あなたのアテンザを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

アテンザのガチな査定相場を紹介!

アテンザの無料ネット査定

あなたのアテンザ、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがアテンザの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

アテンザの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のアテンザの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

アテンザのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのアテンザを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定を利用した方の声」として簡単な感想をいただき、サイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のアテンザの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】アテンザの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

アテンザで査定が高くなる組み合わせは?

アテンザの高額査定を期待できる組み合わせ

アテンザで高い査定が出るグレードはコレ!

【アテンザ セダン&ワゴン共通】
20S(ガソリン車)
25S Lパッケージ(ガソリン車)
2.2XD(ディーゼル車)
2.2XD Lパッケージ(ディーゼル車)

マツダ アテンザセダン/アテンザワゴンの高額査定を目指す上で、購入時のグレード選択は成功の第一歩となります。

アテンザセダン/アテンザワゴンのグレードから、最もリーズナブルな購入価格から最大限の高リセール(購入価格に対する買取相場≒お得の度合い)を引き出せるベースグレードの20Sと2.2XD、ハイグレードな装備の充実した最上級グレードの25S Lパッケージと2.2XD Lパッケージを、高額査定の期待できるグレードとしておススメします。

アテンザで高い査定が出る人気色はコレ!

アテンザの高額査定を期待できる人気カラー

スノーフレイクホワイトパールマイカ
ジェットブラックマイカ
ソウルレッドクリスタルメタリック

マツダ アテンザセダン/アテンザワゴンの高額買取を狙うなら、ボディカラーの選択が人気≒査定相場に直結するため、重要なポイントとなります。

その中から、管理人は定番の人気カラー「ホワイト」&「ブラック」と、マツダのトレードカラー「ソウルレッド」を特におススメします。

これら人気カラーは他の色と比べて、アテンザの査定相場に10万~30万円のプラスとなっていますから、アテンザセダン&アテンザワゴンの高額査定を有利に進めていきましょう。

アテンザで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

マツダ アテンザセダン/アテンザワゴンを新車で買うなら、工場でアテンザと一緒に製造するメーカーオプションの選択が高額査定に有利となります。

しかし、何でもつければいいという訳ではなく、ここでは特に人気が高く、アテンザの高額査定に有利となるメーカーオプションを管理人が厳選・紹介します。

アテンザの高額査定を期待できる人気オプション・電動スライドガラスサンルーフ

電動スライドガラスサンルーフはアテンザの車内に空からの光を採りこんで車内を明るく開放的に演出。

性別年代を問わず人気が高く、オプション料金以上の買取査定アップにつながるため、是非ともつけておきましょう。

アテンザの高額査定を期待できる人気オプション・Boseサウンドシステム

アテンザの車内に理想的な音響空間を演出するBoseサウンドシステムは、そのブランド力と音感から人気が高く、オプション料金の元はとれませんが、アテンザの高額査定にプラスとなるため、こちらもおススメです。

アテンザの高額査定はもちろん、自分でドライブを楽しむ上でも、これらのメーカーオプションをおススメします。

(※ちなみに、20Sや2.2XDに適合する高額査定メーカーオプションはありませんでしたが、ここは初期費用を最小限におさめて、最高リセールを引き出す作戦が有効となります)

アテンザの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

 ソニックシルバーメタリック
 マシーングレープレミアムメタリック

ボディカラーはマツダ アテンザセダン/アテンザワゴンの第一印象≒人気≒査定相場に大きく影響を与えますから、その選択を誤ると、アテンザの査定相場がダウンしてしまうことも多いです。

新車購入時は人気なシルバーですが、中古車市場ではユーザー層の若年化によって人気≒査定相場が下がってしまいます(若者は、渋いカラーをあまり好まない傾向があります)。

マツダが誇る「匠塗(TAKUMINURI)」の傑作・マシーングレープレミアムメタリックですが、そのこだわりとオプション料金(54,000円)はアテンザの査定相場に反映されず、初期費用がかさむことでリセール的に不利となります。

先ほどの人気カラーと比べて、アテンザの査定相場が10万~30万円もダウンしてしまう事を考えると、これらのボディカラーは特に不利と言えそうです。

修復歴による査定の減額

アテンザの査定ダウンにつながる修復歴

事故やトラブルで「修復歴あり」となったマツダ アテンザセダン/アテンザワゴンの査定相場は、無傷のものと比べて査定相場が30万~50万円以上(ダメージによる)もダウンしてしまいます。

油断一瞬、修復歴。

あなたはそんな事にならないよう、アテンザを大切に乗りましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

アテンザの査定相場に影響するモデルチェンジ

モデルチェンジはマツダ アテンザセダン/アテンザワゴンの査定相場に大きな影響を与えますから、買い替えを検討する大きなポイントとなります。

(※モデルチェンジはフルモデルチェンジ>マイナーチェンジに大別され、その大きさに比例してアテンザセダン/アテンザの査定相場に影響を与えます)

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃すと、アテンザの売却で損してしまうリスクがあるのです。

モデルチェンジによってアテンザの査定相場が下がり始めるのは、モデルチェンジの始まる3か月前からと言われていますから、事前にモデルチェンジ情報が入ったら、なるべく早くアテンザを売却できるようにしましょう。

輸出によるアテンザの査定相場の底値は?

アテンザの輸出相場を査定

【アテンザセダン&ワゴン共通】
現行(2012年11月~) 該当なし(国内で流通するため)
2代目(2008年1月~) 10万~25万円
初代(2002年5月~) ほぼ廃車

過走行や修復歴、旧年式化によって国内市場では敬遠されてしまうような状態のマツダ アテンザセダン/アテンザワゴンであっても、海外市場でニーズがあれば、上記の輸出買取相場(底値)で買い取って貰える可能性も残されています。

初代アテンザは基本的に廃車ですが、2代目アテンザは10万~25万円、そして現行モデルのアテンザは、よほどのトラブル車でない限り、国内市場で十分通用します。

ちなみに、アテンザを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要があります。

ディーラー下取りだと「価値なし&処分手数料」と査定され、せっかく売りに行ったのになぜかマイナスになってしまうようなアテンザでも、買取店なら輸出買取相場による救済チャンスがあるため、自己判断で諦めず、アテンザを買取店で査定して貰うようにしましょう。

ただし、完全に動かないような状態のアテンザでは、文句なしの廃車まっしぐら(´・ω・`)コースもあり得るので、少しでも価値を残せるよう、日頃からアテンザを大切に乗りましょう。

アテンザの査定相場は?ディーラー下取り相場と推移を比較

アテンザの査定相場とリセールバリュー

ここでは、実際の業者オークションから抽出した落札価格をベースに、当サイトで独自に査定したアテンザの相場とリセールバリュー推移をまとめています。

皆さんがアテンザを売却するタイミングの参考にしてください。

現行型(3代目)アテンザセダンの査定相場(2018年7月査定)

現行型(3代目)アテンザの査定相場とリセールバリュー

2012年11月~販売中

アテンザセダン XD Lパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格395.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 246万円
2017年 0.4万キロ 239万円 60.4% 221万円
2016年 1.8万キロ 187万円 47.3% 169万円
2015年 3.7万キロ 197万円 49.8% 178万円
2014年 4.8万キロ 133万円 33.6% 117万円
2013年 5.6万キロ 123万円 31.1% 106万円
2012年 7.3万キロ 101万円 25.5% 85万円

現行型(3代目)アテンザの査定相場を年式ごとにまとめました。

3代目アテンザは2018年5月と2014年11月にマイナーチェンジが入っており、2018年の影響は未知数(アテンザの出品データなし)ながら、2014年の方は60万円以上の大きな落差を生じています。

※ちなみに、2018年式のアテンザセダン XD Lパッケージは今回出品されていませんでしたが、下取り査定が246万円であった事から、買取店での査定相場は、これを上回るものと考えられます。

また、2016年式の査定相場が2015年式を下回っていますが、これは2016年式のアテンザは紺色の(白黒の車両がなかった)ため、年式&走行距離(1.9万キロ差)&装備(メーカーナビ、Boseサウンド)で有利にも関わらず、ホワイトパールの方が高く評価された事を意味しています。

ところで、3年落ち2015年式アテンザのリセールバリューですが、普通乗用車の平均値である50~55%を下回っている事から、やや人気が陰っているのかも知れません。

これが一時的な現象かどうかはわかりませんが、4年落ちで新車価格の1/3、6年落ちで1/4まで落ち込んでしまっているのは、先行きに少し不安を感じます。

2代目アテンザセダンの査定相場(2018年7月査定)

2代目アテンザセダンの査定相場とリセールバリュー

2008年1月~2012年11月生産モデル

アテンザセダン 25EX/色:白黒/修復歴なし/新車価格250.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 –万キロ –万円 –% 42万円
2011年 7.3万キロ 37万円 14.8% 24万円
2010年 8.9万キロ 19万円 7.6% 9万円
2009年 9.6万キロ 20万円 8.0% 8万円
2008年 9.9万キロ 22万円 8.8% 7万円

2代目アテンザセダンの査定相場を、年式ごとにまとめました。

2012年式の出品データはありませんでしたが、ディーラー下取り査定額と、買取店での査定相場との金額差から、恐らく50万円前後(リセールバリュー25.0%前後)と推算できます。

その後、順調に下降していくかと思いきや、2010年式から2008年式にかけて、なぜか古くなるほど査定相場が微増する、面白い現象が出ていました。

ボディカラーやオプション・装備等に大きな違いはないため、年式よりも状態が重視されていることを意味しています。

2代目アテンザセダンについては輸出相場による底値もあるため、きちんと走れる状態であれば過走行気味でも約10万以上の査定相場が残せるでしょう。

一方、ディーラー下取りによる査定相場はマイナーチェンジ(2010年1月)を境に急落しており、既定のマニュアルによって機械的に査定するため、業者オークションのように反発(年式ごとに下がって行く相場が再上昇)するチャンスはありません。

現行型(初代)アテンザワゴンの査定相場(2018年7月査定)

アテンザワゴンの査定相場とリセールバリュー

2012年11月~販売中

アテンザワゴン XD Lパッケージ/色:白黒/修復歴なし/新車価格  395.2万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 –万キロ –万円 –% 246万円
2017年 –万キロ –万円 –% 225万円
2016年 1.5万キロ 230万円 58.1% 203万円
2015年 2.8万キロ 219万円 55.4% 194万円
2014年 4.4万キロ 168万円 42.5% 142万円
2013年 5.3万キロ 157万円 39.7% 87万円
2012年 9.0万キロ 92万円 23.2% 78万円

初代アテンザワゴンの査定相場を、年式ごとにまとめました。

今回の調査では2018年式、2017年式アテンザワゴンが流通していませんでしたが、ディーラー下取り相場を基に、それぞれ約270万円、250万円前後と推定できます。

2014年11月に入ったマイナーチェンジの影響により、その前後で約50万円の差額を生じているほか、2012年式はレッドの1台しかなかったため、ボディカラーの差によって査定相場が急落しています。

2代目アテンザスポーツワゴンの査定相場(2018年7月査定)

2代目アテンザスポーツワゴンの査定相場とリセールバリュー

2008年1月~2012年11月生産モデル

アテンザスポーツワゴン 25S/色:白黒/修復歴なし/新車価格250.0万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2012年 –万キロ –万円 –% 57万円
2011年 8.8万キロ 45万円 18.0% 36万円
2010年 8.4万キロ 54万円 21.6% 43万円
2009年 10.1万キロ 33万円 13.2% 21万円
2008年 8.6万キロ 36万円 14.4% 24万円

アテンザワゴンの前代モデルである2代目アテンザスポーツワゴンの査定相場とリセールバリューを年式ごとにまとめました。

2012年式は流通台数がゼロでしたが、ディーラー下取り相場との差額傾向などから約65万円(リセールバリュー26%)前後と推測できます。

2011年式の査定相場が2010年を下回っているのは、2010年式の方が車両状態の高評価に加え、メーカーナビ&Boseサウンドなどオプションが充実していることから年式差を逆転したためです。

その後の2009年式も2008年式に査定相場で逆転されていますが、これは1.5万キロの走行距離差に加え、メーカーナビを装着していることの評価が差額に現れたものと見られます。

 

ところで、表の右端にアテンザをディーラー下取りに出した場合の査定相場を載せていますが、買取店での査定相場に比べて約10万~25万円ほど安くなっているのがわかります。

これを手続きもろもろの代行手数料と割り切るには少し高すぎる気もするので、ディーラーに丸投げしないで買取店でも査定、比較検討した方がいいでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

12年落ち&18万キロ?古い・過走行のアテンザでも売れるのか?

古くても過走行でも、アテンザは売れるのでしょうか。

ここでは、業者が利用しているオークションの実データから、旧年式&過走行のアテンザを1台ピックアップして独自に査定。

合わせて中古車市場トレンドも分析し、アテンザの査定相場が残る可能性について検証していきます。

初代アテンザの過走行車でも査定相場が残っているか?
2006年式 初代アテンザ EXブラウンレザースタイル 187,000㎞ グレー 修復歴あり  5万円

12年落ち&走行距離18.7万キロ&修復歴あり、その内容は「右側前後フェンダー修理」「右側前後交換」「右後ピラーインナー修理」と、明らかに何かのトラブルに遭った事が疑われる初代アテンザでも、5万円前後の査定相場が残っていました。

とは言え、すべての初代アテンザに査定相場が残る訳ではなく、以下に査定相場が残りやすい初代アテンザの条件をまとめます。

査定相場が残るのは、全体の約25%(4台に1台
過走行車(10万キロ超)で査定相場が残るのは、ほぼマツダ スピードアテンザのみ
その他のグレードで査定相場が残る走行距離は7万~8万キロ台が限界
年式は12~13年落ち辺りが限界
ボディカラーはホワイトパール&ブラックが有利ながら、グレーなど他色も多い
※もちろん不動車ではなく、きちんと走れる状態が大前提。

もちろん、この条件に当てはまっていても査定相場が残らない場合もあれば、この条件から外れていても、査定相場が残る場合もあります。

ただ、ディーラーに丸投げした場合、年式や走行距離などの表面的なデータを既定のマニュアルで機械的に判断するため、問答無用に「ゼロ円&処分手数料」という査定結果が予測されます。

それよりは、より査定相場が残る可能性を見出せる買取店で査定して貰った方が、より納得してアテンザを手放せるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら