あなたのキャストを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

キャストのガチな査定相場を紹介!

キャストの無料ネット査定

あなたのキャスト、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがキャストの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

キャストの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のキャストの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

キャストのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのキャストを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のキャストの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

キャストの無料ネット査定の事例とご利用者の口コミ

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

キャストで査定が高くなる組み合わせは?

キャストの高額査定が期待できる組み合わせは?

キャストで高い査定が出るグレードはコレ!

スポーツ SAⅢ
スタイルX SAⅢ
アクティバG SAⅢ
4WD車

ダイハツ キャストの高額査定を目指すなら、まずは購入時のグレード選びが重要です。

キャストにはスポーツ/スタイル/アクティバの3規格があり、今回は各規格から高額査定の期待できるグレードをピックアップしました。

いずれの規格でも、ダイハツの安全機能「SAⅢ(スマートアシスト)」を装備し、かつリーズナブルな価格のコストパフォーマンスに優れたグレードに人気が集まり、比例して査定相場も高くなっています。

雪道など悪路での走行安定性から一定の需要がありながら、販売台数(供給)の少ない4WD車については、その需>給バランスから査定相場が高めに安定していますから、高額査定が期待できます。

ちなみに、ちょっと気になるターボエンジンの有無については、査定相場に顕著な影響がないため、好みに合わせて選んで貰えればと思います。

これらのグレードや仕様を賢く選んで、キャストの高額査定を目指していきましょう。

キャストで高い査定が出る人気色はコレ!

キャストの高額査定が期待できる人気カラー

【スポーツ/スタイル/アクティバ共通】
パールホワイトⅢ(オプション料金21,600円)
ブラックマイカメタリック

ダイハツ キャストの高額査定を目指す上で、第一印象≒人気≒査定相場を大きく左右するボディカラーの選択も重要なポイントとなります。

清潔感と開放感で明るい気持ちになれるホワイト、重厚感と高級感で落ち着きを与えるブラックは昔から定番の人気カラーで、キャストのボディカラーにも多く選ばれ、高額査定が期待できます。

中古車市場を調べてみると、ホワイト&ブラックの人気2カラーと他カラーでは、キャストの査定相場に10万~30万円の差額がでていました。

ちなみに、キャストをポップに演出する2トーンのカラーリングですが、こちらはオプション料金(43,200円)以上にはならないものの、査定相場のプラスが見込めるため、好きな方は選んでもよいかと思います。

これらのボディカラーを選んで、キャストの高額査定を有利に進めていきましょう。

キャストで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

パノラマモニター(+ディーラーナビ)

ダイハツ キャストを新車で購入するなら、工場でキャストを製造する時に作りつけるメーカーオプションを自分で選ぶ=高額査定のチャンスが一つ増えることになります。

その中で、管理人が厳選するのがこちらです。

キャストの高額査定が期待できる人気オプション・パノラマモニター

自分のキャストを見下ろしているような視界をはじめ、運転中の死角をなくすパノラマモニターは、ディーラーナビとの組み合わせで安全性を高めてくれるため、人気が集まり高額査定が期待できます。

キャストの高額査定はもちろん、自分で乗る上でもメーカーオプションを活用して、快適で安全なドライビングを楽しみたいですね。

キャストの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

キャストの査定ダウンにつながる不人気カラー

ブライトシルバーメタリック(スポーツのみ)
ディープブルークリスタルマイカ(アクティバ/スタイル。オプション料金21,600円)

ボディカラーはダイハツ キャストの第一印象≒人気≒査定相場を大きく左右すると言いましたが、その影響がマイナスに及んでしまう事も、当然あります。

新車購入時は人気の高いシルバーですが、中古車市場ではユーザー層の若年化により、シルバーの人気≒が下がってしまうようです(若年ユーザーは、あまり渋いカラーを好まないようです)。

ホワイト&ブラックの人気2カラーと比べて相対的に査定相場の安くなってしまう他カラーの中でも、特にオプション料金(21,600円)の発生によって初期費用がかさみ、残価率で不利となってしまうディープブルークリスタルマイカは、カッコいいのですがあまりおススメできません。

先ほど紹介したホワイト&ブラックの人気2カラーと比べて、その査定相場に10万~30万円の落差がありますから、キャストの高額査定を目指すのであれば、これらのカラーは避けた方がいいでしょう。

修復歴による査定の減額

スペーシアの査定ダウンにつながってしまう修復歴

事故などトラブルによってフレーム(骨格)部分の修理・交換が必要な状態を「修復歴」と言いますが、修復歴のあるダイハツ キャストは、無傷のキャストに比べて査定相場が大きくダウンしてしまいます。

中古車市場を調べてみると、ダメージ具合にもよりますが、修復歴の有無でキャストの査定相場に30万~50万円以上の金額差が出ていました。

更に、フレームも修復しなくてはならず、その費用はおよそ10万~50万円以上。査定相場の下落と合わせて40万~100万円以上の損失となってしまいますから、あなたのキャストはそんな事にならないよう、日頃から安全運転を心掛けましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

キャストの査定相場に影響するモデルチェンジ

発売(2015年9月)からまだ日が浅く、当面先の話にはなりますが、モデルチェンジはダイハツ キャストの査定相場に大きな影響を与えますから、早めに買い替え時期を検討するに越した事はありません。

(※モデルチェンジには、フルモデルチェンジ>マイナーチェンジがあり、その大小に比例してキャストの査定相場に影響を与えます)

一般論ながら、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、車種によっては数十万~100万円以上もの損失を出してしまうこともありますから、その時期を逃さない注意が必要です。

モデルチェンジによってキャストの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの入る3か月前からと言われているので、モデルチェンジ情報が入り次第、なるべく早くキャストを売れるようにしましょう。

輸出によるキャストの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2015年9月~) 該当なし

一般的に、国内市場で通用しなくなったクルマを、比較的基準の緩い海外市場に出して救済するのが輸出ですが、2015年9月の発売からまだ日の浅いダイハツ キャストは、よほどの事がない限り、国内市場で十分に通用します。

とは言っても、今後年月が経って過走行や修復歴など状態が悪化しても、まだ新しいキャストは海外市場でのニーズを開拓できるチャンスが見込めます。

また、海外情勢次第では急激にニーズが高まり、新車価格以上の輸出買取相場がついてしまうような特異な事態も、他車種においては散見されます。

いずれにしても、今後の動向を注視しながら、大きな動きがあり次第、随時更新・発信していきます。

キャストの査定相場&残価率は?ディーラー下取り相場と推移を比較

キャストの査定相場と残価率

当サイトで実際に業者間オークションの相場を見て出した、キャストの査定相場推移です。

皆さんがキャストを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)キャストの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)キャストの査定相場と残価率

2015年9月~販売中

キャスト スタイルG SAⅢ/型式:/色:白黒/修復歴なし/新車価格141.4万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.1万キロ以下 122万円 86.2% 91万円
2017年 0.8万キロ 109万円 77.0% 79万円
2016年 1.3万キロ 103万円 72.8% 74万円
2015年 2.5万キロ 80万円 56.5% 65万円

業者オークションを調査して、キャストの中でも最も売れ筋グレードであるキャスト スタイルG SAⅢの査定相場と残価率を、年式別にまとめました。

キャストは2015年の発売からまだ年数が浅く、モデルチェンジが入っていないため、査定相場は年式相応の穏やかな下落傾向を示しています。

※2015年式で20万円以上の大きな差額が生じているのは査定評価点の低い(3.0点)キャストしかなかったためで、査定評価点が標準値(4.0~4.5点)であれば、約90万円(残価率63.6%)前後と推測されます。

次のモデルチェンジが入るまでは、このまま穏やかな値下がり推移が予測されます。

ところで、表の右端にキャストをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて、15万~30万円以上安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルによって査定する(人気カラーやオプションを考慮してくれない)ためであり、ディーラー査定を鵜呑みにすると、これだけ損してしまうリスクを意味します。

決して小さくない金額なので、一度は買取店で査定してもらい、適正なキャストの査定相場を把握してから賢く売却したいものです。

買取店へ査定してもらうならこちら

キャストは事故現状車でも売れるのか?

2015年9月のデビューから年数の浅いキャストは、まだ低年式(10年落ち超)や過走行(走行距離10万キロ超)の中古車が業者オークションに出ていませんでした。

高年式=新しい内なら、どんな状態のキャストでも査定相場は残るのでしょうか。

事故現状車のキャストでも査定相場は残るか?
1年落ち キャスト スタイルG SAⅢ 0.1万キロ以下 グリーン 事故現状車 
  51万円

例えばこのキャストは、乗り出してから数十キロ走ったところで事故にあってしまったようですが、それでも51万円の査定相場が残っていました。

他にも業者オークションに出ていた修復歴あり&事故現状車を調べると、グレードや年式、そして被害の程度によって20万~80万円台の査定相場が残っているため、高年式な内であれば、どんな状態でもある程度のおカネは必ず残るようです。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら