ウェイクの限界値引きとリセールの高いグレードとオプションをレポート

ダイハツ ウェイク

ダイハツウェイクから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、ウェイクの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、ウェイク購入の参考にしてみてください。

ウェイクの取り扱いディーラー

ダイハツ店

月販目標台数:5000台

ウェイク今月の値引き相場

ウェイク値引き難度:普通
車両からの目標値引き:15万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:20~25万円

ウェイクは発売からある程度年数が経過しています。

通常なら値引きが緩んでいる時期ですが、ウェイクのキャラクターと真向競合する車種が見当たらないので、値引きのガードは固めです。

NBOXスラッシュやハスラー、ホンダの新型N-VANなど、アウトドアでも使える人気の軽自動車と競合させましょう。

あまりに値引きが渋ければ、経営違いのダイハツディーラーとウェイク同士の競合が有効です。

他県のダイハツディーラーと競合させるか、サブディーラーへダイハツの条件を伝えて、「これより安くなれば」と交渉してみましょう。

オプションからの値引きを含めて20万円を超えれば、ウェイクの限界値引き領域となり、お得度は高くなります。

ウェイクの値引きポイント

ウェイク単体で攻めるとダイハツは値引きが渋い。ライバル車との競合で値引きを引き出そう。他県へ越境するなどして経営違いのダイハツディーラー同士の競合や、サブディーラーも絡めるとウェイクの値引き上乗せが可能になるぞ

当サイトの新車値引き交渉術も参考にどうぞ。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずウェイクの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

カーナビ

ダイハツ純正ナビ カロッツェリア サイバーナビ
本体 NSZN-X68D AVIC-CL900
画面大きさ 8インチ 8インチ
価格 152,280円 91,453円
(Amazon)
バックカメラ 24,840円
(純正ナビアップグレードパック)
10,985円
(Amazon)
ナビ工賃 35,726円 29,800円
(Amazon)
合計額 212,846円 132,238円
純正との価格差 -80,608円
ETC最安 17,820円 5,600円
(Amazon)
ETC2.0 41,969円 13,980円
(Amazon)
ケンウッド ナビ

ダイハツの純正ナビには、大画面が人気の8インチのスタンダードモデルを選びました。

バックカメラには、ステアリングスイッチや16㎝リヤスピーカー等がセットになった純正ナビ装着用アップグレードパックを選んでいます。

純正ナビに対する社外品ナビには、人気の高いカロッツェリアのサイバーナビをチョイス。

純正と同等の8インチを選んでいますが、バックカメラやナビの取り付け工賃込みでも純正より約8万円安く上げられました。

ETCやETC2.0も、両方Amazonで購入できる社外品が安くてお得になっています。

社外品でもAmazonで工賃チケットを購入することで、最寄りのカーショップなどで取り付けしてもらえます。

新車の購入時であれば、ディーラー持ち込みで取り付け・納車してもらうのが手っ取り早くていいでしょう。

値引き交渉の時に持ち込み品の工賃をサービスしてもらえれば、実質的によりお得となります。

フロアマット

ウェイク純正フロアマット

  • フロアマット(グレー) 16,913円
  • フロアマット(高機能タイプ・グレー) 25,553円

社外品ウェイク用フロアマット


・純正品との差額 8千~1.6万円以上

純正フロアマットはその品質もバッチリですが、社外品も負けてはいません。

そして社外品には、カラーバリエーションやデザインが豊富に選べて、そして純正品より8千~1.6万円以上も安く買えるメリットがあります。

フロアマットの費用が浮けば実質的な値引きにつながるため、ウェイクの総支払額を下げられますし、純正品との差額で他の付属品を購入してもお得感が強まるでしょう。

また、フロアマットは自分で取りつけることも簡単なので、工賃がかからないメリットもあります。

ドアバイザー

ウェイク純正ドアバイザー

  • ワイドバイザー 18,706円

社外品ウェイク用ドアバイザー


・純正品との差額1.2万円以上

ウェイク専用に設計された社外品のドアバイザーは純正品より1.2万円以上も安く、品質でも引けを取らないため、値引き交渉の手間を抑えてウェイクの総支払額を下げられます。

取りつけにはちょっとコツがあるので、説明書や取りつけ方を紹介している動画を見ても不安な方はプロにお願いした方がいいでしょう。

ウェイクの新車購入時なら、ディーラーへ持ち込んで工賃の値引きを交渉すれば、取りつけの手間も省けるし、ウェイクの総支払額を下げるチャンスにつながります。

ドライブレコーダー

ウェイク純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 34,128円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額28,000円

最近ニーズが急上昇しているドライブレコーダーをウェイクに取りつける場合、ダイハツ純正品とAmazonで販売されている社外品を比べると、社外品の方が相当割安になっています。

その差額分は値引き交渉なしにダウンできる上、これも新車でウェイクを購入する時にディーラーに持ち込んで工賃の割引を契約条件に盛り込めば、ウェイクの総支払額を削り込むことができます。

ウェイクの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール ×

ウェイクの納期は?

ウェイクの納期:1ヵ月~2ヵ月

ウェイクの納期は、在庫車やメーカー見込み発注車があれば、1ヵ月以内に可能です。

新たにメーカーへ発注となると、1~2ヵ月の納期となっています。

ウェイクの各グレードの価格は?

ウェイクのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
660 D 1,350,000 25.4
660 D “SA III” 1,414,800 25.4
660 L “SA III” 1,555,200 25.4
660 L “スペシャルリミテッド SA III”* 1,490,400 25.4
660 L “リミテッド SA III”* 1,614,600 25.4
660 L “レジャーエディション SA III” 1,598,400 25.4
660 G ターボ “SA III” 1,674,000 23.8
660 G ターボ “リミテッド SA III”* 1,717,200 23.8
660 G ターボ “レジャーエディション SA III” 1,717,200 23.8
660 L “SA III” 4WD 1,679,400 24.6
660 L “スペシャルリミテッド SA III” 4WD* 1,614,600 24.6
660 L “リミテッド SA III” 4WD* 1,738,800 24.6
660 L “レジャーエディション SA III” 4WD 1,722,600 24.6
660 G ターボ “SA III” 4WD 1,798,200 23.2
660 G ターボ “リミテッド SA III” 4WD* 1,841,400 23.2
660 G ターボ “レジャーエディション SA III” 4WD 1,841,400 23.2
*特別仕様車

ウェイクの値引きポイント

価格の高いグレードほど値引き幅は多くなるぞ。
オプションからの値引きもあるから、オプションをたくさん付けたら、最大値引きを狙おう!

ウェイクは立体駐車場に入る?

ウェイクの車体寸法は以下の通りです。

全長3395mm
全幅1475mm
全高1835mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

ウェイクの全高は、1,835㎜なので、ハイルーフ非対応の機械式立体駐車場には入りません

ウェイクの実燃費は?

ウェイク(4WD)の実燃費

渋滞を含む街中の燃費:11-13km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16-18km/L
高速道路の燃費:15-17km/L
ウェイク(4WD)の平均実燃費:15-16m/L

ウェイク ターボ(4WD)の実燃費

渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:14-16km/L
高速道路の燃費:15-17km/L
ウェイク ターボ(4WD)の平均実燃費:14-15m/L

やはりターボの方が実燃費が落ちますが、一定の速度を保って走行する高速道路では、ノンターボと同等の実燃費となっています。

ウェイクの値引きポイント

ウェイクより燃費の良いライバル車を立てて、「ライバル車はウェイクより燃費がいいから迷ってるんですよね~」とウェイクのウィークポイントを付くことで、値引き交渉を有利に進められるぞ!

ウェイクの最新モデルチェンジ

2018年8月20日 ウェイクに特別仕様車を設定

ダイハツ ウェイク

ダイハツはウェイクに特別仕様車「L“スペシャルリミテッド SAⅢ」、「L“リミテッド SAⅢ」、「Gターボ“リミテッド SAⅢ」を設定しました。

L“スペシャルリミテッド SAⅢ

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 左側パワースライドドア&イージークローザー
  • 14インチフルホイールキャップ

L“リミテッド SAⅢ

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • LEDヘッドランプ&LEDフォグランプ

Gターボ“リミテッド SAⅢ

  • パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック
  • 15インチアルミホイール
  • LEDフロント&リヤパーソナルランプ
  • LEDラゲージ&バックドアランプ

ウェイクのモデルチェンジ情報と推移

ウェイクのモデルチェンジ予想

当面の間予定なし

ウェイクのモデルチェンジ推移

2018年8月20日特別仕様車「L“スペシャルリミテッド SAⅢ」「L“リミテッド SAⅢ」「Gターボ“リミテッド SAⅢ」
2017年11月30日一部改良
2016年5月17日一部改良
2015年6月30日特別仕様車「モンベルバージョン」「波伝説バージョン 」「FINEセレクション 」
2014年11月10日新型ウェイクを発売

ウェイクの値引きポイント

フルモデルチェンジやマイナーチェンジから間が開いていれば値引きは緩くなっているぞ!

またモデルチェンジ前は普段よりワンランク上の限界値引きが狙えるぞ!

 ウェイクの値引きに効く競合車・ライバル車は?

スズキ スペーシアカスタム

スズキスペーシアカスタム

本来は同社のダイハツタントと競合する車種ですが、趣味性の高いウェイクには、同じく趣味性もあり、こだわって乗るユーザーが多いイメージのスペーシアカスタムと競合出来るでしょう。

スペーシアカスタムの限界値引きはこちら

日産 デイズルークスハイウェイスター

同じくタントと競合する車種ですが、ハイウェイスターなら拘って乗る人も多いので、ウェイクのキャラクターに似通った所があり、値引き競合させる事が出来るでしょう。

デイズルークスの限界値引きはこちら

ホンダ N-VAN

ホンダN-VAN

2018年夏に発売予定のホンダN-VANです。

商用車のカテゴリですが、低床パッケージに助手席ピラーレス、フラットになる荷室と助手席スペースなど、斬新なパッケージングからアウトドアでも非常に使い勝手が良さそうで、ウェイクと競合出来るでしょう。

N-VANの限界値引きはこちら

スズキ エブリイワゴン

スズキエブリイワゴン

商用車ベースの広い荷室が最大のメリットであるエブリイワゴンです。

商用車臭さを除けば、アウトドアの使い勝手の良さをセールスポイントにして、ウェイクと競合出来そうです。

エブリイワゴンと競合させると、セールスマンからは自社のアトレーワゴンを勧められそうですが、「デザインや荷室の使い勝手がエブリイワゴンの方が好みなので、ウェイクでなければエブリイワゴンにしようと思っています」と伝えて競合させると良いでしょう。

エブリイワゴンの限界値引きはこちら

ウェイクのグレード別リセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

ウェイクでは、どのグレードが売却時により高く売れるのか?2年落ちウェイクのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。

※2年落ち走行2万キロ前後、修復歴なし、色白黒、年式なりの車両状態のデータです

ウェイクのグレード名 2年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
660 D 94万円 1,350,000 69.6%
660 D “SA III” 96万円 1,414,800 67.8%
660 L “SA III” 115万円 1,555,200 73.9%
660 L “レジャーエディション SA III” 108万円 1,598,400 67.5%
660 G ターボ “SA III” 128万円 1,674,000 76.4%
660 G ターボ “レジャーエディション SA III” 133万円 1,717,200 77.4%
660 L “SA III” 4WD 119万円 1,679,400 70.8%
660 L “レジャーエディション SA III” 4WD –万円 1,722,600 –%
660 G ターボ “SA III” 4WD 135万円 1,798,200 75.0%
660 G ターボ “レジャーエディション SA III” 4WD 129万円 1,841,400 70.0%

ウェイクの2年落ちの買取相場を調べたところ、ノンターボよりも「Gターボ」グレードの方が高いリセール結果となりました。

さらに4WDのリセールもFFノンターボに比べて高いので、ウェイクの中古車需要は、アウトドア=趣味を重視して、車にもそれなりのこだわりを持ち、移動が楽なターボグレードが好まれているようです。

ウェイクの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめグレードは?

まず、オークションの流通台数から見ると816台中、「Gターボ系」が483台を占めており、「GターボSAⅢ」と「Gターボ レジャーエディションSAⅢ」が売れ筋で人気グレードです。

リセールバリューもターボグレードが高いので、上級グレードで新車価格は高いですが、おすすめグレードも「ウェイク GターボSAⅢ」となります。

レジャーエディションは、アウトドアに便利な装備が付いているので、必要であればレジャーエディションを選ぶと良いでしょう。

リセールバリューから見たウェイクのおすすめカラーは?

今回業者オークションで調べたところ、2年落ちのデータですが、パールホワイト&ブラックのウェイクと、それ以外の青やミストブルーのウェイクとでは、10~13万円ほど取引価格に差がありました。

パールホワイト&ブラックの2色の方が高いので、色に拘りが無ければ、この2色をおすすめします。

なお、ルーフが白の2トーンカラーは、パールホワイト&ブラックと同程度の価格だったので、お好みで選べばいいと思います。

2年落ちでの差なので、もっと経過年数が進んで中古車相場自体が下がって行けば、この差額は縮まっていくので、長く乗るなら気にせず好きなウェイクのカラーを選ぶと良いでしょう。

ウェイク Gターボ SAⅢを残価設定ローンで購入すると?

ウェイクの人気グレードを残価設定ローンで購入した場合の月々の支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 ウェイク Gターボ SAⅢ
車両本体価格 1,674,000円
車両本体値引き ▲140,000円
メーカーオプション価格 84,240円
ディーラーオプション価格 238,547円
ディーラーオプション値引き ▲47,000円
諸費用 106,510円
支払総額 1,916,297円
頭金 0円
ローン元金 1,916,297円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 4.90% 4.90%
毎月支払額 36,664円×35回 28,600円×59回
最終回(残価) 837,000円×1回
(50.0%)
535,680円×1回
(32.0%)
金利を含む支払総額 2,120,240円 2,223,080円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

ウェイクの値引きポイント

残価設定ローンはディーラーが欲しいローン契約だ。通常のローンや現金での契約よりウェイクの値引きは多く出来るぞ。残クレで買うなら頑張って限界値引きを引き出そう!

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ