アテンザの限界値引きとリセールバリューの高いグレード&オプションをレポート

アテンザの限界値引きとリセールバリューの高いグレードを紹介

アテンザから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、業者間オークションの相場から算出したリセールバリューの高いおすすめグレードとオプションを紹介しています。

また、アテンザの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローン購入シミュレーションなど、アテンザ購入の参考にしてみてください。

アテンザ取り扱いディーラー

マツダ店 マツダアンフィニ店 オートザム店

アテンザ月販目標台数:1000台(シリーズ全体)

新型アテンザ今月の値引き相場

アテンザ値引き難度:普通
車両本体値引き:25万円
オプション値引き相場:20~30%
オプションからの値引きを含む限界値引き:30~40万円

以前のアテンザであれば、値引き50万円は当たり前!なんて時代もありましたが、現在ではそうは行きません。

マツダの他車に比べれば、アテンザの値引きガードは甘いですが、車両価格に対しての値引き率は低めとなっています。

アテンザの値引き交渉では、他社のライバル車との競合である程度値引きを引き出し、別経営のマツダディーラー同士を競合させて、値引きの上乗せを狙います。

値引き交渉の競合車候補としては、スバルのレガシィB4、トヨタのマークXやプレミオ、ホンダのアコード、日産ティアナ、上位グレードならばトヨタのカムリなども有力なライバルとなるでしょう。

新型アテンザの限界値引き交渉術!

値引きの神様にお願い

アテンザの値引き交渉をする際は、ライバル車の設定は必須です。

マツダの中では高価格帯の車種でもあるため、値引き幅も広く、マークXやレガシィB4を競合車でぶつけてみると限界値引きを引き出せる可能性が高いですよ!

対マークXで的確な交渉をする!

アテンザとマークXを競合させて交渉をする場合は、次のポイントを覚えておきましょう!

・マークXの値引きをチェックしておく
・早期契約で値引きを上げる

まず、マークXの値引き額をチェックしておく事で、交渉がしやすくなります。

少し面倒な部分もありますが、確実に限界値引きを引き出すためには、ライバル車の見積もりを貰う事も大切です。

その見積もりを見せた上で、こうやって交渉しましょう!

交渉術①:「アテンザも良いけど、マークXとも迷ってて、トヨタならここまで値引きしてくれるみたいなんですよ。マークX以上に条件を良くして貰えれば、気持ちも固まりそうなのですが…」

マークXの見積もりを見せて、担当者が悩んでいる時に、もうひとつのポイントを使って、商談のペースをこちら側に持っていきましょう!

担当者が悩んでいたら、

交渉術②:「もうこの際だから、今週か来週中には答えを出そうと思っています!早期契約を考えているので、値引きは限界まで頑張って下さい!」

このように交渉する事で、早い段階で限界値引きを引き出す事が出来る可能性があります!

なお、マークXは時期未定ですが生産終了となるモデルです。マークXが生産終了したら、レガシィB4との競合で値引き交渉を進めましょう。

通常値引きと決算値引き

限界値引きを引き出す上で、忘れてはいけないのは購入する時期です。

アテンザはマツダ他車に比べて値引き幅が大きいだけに、値引きを引き締めている時はかなり値引きが少なくなるので、競合だけでは限界値引きを引き出しにくくなる事もあります。

そんな時は決算値引きを狙いましょう。

通常値引きと決算値引きでは、約10万円以上値引きに差がある事があるので、決算が近い時期であれば、必ず決算の話題を出す事も忘れずに商談しましょう。

例え、決算月前であっても

交渉術③:「今購入しないで、決算月まで待っても良いと思っています。ただ、決算と同じくらいの値引きまで頑張って貰えるなら今月決めても良いと思っていますので、もう少し値引きを頑張って下さいよ!」

と交渉する事で、車が売れにくい決算月前なら、セールスさんも前向きに検討をしてくれるはずなので、この交渉はかなり有効なので覚えておいて下さい!

コウさん
コウさん

アテンザの値引きポイント

ライバル車との競合に加えて、経営違いのマツダディーラー同士でアテンザの値引き条件をぶつけ合うと、さらに値引きが期待できるぞ。同地域内にも別会社のマツダがあったり、他県へ越境すれば会社も変わるから競合が可能だ。経営違いのマツダディーラーの見分け方

純正オプションより安い社外品で総支払額を下げる

ナビやフロアマット、ドアバイザーなど、当たり前のように純正品で揃えるのも良いですが、純正オプションより安い社外品で揃えると、値引き交渉の手間が掛からずアテンザの総支払額を下げる事が出来ます。

以下の人気のオプションで純正品より安い社外品をピックアップしてみましょう。

ETC

アテンザ純正ETC

  • スマートインETC(デンソー、パナソニック) 30,944円
  • スマートインETC(三菱電機) 30,018円

社外品アテンザETC

・純正品との差額 1.6万~2.3万円以上

高速道路をスマートに利用できるロングドライバーのマストアイテムとなっているETCですが、マツダの純正品に肩を並べるハイパフォーマンスと、お財布にやさしいロープライスを併せ持った社外品ETCをネット通販で探すのもおすすめです。

例えば今回、管理人がAmazonで見つけた社外品ETCは、純正品よりも2万円前後も割安ですが、これをアテンザ本体の値引き交渉で削り取ろうとすれば、相当な根性と労力を要するでしょう。

しかしETCなら純正品から社外品に選び変えるだけで、ほぼ何の苦労もなく同じ効果を得ることができてしまいます。

加えて、アテンザの新車購入時なら社外品をディーラーに持参し、契約条件の中に取りつけ工賃サービスを追加してもらうよう、忘れずに交渉しましょう。

フロアマット

アテンザ純正フロアマット

  • ラグジュアリー(吸音機能) 33,264円
  • プレミアム(吸音&消臭機能) 41,904円

社外品アテンザ用フロアマット


・純正品との差額 2.3万~3.1万円以上

アテンザに敷くフロアマットを純正品から上記の社外品に変えると、純正品の定価に比べて2万~3万円以上の割安となり、実質的な値引きと同じ効果を得られます。

こちらの社外品フロアマットは14カラーで足元を彩り、純正品に負けないクオリティで相対的なコストパフォーマンスを高めています。

また、2列シートのアテンザはフロアマットの取りつけもそこまで大変ではありませんが、自分でやるのが億劫だと思ったら、新車購入のタイミングでディーラーへ持ち込んでお願いすれば、工賃をサービスしてくれることがあります。

ドアバイザー

アテンザ純正ドアバイザー

  • アクリルバイザー 30,692円

社外品アテンザ用ドアバイザー


・純正品との差額 2.3万円以上

アテンザの窓に取りつけるドアバイザーに上記の社外品を選ぶと、純正品の定価に比べて2万円以上の割安となり、交渉の手間なしで同額の値引きを削り出したとの同じ成果が上がります。

慣れている方なら自分で取りつけてしまってもいいですが、不安な方は無理せず新車購入のタイミングでディーラーに持ち込んで、交渉がうまくいけば工賃サービスor値引きしてもらえることもあります。

ドライブレコーダー

アテンザ純正ドライブレコーダー

  • 純正ドライブレコーダー 32,184円
  • ドライブレコーダー(デンソーテン) 40,824円

社外品ドライブレコーダー

 

・純正品との差額 2.6万~3.4万円以上

昨今「あおり運転」や各種の運転トラブルや犯罪防止に効果を発揮して、注目されているドライブレコーダーは、純粋にドライブの思い出(記録)としても活用できる人気オプションの一つです。

アテンザに上記の社外品ドライブレコーダーを装備すると、純正品の定価に対する差額でアテンザのトータルコストを下げていけます。

取りつけは慣れない方にはハードルが高いため、無理せず新車のアテンザを購入する時にディーラーへ持ち込み、工賃をサービスor値引きしてもらえるよう交渉するといいでしょう。

コウさん
コウさん

アテンザの値引きポイント

純正オプションと社外品の差額は、実質の値引きとして交渉なしで得られる成果と思っていい。ただ、交渉次第ではディーラーから純正オプションの値引きを引き出せるので、トータルでどちらが得なのか、交渉の手間も考慮しながら損得勘定するといいだろう。

アテンザの安全装備・システムは?

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
クルーズコントロール 全車速追従型

新型アテンザの納期は?

アテンザの納期3ヵ月~4ヵ月

アテンザの納期は、広島県の大雨災害により納期が掛かっています。8月時点で、11月下旬~12月納車となっています。

アテンザの価格と各グレードのリセールバリューは?

価格と各グレードのリセールバリューは?

アテンザは、どのグレードがより高く売れるのか?3年落ちアテンザのリセールバリューを、各グレードごとに調査しました。

※3年落ち走行3万キロ前後、修復歴なし、色は白黒、年式なりの車両状態のデータです

アテンザのグレード名 3年後の買取相場 新車価格(円) リセールバリュー
2.0 20S 146万円 2,829,600 51.6%
2.0 20S PROACTIVE –万円 2,959,200 –%
2.2 XD 184万円 3,240,000 56.7%
2.2 XD (6MT) –万円 3,294,000 –%
2.2 XD PROACTIVE 184万円 3,369,600 54.6%
2.2 XD PROACTIVE (6MT) 172万円 3,423,600 50.2%
2.2 XD Lパッケージ 201万円 3,952,800 50.8%
2.2 XD Lパッケージ (6MT) –万円 3,952,800 –%
2.5 25S Lパッケージ 183万円 3,542,400 51.6%
2.2 XD 4WD –万円 3,477,600 –%
2.2 XD 4WD (6MT) 207万円 3,531,600 58.6%
2.2 XD PROACTIVE 4WD –万円 3,607,200 –%
2.2 XD PROACTIVE 4WD (6MT) –万円 3,661,200 –%
2.2 XD Lパッケージ 4WD 212万円 4,190,400 50.5%
2.2 XD Lパッケージ 4WD (6MT) 198万円 4,190,400 47.2%

3年落ちアテンザのリセールバリューの傾向は、流通台数が少なく調査できないグレードもありますが、概ね50%台のリセールで収まっています。

2WDと4WDの比較では、ほぼ同等のリセールなので、価格が高い4WDの方が損失額(新車価格ー買取相場)が多く、不利となります。

マニュアルとオートマの比較では、サンプルが少なく判断が難しいですが、3%前後オートマの方が高い印象です。

価格帯が上昇する上位グレードほど、リセールでは若干不利な印象ですね。

アテンザの人気グレードとリセールバリューから見たおすすめのグレードは?

アテンザの売れ筋人気グレードは、「2.2XD Lパッケージ」です。流通台数が一番多く、売れ筋の人気グレードとなっています。

次いでXD>XDプロアクティブ>20Sと続きます。

リセールバリューから見たおすすめグレードは2.2 XD プロアクティブ

リセールバリューから見たアテンザのおすすめグレードは、2.2XD プロアクティブです。

安全装備の付かない素の「2.2XD」の方がリセール数値は良いですが、その差は僅かなので、であれば安全装備が付いたXDプロアクティブの方が安心感も得られるため、おすすめとなります。

アテンザセダンのリセールバリュートップは、XD 4WDの6速MT車ですが、こちらは過去3か月間のオークションで確認出来る台数が1台のみで、ATの方は確認出来ませんでした。

台数が少ない事から相場がブレる事が予想されるので、大きく下がる事はありませんが、比較的流通台数が安定して確認できる2WDのXDプロアクティブの方が、査定相場も安定していておすすめです。

リセールバリューから見たアテンザのおすすめカラーは?

リセールバリューから見たアテンザのおすすめカラーは、「スノーフレイクホワイトパール」「ジェットブラックマイカ」「ソウルレッドクリスタルメタリック」の3色です。

他色と比較すると、5年以内の売却で10~20万円ほ高く売れるでしょう。

リセールバリューから見たアテンザのおすすめオプションは?

  • 電動スライドガラスサンルーフ

ディーゼルのXDプロアクティブ、XD Lパッケージのみのメーカーオプションですが、電動スライドガラスサンルーフが付いていると、プラス査定の評価が高くなります。

  • Boseサウンドシステム

メーカーオプションのBoseサウンドシステムが付いていると、プラス査定になります。

オークション相場を見ていても、他と比べて高いなと思う車両は、このオプションが付いている車両が多かったです。

オプション代金の元までは取れませんが、プラス査定にはなるので、お好みで選んでも良いのではないでしょうか。

新型アテンザは機械式の立体駐車場に入る?

マツダ アテンザの車体寸法は以下の通りとなっています。

全長4,865mm
全幅1,840mm
全高1,450mm

ハイルーフ非対応の昔からある機械式の立体駐車場の高さ制限は、主に1,550mmとなっています(横幅は1,850mm)。

アテンザの全高は1,450mmなので、機械式の立体駐車場に停められます。

新型アテンザの実燃費は?

アテンザ20Sの実燃費

カタログ燃費:15.0km/L

渋滞を含む街中の燃費:8-10km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:10-12km/L
高速道路の燃費:13-15km/L
アテンザの平均実燃費:11-12km/L

アテンザ ディーゼル車(AT)の実燃費

カタログ燃費:19.6km/L

渋滞を含む街中の燃費:10-12km/L
流れの良い一般道・幹線道路の燃費:14-16km/L
高速道路の燃費:15-17kmL/
アテンザ ディーゼル車の平均実燃費:14-15km/L

マツダ アテンザの実燃費は気温の影響を受け、寒いほどエンジンの暖機に燃料を消費するため、燃費が悪くなります。

一方、夏はエアコンを使うため電力=燃料の消費が多くなるため、冬に次いで燃費が悪くなりがちです。これを図にすると、一年間の燃費は以下のようになります。

燃費 悪い:冬 < 夏 < 秋 <春:よい

他にも運転(アクセルワーク等)がソフトであれば燃費もよくなっていきますので、平素からやさしい運転をおススメします。

アテンザの最新モデルチェンジ

2018年5月24日 アテンザをマイナーチェンジ

マツダアテンザ&アテンザワゴン

今回のマイナーチェンジではエクステリアとインテリアデザイン、走行性能、安全性能などにおいて性能や質感を大幅に向上させました。

エクステリアデザイン

・フロントグリルのデザイン変更
・19インチ、17インチアルミホイール共に新デザインを採用
・ボディカラーをソウルレッドプレミアムメタリックに替えてソウルレッドクリスタルメタリックを採用

インテリアデザイン

・インパネとドアトリムのデザインを変更
・シートデザインを一新

走行性能

・前後サスペンションシステムの構造を一新し、それに合わせた新開発タイヤを採用
・クリーンディーゼルエンジンの出力とトルクを向上

安全性能

・自動ブレーキに夜間歩行者検知機能付を採用
・クルーズコントロールに全車速追従機能を付加

その他、フロントシートの快適性向上のため、シートベンチレーション機能をマツダ初採用し、4WD車にワイパーデアイサーを新設定しました。

アテンザのモデルチェンジ情報と推移

モデルチェンジ予想

当面予定なし

モデルチェンジ推移

2018年5月24日マイナーチェンジ
2017年8月3日一部改良
2016年8月25日一部改良
2014年11月20日マイナーチェンジ
2013年11月1日一部改良
2012年11月20日フルモデルチェンジ
2010年1月26日マイナーチェンジ
2008年12月17日特別仕様車「2.0 Style edition(スタイルエディション)」
2008年1月29日フルモデルチェンジ
2006年12月特別仕様車
2005年6月23日マイナーチェンジ
2003年10月限定車
2002年5月20日デビュー

 

コウさん
コウさん

アテンザの値引きポイント

アテンザは今後商品力の維持のため、改良やモデルチェンジが行われる。そのタイミングで現行モデルの値引きが緩むんだ。改良後の新しいモデルに拘らなければ、現行アテンザを限界値引きで購入出来るチャンスだぞ。

値引きに効くアテンザの競合車は?

トヨタ マークX

トヨタ マークX

トヨタのマークXは、高い動力性能を持ちコーナリングの安定性が抜群です。

3.5L型のエンジンを搭載したモデルは、トルクフルな走りとNAエンジンらしいレスポンスの良さで、走り好きのユーザーから評価を得ています。

価格的にもアテンザと競合するので、販売力の強いトヨタと競合していると分かれば、マツダのセールスさんも値引きで対抗してくるでしょう。

マークXの限界値引きはこちら

日産 ティアナ

日産 ティアナ

日産のティアナは、海外でも販売されているセダンで日産の世界戦略車です。

高級志向で、走りだけを考えると少し物足りなさもありましたが、フルモデルチェンジでコネクトブッシュを採用した事により、操縦安定性もかなり改良されました。

安全装備も他のライバル車に遅れを取る事なく積極的に採用した事によって、根強い人気が続くでしょう。

ティアナの限界値引きはこちら

スバル レガシィB4

スバルのレガシィB4は、アテンザと共通点が多いフラッグシップセダンです。

AWDシステムにより、走りのバランスが良く、動力性能も申し分ありません。

低重心の走りはユーザーからの満足度も高く、走る喜びを感じさせてくれるのが大きな魅力ですね。

スポーティな中上級セダンとして、アテンザと競合出来ます。

レガシィB4の限界値引きはこちら

新型アテンザを残価設定ローンで購入すると?

マツダ アテンザを残価設定ローンで購入した場合の月々支払額を、3年と5年でシミュレーションしてみました。

グレード名 アテンザ 2.2 XD Lパッケージ
車両本体価格 3,774,600円
車両本体値引き ▲270,000円
メーカーオプション価格 32,400円
ディーラーオプション価格 136,656円
ディーラーオプション値引き ▲27,000円
諸費用 118,230円
支払総額 3,764,886円
頭金 0円
ローン元金 3,764,886円
支払回数 37回払い
(3年)
61回払い
(5年)
金利 2.99% 2.99%
初回 58,089円×1回 48,574円×1回
2回目以降 58,076円×35回 48,603円×59回
最終回(残価) 1,938,000円×1回
(51.3%)
1,233,000円×1回
(32.6%)
金利を含む支払総額 4,325,749円 4,446,151円

※選択するオプションの価格、値引き金額、頭金などでローン元金が変わるので、月々の支払額は変動します。また、販売店の金利によっても支払額は変わります。上記は参考値として、実際の金額はディーラーで見積もりしてもらいましょう。

コウさん
コウさん

アテンザの値引きポイント

残価設定ローンで購入すると、据え置く残価にまで金利が掛かるので、支払う利息手数料は多くなってしまう。しかしクレジット会社からディーラーへ入るバックマージンは多くなるので、値引きが甘くなるんだ。残クレでアテンザを買うなら、限界まで値引きを引き出して、利息分を回収しよう。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

新車購入・車売却の人気記事

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】こんな方に利用して欲しい!無料ネット車査定 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!弊社で買取る事はしないので、だからこそ本当の相場をお伝えします 夢あるカーライフ 【無料ネット車査定】申し込みフォームはこちら ...
新車を安く買うための値引き交渉や購入時期など
新車を安く買うための値引き交渉の仕方や、値引きが厳しい車種の攻略法、新車が安く買える時期、競合のさせ方、車庫証明の取り方など、少しでも新車を安く買うための情報がそろっています。
新車購入の流れと迷わない新車の買い方
ここでは、新車を始めて購入する方でも分かりやすい、新車購入の流れを解説しています。 また、車種選びで迷わない新車の選び方も紹介。新車購入にお役立てください。 新車購入の流れを分かりやすく解説 ここでは大まかな新車を購入する時の流れを紹介しま...
ガラスコーティング・ポリマー加工・車磨きなら横浜エリア・平塚の早野ぴっかり工房へ