あなたのスイフトを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

スイフトのガチな査定相場を紹介

スイフトの無料ネット査定

あなたのスイフト、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがスイフトの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

スイフトの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のスイフトの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

スイフトのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのスイフトを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のスイフトの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

スイフトの無料ネット車査定の事例とご利用者の口コミ

スイフト ネット車査定の事例/東京都 バニラさん

スイフトのネット車査定の事例 フロント画像 スイフトのネット車査定の事例 後ろ画像

スイフト1.2XG 査定相場 48万~58万円
コウさん
コウさん

お送りいただいた型式だと現行モデルとなりますが、年式と画像を拝見するとZC72S型となるので、1つ前のモデルで査定相場を算出しております。

お乗りのスイフトは流通台数が多いですが、同じ条件の車両でも内外装の状態により10万円前後の価格差が出ています。

実車の状態が良いほど、査定相場の上限値で売れる可能性が高くなります。

今後は、複数の買取店で査定してもらい、相場の上限値を出す買取店を見つけられるといいでしょう。

また、ユーザーが参加できる買取オークションなら、直接小売りする中古車販売店が入札するので、上記相場よりも高い査定額が付く可能性があります。

ネット車査定の実施日 2018年9月25日
ネット車査定利用者プロフィール バニラさん・東京都
車名・グレード名 スイフト 1.2XG
車両データ 平成28年(2016年)式・走行20,000㎞・シルバー
ディーラーの査定相場 45万円(実査定)
ネット車査定の相場 48万~58万円
実際に売れた売却金額 –万円
ネット車査定利用者のコメント

スイフトで査定が高くなる組み合わせは?

スイフトの査定金額が高くなるグレード

スイフトで高い査定が出るグレードはコレ!

1.0RSt
スイフトスポーツ(MT)
1.2ハイブリッドRS
4WD

スイフト/スイフトスポーツの中で、高額査定が期待できるグレードはこちらです。

1.0RStはターボエンジン搭載モデルとして人気が高く、高回転域の走行性と環境性能の向上(燃費の改善など)に定評があるため、スイフトの中古車市場でも引き合いが多くありますから、高額査定に期待が持てるグレードとなっています。

スイフトスポーツは、そのスポーティなスタイルと躍動感あふれる走りで人気が高く、2017年に新モデルが出たこともあって注目が集まっているため、こちらも人気の高さに比例して高額査定が期待できるグレードです。

スイフトスポーツはAT車とMT車で価格が違いますが、初期費用の安さが相対的なリセールバリュー(購入価格に対する売却価格=お得の度合い)を生み出す上、アクティブな走りが楽しめて人気なため、MT車がおススメです。

初期費用が高いため、どうしても相対的なリセールバリューが低くなってしまいがちなスイフトのハイブリッド車ですが、その静粛性や燃費、高い環境性能が魅力なので、新車購入の選択肢に加えたいユーザーも少なくないかと思います。

そういう方には、ハイブリッド車の中でもリセールバリューが高水準で安定しているスイフト1.2ハイブリッドRSをおススメします。

そして、雪道や悪路などで安定した走行性を発揮できる4WD車は一定のニーズがありながら、販売台数が少ないため、スイフトの査定相場が安定しているので、高額査定が期待出来ておススメです。

スイフトの高額査定を目指すために、これらのグレード・仕様をおススメします。

(※既にスイフトを所有していて「これらのグレードに該当してない!やばい!」と思っている方も、これから紹介するノウハウを学んで実践すれば、高額査定が狙えるので大丈夫です!)

スイフトで高い査定が出る人気色はコレ!

高額査定が狙えるスイフトの人気カラー

ピュアホワイトパール
スーパーブラックパール

スイフト/スイフトスポーツの高額査定を目指すなら、ボディカラーの選択も重要なポイントとなります。

清潔感と開放感で見る人の気持ちを明るくしてくれるホワイトと、重厚感と高級感で見る人に落ち着きと信頼感を与えてくれるブラックは、昔から日本人の感性にフィットするため、スイフトのボディカラーにも多く選ばれています。

カラーだけで、スイフトの査定相場がそんなに違うモンなの?

そう思って、中古車市場を調査してみたところ、ホワイト&ブラックの人気2カラーとそれ以外のカラーでは、3年以内の売却で、スイフトの査定相場に10~30万円以上の価格差が出ていました。

スイフトの高額査定を目指すため、ボディカラーはホワイト&ブラック系の人気2カラーをおススメします。

※ちなみに、スイフトスポーツのトレードカラーであるチャンピオンイエロー4ですが、新車では人気が高いものの、中古車市場ではより人気の高いホワイト&ブラックの方が、高額査定を期待できます。

スイフトで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

全方位モニター用カメラ
セーフティパッケージ

スイフト/スイフトスポーツを新車で買うなら、工場で作りつける(後付け不可な)メーカーオプションの選択も高額査定の重要ポイントとなります。

その中でもおススメなのが、上記のメーカーオプションとなります。

スイフトを上空から見下ろしたような視点をはじめ、様々な角度から視野が得られる全方位モニター用カメラは、駐車時や狭い場所などでの安全性を高め、安心して運転できることから人気が高く、査定査定アップはもちろん、自分でスイフトに乗る上でもおススメしたいメーカーオプションです。

誤発進防止や車線逸脱&ふらつき警報、サイドエアバックなど、スイフトの安全装備がセットになったセーフティパッケージは、こちらも安全性能を高めるため人気があり、数万円の査定査定プラスが期待できるため、おススメしたいメーカーオプションとなっています。

スイフトの高額査定を目指すためにも、これらのメーカーオプションを活用していきましょう。

スイフトの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

スイフトの査定時に不利となりやすい不人気カラー

プレミアムシルバーメタリック
バーニングレッドパールメタリック

スイフト/スイフトスポーツの高額査定を目指す上で、不利になってしまうボディカラーがこちらになります。

先ほど「人気カラーのスイフトは査定査定アップ!」と紹介したので、となれば当然「人気カラー以外のスイフトは、査定査定が相対的に低い」ことになります。

中でもプレミアムシルバーメタリックは、新車でこそ人気が高く、購入するユーザーも多いものの、中古車市場では購買層が変化する(若者は、あまり渋いカラーを好まない傾向にあるようです)から、シルバー系の査定相場がダウンしてしまうのです。

また、バーニングレッドパールメタリックはオプション料金(21,600円)がかかる上、「無難」「定番」を好み「周囲から浮く」ことを嫌う日本人ユーザーから敬遠されてしまう傾向にあるため、あまり人気がなく、査定査定もダウンしてしまいます。

先ほど紹介した通り、ホワイト&ブラック系の人気2カラーと比べた査定相場の差額は10~30万円以上

スイフトの高額査定を目指すなら、これらのボディカラーは避けた方が無難ですが、せっかくの愛車ですから、自分の好きなボディカラーでスイフトを楽しみたい!という思いとの折り合いをつけて欲しいと思います。

修復歴による査定の減額

スイフトの修復歴に伴う査定への影響

事故や機械トラブルなどによって「修復歴アリ」となってしまったスイフトは、その買取相場が大きくダウンしてしまいます。

ダメージの度合いにもよりますが、中古車市場を調べてみると、修復歴の有無でスイフトの買取相場に30~50万円以上の差額が出ています。

特に高年式・低走行など「買取相場の高いスイフトほど、修復歴によるダメージ(買取査定ダウン)が大きくなる」傾向が見られるので、注意が必要です。

油断一瞬、ダメージ数十万円。

あなたのスイフトはそんな事で泣きを見ないよう、手放す瞬間まで気を抜かず、日頃からセーフティドライブを実践しましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

モデルチェンジに伴うスイフト査定への影響

モデルチェンジはスイフトの査定相場に大きな影響をおよぼしますから、そのタイミングはスイフトの買い替えを検討する判断材料の一つとなります。

モデルチェンジとはスイフトに加える改良であり、スイフトをまったく新しいモデルに生まれ変わらせるフルモデルチェンジと、内外装のデザイン・仕様等を部分的に更新するマイナーチェンジの大きく2つがあります。

(※その他、さらに小規模な改良やメーカーによる呼び方の違いがありますが、ここでは割愛します)

モデルチェンジによってスイフトの見た目や乗り心地が大きく変わるため、ユーザーの人気が移ることでスイフトの査定相場に大きな影響を及ぼす訳です。

フルモデルチェンジの前後ではスイフトの査定相場に15~20万円以上の影響をおよぼすため、タイミングを外してしまうと、スイフトの買い替えで大きな損失をこうむってしまうリスクがあります。

モデルチェンジによって旧式となるスイフトの査定相場に影響が出始める(下がり始める)のは、一般的にモデルチェンジの入る3ヶ月前からと言われています。

モデルチェンジの入るタイミングでスイフトを買い替えるなら、事前から出ている情報をチェックして、モデルチェンジの入る3か月前を目安にスイフトを売れるように行動しましょう。

輸出によるスイフトの査定相場の底値は?

スイフトの輸出相場

現行(2016年12月~)
データ不足
3代目(2010年8月~)
スイフトスポーツ 30~50万円
スイフトスポーツ以外 30~50万円
2代目(2004年11月~)
スイフトスポーツ 5~15万円
スイフトスポーツ以外 5万円前後
初代(2000年2月~)
廃車5万円前後

過走行≒旧式化や修復歴などによって、国内市場では敬遠されてしまうような状態のスイフト/スイフトスポーツでも、海外市場では十分に需要が残されているため、上記の底値(輸出買取相場)で買い取って貰える可能性があります。

【余談】管理人も海外旅行先で色んなクルマを見てきましたが、「動きゃいいんだよ!」を地で行くようなクルマの数々に、彼らのタフさを感じました(あまり過走行や修復歴は気にしないようです)。

ちなみに、スイフトを輸出買取相場に出すには、ディーラーではなく買取店で査定してもらう必要があります。

ディーラーの下取りに出すと「価値ゼロ円」どころか「処分手数料」まで取られかねない状態のスイフトでも、十分に希望が残されているため、諦めることなく買取店へもっていきましょう。

ただし、完全に動かなくなってしまったスイフトでは、輸出買取相場でも底値を割ってしまいかねません。

少しでもスイフトを高く売れるよう「価値を残す」ことを意識したセーフティドライブを心がけましょう。

10年間のスイフトの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

スイフトのモデル別査定相場

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、スイフトの査定相場推移です。スイフトを売るタイミングの参考にしてください。

現行型スイフトの査定相場(2018年7月査定)

スイフト現行型アイコン

2016年12月27日~販売中

スイフト1.2XG/色:白黒/修復歴なし/新車価格134.3万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2017年 1.0万キロ 76万円 56.5% 66万円

2018年7月現在、現行型スイフトの査定相場は、年式ごとに上記の通りとなりました。

(2018年と2016年については中古車流通台数が少なく、査定が難しい状態です)

スイフトでは最も売れ筋となっている人気グレードの1.2XGですが、1年落ちで45%近くリセールが下落しており、リセールにあまり強くないクルマです。

よって、短期での売却/乗り換えよりも、査定相場の下落が緩やかになる3年落ち以降まで乗ってからの方が、より得策と言えるでしょう。

また、表の右端にスイフトをディーラー下取りに出した場合の相場も載せていますが、買取店による買取相場と比べて10万円ほど安くなってしまいます。

3代目スイフトの査定相場(2018年7月査定)

3代目スイフトのアイコン

2010年8月~2016年12月生産モデル

スイフト1.2XG/色:白黒/修復歴なし/新車価格131.6万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2016年 2.0万キロ 53万円 40.2% 36万円
2015年 3.3万キロ 47万円 35.7% 27万円
2014年 4.0万キロ 38万円 28.8% 21万円
2013年 5.1万キロ 27万円 20.5% 16万円
2012年 5.8万キロ 26万円 19.7% 12万円
2011年 6.9万キロ 20万円 15.1% 9万円
2010年 8.0万キロ 16万円 12.1% 8万円

2018年7月時点における3代目スイフトの査定相場を、年式ごとの一覧表にまとめました。

3年落ち普通自動車のリセールバリューは平均で50~55%と言われていますが、リセールに強くないコンパクトカーの例にもれず、スイフト 1.2Gの3年落ちリセールバリューは35.7%に落ち着いています。

ただ、市場を調査する中で以下の傾向が見られたため、これらの要素を活かして高額査定の可能性を追求したいところです。

・他のクルマに比べて、ホワイトパール&ブラックとその他カラーとの査定差額が小さい。

・スポーティなユーザーのニーズはほとんどないため、5MTよりもCVTの方が高リセール。

・4WDの需要が高いため、2WDよりも高リセールとなりやすい。

2代目スイフトの査定相場(2018年7月査定)

2代目スイフトのアイコン

2004年11月~2010年8月生産モデル

スイフト1.2XG/色:白黒/修復歴なし/新車価格119.7万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2010年 7.7万キロ 15万円 12.5% 6万円
2009年 9.3万キロ 8万円 6.6% 4万円
2008年 10.3万キロ 5万円 4.1% 3万円

2018年7月現在の2代目スイフト査定相場をまとめていますが、査定価値のほとんど残らなくなる10年落ち(2008年式)より前のデータは割愛しています。

8年落ち以降になると、スイフトの査定相場はほぼ地を這うがごとくで、次のクルマに何か気の利いたオプションでも付けようかな、くらいの金額しか期待できません。

とは言え、ここまで乗りこなせば十分に元はとったと考え、潔く手放すか、それとも更に乗り倒して、お得感を極限まで引き出す選択肢を考えてもいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

10年落ち・10万キロの古い過走行のスイフトでも売れるのか?

スイフトは古くなっても、過走行でも査定相場が残っているのか、見てみましょう。

スイフトの過走行車
14年落ち スイフトスポーツ 107,000㎞ イエロー 修復歴なし 
7万円

この14年落ち、10万キロ走行の初代スイフトスポーツのオークション落札価格から、7万円の査定相場が算出されました。

内容は「エンジン廻りオイル漏れ」「キズ補修あり」などと摩耗も大きくなっていますが、それでも辛うじて査定相場が残っている状態です。

同じ14年落ち・10万キロ走行でも廃車同然の落札価格になっているスイフトスポーツも多い一方で、同じ14年落ちでも、走行距離5万キロ前後であれば、16万~24万円程度の査定相場が残っています。

これらの調査から、スイフトの査定相場が残るか否かの分かれ目は、車両状態に大きなウェイトが占められていることがわかります。

先ほど「スイフトは海外市場でもニーズがあるため、初代でもMAX5万円程度の査定相場が残せる」と紹介していますが、あくまで良好な車両状態が前提となります。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら