アテンザワゴンの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

アテンザワゴンの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

アテンザワゴンから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、アテンザワゴンの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、アテンザワゴン購入の参考にしてみてください。

この記事の目次

アテンザワゴン取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店

アテンザワゴン月販目標台数:1000台(シリーズ全体)

アテンザ今月の値引き相場

アテンザ値引き難度:普通
車両からの目標値引き:25万円
オプション値引き相場:20~30%引き
オプションからの値引きを含む限界値引き:25~35万円

アテンザワゴンの値引き交渉では。レヴォーグやレガシィアウトバック、ハリアーの他、低床ミニバンのオデッセイとの競合も有効でしょう。

交渉終盤には、可能な地域なら系列の違うマツダ同士の競合で値引きの上乗せを狙うのが、限界値引きを引き出すためのセオリーです。

同士競合出来る系列違いのマツダディーラーの見分け方はこちら

アテンザワゴンの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

ライバル車と競合している事を匂わせる

アテンザワゴンの値引きは、近年のマツダの方針によるものからか、中々渋い事になっています。

アテンザワゴン1本に絞っての値引き交渉では、よほどセールスマンが売りたいタイミング(ノルマや決算時期など)でない限り、限界値引きを引き出す事が難しいです。

そこで王道ですが、ライバル車との競合が有効になってきます。

やはり車は高い買い物なので、色々な選択肢からベストな買い物をしたいと言う欲求は、人間なら当たり前なので、臆せずライバル車と競合させましょう。

国産車なら、スバルのレヴォーグが一番のライバルです。

又は、同じスバルの高級路線にあるアウトバックや、タイプは違いますがトヨタのハリアーやホンダのオデッセイも競合しています。

「スタイルが気に入ってるのでレヴォーグと迷っている」「ハリアーがカッコいいのでアテンザと迷っている」などと、ライバル車かアテンザワゴンか、どちらにするか迷っている状況で商談を進めて、「支払額が安い事も重要」と伝えて値引きを要求してみましょう。

値引き交渉が煮詰まってきたらマツダ同士の競合へ

ライバル車との競合で「目標とする限界値引きまであと少し」「値引き交渉が頭打ちになってこれ以上伸びない」など、交渉が煮詰まってきたら、マツダディーラー同士の競合が有効になってきます。

別会社のマツダディーラー同士の競合なら、単純に価格勝負が出来るので、競合効果が高くなります。

ライバル車との競合で出た値引き条件を、他のマツダディーラーへぶつけて値引きの上乗せを要求するといいでしょう。

さらにその値引き条件を元のマツダディーラーへぶつければ、アテンザワゴンの限界値引きが期待できます。

ハンコを捺す直前に要求する値引きは?

アテンザワゴンの交渉終盤、注文書にいよいよハンコを捺す直前が、もっともワガママを聞いてもらえるタイミングとなります。

とは言っても、ある程度値引きが出ている状況なら、そこからさらに数十万円の値引きを要求しても、まず断られるでしょう。

そこで、契約直前なら数万円程度の無料サービスや端数カットが効果的です。

それまで出ている値引き条件にもよりますが、10万円以下~数万円程度のディーラーオプションを無料サービスで要求して、通ればハンコを捺しますと伝えれば、OKとなる事が多いです。

また、万単位の端数カットも効き目があります。

例えば総支払額343万円なら「340万円になればハンコを捺します」とやれば、直接値引きを要求するよりも言いやすいですし、セールスマンも契約が取れるならやってしまえ!となりやすいです。

コウさん
コウさん

アテンザワゴンの値引きポイント

アテンザワゴンの値引きは渋いながらも、オプションからの値引きを含めて25~30万円の実例が報告されている。30万円を超えれば特上の条件なので、限界値引き目指して交渉しよう。

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずアテンザワゴンの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

ETC

アテンザワゴン純正ETC

  • スマートインETC(デンソー、パナソニック) 30,944円
  • XD Lパッケージ/25S Lパッケージ用(デンソー、パナソニック) 30,188円
  • スマートインETC(三菱電機) 30,018円
  • XD Lパッケージ/25S Lパッケージ用(三菱電機) 30,352円

社外品アテンザワゴンETC

・純正品との差額 1.6万~2.3万円以上

高速道路の料金所でもたつかず、快適に利用できるロングドライバーの必須アイテムとなりつつあるETCですが、ネット通販で探してみると、純正品にも劣らぬ品質と低価格を兼ね備えた社外品ETCが多く見つかります。

今回Amazonで見つけた社外品ETCは純正品よりも1.6万~2.3万円以上も割安となっており、値引き交渉で同じ金額を減らすより、はるかに楽チンで助かります。

新車でアテンザワゴンを買う時なら、他の社外品と一緒にディーラーへ持ち込み、契約条件に社外品の取りつけ工賃サービスをプラスできれば、手間もおカネも節約できて大助かりです。

フロアマット

アテンザワゴン純正フロアマット

  • ラグジュアリー(吸音) 33,264円
  • プレミアム(吸音&消臭) 41,904円

社外品アテンザワゴン用フロアマット


・純正品との差額 2.4万~3.2万円以上

アテンザワゴンのフロアマットにこちらの社外品を選んだ場合、純正品の定価に比べて2万~3万円以上の割安となり、それだけの値引きを削り出すのと同じ効果が得られます。

こちらの社外品フロアマットは6パターンが選べる上に品質は安心の日本製、純正品に引けをとらない仕上がりとなっており、割安なぶんだけ高コスパとなっています。

2列シートのアテンザワゴンならフロアマットを敷き詰める手間もそれほどではないため、自分でやってしまうのが手っ取り早いものの、面倒であれば新車購入のタイミングでディーラーにお願いすれば、工賃無料サービスでやってくれることもあります。

ドアバイザー

アテンザワゴン純正ドアバイザー

  • アクリルバイザー 30,692円

社外品アテンザワゴン用ドアバイザー


・純正品との差額 1.8万円以上

アテンザワゴンを購入する時にこちらの社外品ドアバイザーを選ぶと、純正品の定価に比べて約1.8万円以上も割安に購入でき、値引きして貰うのと同じ効果が得られます。

慣れた方ならドアバイザーくらい自分でつけてしまうでしょうが、心配な方は無理しないで新車購入の時にディーラーへお願いし、工賃サービスor値引きを交渉するといいでしょう。

ドライブレコーダー

アテンザワゴン純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 32,184円
  • ドライブレコーダー(デンソーテン) 40,824円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 2.6万~3.4万円以上

アテンザワゴンに装備するドライブレコーダーに上記の社外品を選ぶと、マツダの純正品に比べて割安のことが多く、アテンザワゴンの支払総額を下げることができます。

ドライブレコーダーの取りつけは慣れた方でないと難しいため、アテンザワゴンを新車購入する時にディーラーへ持ち込んでお願いし、同時に工賃のサービスor値引きを交渉したいところです。

コウさん
コウさん

アテンザワゴンの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

アテンザワゴンの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

アテンザワゴンの納期は?

アテンザワゴンの納期1ヵ月~2ヵ月

アテンザワゴンの納期は、メーカーへの見込み発注車なら1ヵ月程度で可能ですが、新たに注文となると、グレードによって1~2ヶ月の納期となっています。

アテンザワゴンの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

アテンザワゴンは、どのグレードがより高く売れるのか?3年落ちアテンザワゴンのリセールバリューを、各グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色は白黒、年式なりの車両状態のデータです

アテンザワゴンのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
20S 147万円 2,829,600 51.9%
20S PROACTIVE –万円 2,959,200 %
2.2 XD 173万円 3,240,000 53.3%
2.2 XD(6MT) –万円 3,294,000 %
2.2 XD PROACTIVE –万円 3,369,600 %
2.2 XD PROACTIVE(6MT) –万円 3,423,600 %
2.2 XD Lパッケージ 209万円 3,952,800 52.8%
2.2 XD Lパッケージ(6MT) –万円 3,952,800 %
25S Lパッケージ 171万円 3,542,400 48.2%
2.2 XD 4WD –万円 3,477,600 %
2.2 XD(6MT) 4WD 214万円 3,531,600 60.6%
2.2 XD PROACTIVE 4WD –万円 3,607,200 %
2.2 XD PROACTIVE(6MT) 4WD 223万円 3,661,200 60.9%
2.2 XD Lパッケージ 4WD 250万円 4,190,400 59.6%
2.2 XD Lパッケージ(6MT) 4WD –万円 4,190,400 %

3年落ちアテンザワゴンのリセールバリューの傾向は、各グレードで流通台数がすくなく、抜けているグレードもありますが、概ねXDかXDプロアクティブのリセールが高くなっています。

ガソリン車の20Sは、ディーゼルのXDとほぼ同等のリセールですが、25Sの方はディーゼルよりも低いリセールとなっています。

2WDと4WDでは、4WDの方がリセールバリューが高いので、必要なら選ぶといいでしょう。

MTとATの比較では、ほぼ同等のリセールバリューですが、Lパッケージを除けばMTの方が5~6万円ほど価格が高いので、損失額(新車価格-買取相場)では不利になります。

アテンザワゴンの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

アテンザワゴンの売れ筋人気グレードは「2.2XD」の流通台数が一番多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いで僅差ではありますが、2.2XD Lパッケージが売れ筋で続いています。

リセールバリューから見たおすすめグレードは【2.2 XD PROACTIVE 4WD】

リセールバリューから見たアテンザワゴンのおすすめグレードは、「2.2 XD プロアクティブ 4WD」です。

6速MTの2.2 XD PROACTIVE 4WDがリセール1位なので、ATであっても他グレードからATの方が低いとは考えにくいため、少なくともMTと同等のリセールが予想されます。

また2WDと比較しても、4WDは6~8%ほどリセールが高くなり、売却時の損失額も2WDより少なくなります。

装備面でも素のXDよりプロアクティブの方が充実しているため、所有感を満たしてくれるでしょう。

リセールバリューから見たアテンザワゴンのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たおすすめのカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ」「ジェットブラックマイカ」です。

他色と比べて15万円前後高い相場となっています。

ソウルレッドクリスタルメタリックは、他のマツダ車ではホワイトパール・ブラックマイカとの差が少ないですが、アテンザワゴンではまずまずの差があり、上記人気2色と比べてリセールが落ちているようです。

リセールバリューから見たアテンザワゴンのおすすめオプションは?

  • 電動スライドガラスサンルーフ

2.5を除くプロアクティブ以上のグレードで選べるメーカーオプションですが、サンルーフが付いている事で、5万円以上の付加価値が付いています。

合わせて360°ビューモニターBoseサウンドシステムが付いているとさらに相乗効果で売却時はプラス査定となります。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


アテンザワゴンは機械式の立体駐車場に入る?

マツダ アテンザワゴンの車体寸法は以下の通りです。

全長4,805mm
全幅1,840mm
全高1,480mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています。(横幅は1,850mm)

アテンザワゴンの全高は1,480㎜なので、機械式立体駐車場に駐車することができます。

アテンザワゴンの実燃費は?

アテンザワゴン20Sの実燃費

カタログ燃費:15.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:9-11km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:11-13km/L
高速道路の燃費:13-15km/L
アテンザワゴンの平均実燃費:12-13km/L

アテンザワゴンXD(ディーゼル)の実燃費

カタログ燃費:19.6km/L

渋滞を含む街中の燃費:11-13km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:13-15km/L
高速道路の燃費:15-17km/L
アテンザワゴン ディーゼルの平均実燃費:14-15km/L

アテンザワゴンの最新モデルチェンジ

2018年5月24日 アテンザワゴンをマイナーチェンジ

マツダアテンザ&アテンザワゴン

今回のマイナーチェンジではエクステリアとインテリアデザイン、走行性能、安全性能などにおいて性能や質感を大幅に向上させました。

エクステリアデザイン

・フロントグリルのデザイン変更
・19インチ、17インチアルミホイール共に新デザインを採用
・ボディカラーをソウルレッドプレミアムメタリックに替えてソウルレッドクリスタルメタリックを採用

インテリアデザイン

・インパネとドアトリムのデザインを変更
・シートデザインを一新

走行性能

・前後サスペンションシステムの構造を一新し、それに合わせた新開発タイヤを採用
・クリーンディーゼルエンジンの出力とトルクを向上

安全性能

・自動ブレーキに夜間歩行者検知機能付を採用
・クルーズコントロールに全車速追従機能を付加

その他、フロントシートの快適性向上のため、シートベンチレーション機能をマツダ初採用し、4WD車にワイパーデアイサーを新設定しました。

アテンザワゴンのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年5月24日マイナーチェンジ
2017年8月3日一部改良
2016年8月25日一部改良
2014年11月20日マイナーチェンジ
2013年11月1日一部改良
2012年11月20日フルモデルチェンジ
2010年1月26日マイナーチェンジ
2008年1月29日フルモデルチェンジ
2006年12月特別仕様車
2005年6月23日マイナーチェンジ
2004年9月特別仕様車
2003年7月グレード追加
2002年9月MTモデル追加
2002年6月4WDモデル追加
2002年5月20日デビュー

 

コウさん
コウさん

アテンザワゴンの値引きポイント

アテンザワゴンが改良やモデルチェンジするタイミングで現行モデルの値引きが拡大するんだ。新型にこだわりが無ければ、現行モデルを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

値引きに効くアテンザワゴンの競合車は?

スバル レヴォーグ

アテンザワゴンと価格帯が似通る唯一のステーションワゴン、スバルのレヴォーグです。

飽きの来ないスポーティなデザインと優れたAWD性能、スポーティな走りから根強いファンが付いている車です。

人気の面ではアテンザワゴンより上なので、レヴォーグと競合すればマツダディーラーの値引きも緩くなります。

レヴォーグの限界値引きはこちら

ホンダ オデッセイ

ホンダオデッセイ

ステーションワゴンではありませんが、全高が低くワゴン的な使い方も出来るため、アテンザワゴンと競合出来ます。

オデッセイにはハイブリッドモデルもあるので、アテンザワゴンのディーゼルと迷っている体で商談を進めましょう。

オデッセイの限界値引きはこちら

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

ラグジュアリー感がアテンザと似ている、SUVのハリアーです。

ハリアーはSUVなのでアテンザワゴンとはカテゴリーが違いますが、車の持つ雰囲気や価格帯が似ているので、競合する事も多いです。

人気のトヨタ車が競合と分かれば、アテンザワゴンの値引きを引き出すきっかけとなるでしょう。

ハリアーの限界値引きはこちら

アテンザワゴンを残価設定ローンで購入すると?

ここでは、アテンザワゴンの人気グレード・XD Lパッケージを残価設定ローンで購入した場合の支払額を3年と5年でシミュレーションしています。

グレード名 アテンザワゴン XD Lパッケージ
車両本体価格 3,952,800円
車両本体値引き ▲220,000円
メーカーオプション価格 194,400円
ディーラーオプション価格 568,852円
ディーラーオプション値引き ▲110,000円
諸費用 148,620円
支払総額 4,534,672円
頭金 0円
ローン元金 4,534,672円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
毎月支払額 78,470円×35回 61,690円×59回
最終1回前 78,486円×1回 61,709円×1回
最終回(残価) 2,013,000円
(50.9%)
1,281,000円
(28.2%)
手数料 303,264円 447,747円
支払総額(金利・手数料込) 4,837,936円 4,982,419円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

アテンザワゴンの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、据え置く残価にまで金利が掛かるので、支払う利息手数料は多くなる。しかし、その分クレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは増えるので、値引きが甘くなるんだ。残クレでアテンザワゴンを買うなら、限界まで値引きを引き出して金利分を回収しよう!

下取り車の金額で絶対に損しないためにすること【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...