにくいですが、ディーゼル車に比べて車両本体価格が安いため、残価率で有利となりやすい傾向が見られます。

ところで、表の右端にCX-3をディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて40万~55万円ほど安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルを使って査定し、人気カラーやオプション等はほぼ無視するために生じる差額で、ディーラー査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまうリスクを意味します。

自分のCX-3は本当にその査定相場で適正なのか、CX-3を買取店に持っていって、正しい査定相場を把握しておきましょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

過走行や修復歴あり、事故現状車のCX-3でも売れるのか?

2015年2月の発売から年数の浅いCX-3ですが、過走行車(走行距離10万キロ超)や修復歴あり、又は事故現状車でも査定相場が残るでしょうか。

ここではそんな疑問を解消するべく、業者オークションを調査して過走行や修復歴のあるCX-3をピックアップ、中古車市場の動向からCX-3の査定相場について分析していきます。

過走行・修復歴あり・事故現状車でもCX-3に査定相場は残るか?
2016年式 CX-3 XD 4WD 45,000㎞ ブラック 修復歴なし(事故現状車)  28万円

今回の調査ではまだ過走行車がほとんどなく、修復歴ありでも110万~130万円以上の査定相場が残っていたため、ユーザーにとってよりリアルに想定しうる事故現状車の中から、最も被害の大きかった1台をチョイスしました。

見ての通りフロント部が大破しており、出品表によれば「移動不可」つまり不動車ですが、まだ使えるパーツが残っている(であろう)ため、約30万円の査定相場が残っています。

しかし、これ以外のCX-3は高年式ゆえにほとんど100万円以上の査定相場を残しており、普通に乗っている限りにおいて査定相場が残らなくなる事態は考えなくてよさそうです。

とは言うものの、少しでも手元に多くおカネを残したいのが人情ですから、以下にCX-3の査定相場がより残りやすい傾向をまとめます。

廉価グレードほど残価率で有利(グレード差が査定相場に出にくい)
現状では走行距離を気にしなくて大丈夫
修復歴があっても走行可能なら大丈夫
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利
4WDよりも2WDの方が有利

これらの条件をより満たすCX-3ほど高額査定を見込めますが、何も考えずにディーラー下取りに出すと、過走行や修復歴を理由に査定金額の大幅ダウンや、最悪「ゼロ円&処分手数料」と査定されても鵜呑みにしてしまうかも知れません。

そうなると数十万~100万円以上も大損するリスクがあるため、ディーラーの査定相場が適正かどうか、買取店でもCX-3を査定してもらい、しっかりチェックしたいところです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら