話題のカローラクロスは今秋発売か?その詳細を徹底解説!

カローラクロス

2020年7月にタイで発表された「カローラクロス」は、ヤリスクロスとRAV4の中間に位置付けられるコンパクトSUVだ。

いまのところ海外市場専用車だが、この秋にも国内デビューが噂され注目度が高まっている。

ここではカローラクロスの詳細を徹底解説するので、参考になれば幸いだ。

カローラクロスの車格はRAV4に近い

カローラクロスはトヨタ最新のプラットフォーム「TNGA」を採用すると同時に、リアサスペンションに新開発のトーションビームを採用したことが特徴だ。

ここで、カローラクロスのスペックをヤリスクロス、RAV4と比較しながら紹介しよう。

寸法 / 車名RAV4カローラクロスヤリスクロス
全長×全幅×全高 (mm)4,600×1,855×1,6854,460×1,825×1,6204,180×1,765×1,590
ホイールベース (mm)2,6902,6402,560
最低地上高 (mm)190~200160170
最小回転半径 (m)5.5~5.75.25.3
パワートレイン2.5Lハイブリッド / 2Lガソリン1.8Lハイブリッド / 1.8Lガソリン1.5Lハイブリッド / 1.5Lガソリン

カローラクロスのボディサイズやホイールベースはヤリスクロスよりかなり大きく、車格的にはRAV4に近い。

一方で最低地上高は3台のうち最も小さく、本格SUVというより都会派クロスオーバーSUVと位置づけられていることが分かる。

特筆すべきは最小回転半径で、弟分のヤリスクロスよりも小回りが効く。

用意されるパワートレインは、カローラ / カローラツーリングなどにも搭載される1.8Lハイブリッドと1.8Lガソリンエンジンの2種類だ。

排気量はヤリスクロスとRAV4の中間くらいで、車格相応と言える。

カローラクロスの外装はアグレッシブなイメージ

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

フロントマスクの造形は、メッキの加飾が施された巨大なグリルが特徴だ。

獰猛な肉食獣を彷彿とさせる迫力や力強さが感じられる。

フロントからサイド、リアへと続くプレスラインは立体的で、全体的に躍動感の強い造形だ。

プレーンなヤリスクロスとは一味違うデザインで、テイストはどちらかと言えばRAV4に近いだろう。

好き嫌いを別にすれば、存在感は抜群と言える。

カローラクロスの内装カラーは2種類

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

カローラクロスの内装色は、ボディカラーに応じてレッドテラロッサかブラックのいずれかが組み合わせらされる。

インパネのデザインは他のカローラシリーズと共通性があり、馴染みやすい印象だ。

外観ほどの強い個性はないが、その分万人受けするだろう。

室内は広く、後席の足元スペースや頭上スペースも十分確保されているとのことだ。

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

荷室容量は487Lで、RAV4の580Lには及ばないものの、ヤリスクロスの390Lよりは大きい。

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

これだけの容量があれば、レジャーユースでも困らないだろう。

カローラクロスのパワートレインは2種類

カローラクロスのパワートレインは、1.8Lガソリンエンジン+モーターのハイブリッドシステム「THS-Ⅱ」 (システム最高出力122ps)と、1.8Lガソリンノンターボエンジン (最高出力140ps)+7速マニュアルモード付CVTの2種類だ。

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

スペックはカローラ / カローラツーリングなどと同一だが、車両重量の増加に対応するため最終減速比は下げられている。

駆動方式はハイブリッド、ガソリン車ともにFFと4WDを設定。

4WDシステムは独立した後輪用モーターを持つE-Fourではなく、オーソドックスな機械式4WDだ。

カローラクロスに用意される装備は?

カローラクロスに用意される主な装備は、以下の通り。

  • 明るく省エネのLEDヘッドライトLEDデイタイムランニングライト
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

  • 静粛性を高める遮音ガラス
  • 手触りのいい本革巻ステアリングホイール
  • ドライビングポジションを電動調整できる運転席8ウェイパワーシート
  • 後席に温風を送るリアヒーターダクト
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

  • 後席用USBコネクター
  • リアバンパー下に足をかざすだけで電動開閉できるパワーバックドア
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

  • 車両や歩行者との衝突防止を支援する自動ブレーキ
  • 車線中央付近を走行するようステアリング操作を支援するレーントレーシングアシスト
  • 車線からはみ出しそうになると報知する車線逸脱警報
  • 斜め後方の死角から接近する車両を検知すると表示でお知らせするブラインドスポットモニター
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

  • バックで出庫する際に後方左右から接近する車両を検知すると報知するリアクロストラフィックアラート
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

  • 先行車に自動追従走行するレーダークルーズコントロール
  • 車両を上から見下ろしたような映像を表示するパノラマビューモニター
  • ドライバーの足を保護するニーエアバッグを含むSRS7エアバッグシステム
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

  • スマホとの連携も可能な9インチディスプレイオーディオ
カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

以上の装備は他のトヨタ車でお馴染みのものばかりで、特に目新しい装備はない。

装備の充実度としては、このクラスのSUVとして平均的なレベルだ。

また、ここで取り上げた装備は全車に付くものと、上級グレードにしか付かないものがある。

現地のグレード体系がそのまま国内で展開される可能性は低いので、ここではグレード名とグレードごとの装備については割愛する。

カローラクロスはクラスを超えた車格感が最大の魅力

カローラクロス

toyota.co.th/corollacross

カローラクロスは日本の路上でも持て余すさずに済むサイズなので、RAV4では大き過ぎると思っていた人には魅力的に映るだろう。

外装デザインの押し出しが強く、クラスを超えた車格感が備わる点も魅力だ。

内装の質感も高そうだし、室内スペース・荷室スペースにも不足はない。

パワートレインは平凡で、際立った走行性能は期待できないが、車のキャラクターを考えれば特に欠点とは言えないだろう。

静粛性や乗り心地には力が入れられていると言うので、ここは期待できそうだ。

装備面でも過不足がなく、総合的に高い満足度が得られるに違いない。

価格にもよるが、国内で発売されたら多くのユーザーから支持を得そうだ。