スペーシアギアとウェイクの口コミ・評価を比較!燃費や乗り心地、インテリアや走行性能までユーザーの評判を徹底調査

スペーシアギアとウェイクの口コミの比較・評価

このページでは、スズキのスペーシアギアとダイハツのウェイクについて、ユーザーの口コミをまとめて比較しています。

価格や外装・内装、乗り心地や実燃費など、メーカーサイトやカタログを見ただけでは分からない、欠点や不満があるかもしれません。

スペーシアギアとウェイクの良い所やデメリットも含めて、ユーザーの評判を調査したので、是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

スペーシアギアとウェイクのエクステリアの口コミ・評価を比較

スペーシアギアのエクステリアの口コミ

スペーシアギアのエクステリアの口コミ評価

スペーシアギアのエクステリアの口コミ評価・後面

スペーシアギアのエクステリアの満足度調査

【スペーシアギアのエクステリア・ここが満足〇】

  • 「漫画から飛び出して来たような」可愛いスタイルが人気
  • ボディカラーのイエローが昔のスイフトみたいに安っぽい色調ではない
  • ジムニーのアクティブさとハスラーのポップさを融合させたようなデザイン
  • スペーシアカスタムのようにギラついてない装飾が好評
  • ローダウンしなくても十分カッコいい
  • イエロー、レッド、ブルーなど、派手でポップなボディカラーが似合う

【スペーシアギアのエクステリア・ここが不満×】

  • スペーシアを「なんちゃってSUV」っぽくしただけ、との口コミも
  • 思ったより「SUV化していない」保守的で中途半端な印象
  • エブリイの半端なカスタムに見える、との声も

スペーシアギアのエクステリアに関する口コミからユーザーの満足度を調査したところ、スペーシアをポップ&SUV調にカスタムしたデザインが人気となっています。

その一方でSUV感の不足や中途半端さに対する不満もあり、ハスラーなど他の軽SUV風車両との個性分けも望まれているようです。

ウェイクのエクステリアの口コミ

ウェイクのエクステリアの満足度調査

【ウェイクのエクステリア・ここが満足〇】

  • 遊び心あふれるデザインが人気
  • 車高の高さと角張ったボディに迫力がある(特に斜め前後~サイド)
  • 全体的にまとまりがよく、LED多用でスタイリッシュと評判
  • ライバルであるハスラーの「柔」に対して「硬」なイメージで差別化が図られている
  • 「武骨な道具感」のあるデザインが好印象
  • メッキ加飾もフロントのワンポイントでシンプルにカッコいい

【ウェイクのエクステリア・ここが不満×】

  • コンセプトカー(デカデカ)やホンダのNシリーズに比べデザインに「やっつけ」感
  • プラモデルみたいなパーツを散りばめた安っぽさが不評
  • 車体が大きいから一瞬カッコよく見えたけど、よく見るとそうでもない
  • 真正面&真後ろから見ると縦横比が異様にのっぽで不安感
  • 背が高すぎて、洗車には脚立が必須(ルーフに手が届かない)

ウェイクのエクステリアに関するユーザーの口コミをまとめてみると、武骨な中に遊び心があり、他メーカーのライバル車がおおむね「ソフト」路線を選ぶ中、硬派路線で差別化を図っている点に評価が集まっているようです。

一方、そのシンプルさゆえにコンセプトカー(の気合いの入れよう)に比べて「やっつけ感」も否めず、背が高すぎて不安感や洗車の不便さなども指摘されています。

スペーシアギアとウェイクのエクステリアの口コミ・比較まとめ

【スペーシアギア】ポップで可愛いSUV風デザインが人気
【ウェイク】ライバルたちとの差別化を計る武骨なスタイルに高評価

スペーシアギアとウェイクの口コミを比較すると、満足度ではごく僅差でウェイクに軍配となっていましたが、それぞれ個性がはっきりしているため、好みに合わせて選ぶといいでしょう。

ただし、実車を見ると良くも悪くもイメージが覆ることが多いため、試乗を兼ねて一度は実車を見せてもらいましょう。

スペーシアギアとウェイクのインテリアの口コミ・評価を比較

スペーシアギアのインテリアの口コミ

スペーシアギアのインテリアの口コミ評価・インパネ回り

画像:suzuki.co.jp

スペーシアギアのインテリアの口コミ評価・車内空間

画像:suzuki.co.jp

スペーシアギアのインテリアの満足度調査

【スペーシアギアのインテリア・ここが満足〇】

  • とにかく広くて天井も高くて、落ち着かないくらいと評判
  • 荷物がたくさん積めるので便利
  • サーキュレーターやサンシェード、IRカットガラスなど快適装備が充実
  • 運転席&助手席シートヒーターが標準装備で好評
  • ヘッドアップディスプレイが便利、インテリアとしても人気
  • リアシートや荷室が防水&防汚加工してあり、掃除しやすいのがいい

【スペーシアギアのインテリア・ここが不満×】

  • 内装がブラック基調で、プラスチッキーなので傷が目立ちやすい
  • タコメーターがなく、ヘッドアップディスプレイ(オプション)で表示
  • 電動スライドドアの予約ロック機能を、ドアでも操作できるようにして欲しい
  • 艶ありシルバー加飾がかえって安っぽい
  • 一部スイッチに樹脂の成形バリが散見。もう少しきちんと作って欲しい

スペーシアギアのインテリアについてユーザーの口コミをリサーチすると、車内空間の広さや防水&防汚加工、充実した快適装備など、遊び倒すのにピッタリな使い勝手が高く評価されていました。

スペーシアギアのインテリアの口コミ評価・ヘッドアップディスプレイ

画像:suzuki.co.jp

※エンジン回転数はオプション(全方位モニターとセット)のヘッドアップディスプレイに表示可能

その一方で、タコメーターがないためエンジンの回転数が感覚でしかわからず、運転がギクシャクしやすい点や、電動スライドドアの予約ロック機能がリモコンでしか操作できない(ドアノブ部で操作できないとあまり意味がない)点などの不満が出ています。

ウェイクのインテリアの口コミ

ウェイクのインテリアの満足度調査

【ウェイクのインテリア・ここが満足〇】

  • 広くて解放的な室内空間に好評の口コミ多し
  • 後部座席も広く、身長180センチでもゆったり座れる
  • 小物入れや収納が多くて、女性ユーザーから人気
  • 荷室の床下収納はけっこう重宝する
  • メーター類は見やすくて高級感がある
  • 天井もブラックで統一されていて「頑張っている」と感じる
  • 後席はスライドするので、シートアレンジもしやすい
  • フルフラットになるので、車中泊などに便利と評判
  • 荷室は天井が高いので、ゴルフバッグ3つくらいは入る

【ウェイクのインテリア・ここが不満×】

  • 運転席のシート中央にお尻が収まらない、ボリュームもない
  • 小物入れなど収納は結構あるけどそれぞれが微妙に使いにくい
  • 内装カラーがブラック基調で車内が暗いため、明るいカラーも設定して欲しい
  • ドアトリムや樹脂部分が傷つきやすく、かつ目立ちやすい
  • 天井は高いが、それを活かせていない「無理なパッケージング」との批評も
  • よく見るとタントのパーツをちょっと変えただけのデザイン
  • この価格にしてはプラスチック感満載で不満の口コミが散見
  • 「車内が広いと思っている人は、一度エブリイワゴンと比較してみて」との声も

ウェイクのインテリアについてユーザーの口コミを調査してみると、その広さや収納の多さなど使い勝手のよさに人気が集まっている一方で、費用対効果の面で細かな部分(材質やデザインなど)に少なからず不満が出ています。

※前後シートを倒したフルフラット空間は車中泊などに便利

また、ウェイクの特長である高い天井は、確かにインパクトはあるものの、天井いっぱいまで空間を使ってしまうと重心が上がり、走行が不安定になってしまうため「無駄な高さ」という指摘も多くありました。

スペーシアギアとウェイクのインテリアの口コミ・比較まとめ

【スペーシアギア】快適装備が充実、掃除しやすい防水&防汚加工も評判
【ウェイク】後席のゆとりやフルフラット状態の居住空間が好評
【共通】広い車内空間と、豊富な収納や積載量による使い勝手のよさが人気

スペーシアギアとウェイクのインテリアに関する口コミを比較したところ、その満足度はごくわずかな差でウェイクが優勢、どっちもアウトドアユースに適した使い勝手が追求されています。

満足度には自身の体格や好みといった車との相性もありますから、実車を比較の上で検討したいものです。

スペーシアギアとウェイクの運転&走行性能の口コミ・評価を比較

スペーシアギアの運転&走行性能の口コミ

スペーシアギアのインテリアの口コミ評価・運転&走行性能

画像:suzuki.co.jp

スペーシアギアの運転&走行性能の満足度調査

【スペーシアギアの運転&走行性能・ここが満足〇】

  • 軽ターボながら頑張っている、と高く評価
  • NAは非力だが、モーターアシストを活用すれば不足ない走りが出来る
  • ハイブリッドなのでアイドリングストップからの再始動が静か
  • パワーモードによるモーターアシスト時間も長く、ソリオ以上に加速がいい
  • 先行車発進お知らせ機能は重宝すると評判
  • 視界はいいので取り回しやすいと好評

【スペーシアギアの運転&走行性能・ここが不満×】

  • やっぱりNAは非力、ターボがおすすめ
  • 走行中のモーターアシストは条件があるのかなかなか作動してくれないことも
  • ハイブリッドXZにはパドルシフトがない

スペーシアギアの運転&走行性能の満足度についてユーザーの口コミを調査したところ、マイルドハイブリッドのモーターアシストが好評で、NAでも街乗りなら充分、ターボなら高速道路や坂道でも不足のない走りが人気でした。

スペーシアギアの運転&走行性能の口コミ評価・モーターアシスト

画像:suzuki.co.jp

※パワーモードスイッチとモーターアシスト

ただ、モーターアシストは始動時など低速トルクが得意で、高速走行時の更なる加速については作動しない事例も報告されており、やはりNAだと不安定な傾向が見られます。

また、NAであるハイブリッドXZには手動でシフト操作が出来るパドルシフトの設定がないため、よりスポーティに走りたい方はそうした面からもターボグレード(ハイブリッドXZターボ)が向いています。

ウェイクの運転&走行性能の口コミ

ウェイクの運転&走行性能の満足度調査

【ウェイクの運転&走行性能・ここが満足〇】

  • NAは街乗りや普段使い程度なら支障のないレベル
  • 高速道路や長距離運転を考えるなら、ターボがおすすめ
  • 車両の挙動が全体的にゆったりとして、妙に機敏でないぶん安定感がある
  • 約3.25回転のロックtoロックに対して余裕のある操舵感覚
  • エンジンノイズが静かで、入ってもあまり気にならないとの口コミ多数

【ウェイクの運転&走行性能・ここが不満×】

  • ターボなら坂道でも上れるけど、ターボらしい加速感やトルク感はない
  • ターボはそれなりに走れるが、車重があるためライバル車に比べて優位性はない
  • 車重があるためブレーキが甘く、踏み込まないと思うように減速してくれない
  • と言って、強く踏み込むと今度は急激に効いて不安定
  • アンダーステアなので、緊急回避性は「これまでになく低い」との口コミも
  • 車高があるので横風に弱く、橋の上などを高速で走るのは怖い
  • 赤信号からのスタートダッシュと時速60キロ以上での加速はターボでも期待できない

ウェイクの運転&走行性能の満足度を調査したところ、ユーザーからはエンジンの非力さや車高や積載量の代償である不安定感に対する不満の口コミが少なからず出ていました。

ターボグレードなら相応にパワーはあるものの、車重があるためライバル車と比較して軽快さに欠け、「もっさり」とした走行性で後れをとっている印象です。

ただ、街乗りメインであれば支障のないスペックは備えており、ゆったりとした挙動でマイルドに乗るには適しているようです。

スペーシアギアとウェイクの運転&走行性能の口コミ・比較まとめ

【スペーシアギア】ターボがおすすめだが、NAでもモーターアシストを活用可能
【ウェイク】街乗りメインで、ゆったりと走る普段使いに好適

スペーシアギアとウェイクの運転&走行性能についての口コミを比較すると、マイルドハイブリッド&ターボに定評のあるスペーシアギアが優勢となっているようです。

ただ、必ずしも速く走れればいいと言うものではなく、実際に試乗して、自分のドライブスタイルとの相性を確かめた上でじっくり比較検討するのが定石です。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


スペーシアギアとウェイクの乗り心地の口コミ・評価を比較

スペーシアギアの乗り心地の口コミ

スペーシアギアの乗り心地の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

スペーシアギアの乗り心地の満足度調査

【スペーシアギアの乗り心地・ここが満足〇】

  • 常用速度域であれば「文句のない抜群の乗り心地」との口コミも
  • 時速80キロの走行なら路面の凹凸や継ぎ目を上手くいなしてくれる足回り
  • 静粛性が高くて快適、ロードノイズも抑えられている
  • 車高があるのでカーブでのロール感はあるが、慣れれば気にならない
  • 走行中はあまり振動を感じない
  • 剛性感が高いのでリアもバタつかず、全体的にソリオより高い完成度

【スペーシアギアの乗り心地・ここが不満×】

  • 静かなぶん、各部のメカノイズが気になってしまうという声も
  • 特にターボのエンジン音がうるさい
  • 床下からの振動が気になるとの口コミも

スペーシアギアの乗り心地に関してユーザーの口コミをまとめたところ、全体的にしっかりした足回りで路面の凹凸や段差をうまくいなし、高い静粛性が概ね評価されている一方で、逆に静かすぎてエンジンノイズや振動が気になってしまう、と言った声も不満としてありました。

他にも「軽自動車もここまで来たか」「スイフト並みの快適さ」「ソリオを超えた」など、日進月歩を実感できる品質が好評を呼んでいます。

ウェイクの乗り心地の口コミ

ウェイクの乗り心地の満足度調査

【ウェイクの乗り心地・ここが満足〇】

  • 運転席と助手席の乗り心地はそれなりor軽自動車相応の評価
  • 綺麗な舗装道路なら、後席もみんな快適に乗れる
  • ミニバンからのダウンサイジングなら、十分に満足できるとの口コミ
  • 1人か2人での乗車がおすすめ、後席は荷物置きにでも
  • 乗り心地に慣れてしまえば、最初ほどネガな部分は気にならなくなった

【ウェイクの乗り心地・ここが不満×】

  • 足回りが硬すぎて、長時間乗っていられない、との不満の声が複数
  • シートが硬くて腰痛持ちの方にはおすすめできない
  • 突き上げが酷く、タイヤをインチダウンすると今度は上下の揺れが収まらない
  • リヤサスのストロークが不足しており、路面の凹凸を受け止めきれない
  • 車高があるためカーブ時のロールは大きく、収束が遅い
  • 後席の乗り心地は厳しく「絶対に試乗した方がいい」との口コミ
  • 酔いやすい人を同乗させる時は要注意(特に後席)
  • 「軽トラ並み」「バスのような乗り心地」という口コミも
  • 中には「設計思想が20年遅れている」との辛口評価も

ウェイクの乗り心地に関してユーザーの口コミをリサーチしたところ、足回りの硬さに(あまり好ましくない意味で)定評があり、後席は揺れが大きくて酔いやすいなど、慣れ不慣れはあっても「購入前に絶対試乗した方がいい」という教訓は非常に大切です。

ただ、ユーザーによっては「すぐ慣れた」「ミニバンからのダウンサイジングならむしろ向上」と言った意見もあるため、後席も含めて一通り試乗して相性を確かめた方がいいでしょう。

スペーシアギアとウェイクの乗り心地の口コミ・比較まとめ

【スペーシアギア】しっかりした足回りで快適性と静粛性の高さが人気
【ウェイク】硬い足回りでも、ミニバンからのダウンサイジングには好適かも

スペーシアギアとウェイクの乗り心地についてユーザー口コミを比較すると、純粋に見ればスペーシアギアの上質そうですが、ミニバンからのダウンサイジングであればウェイクも選択肢としての資質は十分にあり、ユーザーの事情や体質などによっても満足度は違ってくるものと考えられます。

スペーシアギアとウェイクの燃費の口コミ・評価を比較

スペーシアギアの燃費の口コミ

スペーシアギアの燃費の口コミ評価

画像:suzuki.co.jp

スペーシアギアの燃費の満足度調査

ウェイクの燃費の口コミ

ウェイクの燃費の満足度調査

スペーシアギアとウェイクの燃費の口コミ・比較まとめ

【スペーシアギア】平均実燃費:17.6 km/L(ターボ車:16.9 km/L
【ウェイク】平均実燃費:15.8 km/L(ターボ車:14.3 km/L

スペーシアギアとウェイクの燃費に関する満足度をユーザーの口コミから比較すると、実燃費に比例してスペーシアギアの方が高くなっていました。

ただ、マイルドハイブリッドのスペーシアギアに対してウェイクはガソリン車なので、マイルドハイブリッドとして好燃費かどうかは、更に精密な分析が必要でしょう。

また、実燃費は運転の仕方や道路の状況といった走行条件によっても変わって来ますから、参考としてそれぞれの実燃費データをまとめておきます。

【スペーシアギアの実燃費】
渋滞・街中:15~17 km/L(ターボ車:14~16 km/L
バイパス等:19~21 km/L(ターボ車:18~20 km/L
高速道路:18~20 km/L(ターボ車:17~19 km/L
【ウェイクの実燃費】
渋滞・街中:12~14 km/L(ターボ車:11~13 km/L
バイパス等:16~18 km/L(ターボ車:15~17 km/L
高速道路:18~20 km/L(ターボ車:17~19 km/L

スペーシアギアとウェイクの価格の口コミ・評価を比較

スペーシアギアの価格の口コミ

スペーシアギアの価格の口コミ評価

スペーシアギアの価格の満足度調査

【スペーシアギアの価格・ここが満足〇】

  • 軽自動車でハイブリッド(マイルドとは言え)が買えるのはお値打ち」
  • 「ターボは欲しいけどスペーシアカスタムのオラオラ顔が苦手な人向け
  • 「約8万円の差額でターボとパドルシフトがつくXZターボがおすすめ
  • リセール面でもXZターボの方が引き合いが強いので有利」
  • 「まだまだ回りに乗っている人が少ないので、特別感がある

【スペーシアギアの価格・ここが不満×】

  • 「ナビやETCとちょっとオプションつけて230万円はちょっと高い
  • 「いくらマイルドハイブリッドやターボ付きでも軽自動車に200万超えは高すぎる

ウェイクの価格の口コミ

ウェイクの価格の満足度調査

【ウェイクの価格・ここが満足〇】

  • 「いくら広くて安くても、ライバル車では見られない『夢』が見られる」
  • 「いろいろ不具合もあるが、純粋に見れば決して悪い車ではない
  • 「特に燃費にシビアでないなら、ターボ車がおすすめ
  • 「ウェイクは『停めて後部スペースを使っている時』に最も真価を発揮する車」

【ウェイクの価格・ここが不満×】

  • 「タントの基本設計に乗っかって開発面の『手抜き』を思うと割高に感じる」
  • 普通車のミニバンと大差ない金額は、さすがに高すぎる」
  • 「有料道路や諸費用、ランニングコストの安さを加味してもコンパクトカーより割高
  • 価格は『夢(ドリーム)代』込みなので、覚悟して買った方がいい」

スペーシアギアとウェイクの価格の口コミ・比較まとめ

【スペーシアギア】マイルドハイブリッド&ターボ、そして新型の特別感が魅力
【ウェイク】走りはあくまで「移動」の手段、後部スペースに広がる「夢」を買う車

スペーシアギアとウェイクの価格に関する満足度を調査したところ、ターボ&マイルドハイブリッドを両立しているスペーシアギアの方が上回っていました。

※色んな夢を叶えられる、ウェイクの後部スペース

ただし、ウェイクもライバル車と比べないでフラットに見れば決して悪い車ではなく、ユースフルな後部スペースに広がる「夢」は価格相応かそれ以上に有意義なものとなり得ます。

スペーシアギアとウェイクの口コミ評価・比較まとめ

スペーシアギアとウェイクの口コミ評価・比較まとめ

満足度スペーシアギアウェイク
エクステリア76.9%77.6%
インテリア68.8%70.4%
走行性能63.2%52.9%
乗り心地75.4%53.1%
燃費60.9%49.6%
価格73.3%62.2%
総合評価69.7%60.9%

以上、スペーシアギアとウェイクの口コミを比較して来ましたが、総合評価も含めて5:2でスペーシアギアの勝利となりました。

内外装のデザインは好みが分かれてほぼ互角となる一方、走行・経済性など実用面でスペーシアギアが差を広げたことが決め手となっています。

ただ、どっちも趣味性の強い車なので、車で走る楽しみをメインに、プラスアルファで趣味も楽しむ程度に考えるならスペーシアギアが、走りはあくまで「移動手段」と割り切り、行った先で後部スペースを最大限に活用して趣味を楽しむならウェイクが、それぞれ有利となるでしょう。

※以下で両車の値引き情報やリセール情報を公開しているので、参考にどうぞ

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

無料ネット査定とおすすめコーティング

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...