シエンタの人気グレードを比較!売れ筋のハイブリッドやグレードの違いを分析、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめも紹介

シエンタの人気グレードを比較!売れ筋のハイブリッドやグレードの違いを分析しておすすめも紹介

2022年8月に7年ぶりのフルモデルチェンジを受けたシエンタが気になっている人は多いことでしょう。

グレード選びにあたり、特に

  • ハイブリッドGとハイブリッドX、お買い得なのはどっち?
  • ガソリン車のZとGの違いはどこ?
  • ハイブリッドとガソリン車のどちらを選ぶべきか?

などが悩みどころではないでしょうか?

そんな悩みを解決できるよう、ここではシエンタの売れ筋グレード同士の違いや、アクセルの踏み間違い防止機能の付いたおすすめグレードなどを紹介します!

また当社中古車販売店ならではの、業者オートオークション取引台数から割り出した、売れているグレードの人気ランキングと、3年後のリアルなリセール予測も紹介しているので、シエンタのグレード選びの参考にどうぞ。

シエンタのグレード一覧

グレード名価格カタログ燃費(km/L)
X (5人乗り)1,950,00018.4
X (7人乗り)1,990,00018.3
G (5人乗り)2,300,00018.4
G (7人乗り)2,340,00018.3
Z (5人乗り)2,520,00018.4
Z (7人乗り)2,560,00018.3
ハイブリッドX (5人乗り)2,380,00028.8
ハイブリッドX (7人乗り)2,420,00028.5
ハイブリッドG (5人乗り)2,650,00028.4
ハイブリッドG (7人乗り)2,690,00028.2
ハイブリッドZ (5人乗り)2,870,00028.4
ハイブリッドZ (7人乗り)2,910,00028.2
ハイブリッドX E-Four (5人乗り) 4WD2,578,00025.3
ハイブリッドX E-Four (7人乗り) 4WD2,618,00025.3
ハイブリッドG E-Four (5人乗り) 4WD2,848,00025.3
ハイブリッドG E-Four (7人乗り) 4WD2,888,00025.3
ハイブリッドZ E-Four (5人乗り) 4WD3,068,00025.3
ハイブリッドZ E-Four (7人乗り) 4WD3,108,00025.3
ジュン君
ジュン君

シエンタのグレード一覧を見ても価格が分かるだけで、グレードの違いや装備は分かりませんね。ここから気になる人気グレードの違いを詳しく説明します!

シエンタの売れ筋グレードを比較!グレード間の装備の違いと価格差は妥当か?

シエンタの装備は、トヨタ発表の公式装備一覧表を基にしています。

ハイブリッドGとハイブリッドXの違い

比較項目ハイブリッドG
装備の違いヒーター付ドアミラー
ドライブレコーダー
ブラインドスポットモニター
パーキングサポートブレーキ (後方接近車両)
バックガイドモニター
デュアルパワースライドドア
充電用USB端子×3+通信用USB端子×1
運転席シートバックスマホポケット
ディスプレイオーディオ+6スピーカー
ETC車載器
価格5人乗り:2,650,000円
7人乗り:2,690,000円
比較項目ハイブリッドX
装備の違い助手席側パワースライドドア
充電用USB端子×2
2スピーカー
価格5人乗り:2,380,000円
7人乗り:2,420,000円

価格差:ハイブリッドGの方が270,000円高い

シエンタのハイブリッドGとハイブリッドXの比較です。

27万円高いハイブリッドGは安全装備や快適装備が充実している他、ドライブレコーダーやETC車載器まで備わるなど、ハイブリッドXにかなり差を付けます。

コウさん
コウさん

あると特に便利な装備を赤字で示したぞ。以下で解説しよう!

 ドライブレコーダー

※ハイブリッドXは187,000円~でメーカーセットオプション設定

toyota.jp/sienta

事故の際の証拠確保の手段として、ドライブレコーダーは今や欠かせない装備になっています。

ハイブリッドGでは、このドライブレコーダー (前方録画機能) を標準装備。

車載カメラの映像を内蔵メモリに録画し、その映像はディスプレイオーディオ画面で再生できます。

ブラインドスポットモニター

※ハイブリッドXは187,000円~でメーカーセットオプション設定

隣車線の後方約60m以内から接近する車両を検知すると、ドアミラー鏡面のインジケーター点灯でお知らせ。

更にその方向にウインカーを出すとインジケーターが点滅し、ドライバーに注意を促します。

車線変更時に死角から迫る車に気づかずヒヤッとした経験があると思いますが、この装備があればそんなこともなくなるでしょう。

パーキングサポートブレーキ (後方接近車両)

※ハイブリッドXは187,000円~でメーカーセットオプション設定

バックでの出庫時に後方左右から接近する車両を検知すると、表示とブザーでドライバーに注意を促します。

更に衝突の危険性が高い場合は自動ブレーキを掛け、衝突被害を軽減または防止してくれるので安心です。

デュアルパワースライドドア

toyota.jp/sienta

スマートキーを携帯していればドアノブのスイッチを押すだけで解錠・ドアオープンができるパワースライドドアは、荷物を持っている時や子供を抱いている時などに重宝します。

ハイブリッドGではパワースライドドアを左右に標準装備。

運転席側が手動スライド式となるハイブリッドXと比べ、利便性の差は明らかです。

ディスプレイオーディオ+6スピーカー

※ハイブリッドXは187,000円~でメーカーセットオプション設定

toyota.jp/sienta

「コネクティッドナビ」に対応した8インチHD画面のディスプレイオーディオを標準装備。

AM/FMチューナーやUSB端子、スマホ連携機能なども備わる多機能を誇ります。

toyota.jp/sienta

また合計6つのスピーカーを搭載するので、音声も臨場感豊かです。

コウさん
コウさん

ハイブリッドGはハイブリッドXよりも装備がかなり充実しているので、27万円高いだけの価値はあるぞ。予算面で少々厳しくても、頑張ってハイブリッドGを選んだ方が後悔しないだろう。

ハイブリッドZとハイブリッドGの違い

比較項目ハイブリッドZ
装備の違いバイビームLEDヘッドランプ (オートレベリング機能付)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ
LEDライン発光テールランプ
停止保持機能付レーダークルーズコントロール
アダプティブハイビームシステム
ドライバー異常検知システム
エレクトロシフトマチック
本革巻きステアリングホイール
オプティトロンメーター+7インチマルチインフォメーションディスプレイ
後席用サンシェード
ハンズフリーデュアルパワースライドドア
消臭・撥水撥油機能付ファブリックシート表皮
運転席アームレスト
価格5人乗り:2,870,000円
7人乗り:2,910,000円
比較項目ハイブリッドG
装備の違い2灯LEDヘッドランプ (マニュアルレベリング機能付)+ターンランプ+クリアランスランプ
LEDテールランプ
レーダークルーズコントロール
オートマチックハイビーム
ストレート式シフトレバー
ウレタンステアリングホイール
アナログメーター+4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
デュアルパワースライドドア
ファブリックシート表皮
価格5人乗り:2,650,000円
7人乗り:2,690,000円

価格差:ハイブリッドZの方が220,000円高い

シエンタのハイブリッドZとハイブリッドGの比較です。

ハイブリッドZは22万円高額ですが、その分安全装備や快適装備が充実しています。

コウさん
コウさん

特にニーズの高い装備を赤字で示したので、以下で解説しよう!

停止保持機能付レーダークルーズコントロール

先行車と一定の車間距離を保ちながら自動追従走行するレーダークルーズコントロールは、シエンタの全車に標準装備されます。

更にハイブリッドZでは渋滞時に一旦停車した後も自動で停車を保持し続ける機能が付くため、ブレーキペダルを踏み続ける必要がありません。

他のグレードでは停止保持機能は備わらないので、ロングドライブ時の疲労感で差が付きます。

アダプティブハイビームシステム

夜間にハイビーム走行中に先行車や対向車を検知すると、自動で照射範囲を調整します。

相手への幻惑を防ぎながら視界の効くハイビーム走行を維持できるのは、安全上大きなメリットです。

他のグレードは先行車や対向車を検知すると自動でロービームに切り替わるため、その間は視界が低下してしまいます。

ドライバー異常検知システム

車線維持支援装備のレーントレーシングアシストを使って走行中、一定時間ドライバーの運転操作がないとシステムがドライバーに異常があったと判断。

音と表示でドライバーに報知すると同時に、他車にハザードランプやストップランプ、ホーンで異常を知らせながら自動で停車します。

更に通信機能を使っての救援要請やドア解錠も自動で行うので、体調に異変があっても安心です。

エレクトロシフトマチック

toyota.jp/sienta

シフトポジションを電動制御するエレクトロシフトマチックを採用。

通常のストレート式シフトレバーよりも力を使わずスムーズなシフトが可能です。

ハンズフリーデュアルパワースライドドア

※ハイブリッドGは33,000円~でメーカーオプション設定

toyota.jp/sienta

スマートキーを携帯していれば、フロア下部に足をかざすだけでスライドドアが電動開閉します。

手を使わずにドアがオープンするので、両手が荷物で塞がっている時などに便利です。

コウさん
コウさん

ハイブリッドZは安全性も快適性もハイブリッドGより高いので、22万円高いだけの価値はあるぞ。予算の制約がないなら是非おススメしたい!

ZとGの違い

比較項目Z
装備の違いバイビームLEDヘッドランプ (オートレベリング機能付)+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ
LEDライン発光テールランプ
アダプティブハイビームシステム
本革巻きステアリングホイール
オプティトロンメーター+7インチマルチインフォメーションディスプレイ
後席用サンシェード
ハンズフリーデュアルパワースライドドア
消臭・撥水撥油機能付ファブリックシート表皮
運転席アームレスト
価格5人乗り:2,520,000円
7人乗り:2,560,000円
比較項目G
装備の違い2灯LEDヘッドランプ (マニュアルレベリング機能付)+ターンランプ+クリアランスランプ
LEDテールランプ
レーダークルーズコントロール
オートマチックハイビーム
ストレート式シフトレバー
ウレタンステアリングホイール
アナログメーター+4.2インチマルチインフォメーションディスプレイ
デュアルパワースライドドア
ファブリックシート表皮
価格5人乗り:2,300,000円
7人乗り:2,340,000円

価格差:Zの方が220,000円高い

シエンタガソリン車のZとGの比較です。

ZとGの価格差はハイブリッドZとハイブリッドGの価格差と同じ22万円。

しかしGの装備はハイブリッドGに準じますが、ZはハイブリッドZと比べ省かれている装備があります。

コウさん
コウさん

先ほど紹介し切れなかった装備を赤字で示したので、以下で解説するぞ。

バイビームLEDヘッドランプ+LEDターンランプ+LEDクリアランスランプ

toyota.jp/sienta

1灯のLED光源でハイビーム・ロービームを兼ねるバイビームLEDヘッドランプを採用。

またターンランプやクリアランスランプにもLEDを採用し、バッテリー負担の少なさとクールなルックスを両立させています。

本革巻きステアリングホイール

toyota.jp/sienta

高級感のある本革巻きステアリングホイールを採用。

運転中常に手で触れている部分だけに、ウレタンステアリングホイールと比べ手触りが良い点は無視できないメリットです。

オプティトロンメーター+7インチマルチインフォメーションディスプレイ

toyota.jp/sienta

自発光式のオプティトロンメーターと、高精細な7インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイを採用。

マルチインフォメーションディスプレイにはタコメータを表示できます。

先進的なルックスと視認性の良さは、Gのアナログメーター+4.2インチマルチインフォメーションディスプレイに対するアドバンテージです。

消臭・撥水撥油機能付ファブリックシート表皮

※Gは29,700円~でメーカーセットオプション設定

toyota.jp/sienta

通常のファブリックシート表皮と異なり、消臭機能と撥水撥油機能が付きます。

食べこぼしなどによる臭いが気にならず、汚れも落ちやすいので小さいお子さんのいるファミリーにピッタリです。

ファブリックならではの手触りの温かさと、水や油を弾く機能が両立している点は評価できます。

運転席アームレスト

toyota.jp/sienta

運転席左側に、フック付のアームレストを装備します。

肘を掛けながらリラックスして運転できるので、疲労軽減につながります。

またフックは買い物袋などを下げるのに便利です。

コウさん
コウさん

ZはハイブリッドZよりも装備が省かれているのが少々不満だ。これでGと22万円の価格差なら、コストパフォーマンスはGの方が高いと言えるだろう。

シエンタハイブリッドZとガソリン車Zの違い

比較項目ハイブリッドZ
パワートレインの違い1.5Lエンジン+モーター
装備の違いばね上制振制御
停止保持機能付レーダークルーズコントロール
車両接近通報装置
ドライバー異常時対応システム
エレクトロシフトマチック
EVドライブモードスイッチ
価格5人乗り:2,870,000円
7人乗り:2,910,000円
比較項目ガソリン車Z
パワートレインの違い1.5Lエンジンのみ
装備の違いレーダークルーズコントロール
ストレート式シフトレバー
10速シーケンシャルシフトマチック
価格5人乗り:2,520,000円
7人乗り:2,560,000円

価格差:ハイブリッドZの方が350,000円高い

シエンタのハイブリッドZとガソリン車Zの比較です。

最大の違いはパワートレインで、ハイブリッドはエンジンとモーターを搭載するのに対し、ガソリン車はエンジンのみとなります。

また同じZグレードでありながら、ハイブリッドZには車体の前後方向の揺れを抑えるばね上制振制御や、レーダークルーズコントロールの停止保持機能、ドライバー異常時対応システムなどZにはない装備が付くのも相違点です。

こうした装備の差や燃費性能の差を考えると、ハイブリッドZを選びたくなるのが人情かもしれません。

しかし35万円の価格差は大きいので、コストパフォーマンス重視ならガソリン車Zの選択もありです。

なおライバルのフリードもハイブリッドとガソリン車の価格差は約35万円なので、シエンタのハイブリッドの価格設定は妥当と言えます。

アクセル踏み間違い防止機能の付いたシエンタのグレードは?

シエンタは全グレードにアクセル踏み間違い防止機能のパーキングサポートブレーキ (前後方静止物) が標準装備されます。

シエンタの売れ筋人気グレードランキング

シエンタのグレードがどうしても決められない場合、売れ筋の人気グレードや販売比率を参考にする方法もおススメです。

実際の販売台数を調査して、シエンタの人気グレードをランキングにしてみました。

※売れ筋グレードランキングの根拠は、過去3か月間の中古車オートオークション(USS,TAA,HAA,CAA,JU,アライ,ベイオーク,ミライブ他)での合計取引台数を元にランキングしています。

順位グレード名3年後のリセール
1位ハイブリッドZ–%
2位ハイブリッドG–%
3位Z–%
4位G–%
5位X–%
6位ハイブリッドX–%

シエンタ ハイブリッドZの流通台数が最も多く、売れ筋グレードランキング1位です。

続いてハイブリッドGが2位にランクインするなど、全般的にガソリン車よりもハイブリッドの人気が高くなっています。

シエンタのおすすめグレードはコレ!

toyota.jp/sienta

  • シエンタ G (ガソリン車)
  • シエンタ ハイブリッドZ

シエンタ G (ガソリン車) のおすすめの理由

シエンタのグレード展開は、基本的にハイブリッド3タイプ、ガソリン車3タイプの全6タイプです。

このうち最もコストパフォーマンスが高いのは、ガソリン車Gです。

装備はZと比べると物足りなさがありますが、Xよりは充実しているので大きな不満を持たずに済むでしょう。

またハイブリッドGと比べ35万円も安く、燃費は劣るもののお買い得感があります。

価格と性能・装備のバランスの点では、ガソリン車Gがベストです。

シエンタ ハイブリッドZのおすすめの理由

とにかく人気グレードを選んでおけば安心、という観点ではハイブリッドZがベストチョイスになります。

多くの人が選んでいる安心感に加え、ハイブリッドZは最上級グレードなのでフル装備という点も魅力です。

安全性・快適性が全グレード中トップである上、ハイブリッドの好燃費も加わるので申し分ありません。

金額は張りますが、買った後の満足度はナンバーワンと言えるでしょう。

シエンタおすすめグレードの乗り出し価格は

シエンタのおすすめグレードの見積シミュレーションを公開します。

値引きや人気オプションを含めたリアリティのある乗り出し価格です。

シエンタ G (ガソリン車) の乗り出し価格

グレード名シエンタ G (7人乗り)
車両本体価格2,340,000円
メーカーオプション名ホワイトパールクリスタルシャイン
ディスプレイオーディオプラス
メーカーオプション価格122,100円
ディーラーオプション名サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格60,500円
諸費用215,897円
車両目標値引き▲100,000円
オプション値引き▲12,000円
乗り出し価格2,627,497円

メーカーオプションは人気ボディカラーのホワイトパールクリスタルシャインと、車載ナビが備わるディスプレイオーディオプラスを選択、ディーラーオプションは定番のサイドバイザーとフロアマットを選び、乗り出し価格262.7万円となりました。

シエンタ ハイブリッドZ ガソリン車の乗り出し価格

グレード名シエンタ ハイブリッドZ (7人乗り)
車両本体価格2,910,000円
メーカーオプション名ホワイトパールクリスタルシャイン
ディスプレイオーディオプラス
天井サーキュレーター
メーカーオプション価格149,600円
ディーラーオプション名サイドバイザー
フロアマット
ディーラーオプション価格60,500円
諸費用122,597円
車両目標値引き▲100,000円
オプション値引き▲12,000円
乗り出し価格3,130,697円

メーカーオプションは天井サーキュレーターをプラス、ディーラーオプションは先ほどと同じものを選び、乗り出し価格は313万円となりました。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円の差額・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、ナビクル車査定です。

1分ほどの入力で買取店への査定申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

新車の納期が長い・新車が高いなら新古車も選択肢に入れてみる

リセールの低い車種やグレード・カラーは、逆を言えば中古車では割安で買える事になります。

ガリバーの中古車ご提案サービスなら希望する車種や条件、予算などを伝えれば、 ぴったりの中古車を無料で探してくれます。

なので自分で1台1台中古車を探したり、比較する手間や時間が掛かりません。

また、現在新車の納期が長いため中古車需要が高く、本当に程度の良いお買い得な中古車は、非公開車両として中古車販売店に並ぶ前に売れてしまいます。

そう言った市場に出回る前の非公開車両も優先的に紹介してくれるので、よりお得な中古車を提案してくれるでしょう。

「燃費のいい車を探して」「予算50万以内で荷物を積める車を探して」と言ったリクエストも可能です。中古車探しの事ならなんでも相談してみるといいでしょうね。

【中古車のガリバー】中古車購入

 

タイトルとURLをコピーしました