スイフトは運転しにくいのか?乗りやすいのか?運転や駐車のコツを実車を使って徹底検証

スイフトは運転しにくいのか?乗りやすいのか?運転や駐車のコツを実車を使って徹底検証

スズキの「スイフト」はコンパクトカーなので、一般的に運転がしやすいイメージがあると思います。

しかし、コンパクトカーでも意外と運転しにくい車種もあるので、イメージだけで乗りやすいクルマだと思い込んでしまうのは危険です。

ここではスイフトの実車を使って運転や駐車のコツを徹底検証していますので、購入を検討されている方は是非とも参考にしてみてください!

スイフトのボディサイズは?

試乗したスイフトのグレードは「XGリミテッド」の2WD車で、ボディサイズは以下のとおりになります。

全長 3,840mm
全幅 1,695mm
全高 1,500mm

全長は4mを大きく下回り、全幅は1.7mを切る5ナンバーサイズです。

狭い路地や駐車場でも、取り回しが楽そうなサイズですね。

ちなみに、欧州仕様のスイフトは全幅が1,735mmありますが、日本向けモデルは国内の道路事情に配慮した専用ボディになっています。

ここで、軽自動車の「アルト」とボディサイズを比較してみましょう。

アルト L
全長 3,395mm
全幅 1,475mm
全高 1,475mm
スイフトはアルトと比較すると全長が40cm以上長く、全幅も20cm以上ワイドです。
コンパクトカーといっても、軽自動車と比べると結構大きいことが分かります。
とはいえ、あぜ道のように余程狭い道路でない限り、取り回しで困るようなことはないでしょう。

スイフトの車両感覚はどうか?

スイフトは比較的スクエアなフォルムを備えていますが、こうしたデザインのクルマは丸っこいフォルムのクルマよりも車両感覚がつかみやすい傾向があります。

では実際のところどうなのかといえば、残念ながら思っていたほど車両感覚はつかみやすくありませんでした。

その理由は、ボンネットの先端部がなだらかに下がったデザインなので、運転席から確認することができないからです。

運転席からボンネット右側の膨らみが僅かに確認できますが、左側は確認できません。

せめて左側の膨らみも見えれば車幅をつかむ目安になるのですが、これではボンネットの左端の位置がどのあたりにあるのか分からないので、結構気を使うシーンがありました。

画像はセンターラインのない裏道を走行した際に撮影したもので、左右に歩行者保護のためのポールが立ち並んでいます。

離合の際には対向車に気を使うと同時に、左側もポールに擦らないよう気を使わないとなりません。

こうしたシチュエーションでもボンネットの左端が見えればまだ楽なのですが、スイフトの場合は神経を使いました。

ただ、5ナンバーサイズの恩恵で左右のAピラーが同時に視野に収まるので、ポールのない狭い路地ではそこまで神経を使わずに済みます。

スイフトの前方の視界は?

車両感覚のつかみやすさには難があったスイフトですが、前方視界そのものは特に問題ありませんでした。

Aピラーの角度が立っているため運転席からフロントウィンドウまでの位置が遠く、圧迫感がないのも良いところです。

ただ、ミニバンやSUVなどと比べるとアイポイントが低く、見晴らしはそれほど良くないので、先の先を読んだ運転がしやすい方ではありません。

また、ボンネットの先端部が見えないため、信号待ちの際はどうしても前のクルマとの間隔が開きがちでした。

コーナーセンサーが付いていれば良いのですが、スイフトの場合は標準装備でなくディーラーオプション扱いになってしまいます。

一方で、斜め前方視界の点ではなかなか良好でした。

Aピラーが比較的細く角度も立っており、斜め前方の視界をあまり遮らないため安全確認が容易でした。

三角窓はないものの、その必要性はほとんど感じませんでしたし、Aピラーに取り付けられたドアミラーが邪魔に感じたこともありません。

交差点で右左折する際に歩行者などの確認がしやすかったのは勿論のこと、ワインディング走行時のブラインドコーナーでも前方の情況が確認しやすいメリットがありました。

総合的に、スイフトの前方視界は合格点があげられます。

スイフトの後方視界は?車庫入れのしやすさを検証

スイフトはベルトラインが後ろ上がりになっているので、デザインの整合上リアウィンドウの面積が小さめになっています。

天地の丈が小さい上、ワイパーモーター部の盛り上がりが更に面積を狭くしているので、後方視界はあまり良いとはいえません。

 

ルームミラーに映る後方視界もこんな感じで、視界が狭いことがお分かりになると思います。

また、斜め後方視界の点でも、Cピラーが太く死角を生み出しているためいまひとつです。

そのため、バックでの駐車はボディサイズが小さい割には気を使いました。

特に、斜め後方の死角に人がいたりポールなどの障害物があったりしないか、不安感が拭えませんでした。

ただ、試乗車には純正ナビとディーラーオプションの「バックアイカメラ」(44,658円)が装着されていたので、ある程度こうした欠点をカバーしてくれました。

とはいえ、できればバックカメラに頼らずとも肉眼で十分な安全確認ができるに越したことはいので、スイフトの後方視界には及第点をあげることはできません。

スイフトの運転しやすさ、コツのまとめ

スイフトはボディサイズが小さく、前方視界も良いので基本的に運転が難しいとは感じませんでした。

しかし、狭い路地では車両感覚のつかみにくいことが気になりましたし、バックの際は後方視界の良くないことが気になりました。

運転をサポートするオプションを一切付けない場合は、ボディを擦るかもしれないと感じたら「止まる」、バックの際に死角になにかありそうだと思ったら「止まる」、コツはこれにつきます。

そして、場合によっては車外に降りて安全確認をすることも必要でしょう。

はた目にはかっこ悪く映るかもしれませんが、ぶつけてしまうよりはずっとマシです。

もし予算が許すなら、安全をサポートするオプションを是非とも装着したいところです。

おススメのアイテムとして、先ほど紹介したバックアイカメラのほかにメーカーオプションの「全方位モニター」があげられます(XGリミテッドを除く全車に設定)。

全方位モニターとは、車両の前後左右4箇所に設置されたカメラの映像をナビ画面に表示し、運転をサポートする装備です。

スイフトの車両感覚や後方視界の欠点をカバーしてくれるので、安心感が大幅に高まることでしょう。

純正ナビの代金+66,960円の出費となりますが、得られるメリットを考えれば決して高過ぎるとはいえません。

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...