あなたのシエンタを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

シエンタのガチな査定相場を紹介!

シエンタの無料ネット査定

あなたのシエンタ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがシエンタの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

シエンタの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のシエンタの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

シエンタのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのシエンタを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のシエンタの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】シエンタの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

シエンタで査定が高くなる組み合わせは?

シエンタの高額査定が期待できる組み合わせは?

シエンタで高い査定が出るグレードはコレ!

G
X
4WDモデル

シエンタで高額査定が期待できるグレードは、「G」「X」「4WDモデル」です。

両側スライドドアが電動化され、スマートキーが標準装備となり、便利さを増したGは、お子さんがいるファミリー層からの需要も高く、査定相場も高値で推移しています。

Xは片側スライドドアに加えて、スマートキーもメーカーオプションとなり、Gと比べると標準装備は落ちますが、リセールバリューはGと同等で高い査定傾向です。

また、シエンタの4WDグレードはFFモデルに比べると市場台数が少なく、玉数が多くありません。

そのため、中古車市場で4WDの希少性は高まり、高水準の査定相場となっています。

なお、ハイブリッド車よりもガソリン車の方がリセールが高い傾向にあります。

シエンタで高い査定が出る人気色はコレ!

シエンタの高額査定が期待できる人気カラー

ホワイトパールクリスタルシャイン
ブラックマイカ

シエンタで高い買取査定が出る色は、上記の2色となっています。

定番の人気色である、ホワイトパールやブラックと他色とでは、15万円前後、査定額に差が出る傾向です。

長年日本人に好まれるこの2色は、シエンタの中古車市場でも安定して高値が付きます。

シエンタで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

スマートキー
トヨタセーフティーセンスC(自動ブレーキを含む)

シエンタの高額査定が期待できる人気オプション・スマートキー

スマートキーは新車時に4万5000円ほどで付けられるオプションですが、装備されていることで、売却時にプラス査定が見込めます。

乗降時に鍵を探さなくても良い装備は、お子さん連れのユーザーから需要が高そうですね。

 

シエンタの高額査定が期待できる人気オプション・トヨタセーフティセンスC

トヨタセーフティセンスCとは、自動ブレーキを含んだ衝突回避支援パッケージです。

衝突の回避や、被害の軽減をサポートしている機能であり、付いていて安心なシステムですね。

近年、自動ブレーキへのユーザーの関心も高まっていることから、こちらも売却時に数万円程のプラス査定が期待できるオプションとなっています。

シエンタの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

シエンタの査定ダウンにつながる不人気カラー

エアーイエロー
グリーンマイカメタリック
シルバーメタリック

ホワイトパールとブラックマイカという人気2色と比べると、それ以外のカラーでは15万円前後査定金額が安くなってしまいます。

シエンタでも、定番色の人気は強く、奇抜な色は値落ちしやすい傾向です。

新車時にはイメージカラーで認知のあったエアーイエローも、リセールになると減額対象になってしまうため、色によるリセールバリューへの影響は大きいと言えます。

修復歴による査定の減額

査定相場がダウンしてしまう修復歴

どの車でも同じことが言えますが、修復歴があると、査定相場は大きく下がってしまいます。

価値がまだまだ残っている新車から3年落ち以内のシエンタでは、修復歴があることのリセールバリューへ影響は特に大きく、査定額も15万~30万円下がる傾向です。

年式が新しい車で査定金額も高値なほど、修復歴ありによる減額も大きく、年式も古く査定金額が低くなるほど、修復歴ありによる査定への影響も小さくなっていきます。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

シエンタの査定相場に影響するモデルチェンジ

シエンタでは、フルモデルチェンジやマイナーチェンジの前後で査定相場に開きが出ています。

2015年に行われたフルモデルチェンジは、デザインが大きく変わったことなどもあり、旧型シエンタの査定相場にも大きな影響が出ています。

モデルチェンジのタイミングでシエンタの売却を検討している場合は、査定相場に影響が出る前のタイミングでシエンタを売ることをオススメします。

通常、モデルチェンジの3ヶ月ほど前よりシエンタの査定相場は下がる傾向があり、メーカーから発表がある3か月前には売却した方が良いでしょう。

輸出によるシエンタの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

新車登録より7年以内15万~30万円
新車登録より7年超過廃車15万円

上記の期間がシエンタの輸出需要に該当しています。

シエンタの輸出による査定相場はそれほど高くはありません。

シエンタの輸出相場は、新車登録より7年を境に下がる傾向にあり、7年以内であればおよそ15万~30万円の輸出による底値があります。

おおむね国内からの需要に集中しているため、内外装の状態が良かったり、走行距離が少ない車の場合、輸出相場よりも国内相場の方が高いです。

国内相場から外れてくるような10万キロオーバーの過走行車や、修復歴ありのシエンタの場合は、輸出による上記の査定相場が底値になります。

シエンタの輸出の場合、車体そのものではなく、エンジンなど部品単体としての価値を見て取引されることも多いため、「車にたくさん傷があるから」「人気のグレードではないから」と弱気にならず、一度買取店に査定してもらうことをオススメします。

シエンタを輸出相場で売るには、ディーラーではなく買取店で売る必要があります。

ディーラーではゼロ円+廃車手数料を取られてしまうケースも、輸出に該当していれば買取店で査定相場が付くケースもあります。

シエンタの査定相場とリセールバリューは?ディーラー下取り相場と推移を比較

シエンタの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションの落札相場をベースに、当サイトで査定したシエンタの査定相場とリセールバリューを紹介しています。

皆さんがシエンタを売却するタイミングのご参考にどうぞ。

現行型(2代目)シエンタの査定相場(2018年8月査定)

現行型(2代目)シエンタの査定相場とリセールバリュー

2015年7月~販売中

シエンタ 1.5G/色:白黒/修復歴なし/新車価格198.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 179万円 90.4% 139万円
2017年 0.9万キロ 172万円 86.8% 128万円
2016年 2.1万キロ 165万円 83.3% 124万円
2015年 3.1万キロ 158万円 79.7% 117万円

現行型(2代目)シエンタの査定相場とリセールバリューを、年式別にまとめました。

2015年7月のフルモデルチェンジ以来、マイナーチェンジが入っていないため大きな落差はなく、次のマイナーチェンジまでは、このまま高水準かつ緩やかな値下がりで推移するでしょう。

3年落ちリセールバリューも高年式&人気ゆえの79.7%と普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回り、売却に有利な状況と言えるでしょう。

現行型(初代)シエンタハイブリッドの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)シエンタハイブリッドの査定相場とリセールバリュー

2015年7月~販売中

シエンタハイブリッド 1.5G/色:白黒/修復歴なし/新車価格232.9万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 207万円 88.8% 173万円
2017年 1.2万キロ 196万円 84.1% 152万円
2016年 2.0万キロ 174万円 74.7% 139万円
2015年 3.0万キロ 162万円 69.5% 121万円

現行型(初代)シエンタハイブリッドの査定相場とリセールバリューを年式ごとにまとめました。

2015年のデビューから年数が浅いため、高額査定となっているものの、初期費用の高さから、同グレードのガソリン車に比べてリセールバリューで若干の引けを取っている状態です。

とは言え、3年落ちリセールバリューは69.5%と普通乗用車の平均値(50~55%)を大きく上回っているため、ハイブリッド車が必要な方は、売却に十分有利と言えるでしょう。

こちらもガソリン車と同様、次のモデルチェンジが入るまでは、このまま高水準で緩やかな下降傾向が示されるものと予測されます。

初代シエンタの査定相場(2018年8月査定)

初代シエンタの査定相場とリセールバリュー

2003年9月~2015年7月生産モデル

シエンタ 1.5X/色:白黒/修復歴なし/新車価格167.1万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2015年 4.4万キロ 49万円 29.3% 33万円
2014年 2.9万キロ 64万円 38.3% 27万円
2013年 5.4万キロ 38万円 22.7% 21万円
2012年 4.0万キロ 43万円 25.7% 19万円
2011年 8.2万キロ 44万円 26.3% 16万円
2010年 7.2万キロ 12万円 7.1% 8万円
2009年 10.1万キロ 8万円 4.7% 6万円
2008年 10.7万キロ 7万円 4.1% 0万円
2007年 11.0万キロ 7万円 4.1% 0万円
2006年 13.4万キロ 3万円 1.7% 0万円
2005年 13.8万キロ 0万円 0.0% 0万円
2004年 14.1万キロ 0万円 0.0% 0万円
2003年 17.3万キロ 0万円 0.0% 0万円

(※)査定相場は0万円でも、廃車業者に持っていけば、鉄の相場によって約1~2万円+諸税の戻りで売却可能です。

初代シエンタの査定相場とリセールバリューを、年式ごとにまとめました。

2003年のデビューから長らく販売されてきた「古さ感」もあってなのか、型落ちした途端に3年落ちでも50%を割り込む下落ぶりを見せています。

2015年式はシルバーとグレーしか出回っておらず、ホワイトパールかブラック、かつ走行距離が年式相応(1万キロ減⇒3万キロ前後)であれば査定相場が60万円前後までアップするため、リセールバリューは35.9%程度と見込まれます。

2014年式はホワイトパールに加え、査定プラスにつながる純正ナビの搭載&走行距離が年式相応(4万キロ)より1万キロ短いことによって査定が高くなっているため、本来なら53万円前後(リセールバリュー31.7%)と見込まれます。

2013年式はホワイトパール&ブラックのシエンタがなく、査定評価点(内装&外装共にC)と走行距離で2012年式(内装B)に引けをとっているため、こちらも査定相場が逆転されています。

そして2011年5月と2006年5月の2回マイナーチェンジが入っていますが、2011年を境に査定相場が大きく下がり、2006年式より前の年式では、ついに査定相場がゼロ円になってしまいました。

(※2011年式、2006年式は共にマイナーチェンジ後です)

一方、ディーラー下取りはもっと早く10年落ちで査定相場がゼロ円になっているので、12年落ちまで粘った買取店の査定相場は健闘していると言えるでしょう。

しかし、査定相場がゼロ円になってしまっても、表の下につけた注釈の通り、シエンタを廃車業者へ持ち込んで「鉄」として売却すれば、相場によって約1~2万円+自動車税等の還付(月割)で、少しでも手元にお金を残したいところです。

ちなみに、2011年のマイチェンで追加されたシエンタダイスは、上記表のグレードよりも査定相場は高くなっています

ところで、これまで表の右端にシエンタ/ハイブリッドをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場と比較して5万~45万円も安くなっているのが分かります。

これはディーラーが既定のマニュアルに沿って(人気カラーやオプション等は考慮しないで)査定するために生じる差額であり、ディーラー下取り査定を鵜呑みにすると、5万~45万円も損してしまうリスクを意味しています。

特に高年式&最新モデルのシエンタほど評価が低く査定されがちなので、本当にその査定金額で後悔しないか、買取店でもシエンタを査定して貰うことをおすすめします。

買取店へ査定してもらうならこちら

11年落ち&23万キロ超の低年式&過走行でも初代シエンタは売れるのか?

2003年のデビューからロングセラーとなっているシエンタですが、どこまで査定相場が残せるのでしょうか?

ここでは、初代シエンタの中古車市場(業者オークションでの実取引)を調査して低年式(10年落ち超)&過走行(走行距離10万キロ超)など、シエンタの査定相場が残る限界の1台をピックアップ。

合わせて、市場動向からシエンタの査定相場が残る傾向について分析していきます。

低年式&過走行の初代シエンタでも査定相場は残っているか?
11年落ち 初代シエンタ Xリミテッド 234,000㎞ グレー 修復歴なし
  5万円前後

上記の初代シエンタは「査定評価点3.5(外装D・内装B)」「シート薄汚れ」「ドアトリム傷」「タッチペン(細部塗装)跡」「サンバイザー不良」など、あまり状態がよくありませんが、辛うじて5万円前後の査定相場が残りました。

とは言え、この過走行で査定相場が残るのは極めてまれであり、以下に初代シエンタ(低年式&過走行)の査定相場が残る傾向をまとめます。

査定相場が残ったのは、調査対象の約3.2%
走行距離10万~13万キロ台がおおむね限界
年式11年~13年落ちが限界(14年落ち以前は全滅)
ボディカラーホワイトパール&ブラックが有利
2WDよりも4WDの方が有利
グレードX系が有利
修復歴ありでも査定相場が残っている場合も

これらの条件を満たしてさえ、査定相場が残らないこともありますが、それでも5万~13万円前後の査定相場が残る可能性もあるため、買取店で査定してもらう「ひと手間」の価値は充分にあるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら