あなたのラパンを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ラパンのガチな査定相場を紹介

ラパンの無料ネット査定

あなたのラパン、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがラパンの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ラパンの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のラパンの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ラパンのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのラパンを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のラパンの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】ラパンの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ラパンで査定が高くなる組み合わせは?

ラパンの高額査定が期待できる組み合わせ

ラパンで高い査定が出るグレードはコレ!

G
X
4WD

ラパンの中で、高額査定が期待できるグレードはこちらです。

ラパン G

最廉価グレードでありながら、最低限の装備を搭載しているGは、街乗り用として乗りやすいと女性からの人気の後押しもあり、比較的高い査定金額が付く傾向にあります。

ラパン X

上級グレードのXは、ナノイー付きのオートエアコンなど軽自動車としては申し分ない装備が搭載しているため、新車価格よりも値が落ちている中古車市場で人気が高く、査定相場も高水準です。

ラパン 4WD

雪道やオフロードであっても難なく走行可能な4WDは、寒冷地にお住まいのユーザーなどから一定の需要があります。

その需要に対して、市場に出ている台数が少ないこともあり、4WDの査定価格は高値で推移しています。

ラパンで高い査定が出る人気色はコレ!

ラパンの高額査定が期待できる人気カラー

 ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール

ラパンで高額査定が期待できるグレードは上記の2色です。

ホワイトブラックは流行にも左右されない無難さから人気が高く、多色と比べて高値で買取されています。

実際、新車から3年以内のラパンの買取相場をチェックしてみると、ホワイトやブラックのラパンは他色よりも10万円~15万円高く買取されていることがわかりました。

リセールバリューを意識してラパンを購入する場合は、ホワイトやブラックを選ぶと良いでしょう。

ラパンで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ディーラーオプションナビ
全方位モニター

ラパンで高額査定を受けるためには、装備されているオプションも重要です。

上記のオプションが装備されているラパンは買取時にプラス査定が付きます。

ラパンの高額査定にプラスとなるナビ

事実、ナビが装着されているラパンは買取査定時にプラス査定を受けており、ナビに対する需要が高いことがわかりますね。

ラパンの高額査定が期待できる全方位モニター

ラパンを上から見下ろしたような映像をナビに表示するシステムの全方位モニターは、スズキの中でも人気があるオプションのひとつです。

全方位モニターが付いていることでバック時の事故防止にもなり、駐車時にも便利ですよね。

ラパンの高額査定が期待できる全方位モニター画面

全方位モニターは実際に使うと便利さが実感できることもあり、一度使うとまた使いたいと思うユーザーが多いです。

そのため、近年は需要が上昇傾向にあり、プラス査定にも繋がっています。

プラス査定が付くオプションは、ご自身が使う上でも便利な機能が多いです。

そのため、上記のオプションのことを気に留めつつラパンを購入すると、乗っている時にも手放す時にもお得なのでおススメします。

ラパンの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ラパンの査定で不利になりやすい不人気カラー

フォーンベージュメタリック
アーバンブラウンメタリック

中古車市場では、ラパンの中でも人気のあるカラーとあまり人気がないカラーが存在しています。

当然ですが、人気のあるカラーのラパンは良く売れるため査定価格は高水準です。

そうなると・・・あまり人気がない上記カラーのラパンは、人気カラーのラパンよりも査定時に減額されてしまうんですね。

実際の査定相場を調べてみましたが、新車から3年以内のラパンの場合、人気のカラーと上記2色とでは10万円前後も査定金額に差が出ていました。

また、ラパンではパステルカラーの人気も高く、パステルカラーだからといって査定金額が下がる傾向は見られませんでした。

ラパンは女性から人気が高いクルマなので、パステルカラーの需要も比較的多いです。

リセールを意識してラパンを購入する際は、以上のこともふまえて選んでみてくださいね。

修復歴による査定の減額

ラパンの査定で不利になる修復歴

残念ながら「修復歴あり」になってしまったラパンは買取査定時に減額されてしまいます。

実際ラパンの査定相場を見てみると、修復歴ありのラパンは修復歴なしのラパンよりも20万円~40万円近くも減額されて査定されていました。

もちろん、走行性能を左右する部位とは関係のないところを修正・補正して「修復歴あり」になってしまうことも多々あります。

そのため、「修復歴あり」のクルマを一概に敬遠する必要があるのか?と言われると難しいですよね。

しかし、「アリナシで言ったらナシの方が良いに決まっている」というのが多くのユーザーの意見です。

現状、日本国内では修復歴ありのクルマは敬遠されてしまう傾向が強いです。

したがって、修復歴ありのラパンは高値で査定されません。

日頃から安全運転を心掛けていきましょう!

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ラパンの査定に影響を与えるモデルチェンジの影響

内外装や機能面に至るまで大幅に変更を加えるフルモデルチェンジは、ラパンの査定相場に大きな影響を与えています。

実際ラパンの査定相場を調査してみましたが、フルモデルチェンジ前後で20万円近く査定価格に差が出ていました。

一般的に軽自動車の場合は、フルモデルチェンジによる査定相場への影響は普通車よりも小さいと言われていますが、それでも20万円は大きな額ですよね。

通常、モデルチェンジの入る約3ヶ月前からラパンの査定相場は下がり始めるため、モデルチェンジの時期を事前に抑え、3か月前ごろまでには売れるようにしましょう。

輸出によるラパンの査定相場の底値は?

ラパンの輸出査定相場

現行(2015年6月~) 不明
2代目(2008年11月~) 廃車~5万円前後
初代(2002年1月~) 廃車~5万円前後

「年式が古い・過走行気味・修復歴アリ」になってしまい国内需要から外れたラパンは、海外に輸出される可能性があります。

例えば、日本では10万キロ以上乗ったクルマは敬遠されることもあるでしょう。

しかし、海外ではそうではありません。50万キロ、もっと言えば100万キロ以上乗ることも珍しいことではないんですね。

走行距離10万キロ以上だとしても、海外では「まだまだ全然乗れるよ」というわけです。

日本は車検制度もしっかりしていますし、「日本人はクルマを丁寧に乗る」と海外では評判で、日本車の評価は海外から非常に高いです。

この傾向はラパンでも例外はなく、国内相場からは外れたとしても、上記に記載してある輸出買取相場で買取られる期待が残されています。

クルマ全体としてではなく、エンジンなどの部品単体を評価されて買取られるパターンもありますので、諦めずに一度査定してもらうことをおススメします。

10年間のラパンの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ラパンの査定相場・10年間の推移

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、ラパンの査定相場推移です。ラパンを売るタイミングの参考にしてください。

現行型ラパンの査定相場(2018年7月査定)

現行型ラパンの査定相場

2015年6月~販売中

ラパンL/色:白黒/修復歴なし/新車価格120.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 98万円 81.5% 78万円
2017年 0.6万キロ 89万円 74.0% 69万円
2016年 2.5万キロ 73万円 60.7% 58万円
2015年 2.6万キロ 67万円 55.7% 52万円

2018年7月時点での現行型ラパンの中古車相場を独自に査定、年式ごとにまとめました。

3年落ちラパンのリセールバリューは55.7%と3年落ち普通乗用車の平均値(50~55%)をやや上回っており、概ね年式相応に査定相場が下降していきます。

ちなみに、ラパンは女性ユーザーの好みに合わせて開発された事もあって、パステルカラーでも人気が高く、査定相場にあまり差がありません。

とは言うものの、けっこう男性が乗っていることも多いため、やはり定番のパールホワイト&ブラックの方が安定した査定相場を見込めます。

ちなみに、表の右端にラパンをディーラー下取りに出した場合の査定額を載せていますが、買取店での査定額に比べて5万~20万円安くなっているのが分かります。

この差額を、諸般の手続きを全部やってくれるコストと割り切れなくもありませんが、少しでもお金を手元に残したい場合は、買取店でも査定してもらい、差額を検討するといいでしょう。

2代目ラパンの査定相場(2018年7月査定)

2代目ラパンの査定相場

2008年11月~2015年6月生産モデル

ラパンG/色:白黒/修復歴なし/新車価格118.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2015年 3.7万キロ 49万円 41.4% 39万円
2014年 4.3万キロ 46万円 38.9% 35万円
2013年 4.8万キロ 40万円 33.8% 30万円
2012年 5.6万キロ 37万円 31.3% 22万円
2011年 6.9万キロ 32万円 27.0% 17万円
2010年 7.8万キロ 28万円 23.6% 13万円
2009年 9.3万キロ 17万円 14.3% 12万円
2008年 10.0万キロ 15万円 12.6% 10万円

2018年7月現在の2代目ラパンの中古車相場をサイトで独自査定した結果を、年式ごとにまとめています。

フルモデルチェンジの影響により、先ほどと同じ3年落ちでも、査定相場に15万円以上(リセール差約14%)の差が出ていました。

その後は5万円前後の幅で穏やかな下降を示し、8年落ちから9年落ちで10万円以上ガクッと下がる他は、それ以降も穏やかな値動きとなっています。

なので、残したい金額にもよりますが、8年落ちまでに売却するか、いっそとことん乗り倒して元をとる選択肢も十分にアリでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

10年落ちオーバー、過走行でもラパンは売れるのか?

ラパンは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、初代ラパンを例に見てみましょう。

ラパンは旧年式・過走行車でも売れるのか?
14年落ち ラパンG 96,000㎞ ベージュ/ブラウン(2トーン) 修復歴あり 
5万円前後

この14年落ちの初代ラパンをオークション落札価格から査定したところ、5万円前後の査定相場が残っていることがわかりました。

内容は「Fクロスメンバー凹み」「コアサポート交換(修復歴)」「下回りサビ(スズキ車に多い)」「室内ペットの毛」「室内キズ多数」等々、かなり状態が悪いものの、それでも査定相場が残っています。

ただ、走行距離には敏感なようで、走行距離が10万キロを超えた年式相応(1万キロ/年走行)のラパンは査定相場が残っておらず、廃車同然の査定価格しかつきませんでした。

とは言え、10年落ちオーバーの旧年式であっても、車両状態のよい(特に走行距離の短い)ラパンについては、5万~15万円前後の査定相場が残っている事例も少なくありません。

なので、ディーラー下取りで「これでは値段がつきません」と言われても、大切(年式相応以上)に乗って来られた方は、希望を捨てずに買取店で査定してもらう価値は充分でしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら