タンクとデリカD2の口コミ・評価を比較!燃費や乗り心地、インテリアや走行性能までユーザーの評判を徹底調査

タンクとデリカD2の口コミの比較・評価

ここでは、トヨタ タンクと三菱 デリカD2について、実際のユーザーの口コミや評価をまとめて比較しています。

価格や外装・内装、乗り心地や実燃費など、メーカーサイトやカタログを見ただけでは分からない、欠点や不満があるかもしれません。

タンクとデリカD2の良い所やデメリットも含めて、ユーザーの評判を調査したので、是非参考にしてみて下さい。

この記事の目次

タンクとデリカD2のエクステリアの口コミ・評価を比較

タンクのエクステリアの口コミ

タンクのエクステリアの口コミ評価

タンクのエクステリアの満足度調査

【タンクのエクステリア・ここが満足】
ほどよくあしらわれたメッキパーツが上品でおしゃれと評判
・ルーミーのギラギラ&押し出し感がほどよく抑えられている、と口コミ多数
リアフェイスのどっしりとした安定感がいい
・カスタムのキーンルックがスポーティで人気
丸っこくて可愛らしいスタイルが家族(主に女性陣)から好評
エアロパーツが映えるので、試して欲しい&みたい、との声が複数
グレーに塗装されたハニカムグリルが出しゃばり過ぎずいい感じ
・特に印象には残らないが、嫌な感じもしない実用的なデザイン
【タンクのエクステリア・ここが不満】
・いかにもソリオを意識したナローボディと車高に「周回遅れ」感
・小さい車格で見栄を張っていて痛々しい、との辛口評価も
サイドボディの迫力に欠ける、という口コミが散見
・クリアなテールレンズが苦手、トール(OEM元)みたいに赤いのがいい
・廉価グレード(X、X S)だと、センターピラーがカラードで違和感
可愛らしすぎて、男性1人で乗るにはちょっと恥ずかしいかも

タンクのエクステリアの口コミをまとめたところ、ルーミーやソリオと比較している声が多く、ルーミーよりもマイルドなスタイルが好評な一方で、ソリオの「後出しじゃんけん」に対する批判や、ミニバンチックな風貌が「無理している感」という不評が目立ちました。

タンクのエクステリアの口コミ評価・ルーミーとの比較

※ルーミーとのエクステリア比較。メッキパーツのギラギラ感の差がわかる

ファミリーユースの多いコンパクトカーに求められているものが何であるか、タンクとルーミーのデザイン差に表れているようです。

デリカD2のエクステリアの口コミ

デリカD2のエクステリアの満足度調査

【デリカD2のエクステリア・ここが満足】
ノーマルのやさしい目つきは万人受けしやすく、カスタムは精悍な顔つきでスポーティ
ソリオ譲りのナローボディで狭い路地や駐車場でも取り回しが楽
・カスタムはメッキが少ないのにスポーティ感が出ていて、品を保てている
・フロントグリルのブルーメッキがおしゃれで先進感が高い(ハイブリッド車)
【デリカD2のエクステリア・ここが不満】
・いくらOEM車とは言え、元のソリオ&バンディットとおんなじ過ぎると不評
・カッコいいのは解るけど、どこか今どきの流行りで個性がない感じ
・もう少し女性ユーザーにも好まれるデザインにして欲しい
・意外と最低地上高が低く、車輪止めなどでバンパー下をこすりやすい

デリカD2のエクステリアの口コミをまとめると、ソリオ譲りのデザインが多くのユーザーから支持されており、特にカスタムのメッキ加飾に頼らないスポーティ感が高く評価されています。

※ソリオ&バンディットのエクステリア。デザインがほとんど「間違い探し」状態

一方、あまりにもOEM元のソリオ&バンディット「そのまんま過ぎる」という不満も多く、せっかく三菱で販売するのだから、三菱らしさもテイストに加えて欲しいところです。

タンクとデリカD2のエクステリアの口コミ・比較まとめ

【タンク】クセがなく、マイルドで丸っこいデザインが好評
【デリカD2】全体的にスポーティで人気だが、もう少しマイルドさ&三菱らしさが欲しい

タンクとデリカD2のエクステリアについて口コミを比較すると、ファミリーユースに適した万人受けしやすいデザインのタンクに、より高い満足度が示されていました。

一方のデリカD2もデザイン自体は好評ながら、あまりに「ソリオそのまま」なので、三菱らしさを求めるユーザーには物足りなさが残る印象です。

タンクとデリカD2のインテリアの口コミ・評価を比較

タンクのインテリアの口コミ

タンクのインテリアの口コミ評価・インパネ回り

タンクのインテリアの口コミ評価・車内空間

タンクのインテリアの満足度調査

【タンクのインテリア・ここが満足】
広くて解放感のある車内空間に評価の高い口コミ多数
・大きなフロントガラスや、Aピラーに設けられた小窓など死角をなくす工夫が充実
・3段階(スマホ⇔ボトル⇔500ml紙パック)で使えるドリンクホルダーがアイディアもの
・いろいろ小物置き場があって重宝する、という声が複数
9インチナビに対応していて嬉しい
・後席のスライド幅とリクライニングが大きく、大人4人がゆったりと乗れる
・ラゲッジスペースから後席のスライド調節ができて、荷物の積み下ろしに便利
・ダッシュボードのステッチ調成形など、安物ながら高級感を工夫していると前向き評価
・「実用車だし、安っぽくてもこんなもんだろう」などの評価が多数
・「この価格帯で材質がどうこう言ったら罰が当たる」との口コミも
【タンクのインテリア・ここが不満】
・プラスチッキーな材質のチープ感はちょっと我慢できない、との口コミも
・小物置きが多い一方で、意外と収納スペースが少ない
・デザイン重視で使い勝手が微妙に悪い、との声が散見
・前列を含めてシートの材質が悪く、長時間座っているのは苦痛
・後列中央シートは、お尻にシートベルトのバックルが当たる仕様
スライドドアを開けているとランプが消せず、開けたままだとバッテリーがあがる
・ウォークスルーのスペースと引き換えに、アームレストが貧弱すぎる
・助手席オープントレイのオレンジ色が「昭和感」たっぷりでダサい
オーディオレス仕様はダサすぎて「ナビを売りつけたい」思惑が露骨
・ステアリングスポークはじめ、各部のシルバー塗装が安っぽい

タンクのインテリアに関する口コミからユーザーの満足度を調査すると、広くて解放的な車内空間や死角をなくす工夫、材質は安くても高級感を演出する工夫などが高く評価されていました。

タンクのインテリアの口コミ評価・センター下の収納

※意外に疑問が多かった、センターパネル下収納の使い道。皆さんなら何を入れますか?

その一方で、微妙な使い勝手の課題や座り心地の悪さ、カラーリングやオーディオレス仕様のダサさなど、改善の課題が指摘されています。

タンクのインテリアの口コミ評価・後列中央シート

※タンクの後列シート。黄色&オレンジ線はシートベルトのライン(角はバックル位置)、水色は想定される着座(お尻)位置

また、後列中央シートの「お尻にバックルが当たる」という不満が結構多く、実際に5人乗車を考えている方は、実車で試した方がよさそうです。

デリカD2のインテリアの口コミ

デリカD2のインテリアの満足度調査

【デリカD2のインテリア・ここが満足】
広くて快適な車内空間が人気
小物入れや収納スペースが充実していると好評
ラゲッジ床下の収納スペースが便利(マイルドハイブリッド車のみ)
自発光メーターが見やすいとの口コミ多し
・オートエアコンにナノイー搭載で嬉しい(ハイブリッドMXを除く)
全席にドリンクホルダーが完備されていて重宝する
ウォークスルーが子育てや休憩時に楽と評判
【デリカD2のインテリア・ここが不満】
ソリオ「そのまんま感」はエクステリアと相変わらず
後方の視界が悪くて不満の声が複数
センターメーターが慣れない、と不評の口コミ多し
・ハイブリッド車にはラゲッジ床下の収納スペースがない
・シートベルトを使っていない時、ぶらぶらして周囲に当たる(カチャカチャ音)

デリカD2のインテリアの満足度をユーザーの口コミから調べたところ、OEM元のソリオと共通する点が高く評価されている一方で、やはり「ソリオそのまんま感」が面白くない、三菱ならではの個性を出して欲しいという不満が多く出ていました。

※マイルドハイブリッド/ハイブリッドの違い。ハイブリッド車は後部にバッテリー&インバーターを搭載しているため、ラゲッジ床下に収納スペースを作れない

また、センターメーターに対する違和感(これもソリオと共通)や、ハイブリッド車には(マイルドハイブリッド車にはある)ラゲッジ床下スペースがないことなども不評となっています。

タンクとデリカD2のインテリアの口コミ・比較まとめ

【まとめ】どちらも広くて快適な車内空間、それぞれに使い勝手のよさも高評価

タンクとデリカD2のインテリアについてユーザーの口コミを比較すると、僅差ながらタンクの方がデリカD2を上回る満足度となっていましたが、これはデリカD2の「ソリオそのまんま感」に対する不満が多く出ていたことが一因となっており、車自体はどちらも高いクオリティが評価されていました。

これまで紹介した通り、それぞれに使い勝手が工夫されているので、自分のスタイル(例:ティッシュペーパーはどこに置きたいか、ごみ箱はどこが楽かetc)に合わせて比較・検討するといいでしょう。

タンクとデリカD2の運転&走行性能の口コミ・評価を比較

タンクの運転&走行性能の口コミ

タンクの運転&走行性能の口コミ評価

画像:toyota.jp

タンクの運転&走行性能の満足度調査

【タンクの運転&走行性能・ここが満足】
・フロントガラスが立っているので、視界が広くとても運転しやすい
・ハンドリングが軽く、最小回転半径も小さいので取り回しがとても楽
・ターボ車は高速道路でも十分に走れるパワーや加速感。NAは街中向き
・ターボ車は後輪にもスタビライザーが装備され、操縦安定性が高まっている
・4WDが必要な環境でなければ、NAよりもターボ車がおすすめ
・ただ「移動する道具」として割り切るなら、十分にアリ
【タンクの運転&走行性能・ここが不満】
・「しょせんはコンパクトカー」「軽に毛が生えた程度」との辛口評価
ダイハツ製の3気筒エンジンのガサツな音や振動に不評の口コミ多し
・低速トルクはそれなりだが、中速(40~60キロ)の加速が鈍く、高速合流が怖い
・NAで高速道路に乗るのは怖すぎるとの不満が多い
ウィンカーの使い勝手が悪くて慣れない、と不満の口コミが多数
・速度域が上がるとふらつきが大きく、100キロ近くなると接地感がなくなり怖い

タンクの運転&走行性能についてユーザーの口コミを集めてみると、小回りが求められる街乗りならNAで十分、高速道路を利用するならターボをおすすめする評判が多く出ていました。

タンクの運転&走行性能の口コミ評価・ウィンカーレバー

※タンクのウィンカーレバー。ダイハツ仕様が流用されており、独特な使い勝手に

ちなみに、使い勝手の悪さが多く指摘されているウィンカーレバーの違和感ですが、他車と違ってレバーがすぐに戻ってくることに加えて、レバーを下げる強さによって2段階操作となっていることが原因です。

軽い操作で3回点滅のみ、しっかり操作でハンドルを戻すまで点滅を続けますが、欧州車を意識したダイハツ仕様が流用されているようですが、慣れない方はなかなか慣れない、と少なからず不満が出ているので、実際に試乗してしっかりと確認した方がいいでしょう。

デリカD2の運転&走行性能の口コミ

デリカD2の運転&走行性能の満足度調査

【デリカD2の運転&走行性能・ここが満足】
大人4人乗車で高速道路を走っても、ストレスを感じなかったとの口コミも
・小回りが利いて、取り回しがいいと評判
・街乗りには十分なトルク、普段使いにちょうどいいと人気
ブレーキの効きは充分、回生ブレーキ介入も自然で違和感がない
5AMTのシフト感はすぐに慣れた(ハイブリッド車)
・車重が1トン未満(950~990kg)なので、軽快で機敏な走り
【デリカD2の運転&走行性能・ここが不満】
・元々スポーティな車ではないが、高速走行時の不安定感はちょっと怖い
・上り坂や高速道路では、もう少しパワーに余裕が欲しい
トーションビームサスペンションが頼りなく、カーブで後輪が沈み込む不快感
CVT制御が不自然な感じで、変速時の違和感が不快(マイルドハイブリッド)
・堂々とハイブリッドを名乗れるほどのハイブリッド感がない(マイルドハイブリッド)

デリカD2の運転&走行性能に関するユーザーの口コミをまとめると、軽快で機敏な走りで街乗りには好評な一方で、高速道路などではパワーの余裕や安定感に課題を抱えている傾向が見られました。

※デリカD2のマイルドハイブリッドシステム

また、走りと燃費を両立するマイルドハイブリッドについては、ハイブリッド車に対してその中途半端さやCVT制御の違和感が指摘されています。

タンクとデリカD2の運転&走行性能の口コミ・比較まとめ

【タンク】NAは街乗り向き、高速利用ならターボがおすすめ
【デリカD2】ハイブリッド&マイルドハイブリッドの軽快な走りで街乗りに好適

タンクとデリカD2の運転&走行性能に関してユーザーの口コミを比較すると、全体的な満足度はデリカD2が優勢となっていますが、高速道路を利用するならタンクのターボグレードをおすすめする声が多く、街乗りならハイブリッドのデリカD2がより人気な傾向がうかがわれます。

シフト制御の違和感やウィンカー等の使い勝手、そして自分のドライビングスタイルなども考慮しながら、実際に試乗の上で比較検討したいところです。

下取り車があるなら相場を調べておこう

値引き相場や欲しいグレードが決まってこれからディーラー巡りをするなら、事前に下取り車の相場を調べておくと、ディーラーの査定が高いか安いかの判断が出来ます。

以下の買取店で一度査定を受けておくと、ディーラーの査定額に惑わされず、値引き交渉を有利に進める事が出来るでしょう。

ネット上で概算価格が分かる、かんたん車査定ガイドです。一度に複数の買取店へ査定を依頼できるので、買取店同士が競い合い高額査定が期待できます。45秒で入力後、画面上に買取店の相場が表示されます。


タンクとデリカD2の乗り心地の口コミ・評価を比較

タンクの乗り心地の口コミ

タンクの乗り心地の口コミ評価

画像:toyota.jp

タンクの乗り心地の満足度調査

【タンクの乗り心地・ここが満足】
・街中を1人で乗っている分にはエンジンノイズも気にならない
平坦な道ではロードノイズや振動もなく快適に乗れる
軽自動車からの乗り換えだと満足感の高い口コミ多し
天井や足元がゆったりしていて快適
・スッと乗り込める乗降性の高さが好評、アシストグリップで高齢者も楽に乗り降り
・「実用車と割り切れば、この程度で妥協できる」という声も複数
【タンクの乗り心地・ここが不満】
走行中の安定性に欠け、常にフラフラ揺れている感じが不快との口コミ複数
足回りは柔らかいが、路面の凹凸や段差はいなしてくれず、振動が大きいと不評
シートは座面が小さくて硬く、ホールド性が低いので長時間乗っていると疲れる
後列シート中央はシートベルトバックル上に座るので辛い
・ボディ剛性が低くて揺れやロールが大きく、同乗者からは酔いやすいと不満
・遮音性が低く、複数で乗っているとエンジンノイズが気になるとの声が多数
・リヤの跳ね&突き上げ具合はすばらしく、足回りが仕事しているのか疑問との皮肉も

タンクの乗り心地の満足度をユーザーの口コミから調べたところ、1人での短距離&街乗りには充分との定評がある一方で、複数名で長距離&高速移動では軒並み不満の声が上がっていました。

ただ、コンパクトカーとしては決して低品質という訳ではなく、前に乗っていた車が何か(例:軽自動車、ミニバン等)によって評価も大きく変わるため、一度は試乗して自分との相性を確かめた方がいいでしょう。

デリカD2の乗り心地の口コミ

デリカD2の乗り心地の満足度調査

【デリカD2の乗り心地・ここが満足】
足回りは柔らかすぎず硬すぎず、ちょうどいい感じと評判
・後列シートでも突き上げはあまり感じない
・車高があるためロールは大きめだが、不安に感じるほどではない
シートの座り心地は悪くないと好評
・ハイブリッドなので静粛性が高く、エンジンノイズが気にならない
・車内空間が広くてゆとりがあるので、長距離移動でも快適
【デリカD2の乗り心地・ここが不満】
・路面が荒れると車体の軋み音ロードノイズが大きくなる
・よくリヤホイールハウスに小石を巻き上げてうるさい
・ルーフが薄く、雨音がダイレクトにうるさいとの不満が多数
・重心が高いので揺れの収束が悪く、微妙に揺り返しも気になる
走行時の振動で内装パネルががたついてうるさい、との口コミも

デリカD2の乗り心地に関する満足度をユーザーの口コミからリサーチしたところ、ハイブリッド&マイルドハイブリッドならではの静粛性や程よく締まった足回り、そして車内空間のゆとりある広さが快適な乗り心地につながっている傾向が見られます。

その一方で、路面が荒れると相応な不快感を伴い、中には「軽自動車ベースだからしょうがない」と言った妥協の声も少なからず聞かれました。

タンクとデリカD2の乗り心地の口コミ・比較まとめ

【まとめ】ハイブリッドの静粛性でデリカD2が有利だが、タンクも街乗りなら充分に快適

タンクとデリカD2の乗り心地をユーザーの口コミで比較すると、ハイブリッドの静粛性でデリカD2の方が高い満足度を得ていました。

ただ、ルーフからの雨音はけっこう不快に思う声も少なくないため、可能であれば雨の日にも試乗させてもらいたいところです。

タンクとデリカD2の燃費の口コミ・評価を比較

タンクの燃費の口コミ

タンクの燃費の口コミ評価

画像:toyota.jp

タンクの燃費の満足度調査

デリカD2の燃費の口コミ

デリカD2の燃費の満足度調査

タンクとデリカD2の燃費の口コミ・比較まとめ

【タンク】平均実燃費:15.9 km/L(ターボ車:13.4 km/L
【デリカD2】平均実燃費:20.3 km/L(マイルドハイブリッド車:17.8 km/L

タンクとデリカD2の燃費をユーザーの口コミから比較すると、ハイブリッド&マイルドハイブリッドであるデリカD2の方が平均実燃費に比例して高い満足度が示される傾向がわかりました。

ただし、実燃費は運転の仕方や道路状況など走行条件によって変わって来るため、以下に参考としてタンク&デリカD2の実燃費データを条件ごとにまとめておきます。

【タンクの実燃費】
渋滞・街中:12~14 km/L(ターボ車:10~12 km/L
バイパス等:16~18 km/L(ターボ車:14~16 km/L
高速道路:17~19 km/L(ターボ車:15~17 km/L
【デリカD2の実燃費】
渋滞・街中:17~19 km/L(マイルドハイブリッド車:14~16 km/L
バイパス等:22~24 km/L(マイルドハイブリッド車:18~20 km/L
高速道路:20~22 km/L(マイルドハイブリッド車:20~22 km/L

タンクとデリカD2の価格の口コミ・評価を比較

タンクの価格の口コミ

タンクの価格の口コミ評価

タンクの価格の満足度調査

【タンクの価格・ここが満足】
「軽自動車でも乗り出し200万円の時代なので、妥当な金額だと思う」
「ノーマルよりも質感&装備的に充実したカスタムがお買い得
「街乗りメインならNAの方が好コスパ
「ネットで酷評されているほど悪くない、乗ってみれば価格に見合った満足感」
軽自動車から買い替えるとより高い満足感が得られる」
【タンクの価格・ここが不満】
「随所に見えるコストカットを考えると、トヨタは儲けすぎだと思う」
「高速利用ならターボだが、ターボなら他にもっといい車がある
値引きが渋くてお得感が低い。これなら値引きの大きいシエンタに手が届く」
「この品質なら、もう20~30万円は安くないと買いたくない」
オプション(パノラミックビュー等)は割高に感じる」

デリカD2の価格の口コミ

デリカD2の価格の満足度調査

【デリカD2の価格・ここが満足】
軽ワゴンからの乗り換えで、非常に満足している」
「コンパクトカーで妥協するのではなく、コンパクトさを求める人が積極的に選ぶ車
「ノーマルとカスタムなら、カスタムの方が満足感が高い」
全体的(走行性・品質感・安全装備)にほどほど満足感があり、価格相応」
全方位カメラパッケージはとてもコスパがいいと思う」
「売却時、OEM元のソリオよりも高リセールとなりやすい」
【デリカD2の価格・ここが不満】
最廉価グレードのMXは安いようでいて、装備面のコスパが悪い」
「マイルドハイブリッドは燃費も走行性も中途半端
「同グレードで比べると、OEM元のソリオの方が安く買える

タンクとデリカD2の価格の口コミ・比較まとめ

【タンク】カスタムのNAが街乗りでコスパ高し、高速利用ならターボ車も
【デリカD2】カスタム・ハイブリッドが好コスパ

タンクとデリカD2の価格に関する口コミから満足度を比較すると、ここでは価格帯で下回るタンクが優勢となっていましたが、ハイブリッドや安全装備でコスパ感の高いデリカD2も、負けず劣らずの印象です。

どっちも軽自動車からの乗り換えでより高い満足感を得やすい傾向が見られるため、カーライフステージに合わせた買い替えプランによって、より充実した買い物となることでしょう。

タンクとデリカD2の口コミ評価・比較まとめ

タンクとデリカD2の口コミ評価・比較まとめ

満足度タンクデリカD2
エクステリア72.7%59.3%
インテリア68.7%68.2%
走行性能48.3%63.8%
乗り心地49.5%66.8%
燃費45.7%63.4%
価格59.9%54.6%
総合評価57.4%62.6%

ここまで、タンクとデリカD2の満足度についてユーザーの口コミを比較してきましたが、ここでは総合評価も含めて3対4でデリカD2の勝ちとなりました。

タンクはエクステリア&インテリアで(ルーミーとの相対で)高い評価を得ていたものの、走行性能や乗り心地、燃費での不満が響き、全体的に安定評価を獲得しているデリカD2に一歩譲る形となっています。

ただし、デリカD2も一長一短でユーザーとの相性があるため、実際にどっちも試乗して、より自分に合った一台を探すことが大切です。

※以下で両車の値引き情報やリセール情報を公開しているので、参考にどうぞ。

下取り車があれば、さらに新車が安く買える【マンガ付き】

新車を安く買うには、値引きをしてもらうのが一番手っ取り早いですが、下取り車があるならさらに安く買う事が出来ます。

やり方はとても簡単なので、是非参考にしてみて下さい。

ディーラーの下取り金額に騙されるな!?

新車へ買い替えるなら、下取り車をディーラーで査定してもらうのが一般的でしょう。

しかしここで注意してもらいたいのが、「ディーラーは下取り金額を低めに見積もっている」事なんです。

本来あるはずの下取り相場より安く買えれば、新車値引きを多少多くしても、ディーラーは下取り車の利益で回収できてしまう訳ですね。

また「値引きは限界です。その代わり下取り金額に10万円上乗せしたので、これで契約してください!」と言ったセールストークも可能になり、新車の値引きを抑えつつ、契約に繋げる事が出来ます。

ディーラーはメリット大、ですがユーザーは損でしかありません・・・

ディーラーに騙されないためにする事

以前、管理人がフィットを売却した時の例で紹介します。

ディーラーの査定でフィットは52万円と言われました。

まだ年式も新しかったので、その下取り金額が妥当かどうか確かめるために、買取店にも査定してもらう事に。

買取店の査定サイトから申し込むと、概算の買取金額を教えてくれます。

その時の画像です。

 

買取店の査定サイトの概算相場

出た金額は、なんとディーラーよりも20万円以上も高い買取金額でした。

概算とは言え20万円・・・その後ディーラーへ出向き「買取店で75万って言われたんですけど」と伝えてみると、少々待たされましたが「今回決めてくれるなら2万上乗せして77万円で下取ります。もう限界です・・」

ホントに限界かどうか分かりませんが、52万⇒77万=25万円のアップです!

その時の契約書です。

 

フィットの下取り金額

もしディーラーの言う通りに最初の52万円で契約していたら、25万円の大損となっていました。。

この時した事は、査定サイトで表示された買取相場をディーラーへ伝えただけです。

これだけで25万円のアップに成功したので、下取り車がある方は是非参考にしていただきたいと思います。

ちなみに査定サイトで申し込んだ買取店にも見てもらいましたが、本当に限界らしく1万円プラスの78万円を提示されました。

しかし+1万円位なら、納車まで乗っていられることを優先して、今回はディーラーへ出しましたが、買取店の方がそれ以上に高ければ、買取店へ売っても良いでしょうね。

この時利用した査定サイトは、かんたん車査定ガイドです。1分ほどの入力で申し込み後、画面上に買取相場が表示されるので、今回のようにディーラーの下取りと比較したい方、すぐに相場を知りたい方にはお勧めのサイトです。

 

ディーラーの下取りで損しないためには買取店の査定額と比較をしよう

無料ネット査定とおすすめコーティング

匿名OK!夢カーがあなたの車を無料でネット査定!ガチな車の査定相場を知って愛車を高く売る!
【マンガ付き】今あなたの車がいくらで売れるのか?オークション相場から調べて査定額をお伝えする無料サービスです 個人情報なし LINEもOK! 匿名でOK!1台1台オークション相場から調べて今の買取金額をお伝えする無料サービスです 夢...
究極のガラスコーティング発見!?神奈川にある車コーティング店の早野ぴっかり工房にミニの施工を依頼した結果は?評判と持ち期間を直撃インタビュー
神奈川県の平塚市にある早野ぴっかり工房に新車ミニのコーティングを依頼 新車で購入したミニのコーティングですが、MINIのディーラーでもおすすめされたのですが、10年以上前からお世話になっている車のコーティング屋さん「早野ぴっかり工房」に今...