あなたのウェイクを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

ウェイクのガチな査定相場を紹介!

ウェイクの無料ネット査定

あなたのウェイク、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがウェイクの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

ウェイクの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のウェイクの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

ウェイクのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのウェイクを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のウェイクの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

ウェイクの無料ネット査定の事例とご利用者の口コミ

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

ウェイクで査定が高くなる組み合わせは?

ウェイクの高額査定が期待できる組み合わせは?

ウェイクで高い査定が出るグレードはコレ!

Gターボ SA Ⅲ
Gターボ レジャーエディションSA Ⅲ
L レジャーエディションSA Ⅲ
4WD

上記がダイハツウェイクの中で高額査定が期待できるグレードです。

自動ブレーキを含む衝突回避支援パッケージが付いていることに加え、左右パワースライドドアなど使い勝手の良い機能が多数搭載されているGターボSAⅢはターボを求めているユーザーからの需要があり、査定相場も高値で推移しています。

GターボSAⅢに泥だらけの靴で乗っても汚れがすぐに取れるシートなどの機能等を追加したGターボ レジャーエディションSAⅢは、名前の通りアウトドアを目的としてウェイクに乗りたいというユーザーからの支持が多く、高値で買取られる傾向です。

レジャー目的でウェイクを選ぶユーザーが多いためか、大荷物を固定する固定ベルトやこれでもかというほどフックが付いているL レジャーエディションSAⅢは、安全性と機能性の高さを兼ね備えたグレードとして中古車市場で人気が高く、査定相場も高水準になっています。

アウトドア仕様として人気が高いウェイクの中でも、山道や雪道など悪路走行に強い4WDの需要が高くよく売れるため、高値での査定が期待できるでしょう。

ウェイクで高い査定が出る人気色はコレ!

ウェイクの高額査定が期待できる人気カラー

パールホワイトⅢ(ホワイト)
ブラックマイカメタリック(ブラック)

上記カラーのウェイクは他カラーのウェイクよりもプラス査定が付いています。

ホワイトとブラックは乗る人を選ばないため、幅広い層のユーザーから人気が高く、高値で査定されています。

「特にほしい色が無い」という場合、ホワイトかブラックを選ぶユーザーも多いです。

パールホワイトⅢは新車時に\25,000で追加できる有料オプションではありますが、パールホワイトⅢのウェイクは買取時にプラス査定がつくため元が取れます。

リセールバリューを意識してウェイクのボディカラーを選ぶ場合は、上記カラーを選ぶことをおススメします。

ウェイクで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

パノラマモニター
純正ナビ

上記のオプションが付いているウェイクは、プラス査定が期待できるでしょう。

ウェイクの高額査定が期待できる人気オプション・パノラマモニター

パノラマモニターは、4箇所のカメラで車両の前後左右を映し、上から見下ろしたような映像をナビ画面に表示させることができる機能です。

駐車が苦手な方はむろん、バック時の事故防止にもなるため、付いていれば安心なオプションですね。

一度使用すると便利さを実感できるパノラマモニターは、付いていることで査定金額アップに繋がっています。

ウェイクの高額査定が期待できる人気オプション・純正ナビ

純正ナビは車種の内装にマッチした取り付けがされるので、車内のインテリアに違和感なく収まります。

故障や使用方法等で困った場合もディーラーに行けば対応して貰える点も安心なため、買取でもプラス査定が付いています。

ウェイクの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

ウェイクの査定ダウンにつながる不人気カラー

タングステングレーメタリック(グレー)

上記カラーのウェイクは買取査定時の減額対象になっています。

新車市場では比較的人気があるグレーやシルバーですが、中古車市場になるとその人気は低調です。

特にウェイクはアウトドア好きの若者から受けが良い車種になっているため元気な印象が強く、比較的地味な印象を受けるタングステングレーメタリックの中古車需要は弱くなっています。

もしも、ウェイクの査定を受け、想像よりもはるかに安い買取査定を提示された場合は、乗り潰す覚悟でウェイクに乗り続けても良いでしょう。

その間に新しく買うクルマの資金を貯めておくこともできます。

修復歴による査定の減額

スペーシアの査定ダウンにつながってしまう修復歴

残念ながら「修復歴あり」のウェイクは買取査定時に減額されます。

実際新車登録から3年以内のウェイクでは、修復歴があることによって15万円~30万円のマイナス査定となっていました。

もちろん「修復歴ありのウェイクで良い」と考えるユーザーもいますが、「修復歴ありのウェイクは嫌だ」と考えるユーザーの方が日本では圧倒的に多いのです。

そのため、いつ売れるかわからない修復歴ありのウェイクは査定時に減額されてしまいます。

しかし、査定をしてもらう買取店によって査定金額が上下することは多々あるんです。

一社だけではなく、より多くの買取店から見積もってもらうことが、少しでも高値でウェイクを売却するカギになるでしょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

ウェイクの査定相場に影響するモデルチェンジ

2014年に発売されたウェイクは、今のところまだモデルチェンジは行われていません。

しかし、一般的にはモデルチェンジ前後で査定相場に変動があります。

特に、機能面から外観デザインまで大きく変更のあるフルモデルチェンジが行われた後は、旧型の査定相場が大きく下落する傾向が強いです。

そのため、モデルチェンジのタイミングでウェイクを売却しようとされている方は、事前にモデルチェンジ情報をキャッチすることが必須となります。

モデルチェンジ情報をキャッチしたら、遅くても査定相場に影響が出始めるモデルチェンジの3か月前にはウェイクを売却するようにしましょう。

輸出によるウェイクの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

今のところ不明

「壊れにくい」「丈夫」と評価の高い日本車は、世界から見ても人気が高いです。

ハイブリッドや自動ブレーキなどの先進技術を含め、世界からも一目置かれている日本の技術力。

その技術から生み出されるクルマは安全性が高いことで世界からの信頼も厚く、今も多くの日本車が海外へ輸出されています。

通常、過走行や修復歴ありなどで、日本国内の需要から外れたクルマが海外へ輸出されていくことが多いです。

ウェイクは2014年に発売されたため、今のところ国内市場がメインとなっていますが、今後年式が古いウェイクが輸出需要に当てはまることもあるかもしれません。

ウェイクの査定相場&残価率は?ディーラー下取り相場と推移を比較

ウェイクの査定相場と残価率

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、ウェイクの査定相場推移です。

皆さんがウェイクを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)ウェイクの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)ウェイクの査定相場と残価率

2014年11月~販売中

ウェイク GターボSAⅢ/型式:LA700S/色:白黒/修復歴なし/新車価格167.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 146万円 87.2% 128万円
2017年 1.3万キロ 133万円 79.4% 117万円
2016年 2.0万キロ 120万円 71.6% 102万円
2015年 3.6万キロ 106万円 63.3% 85万円
2014年 3.6万キロ 94万円 56.1% 72万円

現行型(初代)ウェイクの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

2014年の発売からまだ年数が浅く、まだモデルチェンジも入っていないため、高水準かつゆるやかな値下がり推移となっています。

3年落ち残価率は63.3%と普通自動車の平均値(50~55%)を上回っており、ウェイクは売却に有利なクルマと言えるでしょう。

ちなみに、表の右端にウェイクをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて15万~20万円程度安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって機械的に(人気カラーやオプションなどを考慮せず)査定するためで、ディーラー下取りを鵜呑みにすると、これだけの金額を損してしまうリスクを意味しています。

決して小さな金額ではないので、一度は買取店で査定して貰い、ウェイクの適正な査定相場を知っておくことが大切です。

買取店へ査定してもらうならこちら

10万キロ超の過走行でも、ウェイクは売れるのか?

2014年11月のデビューからまだ年数の浅いウェイクですが、過走行(走行距離10万キロ超)や修復歴ありでも査定相場が残るのでしょうか?

ここでは、業者オークションを調査して実際に取引された1台をピックアップ、ウェイクの査定相場が残る傾向について分析します。

過走行のウェイクでも査定相場が残るのか?
3年落ち ウェイク X 10.8万キロ ブルー 修復歴なし
  68万円

このウェイクは3年落ちで10万キロ超≒年間3万キロ以上という酷使ぶり、外装は「小キズ&小凹み」、内装は「シート汚れ&キズ」と年式相応の状態となっていますが、まだ新しいため、68万円の査定相場が残っていました。

現状、過走行のウェイクはほとんど中古車市場に出てきていませんが、高年式な内は走行距離が伸びてもある程度の査定相場は残るものと予測されます(不動車ではなく、まともに走れる状態が大前提です)。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら