マツダアテンザの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムマツダ新車値引き情報>アテンザ値引き

■ アテンザの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート


 マツダ アテンザから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いアテンザのグレード、アテンザは立体駐車場に入るのか?アテンザの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでアテンザが買えるのか?など、アテンザ購入の参考にしてみてください。

 

アテンザ取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店
アテンザ月販目標台数:1000台

 

新型アテンザ今月の値引き相場

アテンザ値引き難度:甘い
車両本体値引き:20万円
オプション値引き相場:20~30%
アテンザ限界値引き:30~40万円

 マツダ アテンザの値引き難易度は甘くなっていますが、油断していると驚くほど少額(値引き)にまとめられてしまう事もあるため、気を抜いてはいけません。

 アテンザの値引き交渉では、他メーカーのライバル車と競合させながら値引き条件をまとめていき、最後は行ける範囲にマツダ販売店があればアテンザ同士で決着をつけるのがセオリーとなります。

 値引き交渉の競合車候補としては、スバルのレガシィB4、トヨタのマークXやプレミオ、ホンダのアコード、日産ティアナ、上位グレードならばトヨタのカムリなども有力なライバルとなるでしょう。

 また、オプションを多くつけることで値引き率が上がる傾向があるので、値引き交渉のタイミングを見計らいながら欲しい&必要なオプションをつけていきましょう(最初から全部つけて手の内を明かすのは、得策ではありません)。

 

アテンザの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 追従型

 

新型アテンザの納期は?

アテンザの納期:1ヵ月~2ヵ月
 
マツダ アテンザの納期は、グレードによって1~2ヶ月の納期となっています。
※生産・受注状況や、一部仕様・オプション等の事情により、別途納期が延びる事もあるため、実際の納期についてはマツダ店までお問い合わせください。

 

新型アテンザの価格は?

 

アテンザのグレード名 価格(税込) 燃費(km/L)
2.0 20S 2,797,200 17.4
2.0 20S プロアクティブ 2,878,200 17.4
2.2 XD 3,207,600 20.0
2.2 XD(MT) 3,261,600 22.4
2.2 XD プロアクティブ 3,288,600 20.0
2.2 XD プロアクティブ(MT) 3,342,600 22.4
2.2 XD Lパッケージ 3,774,600 20.0
2.2 XD Lパッケージ(MT) 3,774,600 22.4
2.5 25S Lパッケージ 3,364,200 16.0
2.2 XD 4WD 3,434,400 18.2
2.2 XD 4WD(MT) 3,488,400 20.4
2.2 XD プロアクティブ 4WD 3,515,400 18.2
2.2 XD プロアクティブ 4WD(MT) 3,569,400 20.4
2.2 XD Lパッケージ 4WD 4,001,400 18.2
2.2 XD Lパッケージ 4WD(MT) 4,001,400 20.4

 

新型アテンザは機械式の立体駐車場に入る?

 マツダ アテンザの車体寸法は、

 全長4,865mm
 全幅1,840mm
 全高1,450mm

となっており、ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

 アテンザの全高は1,450mmなので、機械式の立体駐車場に停められます。

 

新型アテンザの実燃費は?

【アテンザの実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:16-18km/L
 高速道路の燃費:19-21km/L
 アテンザの平均実燃費:13-15km/L

【アテンザ ディーゼル車の実燃費】
 渋滞を含む街中の燃費:12-14km/L
 流れの良い一般道・幹線道路の燃費:17-19km/L
 高速道路の燃費:20-22kmL/
 アテンザ ディーゼル車の平均実燃費:15-16km/L

 

 マツダ アテンザの実燃費は気温の影響を受け、寒いほどエンジンの暖機に燃料を消費するため、燃費が悪くなります。
 一方、夏はエアコンを使うため電力=燃料の消費が多くなるため、冬に次いで燃費が悪くなりがちです。
 これを図にすると、一年間の燃費は以下のようになります。

【燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

 他にも運転(アクセルワーク等)がソフトであれば燃費もよくなっていきますので、平素からやさしい運転をおススメします(乱暴な運転は燃費に悪影響です)。

 

アテンザの最新モデルチェンジ

・2017年8月3日 マツダが「アテンザ」全グレードに先進安全技術を標準装備!

 マツダは「アテンザ」全グレードに、マツダの先進安全技術「Ii-ACTIVESENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備、全国のマツダ販売店から発売します。

 加えてアテンザ全グレードに認知支援技術「先進ライト」&「車線逸脱警報システム」を標準装備、これに既に全グレード標準装備されている「アドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」と「AT誤発進抑制制御(前進時)」を合わせて、経産省・国交省が普及推進している「安全運転サポート車」の最上級クラス「サポカーS・ワイド」に適合となりました。

 更に、車線変更時などに斜め後方(死角)の車両を知らせる「ブラインド・スポット・モニタリング」や、駐車場で後退しながら出る時、接近車両を知らせる「リア・クロス・トラフィック・アラート」など、アテンザの危険認知と安全運転をフォローする先進安全技術も、新たに全グレード標準装備されました。

希望小売価格(消費税込み)
アテンザ:2,797,200-4,001,400円
アテンザワゴン:2,797,200-4,001,400円

アテンザの競合車は?

・トヨタ マークX

 トヨタのマークXは、高い動力性能を持ちコーナリングの安定性が抜群です。
 3.5L型のエンジンを搭載したモデルは、強力な加速性能と速度性能を持っており、走る事が好きな人から厚い信頼を得ている人気車種です。
 価格的にもアテンザと競合するので、販売力の強いトヨタと競合していると分かれば、マツダのセールスさんも値引きで対抗してくるでしょう。

マークXの限界値引きはこちら

・日産 ティアナ

 日産のティアナは、海外でも販売されているセダンで「世界戦略車」とも呼ばれています。
 高級志向で、走りだけを考えると少し物足りなさもありましたが、フルモデルチェンジでコネクトブッシュを採用した事により、操縦安定性もかなり改良されました。

 安全装備も他のライバル車に遅れを取る事なく積極的に採用した事によって、根強い人気が続くでしょう。

ティアナの限界値引きはこちら

・スバル レガシィB4

 スバルのレガシィB4は、アテンザとも共通点が多いフラッグシップセダンです。
 AWDシステムにより、アテンザよりもバランスが良く、動力性能も申し分ありません。

 低重心・低振動の走りはユーザーからの満足度も高く、走る喜びを感じさせてくれるのが大きな魅力ですね。

レガシィB4の限界値引きはこちら

 

新型アテンザの限界値引き交渉術!

 アテンザの値引き交渉をする際は、ライバル車の設定は必須です。
 マツダの中では高価格帯の車種でもあるため、値引き幅も広く、マークXやレガシィB4を競合車でぶつけてみると限界値引きを引き出せる可能性が高いですよ!

 

対マークXで的確な交渉をする!

 アテンザとマークXを競合させて交渉をする場合は、次のポイントを覚えておきましょう!

・マークXの値引きをチェックしておく
・早期契約で値引きを上げる

 まず、マークXの値引き額をチェックしておく事で、交渉はしやすくなります。
 少し面倒な部分もありますが、確実に限界値引きを引き出すためには、ライバル車の見積もりを貰う事も大切です。

 その見積もりを見せた上で、こうやって交渉しましょう!

交渉術①:「アテンザも良いけど、マークXも迷ってて、トヨタならここまで値引きしてくれるみたいなんですよ。マークX以上に条件を良くして貰えれば、気持ちも固まりそうなのですが…」

 マークXの見積もりを見せて、担当者が悩んでいる時に、もうひとつのポイントを使って、商談のペースをこちら側に持っていきましょう!

 担当者が悩んでいたら、

交渉術②「もうこの際だから、今週か来週中には答えを出そうと思っています!早期契約を考えているので、値引きは限界まで頑張って下さい!」

 このように交渉する事で、早い段階で限界値引きを引き出す事が出来る可能性があります!

 

通常値引きと決算値引き

 限界値引きを引き出す上で、忘れてはいけないのは購入する時期です。
 アテンザは値引き幅が大きいだけに、値締めをする時は、かなり値引きも少なくなりますので、競合だけでは限界値引きを引き出しにくくなる事もあります。

 そのような時は決算値引きを狙いましょう。

 通常値引きと決算値引きでは、約10万円近く値引きに差があると言われているので、決算が近い時期であれば、必ずその話題を出す事も忘れずに行いましょう。

 例え、決算月前であっても

交渉術③:「今購入するよりも、決算月まで待っても良いと思っています。
ただ、決算と同じくらいの値引きまで頑張って貰えるのであれば、今月決めても良いと思っていますので、もう少し値引きを頑張って下さいよ!」

と交渉する事で、車が売れにくい決算月前なら、セールスさんも前向きに検討をしてくれるはずなので、この交渉はかなり有効なので覚えておいて下さい!

 

アテンザのグレード別リセールバリューは?

 3年後、どのグレードがよりお得に売れるのか?3年落ちアテンザのリセールバリューを、グレードごとに調査しました。
 マツダ アテンザの購入時、グレード選びの参考になればと思います。

アテンザのグレード名 買取相場 価格(税込) リセール
2.0 20S 175万円 2,797,200 62.5%
2.0 20S プロアクティブ 180万円 2,878,200 62.5%
2.2 XD 199万円 3,207,600 62.0%
2.2 XD(MT) 208万円 3,261,600 63.7%
2.2 XD プロアクティブ 200万円 3,288,600 60.8%
2.2 XD プロアクティブ(MT) 203万円 3,342,600 60.7%
2.2 XD Lパッケージ 226万円 3,774,600 59.8%
2.2 XD Lパッケージ(MT) 232万円 3,774,600 61.4%
2.5 25S Lパッケージ 198万円 3,364,200 58.8%
2.2 XD 4WD 218万円 3,434,400 63.4%
2.2 XD 4WD(MT) 226万円 3,488,400 64.7%
2.2 XD プロアクティブ 4WD 213万円 3,515,400 60.5%
2.2 XD プロアクティブ 4WD(MT) 216万円 3,569,400 60.5%
2.2 XD Lパッケージ 4WD 245万円 4,001,400 61.2%
2.2 XD Lパッケージ 4WD(MT) 246万円 4,001,400 61.4%


 マツダ アテンザのリセールバリューは58~65%となっており、3年落ち普通乗用車のリセールバリュー平均値(50~55%)と照らしても高い事から、アテンザは買い替えに有利なクルマと言えます。

 その中でも、初期費用(購入価格)が安いグレードほど高リセールとなりやすい傾向が見られますから、こうした傾向を掴みながら、お得なアテンザ買い替えを視野に入れたグレード選びをおススメします。

※アテンザの買取相場は常に変動しますから、実際にアテンザを売却する時は、買取店で査定して貰い、タイムリーな買取相場を把握しておきましょう。

 

新型アテンザを残価設定ローンで購入すると?

 マツダ アテンザを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

アテンザ 2.2 XD Lパッケージ

車両本体価格 3,774,600円
車両本体値引き ▲270,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 136,656円
ディーラーオプション値引き ▲27,000円
諸費用 118,230円
支払総額 3,764,886円
頭金 0円
ローン元金 3,764,886円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
初回 58,089円×1回 48,574円×1回
2回目以降 58,076円×35回 48,603円×59回
最終回(残価) 1,938,000円×1回
(51.3%)
1,233,000円×1回
(32.6%)
金利を含む支払総額 4,325,749円 4,446,151円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。
 上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。


下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- アテンザ --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想
    2018年5月24日
    MC
    モデルチェンジ推移
    2017年8月3日最新モデルチェンジ日
    一部改良
    2016年8月25日
    一部改良
    2014年11月20日
    マイナーチェンジ
    2013年11月1日
    一部改良
    2012年11月20日現行モデル登場日
    フルモデルチェンジ
    2010年1月26日
    マイナーチェンジ
    2008年12月17日
    特別仕様車「2.0 Style edition
    (スタイルエディション)」
    2008年1月29日
    フルモデルチェンジ
    2006年12月
    特別仕様車

    2005年6月23日
    マイナーチェンジ

    2003年10月
    限定車
    2002年5月20日
    デビュー

    マツダ アテンザ口コミ評価サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP