あなたのタンクを無料でネット査定!ガチな査定相場で簡単に下取りより高く売れる!

タンクのガチな査定相場を紹介!

タンクの無料ネット査定

あなたのタンク、本当の査定相場を手軽に知りたいと思いませんか?

ネット上には色々なサイトがタンクの査定相場を掲載していますが、結局どれも目安にしかなりません。

タンクの中古車は、各々走行距離や内外装の状態、装備やカラーで査定額が大きく変わるので、実際に査定してもらわないと、本当のタンクの査定相場は分かりません。

実車査定ではありませんが、当サイトではネット査定で限りなく実車査定に近い、本当の査定相場を算出する事が可能です。

タンクのグレード、年式、走行距離、カラー、装備、内外装の状態等をお送りいただければ、会員しか見れないオートオークション取引価格から1台1台相場を調べて、リアルタイムの査定相場を算出します!

弊社であなたのタンクを買取る事はしません。

だからこそ利益を取るため安値を提示したり、他店の金額を見て査定額を調整するなどの駆け引きをする必要がないため、本当のリアルな査定相場をお伝え出来ます。

もちろん個人情報は必要ありません。完全匿名、無料でネット査定します。

(無料で行う代わりに「ネット車査定の利用実例」として車両情報と車の画像をサイト内で紹介させていただきます)

リアルな査定相場をどう活用するかはあなた次第!ご自分のタンクの本当の査定相場を知りたい方は、是非お気軽にご利用下さい!

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら

早く相場が知りたい!無料査定申し込みフォームはこちら

楽に中古車を高く売る!買取オークションを利用しよう

中古車を高く売るには、査定相場の上限まで出せるディーラーや買取店を見つける必要があります。

例えば査定相場の上限値が100万円だとします。

その中古車を100万円で業者が買取ると、オークションへ転売しても利益がさほど多くない、もしかしたらプラマイゼロで終わるかもしれません。

相場自体は100万円までありますが、オークションへ転売するディーラーや買取店は、プラマイゼロになるリスクを考えて90万円に査定を抑えるなど、100万円まで出さない事もあります。

ここで複数の業者に査定してもらい、業者同士で競合すれば、100万円の査定額を出す買取店が出てくるでしょう。

こうして中古車を査定相場の上限=高値で売る事が出来るのですが、代わりにそれなりの手間が掛かってしまうのは仕方ありません。

しかし、「何店舗も査定してもらうのは面倒だ」「そこまで手間を掛けたくない」「楽して高く売りたい」と言う方も居るでしょう。

そんな時はユーザーでも参加できる、買取オークションがおすすめです。

買取オークションなら、上記の上限相場100万円はもちろん、100万円以上での売却も可能!

 

一般ユーザーが参加できる買取オークション・ユーカーパックなら、1度の査定のみで2000社以上の買取店や中古車販売店が入札するので、労せず楽に愛車を高く売る事が出来ます。

ユーカーパックは、「車を売りたいユーザー」と「車を仕入れたい中古車販売店」を直接つなげるので、間に入る業者間オークションのような中間マージンが発生しない分、相場よりも高値での売却が期待できます。

ユーカーパックの買取オークションは以下の方にメリットがあります。

・買取店やディーラーで面倒な交渉をしたくない
・ディーラーより高く売れればいい
・時間や労力を掛けずに高く売りたい

また、とことん車を高く売りたい時でも、ユーカーパックは便利です。

例えば複数の買取店やディーラーに査定してもらい、そこで出た一番高値の査定額を買取オークションの最低落札価格に設定します。

そこから2000社以上の業者による入札が入るので、さらに高値で落札される可能性があります。

労せず楽に車を高く売りたい、愛車をとことん高値で売りたい、両方のニーズをカバーできるユーカーパックがおすすめです。

 

ユーカーパックで車を高く売る

【無料】ユーカーパックの申し込みはこちら

【利用者の声!】タンクの無料ネット査定事例

すみません、まだありません。。。多くのお申込みをお待ちしております!

タンクで査定が高くなる組み合わせは?

タンクの高額査定が期待できる組み合わせは?

タンクで高い査定が出るグレードはコレ!

カスタムG-T
カスタムG S
1.0G S

タンクの高額査定を目指すなら、購入時のグレード選択が重要なカギとなります。

「じゃあ、どんなグレードのタンクを選べばいいの?」

……そう来ると思って、管理人はあらかじめタンクの各グレードについて、その残価率(購入価格に対する査定相場の割合≒お得度)を調べておきました。

その結果、残価率の高かったのが上記グレードのタンク達です。

シャープな目元が印象的なタンクは若年ユーザーに好まれる傾向があり、デザイン的に「カッコいい!」「クール!」なカスタム系に人気が集まり、それが査定相場にも反映されていました。

カスタム系ほどにキメなくてもいいけど、ストレスフリーなドライビングを楽しみたいというニーズに応えられるのもタンクの特徴で、そういうユーザーは走行性と安全性、何よりもコストパフォーマンス等とのバランスに優れた1.0G Sを選ぶことが多く、その人気が査定相場を支えています。

また、他のグレードにおいてはターボがついている(グレード名に「T」と付いている)と高額査定に多少有利となる傾向が見られます。

タンクの高額査定を実現するために、これらのグレードをおススメします。

タンクで高い査定が出る人気色はコレ!

タンクの高額査定が期待できる人気カラー

ブラックマイカメタリック
パールホワイトⅢ

タンクの第一印象を大きく左右するボディカラーは、高額査定を実現する上で大きな要素となります。

ブラックマイカメタリック
ブラックには光を吸収してクルマのボディラインを引き締め、高級感を演出してくれる効果があるため、タンクのボディカラーにも多く選ばれている人気カラーです。

パールホワイトⅢ
ホワイトには光を反射する効果があり、クルマに清潔感と開放感を与えてくれることから、こちらもタンクのボディカラーに多く選ばれています。

中古車販売店としても、人気が高いボディカラーのタンクは売れ残るリスクが低いため積極的に仕入れたがりますから、相応の査定相場を提示してくれるのです。

「ボディカラーだけで、タンクの査定相場がそんなに違うの?」

そう言うと思って、タンクの中古車市場を調べてみたところ、ブラック&ホワイトの人気2カラーとそれ以外のカラーとでは(もちろん、ボディカラー以外の要素はほぼ同じ)、タンクの査定相場に10万~30万円以上の金額差が出ていました。

タンクの高額査定を実現するためには、ブラック&ホワイトの人気2カラーをおススメします。

【補足】
タンクのトレードカラーとも言える2トーンカラーですが、組み合わせによっては現状でブラック&ホワイトより高額査定されているパターンもあるものの、判断材料となる流通台数がまだ少なく、54,000~86,400円のオプション料金に見合った査定相場のプラスが見込めるか微妙であるため、今後の動向に注目です。

タンクで高い査定が出る人気のオプションはコレ!

LEDヘッドランプ
パノラミックビューモニター

タンクを新車で購入するのであれば、高額査定を目指すチャンスが増えることになります。

工場でタンクを製造する際に作りつけるメーカーオプションは後付けができないため、その貴重さ?からタンクの査定相場アップにつながる重要なポイントとなります。

……とは言え、とにかく何でもつければいい、という訳ではありませんから、ここでは管理人の厳選メーカーオプションを紹介します。

タンクの高額査定が期待できる人気オプション・LEDヘッドランプ

タンクの視認性(明るさ)を高めて安全運転をサポートし、優れた経済性(省エネ&長寿命)から人気の高いLEDヘッドランプは、タンクの買取査定プラスにつながるのでおススメです。

タンクの高額査定が期待できる人気オプション・パノラミックビューモニター

タンクの全周囲を見渡すような視界が得られるパノラミックビューモニターは、運転に不慣れなユーザーや、女性や高齢者でも安心して運転できるため人気が高く、タンクの買取査定プラスに多少つながるため、不安な方はつけておくといいでしょう。

タンクの高額査定を実現するため、これらのメーカーオプションを活用するといいでしょう。

タンクの査定が安くなってしまう要因は?

色による査定の減額

タンクの査定ダウンにつながる不人気カラー

ブライトシルバーメタリック
インペリアルゴールドクリスタルメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ
2トーンカラー

先ほど「人気カラーのタンクは高額査定が期待できる」と紹介しましたが、それは逆に言えば「人気カラー以外のカラーだと、査定相場が相対的に下がる」という事になります。

その中でも特に不利となるのが、上記のカラーとなります。

新車では人気の高いシルバー系ですが、中古車市場ではユーザー層≒人気が移り変われることによって(若者は、あまり渋いカラーを好まない傾向があります)、査定相場が安くなってしまうのです。

また、カスタム系タンクに好まれる暗い系統のカラーでもなければ、女性が好むパステリッシュな(≒かわいい)カラーでもない「中途半端」なカラーは、どのユーザー層からも人気が低く、タンクの買取査定に不利となります。

更に、このインペリアルゴールドクリスタルメタリックプラムブラウンクリスタルマイカは、メーカーオプション料金(32,400円)が別途でかかる事から残価率も下げてしまうため、実にいいところがなく、おススメできません。

同じ理由で、別途オプション料金(54,000~86,400円)がかかる2トーンカラーも、初期費用がかさむことでリセールバリューが下がってしまうため、タンクの買い替えに不利となります(ホワイトとは違い、かけたおカネに見合いません)。

これらのカラーとブラック&ホワイトの人気2カラーとでは、査定相場の差額が10万~30万円以上

個性を出したい気持ちもわかりますが、タンクの高額査定を目指すのであれば、これらのカラーは避けた方が無難です。

修復歴による査定の減額

インプレッサの査定ダウンにつながってしまう修復歴

事故などのトラブルで「修復歴あり」となってしまったタンクは、修復歴のないタンクと比べて、大幅に査定相場がダウンしてしまいます。

※修復歴とは文字通り「修復した≒それだけのトラブルがあった」ことを意味しており、よく中古車の評価欄に「R(リペア・Repair=修復)」等とついている事があります。

修復歴の有無で、タンクの査定相場にどれだけ差が出てしまうのか?

中古車市場を調べてみたところ、ダメージ度合いにもよりますが、タンクの査定相場に平均30万~50万円以上の金額差が出ています。

つまり、あなたがタンクを傷つけてしまうと、これだけの損害を被ることになるのです。

そんな悲しいことにならないよう、いつもタンクを大切に乗りましょう。

フルモデルチェンジ、マイナーチェンジによる査定相場の影響

タンクの査定相場に影響するモデルチェンジ

※タンクは発売(2016年11月)から一度もモデルチェンジが入っていないため、一般論+ライバル車(ここではスズキ ソリオ。仕様やニーズ、査定相場推移が似ている)の事例を参考として紹介します。

モデルチェンジはタンクの査定相場に大きな影響を及ぼしますから、タンクの売却を検討するタイミングとして、無視することはできないでしょう。

モデルチェンジとは、タンクに加える改良のことで、大きくフルモデルチェンジとマイナーチェンジに分かれます(その他の小規模者改良や、メーカー独自の呼称などは割愛)。

タンクを全く新しいモデルとして生まれ変わらせるフルモデルチェンジと、内外装のデザインや、エンジン等の仕様を部分的に改良するマイナーチェンジ。

モデルチェンジがタンクの査定相場に与える影響の度合いとしては「フルモデルチェンジ>マイナーチェンジ」となります。

モデルチェンジが入ると、タンクの外見やスペック、乗り心地や使い勝手も大きく変わるため、ユーザーの目先が移って新旧タンクの査定相場に大きな差額をもたらすのです。

それで、実際にどのくらいの影響が出るかと言えば、フルモデルチェンジの前後では査定相場に30万~40万円の差額が出ています(例:スズキ ソリオ)。

つまり、モデルチェンジのタイミングを逃してしまうと、タンクの売却でこれだけの損失をこうむるリスクがあるという事です。

ちなみに、モデルチェンジによってタンクの査定相場が下がり始めるのは、一般的にモデルチェンジの入る約3ヶ月からと言われています。

モデルチェンジのタイミングでタンクの売却を検討するなら、事前から出ているモデルチェンジ情報を小まめにチェックし、実際にモデルチェンジが入る三カ月前を目安にタンクを売却できるよう、計画的に行動しましょう。

輸出によるタンクの査定相場の底値は?

輸出相場の底値とは?

現行(2016年11月~) 不明

過走行(※)や修復歴、年式が古くなってしまうなどの事情から、国内市場では敬遠されてしまいがちなタンクでも、日本より基準の緩い?海外市場では、まだニーズを開拓できる≒輸出買取相場で買い取ってもらえるチャンスが残されています。

しかし、発売からまだ年月が経っていないタンクですから、中古車市場を調べても国内市場で通用するレベルのタンクしか出ておらず、現時点での輸出買取相場は不明です。

とは言え、これから年月が経てば状況も変わってくるでしょうから、管理人も小まめに情報を調査し、随時更新していきます。

ちなみに、今後のために覚えておいて欲しいのは、タンクを輸出買取相場に出すためには、ディーラーではなく買取店で査定して貰う必要がある、という事です。

ディーラー下取りに出したら「価値ゼロ円+処分手数料」で、タンクを売ったのにかえってマイナスになってしまうようなひどい状態のタンクでも、買取店でなら最後の希望がつなげるかも知れませんから、買取店に持っていくようにしましょう。

とは言え、完全に動かなくなってしまったようなタンクでは、いくらなんでも輸出買取相場でさえ底値がつかなくなってしまう(そのまま廃車)かも知れないため、少しでも価値を残しておけるよう、日頃からタンクを大切に乗るようにしましょう。

(※ 文字通り走り過ぎることで、ここでは走行距離1万km/年を大きく超過すること)

タンクの査定相場と残価率は?ディーラー下取り相場と推移を比較

タンクの査定相場と残価率

当サイトで実際の業者オークション相場から抽出した、タンクの査定相場データです。

皆さんがタンクを売るタイミングの参考にしてください。

現行型(初代)タンクの査定相場(2018年8月査定)

現行型(初代)タンクの査定相場と残価率

2016年11月~販売中

タンクカスタム G-T/型式:/色:白黒/修復歴なし/新車価格196.5万円
年式 走行距離 実際の査定相場 リセールバリュー
(残価率)
ディーラー下取り
2018年 0.2万キロ 147万円 74.8% 109万円
2017年 0.7万キロ 172万円 87.5% 135万円
2016年 1.9万キロ 165万円 83.9% 124万円

現行型(初代)タンクの査定相場と残価率を、年式でまとめました。

2018年式は査定評価の低い(3.5点)1台しかなかったため、2017年以前の年式(いずれも査定評価4.0~4.5点)に逆転されています。

デビューからまだ新しく、注目度の高いタンクは高水準の査定相場で取引されており、値下がり幅も(年式相応の車両状態であれば)5万~10万円前後/年とごく穏やかです。

次にモデルチェンジが実施されるまでは、このまま高水準かつ穏やかな値下がりで推移していくでしょう。

ところで、タンクをディーラー下取りに出した場合の査定相場を表の右端に載せましたが、買取店での査定相場に比べて約40万円前後も安くなっているのがわかります。

これはディーラーが既定のマニュアルを使い、人気カラーやオプション等を加味せず査定するためで、ディーラー査定を鵜呑みにすると、約40万円も損してしまう危険性を表しています。

一度は買取店で査定してもらい、タンクの適正な査定相場を知った上で、納得して売却できるようにしたいものです。

買取店へ査定してもらうならこちら

大人気のタンクは、事故現状車でも売れるのか?

2016年11月にデビューしたタンクですが、発売からまだ年数が浅いため、低年式(10年落ち超)はもちろん、まだ過走行(走行距離10万キロ超)レベルまで走り込んだ中古車は流通していませんでした。

ところで、タンクは事故現状車でも査定相場が残るのでしょうか? 業者オークションのデータを基に、さっそく調べてみましょう。

事故現状車のタンクでも査定相場は残るか?
2017年式 タンクG S 0.1万キロ ブルー 修復歴あり(事故現状車) 
 31万円

このタンクは正面からの衝突事故によって「前サイドメンバー要交換」「前インナー凹み」「ネジ止めクロスメンバー凹み」「コアサポート凹み」「各警告灯点灯」「シートベルト要交換」「ファンベルト要交換」「エアコン・ステレオ不良」「パワーステアリング不良」「左右パワースライドドア不良」等々……。

もはや走れるかどうかも怪しい事故現状車ですが、それでも高年式のために利用価値(落札者の思惑によって異なります)が見いだされ、31万円の査定相場が残りました。

ちなみに、今回の調査ではこれが最安落札であり、他の事故現状車(不動車も含む)はどれも35万前後~50万円以上の査定相場が残っていました。

ですから、事故を起こしてしまったタンクでも、高年式の内はある程度の査定額を残せるでしょう。

買取店へ査定してもらうならこちら

当サイトの無料ネット車査定の概要はこちら