あなたのスペーシアを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

スペーシアのガチな査定相場を紹介

スペーシアの無料ネット査定

あなたのスペーシア、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがスペーシアの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

スペーシアの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のスペーシアの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

スペーシアのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのスペーシアを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のスペーシアの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

スペーシアの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

スペーシア ネット車査定の事例/高知県 栗さん

スペーシアカスタムのネット車査定の事例

スペーシアカスタム ハイブリッドXSターボ 査定相場 147万~157万円
コウさん
コウさん

スペーシアの査定ポイント

お乗りのスペーシアカスタムと同等条件の車両をオークションで絞り込んでいくと、概ね上記の査定相場となります。

 

現在出ている他店の150万円は悪くない査定額ですが、もう少々上乗せした金額で売りたいところです。

 

複数の買取店で査定してもらい、上限付近の150万円台後半の金額を出す買取店を見つけられるといいでしょう。

 

または、ユーザーが参加できる買取オークションに参加して、最低落札価格を設定して出品してみるのも良いかもしれません。

 

オークションへ転売せず、自社で小売りする買取店や中古車販売店なら、160万円を超える買取額の可能性もあります。

 

12月に入ると、オートオークションの取引が低調になり、落札価格が伸びなくなる傾向なので、年内に売るなら速めに動かれた方がいいでしょう。

ネット車査定の実施日 2018年11月29日
ネット車査定利用者プロフィール 栗さん・高知県
車名・グレード名 スペーシアカスタム ハイブリッドXSターボ
車両データ 平成30年(2018年)式・走行4,000㎞・ピュアホワイトパール
他店の査定額 150万円(実査定)
ネット車査定の相場 147万~157万円
実際に売れた売却金額 163万円
ネット車査定利用者のコメント とても的確なご返信で驚きました。全てご返信の通りです。

当初付き合いの長い販売店で150万の査定、次に自社販売の買取店で160万の査定、最終的に当初の販売店で163万で合意しました。

もう少しお話できそうでしたが、付き合いもありましたので落としどころと判断しました。

当年車でしたので12月に入ると10万ほどの査定ダウンとなり、本当に一言一句全て夢カーさんの仰る通りの相場でした。

査定申込フォームも良い意味で簡素で分かりやすく、個人情報の入力も必要ないので、気軽に利用できました。

あえて挙げるとするならば、車の写真が必要な事がフォーム入力前に分かるように記載or表示して頂けるとスムーズかなと思いました。

写真必須に気付かずフォーム入力中に写真を撮りに外へ出る事になりましたので、軽い気持ちで利用される方はそこで面倒に思ってしまうかもしれません。

とは言え査定結果の返信も早く、満足度はかなり高いです。

もう一台売却を考えている車がありますので、また必ず利用したいと思います。

今後もどうか末永く、ネット無料査定サービスの継続を願うばかりです。ありがとうございました。

スペーシアで査定が高くなる組み合わせは?

スペーシアの査定金額アップな組み合わせ

スペーシアで高い査定が出るグレードはコレ!

カスタム ハイブリッドGS
ハイブリッドX
4WD

スペーシアの中で、高額査定が期待できるグレードはこちらです。

スペーシアカスタム ハイブリッドGS

新型スペーシアカスタムは、外観が高級ミニバンで知られるアルファードにも似たエアロ仕様になっていることもあり、中古車市場でも人気が高いです。

その中でも、スペーシアカスタム ハイブリッドGSは衝突被害軽減ブレーキを装着していることに加え、マイルドハイブリッド搭載車ということも現代のユーザーからの需要にマッチしており、高値で査定される傾向です。

スペーシア ハイブリッドX

自動ブレーキを含むディュアルカメラブレーキサポートのほか、エアコンもナノイー搭載になっており、装備内容の充実度が高いスペーシア ハイブリッドX。

Xのみに設定されている2トーンカラーも、「カラーリングの充実度が高い」とユーザーから評判が良く、魅力のひとつになっています。

Xは、中間グレードなこともあり、「とりあえずXを買っておけば安心」と感じているユーザーも多いことから、査定相場も高値で推移しています。

スペーシア 4WD

中古車市場でスペーシア4WDの流通量はだいたい10~15台に1台くらいの割合なため、希少性が高いです。

スペーシア4WDは、雪道や山道での走行が必須の場所に住んでいるユーザー等から一定の需要がありますが、その需要に対して供給が足りていないため、高値で査定される傾向があります。

スペーシアで高い査定が出る人気色はコレ!

スペーシアの査定金額がアップする人気カラー

 ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール

スペーシアで高額査定が期待できるグレードは上記の2色です。

流行や好みに左右されないホワイトやブラックのスペーシアは、幅広い年齢層のユーザーが違和感なく乗ることができます。

そのようなクルマは、中古車販売店側から見ても購売層が広いため、高値で査定されます。

実際、新車から3年以内のスペーシアの査定相場をチェックしてみると、ホワイトやブラックのスペーシアは他色よりも10万円前後高く査定されていることがわかりました。

ボディーカラーに迷っている」「特に好みの色がない」という方は、ホワイトかブラックを選んでおけば、売却する時、プラス査定に繋がるでしょう。

因みに、ホワイトやブラックとまではいきませんが、スペーシアの場合、パープルも他色に比べてプラス査定が付く傾向です。

スペーシアで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

ディーラーオプションナビ
全方位モニター

上記のオプションが付いているスペーシアはプラス査定が付きます。

初めての場所をクルマで訪れる場合など、やはりナビが付いていると便利ですよね。

スペーシアのディーラーナビ

その中でも、ディーラーオプションナビは、色々な人が一般的に必要とされる機能のみに絞り誰でも使いやすいように作られているため、査定時にプラス評価を受けています。

査定相場アップにつながる全方位モニター

スペーシアを上から見下ろしたような映像をナビに表示するシステムの全方位モニターは、スズキの中でも人気があるオプションになっています。

バックのほか、縦列駐車時などもこれまで死角だった部分を確認できるため、ぶつかるリスクを軽減してくれます。

上記のようにプラス査定が付くオプションは、査定時に買取額がプラスになるというだけではなく、ご自身が使う上でも便利な機能が多いので、費用対効果は高いと思います。

スペーシアの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

スペーシアの査定で不利となりやすい不人気カラー

ツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック

上記のような人気が薄いカラーのスペーシアは査定時に減額されてしまう傾向が強いです。

実際の中古車市場では、人気があるクルマ=売れる確率が高いため、良く売れるクルマには買取店も高額査定を付けます。

そうなると……逆に……人気がないクルマは売れ残る確率が高くなるため、買取店はそのようなクルマに高い査定を付けません。

実際の査定相場を調べてみましたが、新車から3年以内のスペーシアの場合、人気のカラーと上記2色とでは10万円前後査定金額に差が出ていました。

そのため、リセールバリューを意識してスペーシアを購入する場合、上記のことを気に留めて選んでいただきたいと思います。

しかし、実際に上記カラーのスペーシアを査定に出して想像よりも安い査定金額が付いてしまった場合は、そのまま乗り続けるという選択もアリだと思います。

買取ではマイナス査定を受けてしまうカラーであっても、ご自身の好みで選んだカラーの愛車ですから、安売りするのは悲しいですよね。

乗り続けている間に、次のクルマの購入資金を確保することもできますし、安値の査定が付いたことも必然で「乗り続けてほしい」というクルマからのメッセージかもしれません。

修復歴による査定の減額

スペーシアの査定ダウンにつながってしまう修復歴

残念ながら「修復歴あり」になったスペーシアは買取査定時に大きく減額されてしまいます。

実際スペーシアの査定相場を見てみると、修復歴ありのスペーシアは修復歴なしのスペーシアよりも15万円~30万近くも減額されて査定されていました。

もちろん、走行性能を左右する部分とは関係のない場所を修理して「修復歴あり」になってしまうこともありますよね。

しかし、「修復歴あり」になっているということは、一定以上のダメージを負っていることは否めないため、問題なく走行できたとしてもユーザーから敬遠されることは必至です。

事故には遭うし・・・査定ではマイナスされるし・・・踏んだり蹴ったりですよね。

そういう目に遭わないためにも、日頃から安全運転を心がけて、事故を未然に防いでいきましょう!

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

スペーシアのモデルチェンジが査定相場に与える影響

モデルチェンジにはマイナーチェンジとフルモデルチェンジのふたつがありますよね。

その中でも査定相場に大きく影響を与えるのは内外装や機能面に至るまで大幅に変更を加えるフルモデルチェンジです。

一般的に軽自動車の場合は、フルモデルチェンジによる査定相場への影響は普通車よりも小さいと言われていますが、スペーシアの場合は影響が大きく出る傾向が強いです。

一般的に、モデルチェンジが行われる3か月前頃から査定相場が下落するため、モデルチェンジの時期を事前に抑え、遅くとも3か月前までには売却するように注意しておきましょう。

輸出によるスペーシアの査定相場の底値は?

スペーシアの査定・輸出相場

今のところ不明

世界的に見ても日本車の人気は高く、一般的に「年式が古い・過走行・修復歴あり」などで国内相場から外れたクルマでも海外へ輸出されることが多くあります。

「日本人はクルマを丁寧に乗る」ということが世界からも高く評価されているんですね。

日本のように車検制度がしっかり整っているということも、世界的に見れば珍しいようです。

また、海外では50万キロくらいまで平気で乗るそうで、日本の10万キロ走行車なんて「まだまだ全然乗れるクルマ」だそうです。

そのため、年式が古い・過走行・修復歴ありなどの理由で、日本国内では廃車と査定を受けたクルマでも、他の買取店に見てもらったら輸出相場で査定されたというケースもあります。

事実、買取店の中でも、輸出に強い買取業者なども存在しているんですね。

スペーシアは2013年に発売されたクルマなので、今のところ国内市場がメインで取引されています。

しかし、今後、年式が古くなるスペーシアが出てくることに従い、スペーシアが海外へ輸出されることもあるかもしれません。

その時はこちらでまたお知らせさせていただきます。

10年間のスペーシアの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

スペーシアの査定相場10年間の推移

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、スペーシアの査定相場推移です。スペーシアを売るタイミングの参考にしてください。

現行型スペーシアの査定相場(2018年7月査定)

スペーシアカスタムの査定相場

2017年12月~販売中

スペーシア カスタムXS/色:白黒/修復歴なし/新車価格169.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 162万円 95.8% 145万円
2017年 0.5万キロ 152万円 89.9% 136万円

2018年7月現在、現行型スペーシアの査定相場は、年式ごとに上記の通りとなりました。

フルモデルチェンジから間もないこともあって、当年モデル・1年落ち共に90~95%前後と優秀な査定相場を示しています。

これまで、スペーシアのモデルサイクルは約5年間、その中間となる2~3年でマイナーチェンジが入る可能性を考えると、2020年ごろまでは緩やかな下降傾向を示すものと予測されます。

初代スペーシアの査定相場(2018年7月査定)

初代スペーシアの査定相場

2013年2月~2017年12月生産モデル

スペーシアX/色:白黒/修復歴なし/新車価格145.8万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2017年 1.2万キロ 102万円 69.9% 83万円
2016年 2.0万キロ 96万円 65.8% 76万円
2015年 2.5万キロ 85万円 58.2% 65万円
2014年 4.6万キロ 67万円 45.9% 52万円
2013年 5.2万キロ 48万円 32.9% 38万円

2018年7月時点における初代スペーシアの査定相場を、年式ごとの一覧表にまとめました。

フルモデルチェンジの影響によって旧型化した1年~2年落ちスペーシアのリセールバリューは60%台まで落ち込んでいます。

(フルモデルチェンジ後の現行スペーシアが各グレード概ね80%台である事と比べると、その落差がわかります)

また、2015年5月のマイナーチェンジにより、2014年以前のモデルとはもちろん、2015年式同士でも、豹には載せていませんが5%以上のリセール差がついていました。

とは言え、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)に照らすと、平均以上のリセール値を示しているので、マイナーチェンジ前の2015年式でも、決して損という訳ではありません。

初代パレットの査定相場(2018年7月査定)

初代パレットの最低相場

2008年1月~2013年2月生産モデル

パレットX/色:白黒/修復歴なし/新車価格127.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2013年 5.1万キロ 38万円 29.9% 29万円
2012年 6.0万キロ 36万円 28.3% 26万円
2011年 7.0万キロ 33万円 25.9% 21万円
2010年 7.6万キロ 25万円 19.6% 15万円
2009年 9.3万キロ 16万円 12.5% 6万円
2008年 10.5万キロ 12万円 9.4% 3万円

2018年7月現在、スペーシアの前モデル・パレットの相場を査定、その結果を一覧表にまとめました。

スペーシアからパレットへの型落ちによる査定相場の落差があるものの、その後は緩やかな下降線を辿っていきます。

先述の通り、スペーシアのモデルサイクルが約5年と考えれば、10年落ちで2代分の型落ちが予測されるため、新車登録から10年落ちで、このくらいの査定相場になると考えておくといいでしょう。

ちなみに、これまで表の右端にスペーシア/パレットをディーラー下取りに出した場合の下取り査定相場を載せておきましたが、買取店による査定相場に比べて、約10万~20万円ほど安くなっています。

ディーラー下取りだと手続きなどの面で楽チンな反面、これだけのコストがかかってしまう事になるため、下取り車がある場合は、買取店でも査定して貰うと良いでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

10年落ち・15万キロの古い過走行のスペーシアでも売れるのか?

スペーシアは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、前モデルのパレットを例に見てみましょう。

パレットの10年落ち過走行車
10年落ち パレットTS 154,000㎞ ワインレッド 修復歴なし 
12万円

この10年落ち、15.4万キロ走行の初代パレットのオークション落札価格から、12万円の査定相場が算出されました。

内容は「室内汚れ」「外装小キズ多数」「シートたばこ穴」など、あまり状態がよくありませんが、それでも査定相場が残っています。

一方、同じ15万キロ走行でも下回りのサビ(スズキ車に多い)やエンジンの異音やオイル漏れなど、あまりに状態の悪いクルマだと廃車同然の査定相場しかつかないため、車両の状態がカギとなります。

それでも、最低限の状態が保たれていれば走行距離25万キロオーバーなんてクルマであっても、5万円前後の底値が残っている事もあります。

だからディーラー下取りで「これでは値段がつきません」と言われても、諦めずに買取店で査定して貰う価値はあるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら