新型ルークスの人気グレードを比較!売れ筋のハイウェイスターやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

ルークスのグレード選びにあたり、迷っている人も多いと思います。特に、

  • 最安グレードのSは買いか?
  • ハイウェイスター Xとノーマル車Xの違いは?
  • ターボとノンターボ、コストパフォーマンスはいいのはどっち?

などが気になるところではないでしょうか。

このページではそんな悩みを解決できるよう、ルークスの売れ筋グレード同士の装備の違いや価格差が妥当かどうかなどを検証しながら、おすすめのグレードを紹介します。

更に主要装備について詳しく解説すると同時に、ペダルの踏み間違いによる暴走事故を抑制する「アクセル踏み間違い防止機能」はどのグレードに付いているのかについても紹介!

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、ルークスのグレード選びの参考にどうぞ。

新型ルークスのグレード一覧

グレード名価格(円)WLTCカタログ燃費(km/L)
S1,415,70020.8
X1,546,60020.8
ハイウェイスター X1,734,70020.8
ボレロ*1,747,900
ハイウェイスター X プロパイロットエディション1,843,60020.8
ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション1,932,70018.8
S 4WD1,549,90018.2
X 4WD1,680,80018.2
ハイウェイスター X 4WD1,868,90018.2
ボレロ 4WD*1,882,100
ハイウェイスター X プロパイロットエディション 4WD1,977,80018.2
ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション 4WD2,066,90016.4

*特別仕様車

ジュン君
ジュン君

ルークスのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

新型ルークスの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

ルークスの装備は、日産発表の公式装備一覧表を基にしています。

ルークス XとSの違い

比較項目X
装備の違いサイドターンランプ付電動格納式ドアミラー
インテリジェントアラウンドビューモニター+ディスプレイ付自動防眩ルームミラー
IRカット&スーパーUVカット・フロント / フロントドアガラス
インテリジェントキー+プッシュエンジンスターター
オートエアコン
外気温度計
日産オリジナルナビ取付パッケージ+6スピーカー
助手席シートバックポケット
両側スライドドアオートクロージャー
助手席側ハンズフリーオートスライドドア
全ドア連動ロック機能
ドアストップ機能
価格1,546,600円
比較項目S
装備の違い電動格納式ドアミラー
スーパーUVカット・フロントガラス+UVカット・フロントドアガラス
リモートコントロールエントリーシステム
マニュアルエアコン
オーディオレス+2スピーカー
助手席側スライドドアオートクロージャー
価格1,415,700円

価格差:Xの方が130,900円高い

ルークスの2WD車のXとSの比較です。

130,900円高価なXは、快適装備が格段に充実しています。

コウさん
コウさん

表の赤字で示したのは、あると特に便利な装備だ。以下で解説しよう!

インテリジェントアラウンドビューモニター+ディスプレイ付自動防眩ルームミラー

インテリジェントアラウンドビューモニターは、車両を上から見たような映像をディスプレイ付自動防眩ルームミラーに表示する装備です。

クルマの周囲の状況が手に取るように分かるので、楽に駐車ができます。

さらに、歩行者や自転車などの移動物を検知すると、表示とブザーでお知らせする移動物検知機能付です。

特に駐車が苦手なドライバーにとって、強い味方になります。

IRカット&スーパーUVカット・フロント / フロントドアガラス

ルークスのIR&スーパーUVカットガラス

nissan.co.jp/roox

フロントガラスとフロントドアガラスに、室温上昇の要因となる赤外線をしっかり遮断するIRカット機能と、日焼けの要因となる赤外線を約99%以上遮断するスーパーUVカット機能を採用。

晴れた夏の日でも、室内環境を快適に保ちます。

特に、紫外線を避けたい女性に嬉しい装備と言えるでしょう。

インテリジェントキー+プッシュエンジンスターター

ルークスのインテリジェントキー

nissan.co.jp/roox

インテリジェントキーをポケットやバッグに入れておけば、いちいち取り出すことなくドアの施錠・解錠ができます。

さらに、エンジンのスタート・ストップもボタンひとつでOK。

解錠・施錠やエンジン始動の際にキーを取り出す必要があるリモートコントロールエントリーシステム (Sに装備) と比べ、ずっと便利です。

オートエアコン

ルークスのオートエアコン

nissan.co.jp/roox

設定した温度を保つよう、送風温度や風量を自動で調整するオートエアコン。

マニュアルエアコンと比べ、室温を快適に保つ性能が優れています。

ただ、タッチパネル式の操作方法はダイヤル式のような直感的な操作が難しいため、好き嫌いは分かれそうです。

助手席側ハンズフリーオートスライドドア

ルークスのハンズフリーオートスライドドア

nissan.co.jp/roox

助手席側のスライドドアは単なる電動開閉式ではなく、足をかざすだけで開閉できるハンズフリー機能を搭載。

両手が荷物でふさがっている時や、子供を抱きながら乗車する際にとても便利です。

手動でスライドドアを開閉しなければならないSとは、大きな違いがあります。

コウさん
コウさん

室内の快適さや日常の使い勝手、駐車のしやすさなどはXの方が断然優れている。軽自動車で約13万円の価格差は大きいが、それでも絶対Xを選んだ方がいいぞ!

ルークス ハイウェイスターXとXの違い

比較項目ハイウェイスターX
装備の違いLEDヘッドランプ+シグネチャーLEDポジションランプ
LEDフォグランプ
運転席・助手席バニティミラー
ハイウェイスター専用外装
14インチアルミホイール
SOSコール
SRSニーエアバッグシステム
後席ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト
価格1,734,700円
比較項目X
装備の違いハロゲンヘッドランプ
運転席バニティミラー
インスト運転席ポケット
14インチスチールホイール
後席ロードリミッター付シートベルト
価格1,546,600円

価格差:ハイウェイスターXの方が188,100円高い

ルークス2WD車のハイウェイスターXとXの違いです。

ハイウェイスターXは188,100円高いだけあり、灯火類や安全装備が充実しているほか、外装もXと差別化が図られています。

コウさん
コウさん

特に人気の高い装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

LEDヘッドランプ+LEDシグネチャーポジションランプ

ルークスのLEDヘッドランプ

nissan.co.jp/roox

LEDヘッドランプのメリットは、明るいことや消費電力が少ないこと、寿命が長いことなどです。

それに加え、デザインのカッコよさも魅力のひとつ。

ハロゲンヘッドランプと比べ、多くの点で優れています。

また、ポジションランプにもLEDを採用。

LEDフォグランプ

ルークスのLEDフォグランプ

nissan.co.jp/roox

※Xは61,820円でディーラーオプション設定

霧や豪雨などの悪天候時に、ヘッドランプの明かりを補助するLEDフォグランプを装備。

ヘッドランプだけで走行するよりも視界が効くので、より安全に運転できます。

14インチアルミホイール

ルークスの14インチアルミホイール

nissan.co.jp/roox

スチールホイールよりも遥かにスタイリッシュな14インチアルミホイール。

軽量なためバネ下荷重も軽くなり、乗り心地やハンドリングにも好影響を与えます。

趣味性の高さは、スチールホイールの比ではありません。

SOSコール

ルークスのSOSコール

nissan.co.jp/roox

※Xは33,000円でメーカーオプション設定

事故や急病などの緊急時に、ボタンを押すだけで専門オペレーターにつながる装備です。

エアバッグが展開した時は、自動で専門オペレーターにつながります。

万が一の際、専門オペレーターが警察や消防との連携をサポートしてくれるので、安心です。

SRSニーエアバッグシステム

ルークスのニーエアバッグシステム

nissan.co.jp/roox

衝突時に脚を保護すると同時に、姿勢を保つことで全身の保護効果を高めるSRSニーエアバッグシステム。

デュアルエアバッグやサイドエアバッグなどと比べ軽視されがちですが、ニーエアバッグがあるとないのでは万が一の際の体へのダメージに違いが出ます。

コウさん
コウさん

続いて、ハイウェイスターXとXの内外装の違いを解説しよう!

ルークス ハイウェイスターXとXの外装の違い

ルークスハイウェイスターのフロント

nissan.co.jp/roox

ルークスハイウェイスターのリア

nissan.co.jp/roox

ルークス ハイウェイスターXの外装です。

フロント回りはクロームメッキの大型グリルやエアロバンパーの採用により、迫力にあふれています。

リアビューも、エアロバンパーやバックドアフィニッシャー、ルーフスポイラーの採用でアグレッシブな雰囲気です。

ルークスノーマル車のフロント

nissan.co.jp/roox

ルークスノーマル車のリア

nissan.co.jp/roox

ルークス Xの外装です。

フロント回りは、小ぶりなグリルやエアロタイプではないバンパーのため、大人しく見えます。

リア回りも、エアロバンパーやバックドアフィニッシャー、ルーフスポイラーが付かないため、良くも悪くもシンプルです。

押し出しの強いハイウェイスター Xを好む人は多いと思いますが、スッキリしたXが好きな人も意外と多いのでは?

ルークス ハイウェイスターXとXの内装の違い

ルークスハイウェイスターの内装

nissan.co.jp/roox

ルークス ハイウェイスターXの内装です。

インパネやドアトリム、シート表皮などはエボニー (ブラック) 基調で、シックな雰囲気を醸しています。

精悍さも感じられるので、アグレッシブな外装とのマッチングも抜群です。

ルークスノーマル車の内装

nissan.co.jp/roox

ルークス Xの内装です。

インパネやドアトリム、シート表皮はアイボリー基調となります。

大人しい外装とマッチした明るい雰囲気が持ち味です。

どちらな内装が良い悪いというよりは、好みの問題でしょう。

コウさん
コウさん

ハイウェイスター Xは約19万円も高いが、外装がカッコいいし安全装備も充実しているので、高いだけの価値はある。でもコストパフォーマンスを重視するなら、Xの選択もアリだぞ。

ルークス ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションとハイウェイスター X プロパイロットエディションの違い

比較項目ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディション
エンジンの違いターボ (最高出力 64ps / 最大トルク 100N・m)
装備の違い本革巻ステアリングホイール
15インチアルミホイール+165/55R15タイヤ
価格1,932,700円
比較項目ハイウェイスター X プロパイロットエディション
エンジンの違いノンターボ (最高出力 52ps / 最大トルク 60N・m)
装備の違いウレタンステアリングホイール
14インチアルミホイール+155/65R14タイヤ
価格1,843,600円

価格差:ハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションの方が89,100円高い

ルークスの2WD車のハイウェイスター Gターボ プロパイロットエディションとハイウェイスター X プロパイロットエディションの違いです。

最大の相違点はエンジンで、ハイウェイスター Gターボが文字通りターボ付なのに対し、ハイウェイスター Xはノンターボとなります。

装備面でも、ハイウェイスター Gターボはステアリングホイールとアルミホイールが上質です。

コウさん
コウさん

以下で、赤字で示した装備について解説しよう!

本革巻ステアリングホイール

ルークスの本革巻ステアリングホイール

nissan.co.jp/roox

高級感や手触りの優れた本革巻ステアリングホイール。

しっとりと手に馴染む感触は、ウレタンステアリングホイールでは得られません。

ステアリングホイールの素材などどうでもいい、と思うかもしれませんが、意外と満足感に違いがでます。

15インチアルミホイール+165/55R15タイヤ

ルークスの15インチアルミホイール

nissan.co.jp/roox

他のグレードより1インチ大きい15インチアルミホイールと、扁平率の高いワイドタイヤを採用。

タイヤのエアボリュームが小さいので、乗り心地は不利になりますが、コーナリング時の踏ん張りが効く点がメリットです。

またルックス面のカッコよさも魅力で、車好きのハートをくすぐります。

コウさん
コウさん

ルークスは軽自動車としては車体が重いので、ターボ付のメリットは大きい。9万円弱の価格差なら、是非ともハイウェイスター Gターボを選びたい!

アクセル踏み間違い防止機能の付いた新型ルークスのグレードは?

ルークスは、全車にアクセルの踏み間違いを防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」が標準装備されます。

コウさん
コウさん

踏み間違い防止アシストとはどんな機能なのか、以下で解説しよう!

踏み間違い衝突防止アシスト

前進および後退時に、壁などの障害物を検知している状態でアクセルを強く踏んでしまった場合、エンジン出力を抑制して急発進を防ぎます。

それでも衝突の危険性があると、自動ブレーキを掛けて衝突回避を支援。

前進時に限り、車両や歩行者も検知します。

新型ルークスの売れ筋人気グレードランキング

ルークスのグレード選びにあたり、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考にしたい人も多いと思います。

ここでは、実際の流通台数を調査してルークスの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名3年後のリセール
1位ハイウェイスター X59.2%
2位X55.9%
3位ハイウェイスター X プロパイロットエディション
4位S53.3%
5位ハイウェイスター G ターボ プロパイロットエディション59.0%

※2020年式モデルを対象に流通台数を調査

ルークス ハイウェイスター Xが売れ筋グレードランキングの1位となっています。

Xが2位、ハイウェイスターX プロパイロットエディションが3位と、中間グレードのX系が人気です。

3年後のリセールを見ても、現状ではハイウェイスター Xが1位となっています。

新型ルークスのおすすめグレードはコレ

ルークスX

nissan.co.jp/roox

  • ルークス X
  • ルークス ハイウェイスター X

ルークス Xのおすすめの理由

ルークスのグレード体系は、基本的に6タイプがラインナップされています。

この中からコストパフォーマンス重視でおすすめグレードをあげるなら、2番目に安い「X」です。

おすすめの理由は、まず最廉価グレードのSと比べ格段に装備が充実していること。

また、ひとつ上のハイウェイスター Xと比べた場合は、割安感があります。

価格と装備のバランスは、Xがベストと言ってよいでしょう。

ルークス ハイウェイスター Xのおすすめの理由

人気とリセールの観点からルークスのおすすめグレードをあげるなら、人気ランキング、リセールともナンバーワンの「ハイウェイスター X」です。

皆が選んでいる安心感や、売却時に損失が少ないのは大きなメリットと言えます。

また、外装のカッコよさはハイウェイスター系ならではの魅力。

街乗りがメインなのでターボのパワーはいらない、自動運転のプロパイロットもいらないという場合は、このハイウェイスター Xがお手頃です。

ルークスおすすめグレードの乗り出し価格は

ルークスのおすすめグレードの見積シミュレーションです。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格なので、参考にしてみて下さい。

ルークス Xの乗り出し価格

グレード名ルークス X
車両本体価格1,546,600円
メーカーオプション名ホワイトパール
メーカーオプション価格33,000円
ディーラーオプション名ナビ
ETC
ドライブレコーダー
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格226,303円
諸費用98,474円
車両目標値引き▲70,000円
オプション値引き▲45,000円
乗り出し価格1,789,377円

メーカーオプションは人気色のホワイトパールを選択、ディーラーオプションは人気のドライブレコーダー等を選び、値引きを入れて乗り出し価格178.9万円となりました。

ルークス ハイウェイスター Xの乗り出し価格

グレード名ルークス ハイウェイスター X
車両本体価格1,734,700円
メーカーオプション名ホワイトパール
メーカーオプション価格33,000円
ディーラーオプション名ナビ
ETC
ドライブレコーダー
サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格226,303円
諸費用98,474円
車両目標値引き▲70,000円
オプション値引き▲45,000円
乗り出し価格1,954,220円

メーカーオプション、ディーラーオプションとも先ほどと同じものを選び、値引きを入れて乗り出し価格195.4万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう