プリウスの値引き、新車値引き情報

トップ車値引きオールアルバムトヨタ新車値引き情報>プリウス値引き

プリウスの限界値引きとリセールバリューの高いグレードをレポート

トヨタプリウスから限界値引き額を引き出すための値引き交渉術や、毎月の目標値引き相場、リセールバリューの高いプリウスのグレード、プリウスは立体駐車場に入るのか?プリウスの納期、実燃費、モデルチェンジ推移、残価設定ローンで月々いくらでプリウスが買えるのか?など、プリウス購入の参考にしてみてください。

 

プリウス取り扱いディーラー

トヨタ店 トヨペット店 ネッツ店 カローラ店

プリウス月販目標台数:12000台

 

新型プリウス今月の値引き相場

27万円(車両からの値引き)

オプション値引き相場20~30%引き

30~40万円(オプションからの値引きを含む限界値引き)

日本を代表するハイブリッドカーのプリウスがフルモデルチェンジされました。人気車種のためプリウスの値引きのガードも固めですが、ヴェゼルやグレイスなどのハイブリッドカー、アクセラスポーツやアテンザのクリーンディーゼルなどと迷っている状況で商談を進めましょう。最後はトヨタ全店扱いなのでトヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店との同士競合で値引きの上乗せを狙います。

下取り車があればディーラー以外にも買取店などを比較して、値引きの変わりに下取り額のアップも要求しましょう。

 

新型プリウスの値引き達成難易度は?

プリウス値引き難度:渋い

 

プリウスの安全装備・システムは?

 

自動ブレーキ 対車両
自動ブレーキ 対歩行者
誤発進制御 前進
誤発進制御 後退
クルーズコントロール 全車速追従型

 

新型プリウスの納期は?

プリウスの納期:2ヵ月~3ヵ月

プリウスの納期は、グレードによって長めの納期となっています。

●価格帯

242万9018~339万4145円

●主要諸元

全長×全幅×全高(mm)
4540×1760×1470-1475
最小回転半径(m)
5.1-5.4
室内長×室内幅×室内高(mm)
2110×1490×1145-1195
乗車定員(名)

5

車両重量(kg)
1310-1460
駆動方式
FF 4WD
排気量(L)
1797(E/A 2WD)
モーター
最高出力 kW(PS)/r.p.m
72[98]/5,200
53[72]
最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
142[14.5]/3,600
163[16.6]
JC08モード燃費(km/L)
37.2-40.8
 
排気量(L)
1797(S/4WD)
モーター
最高出力 kW(PS)/r.p.m
72[98]/5,200
F53[72] / 5.3[7.2]
最大トルク N・m(kg・m)/r.p.m
142[14.5]/3,600
R163[16.6] / 55[5.6]
JC08モード燃費(km/L)
34.0
使用燃料
レギュラー

 

プリウスの競合車は?

・日産 ノート e-POWER

人気沸騰のノートe-POWERは、トヨタが築き上げた日本のハイブリッド信仰に、初めて風穴を開けたエポックメーキングなモデルです。ライバルはアクアと見られていますが、すでにアクアは撃沈済み。その勢いは止まらず、プリウスユーザーをも取り込む勢いなのです。

そのため値引きに関しては当分無理な状態。グレードでは「S」は問題外。エアコンすら付いていない 最も安く、燃費の良い宣伝用の訴求モデルでしかありません。

ノートの限界値引きはこちら

・マツダ アクセラハイブリッド/セダンクリーンディーゼル

トヨタからハイブリッドシステムを供与されているとはいえ、2.0Lエンジンと合わさった走行性能はプリウス以上といわれ、プリウスのデザインに抵抗のある層を取り込むセダンボディが魅力となっています。アクセラにはディーゼルエンジンモデルもあり、こちらもハイブリッドとは別の魅力があります。

アクセラの魅力を伝えながら、「アクセラにしようかプリウスにしようか迷っている」と値引き交渉すると効果があるでしょう、

アクセラの限界値引きはこちら

・トヨタ CH-R

まったくジャンルの異なるモデルですが、その人気はプリウス以上のものがあります。デザインが今一のプリウスに対して最新ファッションのSUVルックのC-HRは、プリウスが発売後一年もたずに販売台数を落とした最大の要因とされているほどです。

値引きはプリウス以上に困難ですが、どんな人気車種にも不振のグレードはあります。C-HRの場合は1.2Lターボ。人気はあっても実際に売れるのはハイブリッド。多少の期待は持てるかも。

CH-Rの限界値引きはこちら

 

新型プリウスの限界値引き交渉術!

先代モデルから一貫して値引きの難しい車種の代表のようなプリウス。

しかもまだ発売から一年強という時期ですから普通に考えれば値引きは期待出来ません。

しかし、先代、先々代の時の状況と異なるのは、プリウスの一強ではなく、手強いライバルがいると言うことです。

まず、人気沸騰のノートe-POWERが、トヨタのハイブリッドだから、プリウスだからと言ってのんびり構えていられない状況を作り出し、年末年始の月間販売台数において、プリウスの指定席だったトップの座から、一度ならず二度もトップの座から引きずり降ろされた強敵です。

そのため、すでに当面のライバルであったアクアは勢いを失くし、プリウスも影響をまともに受けています。

そして身内からは、中に画プリウスと同じながら、流行りのSUVルックで大人気のC-HRが登場。多くのプリウス顧客など潜在ユーザーがC-HRに乗り変えたため、一気にプリウスの受注が減ってしまっています。

さらに新型プリウスPHVの登場で、トヨタユーザーの選択順位ではプリウスは第三候補程度にまで下がっているのです。

ここまできたら値引きの期待は膨らみます。

競合は他にも気になる車種があるという程度でOK。

あとは勝手にライバルを想定してくれます。

そして、店内でプリウスだ、C-HRだPHVだと話を広げていけば営業マンが話を収拾したがります。

売れる車種が多いのは良いのですが、選択肢が多すぎると客が判断しきれず、結局何も買わないと言うことがあり、このことをディーラーでは最も警戒しているのです。

ノートe-POWERの躍進の要因の一つに、日産では、ミニバンのセレナ以外ではノートe-POWERしか進める車種がないこともあります。

これならノートe-POWERを買うか買わないかだけですから客も迷いようがありません。
「プリウスなら」というセリフが出たらしめたものです。

そう大きな値引きは期待出来ませんが、僅かでも安く買える可能性はあります。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙さるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

>>かんたん車査定ガイド(無料)はこちら

 

●当サイト新車購入参考リンク

  • 限界まで車を高く売る方法
  • 新車を安く買う!新車値引き交渉の仕方
  • 新車購入・新車の買い方
  • 車維持費の節約方法
  • 車のガラスコーティングなら神奈川の早野ぴっかり工房へ

  • パーツ・カー用品を通販で安く買うなら!
  • -- プリウス --
    モデルチェンジ情報


    モデルチェンジ予想

    2018年12月
    MC

    モデルチェンジ推移
    2017年11月1日最新モデルチェンジ日
    一部改良、特別仕様車
    「Aプレミアム“ツーリングセレクション・20th Anniversary Limited”」
    「S“Safety Plus”」
    「S“Safety Plus・Two Tone”」
    2016年8月8日
    特別仕様車「S“Safety Plus”」
    2015年12月9日現行モデル登場日
    新型プリウスを発売
    2012年10月22日
    一部改良、特別仕様車
    「S“マイコーデ”」
    「 S“ツーリングセレクション・マイコーデ”」
    2011年11月29日
    マイナーチェンジ
    2011年6月10日
    特別仕様車
    「G“LEDエディション”」
    「S“LEDエディション”」
    2010年10月19日
    特別仕様車
    「G“LEDエディション”」
    「S“LEDエディション”」
    2009年5月18日
    プリウスをフルモデルチェンジ
    2008年9月1日
    プリウスの価格を改定(値上げ)
    2007年8月10日
    一部改良
    「2015年度燃費基準」を達成
    2007年4月2日
    特別仕様車
    2007年1月9日
    一部改良
    2005年11月1日
    マイナーチェンジ
    2004年8月
    特別仕様車
    2003年9月1日
    デビュー


    プリウス口コミ値引き

    ハイブリッドカー情報サイト

    新車値引き情報!

    トヨタ新車値引き情報

    レクサス新車値引き情報

    日産新車値引き情報

    ホンダ新車値引き情報

    マツダ新車値引き情報

    三菱新車値引き情報

    スバル新車値引き情報

    スズキ新車値引き情報

    ダイハツ新車値引き情報

    スポンサーリンク

    ↑ PAGE TOP