ポルシェ カイエンのおすすめ中古車はコレ!

ポルシェ カイエンの夢あるカーライフ

ポルシェ初の5ドア車となったカイエンです。初代カイエンは世界的に見ても爆発的なヒットとなりました。

他のメルセデスやBMW、アウディなどのSUVと比べて中古車の値落ちが少ないことから見ても、その人気の高さが伺えます。

ポルシェブランドのステータス性も人気の大きな要因でしょう。

 

中古車市場では、ベーシックグレードのV6が人気です。V8のカイエンSやカイエンターボ、ターボSなどは値落ちも大き目ですが、V6は値落ちも少なめで相場も安定しています。

これは中古車購入ユーザーが、購入後の維持費を考えて、排気量が小さく燃費が良いベーシックグレードを選ぶ傾向が強いため、中古車相場も高めで推移しています。

 

初代モデルではV6よりもV8の方が安かったり、前期モデルではターボとV6が同じ価格帯と言った物件も見られます。

とは言え、絶対的な性能でSやターボには魅力があります。

購入後の維持費を優先するか、圧倒的なパワーと走りを割安に堪能するか、どちらにせよ憧れのポルシェブランドを味わうことが出来ます。選ぶのはあなた次第(笑)

ポルシェカイエンの中古車(タイプ955/957)2002年9月~2010年2月生産モデル

初代カイエン 初代カイエン

初代カイエンの中古車は、大分価格がこなれてきました。

下は走行距離10万キロオーバーが多く、車両本体価格60万円台から。

上は走行距離10万キロ以下~5万キロ以下も多く、後期モデルで車両本体価格300万台~400万円台となっています。

前期型カイエンは、100万円台後半の流通量が多く、その後の維持費や故障のリスクはあるにせよ、比較的割安な価格で「高級車のポルシェ カイエン」に乗る事が出来ます。

後期型カイエンは、200万円台~300万円の間で最も流通量が多くなっており、まだまだ高値ですが、新車価格からすれば大分値が落ちてきました。

後期型は前期型よりも当然中古車の程度が良いので、予算があれば後期型のカイエン中古車がおすすめです。

中古車価格は高いですが、新車からの値落ち率で言えば、上級グレードほど値落ちが大きいので、ベースグレードよりもカイエンSやターボの方が割安感があります。

ポルシェカイエン(初代)の中古車相場 カーセンサー

goo-net(グーネット)でカイエンを検索

ポルシェカイエン(初代)のカタログ

ポルシェカイエンの中古車(タイプ958)2010年3月~2017年11月生産モデル

2代目カイエン 2代目カイエン

2代目ポルシェ カイエンの中古車は、下は300万円をギリギリ切る位から上は1千万円オーバーまで、まだまだ高値が続いています。

2代目カイエンの前期型では、500万円台が最も流通量が多く、予算が出せるなら程度が良くてそれなりに豊富なカラーやグレードから選ぶ事が出来るでしょう。

300万~500万円の価格帯もまずまず流通台数が多いので、色や走行距離・グレードなど、何か一つでも妥協できれば、程度の良い中古車のカイエンに乗る事が出来ます。

2代目カイエンの後期型は、最安で500万円台からありますが、台数はまだまだ少なく、低走行の中古は700万~900万円のレンジ、GT-S、ターボの極上モデルは1000万円をオーバーしています。

2代目カイエンの中古車は、前期型なら流通量も多く新車価格と比べて割安感もありますが、後期型は台数が少なく値落ちもあまり進んでいないため、それなりの予算が必要になるでしょう。

ポルシェカイエン(2代目)の中古車相場 カーセンサー

goo-net(グーネット)でカイエンを検索

ポルシェカイエン(2代目)のカタログ

ポルシェカイエンの中古車(現行型)2017年12月~

ポルシェカイエン3代目

現行型ポルシェカイエンの中古車は、まだまだ中古車市場には出回っていません。

割安な中古車が出回るまでは、まだ数年掛かりそうです。

ポルシェカイエン(現行)の中古車相場 カーセンサー

goo-net(グーネット)でカイエンを検索

ポルシェカイエン(現行)のカタログ

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

無料ネット査定とおすすめコーティング

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定LINEもOK! 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら LINEで無料ネット車査定に申し込むならこちら こんな方にネット車査定はおすす...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ